スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(後半)

2013年10月31日 23:59

10月29日(火) *『竜に奪われた王国』上映時間160分の噂。
 TORnはイギリスの映画関係者からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の上映時間を160分(2時間40分)と伝えています。この上映時間で映画館の上映プログラムを組んでいるのだとか。10月17日にはBoxOffice.comのフォーラムに156分の情報が投稿されていましたが、ワールドプレミア直前まで編集を続けるとしても、だいたいこの位の長さで最終調整されるのでしょう。 【TORn】
10月28日(月) *米デニーズ、『ホビット 竜に奪われた王国』のメイキングビデオ独占公開。
 『ホビット』のタイアップメニューを11月5日から展開予定の米デニーズは、『竜に奪われた王国』のメイキングビデオを独占ネット公開しました。
ビヨルンの館のドワーフたちの撮影風景や美術セット、そしてキャストのインタビューと興味深い内容になっています。森の動物を象ったチェスセットが可愛い…! 【Youtube(Denny's)】



*EMPIRE、『ホビット 竜に奪われた王国』特集号を5種類の表紙で発売。
 イギリスの代表的な映画雑誌EMPIREは、最新号である2013年12月号で『ホビット 竜に奪われた王国』を特集しました。
『竜に奪われた王国』特別号は、ビルボ、ガンダルフ、トーリン、そしてバルドのキャラクターをあしらった表紙の他に、定期購読者用の限定版を含む5種類の表紙で発行。特集記事には、表紙になった4人(マーティン・フリーマン、リチャード・アーミティッジ、イアン・マッケラン、それにルーク・エヴァンズ)のスペシャル・インタビューも含まれています。 【EMPIRE】 【Comic Book Movie】
 
  
10月27日(日) *『ホビット 竜に奪われた王国』第3、第4TVスポット公開。 【YouTube(#4)】 【YouTube(#5)】
10月26日(土) *『竜に奪われた王国』ワールドワイド・ファンイベント開催の発表。
 ワーナー・ブラザーズは、11月4日月曜日 14:00 PT/17:00 ET(日本時間:11月5日 午前7時)に『ホビット 竜に奪われた王国』の世界的なファンイベントを開催すると発表。ニューヨークやロンドンなど4つのホスト映画館に、ピーター・ジャクソン監督を始め『竜に奪われた王国』のキャストのメンバーが出向き、それぞれを衛星回線で結んで、世界同時にQ&Aライブとフッテージの上映を行うというもの。
この様子はライブ・ストリーミング配信も行われる予定で、イベントへの参加方法の詳細は後日、公式facebokやTwitterを通して発表になるとのことです。 【fasebook(Peter Jackson)】 【The Hobbit Movie】
10月22日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション、デジタルダウンロード版発売開始。 【iTunes】

10月21日(月) *ニュージーランド・ポスト、『竜に奪われた王国』のキャラクターをあしらった切手とコインのラインナップ発表。
 ビルボやトーリンなど『思いがけない冒険』でお馴染みのキャラクターを始め、バルドやレゴラス、タウリエルといった第2部に登場するキャラクターがデザインされた切手と、スマウグやドワーフたち、それにスランドゥイルやアゾグなどの姿が刻まれたコインのセットがそれぞれ発表になりました。
切手は2013年11月1日発売、コインは11月半ばから12月の発売を予定しており、いずれもラインナップ発表と同時に予約を受け付けています。 【NZ Post(切手)】 【NZ Post(コイン)】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(後半)]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット 竜に奪われた王国』ワールドワイド・ファンイベント開催発表

2013年10月26日 12:38


10月26日(土)早朝、ピーター・ジャクソン監督はfacebookにおいて、『ホビット 竜に奪われた王国』の世界的なファンイベントを開催することを発表しました。投稿されたPJのコメントはざっと以下の通りです。


やぁ、皆さん!『ホビット 竜に奪われた王国』公開まであと2ヶ月足らず。ぼくたちは今、猛烈なポスト・プロダクション作業の真っ只中だ。

だけど、とてもクールなファン・イベントを11月4日の月曜日に計画したよ。ぼくと多くのキャストたちが参加するスペシャル・ライブ・プレゼンテーションに、皆を招待したいんだ。
ぼくたちはロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスを含む世界中の都市でのライブで、観客の前に登場する。そして勿論、ここウエリントンでも---ニュージーランドのファンには11月5日の火曜日だね。

イベントはこんなふうだ。4つのホスト映画館では、『竜に奪われた王国』のキャストのメンバーが舞台に登場する。そして、誰もが同時Q&Aに参加出来るように衛星でリンクするんだ。勿論スペシャル・サプライズもある。それに、ファンが集まってライブイベントの展開を見ることが出来るように、追加の会場(映画館)が世界中に用意される予定だ。

もし、これらの会場のイベントに参加出来ないならば、インターネットでライブストリーミング配信があるよ。

映画館で見ようとしてくれることがなかったら……その特別の労力に対して、ただ「ありがとう」と特別にぼくから言わせて欲しい。

場所や時間、そしてイベントに参加する方法の手続きについての詳細は、公式facebookやTwitterで必ずチェックしてくれ。

ぼくたちは現在、昼夜ぶっ続けで働いているので、今からその時までに沢山睡眠をとろうとは思わないけれど、このイベントを楽しみにしているんだ。そこでお会いしよう!


続いて、ワーナー・ブラザーズからは、イベントの開始時間と会場、そしてそれぞれの会場に参加するキャストについての発表がありました。
[『ホビット 竜に奪われた王国』ワールドワイド・ファンイベント開催発表]の続きを読む

『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション 拡張シーン紹介

2013年10月20日 06:24

『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディションのブルーレイ/DVD発売まであと16日、オンライン版に至ってはあと2日(いずれも北米版)となりました。
10月15日にはニュージーランド航空の機内ビデオで一足早く公開され、幸運にも劇場版より13分長い映画を見ることが出来たファンからのレポートも届いております。

今回はそのレポートから、『ホビット 思いがけない冒険』本編の拡張シーンを紹介致します。
記事の文章、画像共に強烈なネタばれになっておりますので、ご自分の目で見るまでは情報は シャットアウトと決めていらっしゃる方は、この先を読み進めないで下さいね。
なお、最後までお読みになると、MPAA(アメリカ映画協会)やACB(オーストラリア等級審査委員会)がレーティング審査で指摘した項目の、若干の「ヌード」や軽い「お色気」有り等の評価も腑に落ちることと思います。
そんな訳で、欲望に勝てなかった方は続きをどうぞ〜!


[『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション 拡張シーン紹介]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)

2013年10月16日 02:38

10月15日(月) *ニュージーランド航空、機内ビデオで『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション上映。
本編の拡張シーンのレポートがネット上で話題に。特に裂け谷でのドワーフたちのユーモラスなエピソードが圧巻です。 【tumblr(forty-six hours in a day)】

*TORn、『竜に奪われた王国』のワールド・プレミアは12月2日ロサンゼルスと報告。
 TORnは既に今年8月の時点で、信頼出来る筋からの情報として、『ホビット』第2部のワールドプレミアの開催地をロサンゼルスと伝えていましたが、今回はそれが12月2日であると伝えています。
12月1日にはTORn主催のワールドプレミアパーティーをロスにて開催予定とのことで、公式からの発表はまだですが、どこか確かな筋からのソースによるものと思われます。 【TORn】

10月12日(土)
*『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、バルドの娘たちのスチル流出。
 映画では原作と違って、弓の名手バルドにはバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。ボフール役のジェームズ・ネスビットがリリック劇場のセッションで語ったところによれば、彼のお嬢さんたち(Peggyさん15歳とMaryさん11歳) がこの2人を演じたとのこと。
写真を見た感じでは、バインにはしっかり者のお姉さんと、愛らしい妹がいるようですね。 【fasebook(TORn)】 【El Anillo Único】
 
10月10日(木)
*『竜に奪われた王国』TVスポット第3弾(30秒)公開。
  第1弾、第2弾同様、劇場用予告編2本で使用した映像を再編集したものですが、スランドゥイルやガンダルフ、そしてビルボの新しい台詞を聞くことが出来ます。
なお、スポットの終わりには「11月21日前売り券発売」の字幕も入り、アメリカでのチケット発売が来月21日から始まることも明らかになりました。 【facebook(The Hobbit)】
 *『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、スランドゥイル他未公開画像流出。 【tumblr(The Heirs of Durin)】

 
10月8日(火) *NZポスト、『ホビット 竜に奪われた王国』の記念切手及びコインを、10月中旬より予約開始と発表。 【facebook(New Zealand Stamps and Coins)】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)]の続きを読む

『ホビット 竜に奪われた王国』TVスポット第3弾公開

2013年10月15日 02:02

10月10日、ワーナー・ブラザーズは『ホビット 竜に奪われた王国』のTVスポット第3弾を公開しました。
3日に公開された60秒のTVスポット2本と同様、予告編の映像を再編集したものですが、ビルボの新しい台詞がインサートされ、スランドゥイルとガンダルフの台詞も微妙に異なっています。





スランドゥイル「崇高な探求も目前…祖国を取り戻してドラゴンを倒すか」


“12月13日公開”
ガンダルフ「わしらには何も見えとらなんだ。わしらが盲いている間に、敵は戦の備えをしておった」


“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る”
バルド「“獣”を目覚めさせたら、我ら全てを滅ぼすことになるのだぞ!」


ビルボ「ここで諦めちゃ駄目だ!」


“『ホビット 竜に奪われた王国』”
“11月21日 前売り券発売開始”

『ホビット 竜に奪われた王国』TVスポット第1弾、第2弾公開

2013年10月14日 23:58

『ホビット 竜に奪われた王国』の第2予告編が公開された翌々日の10月3日、アメリカでは早々に60秒のTVスポット2本が放送になりました。
いずれも6月11日に公開された第1予告編(ティーザー予告編)と、10月1日に公開された第2予告編で使用されたカットを組み合わせて再編集したものです……のでとり立てて言及することはないかな?と思っていたのですけれど、今後第4弾、第5弾とカットや台詞が異なるスポットが発表されていけば、やはり第1弾から並べて見たくなるだろう(>自分が!)と思い、遅くから記事にしてみました。
そんな自己満足企画ですが、宜しければご覧ください。




【TVスポット第1弾(60秒)】

スランドゥイル「王国を統べる権利を授けるものを探し求め…祖国を取り戻してドラゴンを倒すための探求(クエスト)か」


タウリエル「いつ、悪がわたしたちより強くなることを許したというの?」
レゴラス「我々の戦いではないのだ」
タウリエル「これはわたしたちの戦いよ」


“暗闇の彼方”
スランドゥイル(VO)「やがて全ての忌まわしきものがやってくる」


ラダガスト「罠ならなんとする!?」
ガンダルフ「紛れもなく罠じゃよ」


“荒らし場の彼方に”
バルド「“獣”を目覚めさせたら、我ら全てを滅ぼすことになるのだぞ!」


“最大の危険が待ち受ける”
ドワーリン「地震か…!?」


バーリン「あれはな、坊や……ドラゴンだ」
“『ホビット 竜に奪われた王国』”


「スマウグ「さぁ、盗人よ。光の中においで…」
[『ホビット 竜に奪われた王国』TVスポット第1弾、第2弾公開]の続きを読む

『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編公開!

2013年10月02日 02:15

10月1日6am PT(日本時間22時)、待ちに待った『ホビット 竜に奪われた王国』の第2予告編が公開されました。
今回も取り急ぎ邦訳してみましたので、宜しければご覧下さい。毎度意訳と言う名の誤訳だったりしますが、じきにワーナー エンターテイメント ジャパンさまから日本語字幕入りの公式予告編が出ることと思いますので、正しくはそちらをご覧くださいね^^;




0:04 エレボールの広間、黄金の山の中のビルボ
ビルボ「まことに、歌も話も、あなたのほんとうのすがたに遠くおよびません。おお、素晴らしきスマウグどの…」

00:19 “12月13日公開”

00:22 エルフ王の岩屋に連行されるドワーフたち〜スランドゥイル
トーリン「われらはエレボールのドワーフだ。祖国を取り戻すために来た」
スランドゥイル「そなたを助けてしんぜよう」

00:29 小舟に乗るトーリンとドワーリン
ドワーリン「どうして彼が我々を裏切らないと分かる?」
トーリン「知る術などない」

00:34 はなれ山を目指すドワーフたちの舟〜川辺のレゴラスとタウリエル
レゴラス(V.O)「山の下に王はいない。これからも決して…」
タウリエル「ここで終わりなどしないわ。あらゆる勝利でもって、この悪は育つのよ」

00:44 レゴラスのアクション〜スランドゥイルとタウリエル
スランドゥイル「レゴラスは、そなたのことがとても気に入っているようだ。何もないのに望みを与えないでくれ」

00:52 "『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る”

00:55 雪のエスガロス、バルドとトーリン
バルド「あんたに山に入る権利などない」
トーリン「わたしだけが唯一の権利をもっている」

01:00 闇の森のクモとビルボ〜ドル・グルドゥアのガンダルフ
ガンダルフ「わしらには何も見えとらなんだ。わしらが盲いている間に、敵は戻ってきおった」

01:10 カシの木の下のビルボ〜ビルボと話すガンダルフ
ビルボ「あるものをゴブリンの地下道で見つけたんです」
ガンダルフ「何を見つけたんじゃね?」
ビルボ「…ぼくの勇気を」
ガンダルフ「結構…お前さんにはそれが必要となるだろう」

01:34 弓を構えるバルド
バルド「竜の炎と破滅---それがあんたが我々にもたらそうとしているものだ!彼は自分の欲望の先を見通せないのだ!」

01:44 剣でビルボの行手を遮るトーリン
トーリン「一人の忍びの者の命のために、この探求を危うくするつもりはない」
バーリン「彼の名は、ビルボですぞ」

01:56 エレボールの広間のビルボ
スマウグ「さて、盗人よ、どこにいるのかな…?さぁ、恥ずかしがらなくてもよい。光の中においで…」

02:14 "『ホビット 竜に奪われた王国』(The Hobbit: The Desolation of Smaug )"



■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。