スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年11月後半

2013年11月30日 23:59

11月30日(土) *NZ政府観光局、“Book of New Zealand”と題する企画で、 ロサンゼルスのホテルに『ホビット』セット設置。
 ニュージーランド政府観光局は、「100% Middle-earth, 100% Pure New Zealand」キャンペーンの一環として、『ホビット 竜に奪われた王国』とタイアップした“Book of New Zealand”と題する企画を展開。ロサンゼルスのビバリーヒルトンホテルに、湖の町、森の川、ビヨルンの館、そして隠された入江(Hidden Bay)の4箇所のセットを設置しました。
このイベントには、ピーター・ジャクソン監督を始め、マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、ルーク・エヴァンズ、ディーン・オゴーマンとエイダン・ターナー、及びエヴァンジェリン・リリーも参加ました。
この展示は2月1日から招待制で公開、一般のファンが見られるチャンスは12月4日(最終日)のみとのことです。 【New Zealand Tourism】



*ワーナー・ブラザーズ、The Hobbit公式facebookで、D・オゴーマンとA・ターナーのQ&Aライブ開催を発表。
   twitterに続いて、フィーリ役のディーン・オゴーマンと、キーリ役のエイダン・ターナーによるfacebookを利用してのQ&Aライブ企画が発表になりました。
日時は、12月2日 18:30PT(日本時間12月3日 6:30)です。
企画を発表したfacebookの記事のコメント欄に質問を書込んで、開始時間と同時にディーンとエイダンがそれに答えていく仕組みのようです。 【facebook(The Hobbit)】
 *ワーナー・ブラザーズ、「Barrel Escape」(樽での脱出)ゲームのアプリを公開。 【Warner Bros.】

11月29日(金) *BBFC、『竜に奪われた王国』のレーティングを12Aと発表。
 全英映像等級審査機構(BBFC)ニュージーランド政府観光局は、『ホビット 竜に奪われた王国』のレーティング審査の結果を、“中程度の暴力と脅威を含む”として、『思いがけない冒険』同様12A(12歳以上推奨、視聴の際は保護者の適切な指導を必要とする)と発表しました。また、上映時間を161分と公開しています。 【bbfc】

*ワーナー・ブラザーズ、『竜に奪われた王国』の“For Your Consideration”ページを公開。
 ワーナー・ブラザーズは、まだ公開前にも関わらず、『ホビット 竜に奪われた王国』の“For Your Consideration”のウェブページを公開しました。
“For Your Consideration”とは、アカデミー賞会員へ向けて投票をお願いする宣伝広告(の決まり文句)です。WBはここで、最優秀作品賞を始め、監督賞、脚色賞、主演男優賞他、計16部門への投票を呼びかけています。 【Warner Bros.】
11月27日(水) *ドルビーラボラトリーズ、ドルビーシアターにて『竜に奪われた王国』ワールドプレミアが開催されることについて公式声明発表。
 ドルビーラボラトリーズ社とワーナー・ブラザーズは、12月2日に行われる『ホビット 竜に奪われた王国』のワールドプレミアが、ハリウッドのドルビーシアターにおいて、ドルビー3D&ドルビー・アトモスにて開催されることを共同声明しました。 【TORn】

*ワーナー・ブラザーズ、「Become an Elf」のアプリを公開。
 ワーナー・ブラザーズは、『竜に奪われた王国』のプロモーションの一環として、ライブカメラで取り込んだ顔写真を合成してエルフ風にしてくれるアプリ、「Become an Elf」(エルフになろう)を公開しました。『思いがけない冒険』のときにはドワーフにしてくれるアプリを公開していましたが、それのエルフ版ですね。 【Warner Bros.】
 *ワーナー・ブラザーズ、Google+Hangoutで、ジャクソン監督や『ホビット』スターとのQ&Aライブ開催を発表。
  ワーナー・ブラザーズは、Google+Hangoutでも『ホビット 竜に奪われた王国』Q&Aライブを開催すると発表しました。こちらの出演者はピーター・ジャクソン監督を始め、主役を務めるマーティン・フリーマン、それにタウリエル役のエヴァンジェリン・リリーの3人です。
Q&Aイベントの他に、未公開の独占クリップもあるとのこと。開催日時は12月4日10:15PT(日本時間 12月5日3:15)です。 【facebook(The Hobbit)】 【Google+】
11月26日(火) *ワーナー・ブラザーズ、The Hobbit公式Twitterにて『ホビット』キャストのQ&Aライブ開催を発表。
昨年も第1部の公開と前後して、マーティン・フリーマンやイアン・マッケラン等によるtwitterのタイムラインを利用したQ&Aライブが評判になりましたが、ワーナー・ブラザーズは、今年も第2部公開に合わせてQ&Aライブを開催すると発表しました。
今回の参加スターは、スマウグ役のベネディクト・カンバーバッチ、ビルボ役のマーティン・フリーマン、それにバルド役のルーク・エヴァンズです。
日時は、12月2日 18:30PT(日本時間12月3日 6:20)ベネディクト、14:00PT(同 7:00)マーティン、そして14:20PT(同 7:20)ルークです。質問のハッシュタグはそれぞれ、#AskSmaug、 #AskBilbo、それに#AskBardになります。 【Twitter(The Hobbit)】

 *ワーナー・ブラザーズ、『竜に奪われた王国』ワールドプレミアのライブ配信を発表。
  ワーナー・ブラザーズは、12月2日にロサンゼルスで行われる『竜に奪われた王国』のワールドプレミアのレッドカーペットイベントを、昨年同様世界に向けてライブストリーミングで配信すると発表しました。
配信開始は12月2日18:30PT(日本時間 12月3日11:30)、The Hobbit公式facebook他で見られます。 【facebook(The Hobbit)】
11月25日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』TVスポット第9弾公開。
【YouTube(Warner Bros. )】



*TT Games、LEGO『ホビット』のTVゲームを2014年発売と公式発表。
 LEGOブロックのキャラクターによるアクション・アドベンチャーゲームで知られるTT Gamesが、LEGO『ホビット』のTVゲームをリリースすると正式発表しました。
このゲームは、『ホビット 思いがけない冒険』と『ホビット 竜に奪われた王国』の2本の映画をベースにしており、WindowsとMacパソコン、ニンテンドー3DS、プレイステーション3及び4、それにプレイステーション ヴィータ、Wii U、Xbox 360とXbox Oneのいずれのプラットフォームも2014年に発売されることになっています。 【Polygon】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年11月後半]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット 竜に奪われた王国』第3予告編登場

2013年11月06日 00:18

11月4日2:00 PM PT / 5:00 PM ET(日本時間5日午前7時)、『ホビット 竜に奪われた王国』ワールドワイド・ファンイベントが開催されました。
ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルス、そしてウエリントンの4箇所のホスト劇場を衛星で同時中継し、ピーター・ジャクソン監督やゲストのキャストたちへのQ&A、そしてプロダクション・ダイアリー第12弾の公開と、3分に及ぶ新予告編(スニークピーク映像)の公開と、盛り沢山のファンには嬉しいプロモーションとなりました。

イベントやビデオブログの詳細も出来るだけ早く記事にとりあげたいと気ばかり焦りますが、曲がりなりにも社会人故なかなか思うように時間がとれません。取り急ぎ予告編だけは訳してみましたので、まずは迫力満点の新予告編をご覧くださいませ。



0:00 舟を漕ぐバルド〜湖の町
バルド(V.O)「白銀(しろがね)の泉のあるじ、地下の岩屋の王、山の下にすむ王は、きっと帰ってくるだろう。山の王がもどるとき、鐘は喜びに鳴り響くだろう。しかしすべては悲しみのうちに潰えて、湖は明々と燃えるだろう」

00:44 トーリンと対峙するバルド
バルド「お前に権利はない、山に入る権利などないのだ!」
トーリン「わたしだけが唯一その権利をもっている」

00:56 谷間の国の廃墟を眺めるビルボとドワーフたち
ビルボ「この場所は何?」
バーリン「スマウグの荒し場じゃ」

01:01 エレボールの広間へ入っていくビルボ〜
ガンダルフ?(V.O)「竜を滅ぼし、そなたの祖国を取り戻すのじゃ」

01:09 闇の森のエルフに捕えられたオーク
オーク「ドワーフが王になることはない。われらの時が再びやってきた」

01:16 ドワーフを追うレゴラスたち
レゴラス「これは、我々の戦いではないのだ」
タウリエル「わたしたちは、この世界の一員ではないの?」

01:24 エレボールの入り口の巨像〜王座のスランドゥイル
ビルボ「そなたは、王国を統べる権利を授けるものを探している……アーケン石だ」

01:31 エレボールの王座を見るビルボとドワーフたち
ビルボ「う〜ん…で、あれは何?」
トーリン「忍びの者よ、あれがそなたがここにいる理由だ」

01:42 "『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソン監督が贈る"

01:48 ドル・グルドゥアのガンダルフとラダガスト
ガンダルフ「彼ら全員が、重大な危険に晒されておる」
ラダガスト「世界が、重大な危険に晒されているんじゃよ」

02:01 エレボールの廃墟のバーリンとトーリン
バーリン「あなたのことを案じておるのです」
トーリン「これが炎に終わることならば、我ら皆燃え尽きるまで」

02:17 追ってくる巨大な熊〜川へ飛び込むビルボ
ビルボ「ここで諦めちゃ駄目だ!」

02:22 エレボールの廃墟のバーリンとビルボ
バーリン「ホビットの勇気には驚かされてばかりだ」

02:29 "12月13日 伝説の冒険の次なる章の幕が開ける"

02:43 宝の山の下から姿を現すスマウグ
スマウグ「わたしが山の下の王だ」

02:48 "『ホビット 竜に奪われた王国』"

『ホビット 竜に奪われた王国』TVスポット第4弾、第5弾公開

2013年11月03日 22:35

『ホビット 竜に奪われた王国』世界同時公開日まであと40日あまりとなって、世界的なファンイベント開催の告知や雑誌の特集など、いよいよプロモーションも加熱してきた感がありますね。

10月27日、ワーナー・ブラザーズは『ホビット 竜に奪われた王国』のTVスポット第4弾と第5弾(いずれも30秒)を同時公開しました。
過去3本のTVスポット同様どちらも劇場用予告編の映像を再編集したもので、残念ながら目新しいカットは使用されていませんが、第5弾ではバーリンとビルボの新しい台詞を聞くことが出来ます。こちらはビルボの勇気がテーマになっており、彼の活躍を期待させる作りになっています。




【TVスポット第4弾(30秒)】

バルド「お前に山に入る権利などない」


バルド「“獣”を目覚めさせたら、我ら全てを滅ぼすことになるのだぞ!」


“12月13日公開”
スランドゥイル「それが悪の本質よ…」


スランドゥイル「やがて全ての忌まわしきものがやってくる」


“『ホビット 竜に奪われた王国』”
ナレーション「『ホビット 竜に奪われた王国』11月21日 前売り券発売開始。12月13日劇場公開」
[『ホビット 竜に奪われた王国』TVスポット第4弾、第5弾公開]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。