スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット 決戦のゆくえ』ティーザー予告編登場!

2014年07月29日 07:43

7月28日12:00PM PT / 3PM ET(日本時間29日午前4時)、『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編が公開になりました。
これは26日午前(日本時間27日午前3時半過ぎ)、サンディエゴで開催されていたコミコン・インターナショナル2014の『ホビット』パネルで初公開されたものです。

第1部『ホビット 思いがけない冒険』のティーザー予告編が、本編公開のおよそ1年前である2011年12月20日に公開され、第2部『ホビット 竜に奪われた王国』は2013年6月11日だった(そしてその3ケ月前には、スニークピークライブがありました)ことを思うと、最終章の映像をファンは一日千秋の思いで待っていたと言ってもあながち大げさな表現でもないでしょう。

予告編公開の前日には、異例の“予告編の予告編”が公開され、世界中のファンはあと半日、あと4時間、あと15分と息を詰めるようにしてその瞬間を待ったことでしょう。
そんなファンの期待を裏切らないピーター・ジャクソン監督の映像を、まずはご堪能ください。




00:13 座って物思いに沈むビルボ
ビルボ(V.O)「いつの日か、起きたことの全てを思い出すときがくるだろう。善きもの、悪しきもの、生き残ったものたち、そして、生き残れなかったものたちのことを…」

00:28 ピピン(ビリー・ボイド)による歌 “The Edge of Night”
『わが家は後ろ、世界は前に
ふむ道、小道、数多く
影をくぐって、夜ふけるまで
星くずがみな、光るまで

霧と影、雲と影
すべては、陰りゆく
すべては、陰りゆく』

00:28 (テロップ)“目撃せよ”

01:33 (トーリンを)問いつめるバルド
バルド「平和か、それとも戦(いくさ)か!?」
トーリン「戦だ」

00:54 (テロップ)“中つ国の運命を決定づける章(チャプター)を”

01:12 (テロップ)“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…”

01:37 エレボールのホールに並ぶドワーフたちとビルボ
トーリン(V.O)「最後にもう一度、わたしについてきてくれるか?」

01:40 (テロップ)“『ホビット 決戦のゆくえ』"


公開時間が早朝につき、そろそろ出勤時間となりました(見とれている時間が長過ぎた…!)
訳を手直ししたり、キャプチャー画像を貼ったりしたいのですが、帰宅後に致します〜。
取り急ぎ、お目汚しで失礼!
スポンサーサイト

『ホビット』今月の動き〜 2014年7月(更新中)

2014年07月20日 13:27

7月17日(木) *Entertainment Weekly誌、『ホビット 決戦のゆくえ』新スチルを掲載。
イタリアの『ホビット』ファンサイト HOBBIT FILMは、Entertainment Weekly誌の最新号から『ホビット 決戦のゆくえ』の未公開スチルを紹介しました。コミコン・インターナショナル2014のイベント紹介記事に使用されていたと思われる写真には、戦いに疲弊したように見える甲冑の兵士たちを背景に、心配そうに何かを見つめる剣を持ったガンダルフと、バルドの姿があります。 【HobbitFilm.it】

7月16日(水) *英アマゾン、『ホビット 竜に奪われた王国』エクステンデッド・エディションの発売日を11月3日と掲載。
Amazo.co.ukに『ホビット 竜に奪われた王国』のエクステンデッド・エディションの商品情報が掲載されました。
商品ページの情報によれば、発売日は2014年11月3日、『ゆきて帰りし物語』同様ブルーレイ版とDVD版が発売されるようですが、スペックなど詳細はまだ分かっていません。 【Amazon.co.uk】
7月12日(土) *サンディエゴ・コミコン、イベントスケジュールの詳細発表。
コミコン・インターナショナルが発表したイベントカレンダーによれば、『ホビット 決戦のゆくえ』を含むワーナー・ブラザーズのプレゼンテーションの時間は、同社による発表通り、7月26日(土)午前10時から正午(現地時間)まで、会場最大のシート数を誇るホールHでの開催となります。
舞台に登場するのは、12日現在ではピーター・ジャクソン監督だけが公式発表となっていますが、『The Penguins of Madagascar』のプレゼンでサンディエゴ入りを報じられているベネディクト・カンバーバッチ、それにTwitterでコミコン参加をツイートしているバルド役のルーク・エヴァンズの舞台への登場が期待されています。 【Comic-con.org】
7月11日(金) *BBFC、『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編のレーティングを発表。
BBFC(全英映像等級審査機構)が『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編のレーティングを発表しました。
評価は第1部、第2部同様「12A(12歳以上推奨、視聴の際は保護者の適切な指導が求められる)」、長さは1分48秒となっています。
BBFCの審査も済んだことから、コミコン・インターナショナル前の7月第3週中にも公開があるのではないかと予測されています。 【bbfc】
7月10日(金) *ベネディクト・カンバーバッチ、サンディエゴ・コミコンに初登場が決定。
『ホビット』シリーズでスマウグとネクロマンサー役を務めるベネディクト・カンバーバッチですが、ドリームワークスのアニメーション『The Penguins of Madagascar』のプレゼンテーションで、SDCCへの初登場が明らかになりました。
ドリームワークスは7月24日(木)の午前11:30(現地時間)からホールHで90分間のプレゼンテーションを行う予定です。7月26日に予定されているワーナー・ブラザーズの『ホビット 決戦のゆくえ』に彼が登場するかどうかについては未だ何も伝えられていませんが、期待は持てそうですね。 【Variety】
7月9日(木) *映画.com 『ホビット 竜に奪われた王国』のメイキング特別映像を公開。
映画.comは『ホビット 竜に奪われた王国』のブルーレイ/DVD発売記念として、第2部のメイキング映像4本(うち2本は7月11日公開)を特別配信しました。
これらの未公開映像、特に本編に含まれなかったビヨルンの映像は、海外のトールキンファンサイトでも話題になりました。 【映画.com】



*『ホビット 竜に奪われた王国』日本版ブルーレイ/DVD発売。 【ワーナーエンターテイメント ジャパン】
7月8日(水) *ワーナー・ブラザーズ、サンディエゴ・コミコンにピーター・ジャクソン監督出演を発表。
ワーナー・ブラザーズは、7月24日からサンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルにおいて、『ホビット 決戦のゆくえ』をはじめ、『マッドマックス』シリーズの第4弾となる『マッドマックス/フューリーロード』、それにウォシャウスキー姉弟の『ジュピター』のプレゼンテーションを行うことを発表しました。
ホールHで7月26日(土)午前10時(現地時間)から予定されているプレゼンの舞台には、ピーター・ジャクソン監督も登場するとのことです。
昨年のSDCC(サンディエゴ・コミコン)では『ホビット』関連の出展は、追加撮影とポスト・プロダクション作業で時間がとれないとの理由で見送られましたが、最終章に向けての関係者の熱の入れようが伝わってきます。 ゲストの発表も待ち遠しいですね。 【THR】
7月4日(金) *ピーター・ジャクソン監督、『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編完成を報告。
7月4日午前、ピーター・ジャクソン監督はfacebookにて、ファン待望の『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編が昨日(7月3日)完成し、たった今ワーナー・ブラザーズへ届けられたと報告しました。
また、本予告編については、戦闘シーンの複雑なVFXが満足のいく出来映えとなるまでリリース出来ないとして、第1部や第2部のときと同様10月頃になるだろうと書いております。
気になるティーザー予告編の公開日ですが、これまでコミコン・インターナショナル(毎年米サンディエゴで開催される、コミックや映画に関する北米最大のカルチャーイベント。今年は7月24日から開始)直前の7月20日前後とする見方が多かったのですが、今回のPJの報告からすると、もう少し早い時期に見られるかもしれません。 【facebook(Peter Jackson)】



■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。