スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シネマコン2014『ホビット ゆきて帰りし物語』情報のまとめ

2014年03月29日 23:56

3月24日から27日まで、ラスベガスのシーザーズ・パレスにおいて、恒例のシネマ・コン(全米劇場主協会主催の、ハリウッドスタジオによる劇場関係者に向けての映画新作ライン発表会)が開催されました。

最終日にプレゼンテーションを行ったワーナー・ブラザーズは、そのフィナーレとして、現在ウエリントンでポスト・プロダクション作業中のピーター・ジャクソン監督のビデオメッセージを上映しました。

それには、シネマコンの観衆への感謝と共に、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の舞台裏映像を織り交ぜながら、ジャクソン監督の16年に及ぶ“中つ国”での長い旅を振り返る構成となっており(同時に『ホビット』シリーズをLotR3部作と合わせて、全6部作の一大叙事詩として印象付ける狙いだったのでしょうね)、残念ながら『ホビット ゆきて帰りし物語』のフッテージ映像はほんの僅かだったようです。

しかし、その“ほんの僅か”でも知りたいのが、『ホビット』ファンの業というもの。
映画サイトのニュースや、参加者のツイート等から漏れ聞こえてきた最終章の情報をまとめてみました。



(以下若干ではありますがネタばれがございます。ご注意ください)

[シネマコン2014『ホビット ゆきて帰りし物語』情報のまとめ]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』今月の動き〜 2014年3月(更新中)

2014年03月28日 23:31

3月27日(木) *シネマコン2014にて、『ホビット ゆきて帰りし物語』のフッテージ上映。
 3月24日から27日まで、ラスベガスのシーザーズ・パレスで開催されたシネマ・コン(スタジオによる劇場関係者向けの新作ライン発表会)の最終日、ワーナー・ブラザーズは『ホビット ゆきて帰りし物語』を紹介し、同作のポスト・プロダクション作業中で参加出来なかったピーター・ジャクソン監督のメッセージ入りビデオを上映しました。
ビデオはLotRシリーズからの舞台裏映像を含み、『ホビット』シリーズをLotR3部作を含む6部作を強調する構成になっていましたが、新作『ゆきて帰りし物語』の未公開映像はそれ程多くなかったとのこと。しかしながらフッテージ映像には、空を飛ぶスマウグや白の会議の面々、レゴラスとバルドの会話等が含まれていたということです。
また、ゴラム役であり『ホビット』シリーズのセカンドユニットを監督したアンディ・サーキスは、シネマコン最後のイベントであるCinemaCon Big Screen Achievement Awards において、ゴラムなどのパフォーマンス・キャプチャーの仕事を評価され、Vanguard Awardの表彰を受けました。 【news.com.au】 【HITFIX】 【ACESHOWBIZ】
3月26日(水) *MGM、『スカイフォール』や『ホビット』シリーズ等のヒットで、所得額97%増を報告。
 MGMホールディングスは、『スカイフォール』や『ホビット』シリーズなどのヒットにより、2013年の所得が2012年の6200万ドルの殆ど倍の1億2200万ドルに達したと報告しました(収益では11%増加とのこと)
MGMの会長兼CEOのゲイリー・バーバーは、「2012年の草分け的な年を更に上回るとは、本当に素晴らしい業績です。収入と利益の増加は予想以上でした。2億200万ドルという営業利益はMGM90年の歴史の中でも例がなく、報告された中で最も高いものです」と語りました。
4年前には破産寸前で、『スカイフォール』の公開は無期限延期、『ホビット』はゴーサインが出ずデル・トロ監督の降板劇にも繋がったスタジオの復興のドラマも、『ホビット』のブルーレイ/DVDの特典に付ければいいのに…。 【Variety】
3月25日(火) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 竜に奪われた王国』ブルーレイ/DVD用TVCM公開。 【WarnerBrosOnline】

3月24日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』デジタルダウンロード版発売開始。 【WarnerBros.com】

3月19日(水) *『ホビット ゆきて帰りし物語』のクレジットソングを再びエンヤが担当の噂。
 ことの起こりは、MOVIEPILOT.comの「『ホビット ゆきて帰りし物語』にエンヤ帰還!」の記事(現在は削除されています)でしたが、ソースについての言及のない如何にも“眉唾”な代物でした。しかし、『ホビット 竜に奪われた王国』でLotR3部作との繋がりを悉く強調した演出を見せられた後では、「ひょっとしたらPJならやるかも」と思ってしまう悩ましげなネタではありました。
この噂は、世界中の『ホビット』ファンとエンヤファンを介してあっという間に広がり、21日にはエンヤの公式ファンサイトのフォーラムを通して、Aigle Music(「エンヤ」はアーティスト個人の名称であると同時に、彼女のプロデューサーであるニッキー・ライアンとその妻ローマ・ライアンとの共同プロジェクト名でもあります。Aigle Musicは3人がアイルランドのダブリンに設立したスタジオです)がこれを否定するに至りました。 【ReviewsNewAge.com】
3月11日(火) *Weta Digital、『ホビット 竜に奪われた王国』のVFXについてのメイキングビデオ公開。
 『ホビット』シリーズのVFXショットはその数およそ2000。驚くべき景色やユニークなクリーチャーたちは勿論のこと、ここで紹介されている水や火を表現するシミュレーションが地味に凄過ぎます。あまりに自然過ぎてアカデミー賞受賞を逃したのではないかと思ってしまいますw 【YouTube(Weta Digital)】

[『ホビット』今月の動き〜 2014年3月(更新中)]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。