スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビットの冒険』、監督はギレルモ・デル・トロ・・・か!?

2008年01月29日 20:29

ニューラインとMGMは、以前より『ホビットの冒険』の監督候補として名前の上がっていた、ギレルモ・デル・トロと監督交渉に入ったと、Hollywood Reporter が伝えております。
脚本家組合のストライキが終ったっところでライターを選出し、監修をピーター・ジャクソンとデル・トロ監督が行なうのだそうです。

御存知デル・トロ監督は、アカデミー賞候補作品でもある『パンズ・ラビリンス』を始め、『ヘルボーイ』や『ブレイド2』(こちらがニューライン作品で、同社に覚えが良かったのかな?)等を監督したメキシコ出身の鬼才であります。

同紙はデル・トロ監督について、「原作に対する深い愛情と知識を持ち(・・・本人はトールキン作品はこれっきゃ読んでないと言ってたけど(笑))、ファンタジー映画の作り方を熟知し、かつgeek culture(まんま“オタク文化”?)に程よく通じている」と持ち上げムード。

制作総指揮のPJとは、オタクコンビの最強タッグという気もしないではないですが、こういうものはえてして全く違う個性(というかタイプ)がぶつかり合ったほうが良い作品が生まれるんじゃないかなぁと、ワタクシ的には思ったりします。何はともあれ、交渉の行方に目が離せません。
関連記事
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://lazylob.blog35.fc2.com/tb.php/1-ce3c205e
    この記事へのトラックバック


    ■Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。