スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒューゴ・ウィーヴィング、エルロンド役で復帰確実!?

2009年06月12日 18:36

6月9日、BBCラジオ5ライブに出演したデル・トロ監督、サイモン・メイヨーのインタビューに応じて、新作小説『The Strain』を始め、『ホビットの冒険』の映画化についても語っております。

その中で監督自身が、サー・イアン・マッケラン、アンディ・サーキスと並んでヒューゴ・ウィーヴィングも『ホビットの冒険』に復帰する旨、口を滑らせて?おりますよ~(^^
3時間に及ぶ長い音声ファイルですが、プレイヤーのクリップボジションをぐぐーっとドラッグして、2:10:50あたりを耳を澄ましてお聴き下さい♪ (上のリンクからBBCのiPlayerに飛びます)

【追記】(6月12日 22:50)
上記のインタビューが、イギリスのIN THE NEWSの記事になっておりましたので補足致しますね~。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

(*記事前半は、BBCラジオ5でのインタビューによって、マッケラン、サーキス、そしてウィーヴィングの3人の出演が確認されたことについて書かれています)
---デル・トロ監督が撮る2本の映画のうち最初のものは、トールキンの『ホビットの冒険』の原作に忠実な脚色となりそうです。彼は昨年、2番目の映画が『ホビットの冒険』と『旅の仲間』の間隙を埋めることを目的とした“橋渡し映画”にするつもりはないことを強調しました。

「(2番目の映画も)完全に原作に基づいたものになるよ」と、彼はメイヨーに話しました。
「当初は確かに“橋渡し映画”にするアイデアがあったけれど、今僕は本当に2本の映画が原作一冊でちょうどいいのを感じているんだ。
この本は実際、苦もなく楽々と書かれたと誤解しそうな程、信じられないくらい巧く書かれているけど、いざ分解しようとすると、実に複雑な物語であることが分かるんだよ。もし、これより短いバージョンにしようとすれば、僕は読者としてこの小説に感じていたアイコニックな瞬間を削らなくちゃならないって思ったんだ」

彼は更にこう続けました。
「(『ホビットの冒険』には)いろんなバージョンがある---アニメ版はビヨルンが出てこないし、他の人々は闇の森のクモたちを省略しただろうね。だけど僕は、原作のあらゆる重要な要素を残そうと努めているんだ」
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/108-00156a54
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。