スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜

2013年09月30日 23:59

9月30日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』新予告編、10月1日デビューと公式発表。
 闇の森のビルボとドワーフたちのバナーポスターも公開!
予告編の公開は、日本時間では10月1日22時となります。 【Twitter(The Hobbit)】 【facebook(tThe Hobbit)】
9月28日(土) *『ホビット 竜に奪われた王国』2014カレンダーより、新しいスチル4枚流出。
 
 
  右上のスチルの真ん中に写っている人物には、「このドワーフ誰?」「ノーリじゃない?」「ダインかも!」とTwitter上で様々な意見が交わされましたが、ジェド・ブロフィー本人のツイートで、(おそらく樽での川下りのせいで)すっかり様相の変わったノーリと判明しました。こんな遣り取りをリアルタイムで目の当たりにしていると、すごい時代になったものだとしみじみ思います。 【RichardArmitageNet】 【The Hobbit: The Desolation of Smaug 2014 Calendar】
9月27日(金) *Alberta Film Ratings、『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編の情報掲載。
 Alberta Film Ratingsに『竜に奪われた王国』の第2予告編の詳細がUPされました。それによりますと、予告編の長さは2分23秒、レーティングは第1予告編同様、保護者による手引きを必要とする「PG」になります。
ちなみに、Alberta Film Ratingsとは、カナダのアルバータ州における映画のレーティング機構ですが、審査済みリストに登場した予告編の殆どは近日中に劇場公開となるので、新しい予告編の公開時期を占うにはもってこいなのです(勿論北米で公開予定の作品に限られますが)10月初旬に登場と噂の第2予告編ですが、週明け早々にも公開されるかもしれません。 【Alberta Film Ratings】

9月26日(木) *EMPIRE誌、ビルボの新しいスチルを掲載。
 ビルボが座っているのは木造家屋の中のように見えますが、毛布のようなものを被っているのは、湖の町に到着直後なのでしょうか。 【Empire】

9月25日(水) *『竜に奪われた王国』オリジナルサウンドトラック、12月10日発売の噂。
 『思いがけない冒険』と同じ Watertower から12月10日発売予定とのことです。
現時点では詳細は不明ですが、同レーベルから$13.98(≒ ¥1,374 ASIN: B00FFT182K)と$24.98(≒¥2,455 ASIN: B00FFT1BJ0)の2バージョンが確認されていますので、第1部同様、通常版と特別阪の発売が予定されているのかもしれません。 【ACESHOWBIZ】
9月23日(月) *『竜に奪われた王国』第2予告編、10月初旬公開の噂。
 ロシアのトールキンファンサイトHenneth Annunは、地元の配給会社からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の新予告編は既にロシア語字幕を入れたり色補正をする作業に入っており、10月初旬には公開されるだろうと伝えています。 【Henneth Annun】
9月22日(日)
*ジェームズ・ネスビット、娘たちがバルドの子供役で『ホビット』出演と語る。
 ボフール役を務めるジェームズ・ネスビットは9月22日、リリック劇場で開催された、メアリー・ピーターズ・トラスト(北アイルランドの若いアスリートを援助する慈善事業団体)を支援するためのセッションに、友人のジャーナリスト、マーク・カラザースと共に登場しました。舞台には俳優のコンリース・ヒルと、『ホビット』でバルドを演じるルーク・エヴァンズも加わり、ジェームズとルークは観客にデュエットも披露しました。
ジェームズはここで『ホビット』の話題に触れ、彼の2人の娘がバルドの子供たちを演じると話したとのこと。映画の設定では、バルドにはジョン・ベル演じる息子のバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。この2人をジェームズのお嬢さんたちが演じたようです。 【Candid Chaos】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』に関する最近の小ネタ色々/その4:こんなところにスマウグが?他

2013年09月21日 19:57

■その4:『思いがけない冒険』のWBロゴには、スマウグが登場していた?

『ホビット』3部作の中で、ビヨルン同様その姿がトップシークレットとされてきたドラゴンのスマウグですが、第2部『竜に奪われた王国』の第1予告編のラストでその頭部が明らかになるより前に、既に第1部の冒頭でスマウグの姿についてのヒントが観客に提示されていたという話題を、The One Ring.netがとりあげておりました。

その場所は冒頭も冒頭、暗闇のスクリーンからテーマ音楽とともにフェードインする初っぱなのワーナー・ブラザーズのロゴマークに登場していたというのです。
青空に浮かぶWBの文字を象った盾のようなマークが手前に向かってきますが、その「盾」の左側の雲が、明らかにスマウグの形をしているというのですが、どうでしょう?



TORnスタッフはさらに、「盾」の右側には、ツグミの姿もあると指摘しています。



ワタクシもブルーレイを改めて再生してみましたが、右側のツグミ?はともかく(ヘドウィグに見えます)左側の雲は、予告編に登場したスマウグに似ているとは思えませんが、確かに偶然にしては出来過ぎた形をしています。

今年のエイプリルフールにも、第2部のスニークピークライブ映像に「いたずら」を仕込んできた(2013年4月2日の記事をご参照ください)ピーター・ジャクソン監督のことですから、あるいはこれも彼流のジョークなのかもしれません。
皆さまの判断は如何でしょうか?


■その5:ビルボは映画でもスマウグのゴブレット(カップ)を失敬する?

スマウグ絡みでもう一つ。アメリカの玩具メーカーUSAopolyが、ヤッツィー(Yahtzee)と呼ばれるダイス(さいころ)ゲームの『ホビット 竜に奪われた王国』コレクターズ・エディションを発表しました。



『ホビットの冒険』の原作では、竜の“寝床”に初めて入ったビルボは、スマウグが寝ている間に「一つの大きなカップ(ゴブレット)」を盗み出しますね。USAopoly社の限定版ヤッツィーでは、まさにそのゴブレットのレプリカがダイスシェイカーとして付くとのこと。
ビヨルンの館への訪問や樽での脱出など、明らかに原作通りにならないプロットは第2部にも少なからず存在しそうですが、ビルボが両手でようやく持ち上げられるほどの大きなゴブレットを盗み出すシーンは、ひょっとしたら大スクリーンでそのまま見られるかもしれませんね。

『ホビット』に関する最近の小ネタ色々/その3:ビヨルンの姿を推理する

2013年09月21日 14:45

■その3:撮影現場目撃談から、ビヨルンの姿(人間時)を推理する

7月末にスペインの玩具メーカー SD Toysが、自社製品の『ホビット スマウグの荒らし場』2014年カレンダーの画像をfacebookにUPしました。その裏表紙には人の姿をとっているビヨルンが含まれており、小さな画像ではありましたが、これが最初のビヨルン写真の流出となりました(同社は現在、商品画像の掲載を差し控えています)

さて、最近になってThe One Ring.netが、2011年後半にクイーンズタウンのグレノーキーに建設されたビヨルンの館のオープンセットにおいて、偶然撮影を見ることが出来た関係者による“ビヨルン目撃談”を紹介しました。その“人相書き”によりますと…。

ミカエル・パーシュブラントの6フィート以上ある体格は、灰色がかった茶色の「たてがみ」のせいでさらに恐ろしく見えました。
彼は俳優のためのドレッシングガウンを着て、クルーがそこら中を駆け回って家畜の世話をし、場面のセッティングをしている間、サー・ピーターの傍で辛抱強く立っています。
同様にパーシュブラントの両の頬から顎へと伸びる剛毛の顎鬚も人目を引きます。それはマトンチョップ(*もみあげとつながり、上端が細く下端は広がった頬髭)をはるかに越えていますが、完全なフレンチフォーク(*口髭と、頬髭に続く2つに割れた顎鬚を特徴とするひげのスタイル)ではありません。実際のところ、この顎鬚は猪の牙に似ていて、好戦的に見物人のほうへ突出しています。
荒々しいぼさぼさの眉毛は、ビヨルンの顔を作り上げ、彼の目に深くくぼんだ、鋭い表情を与えています。小さなビルボには、さぞかし恐ろしいことでしょう。

TORnの記者はこの報告による描写が、今年のトールキンカレンダーに載っていたジョン・ハウとアラン・リー両画伯の共作によるイラストレーションに描かれた人物と似ており、これはビヨルンのコンセプト画ではないかと推理しています。下の画像の、中央右側の筋骨逞しい髭面の人物です。


*このイラストについてジョン・ハウは自身のサイトにて、「トールキン・カレンダー2013のためのアラン・リーとのコラボレーションの成果。もし、誰がどれを描いたか当てられるなら無料でどうぞ。いやいや、勿論冗談です(でも、推測してみる分には何の差し支えもないですよ)」と説明しています。チャレンジしてみては如何でしょう。



また、撮影時の現場のスナップから、小さく写っているミカエル・パーシュブラントを拡大した写真も、TORnのコメント欄にUPされました。上の画像の右側2枚がそうです。
いずれも不鮮明ではありますが、最初に流出した写真(上画像左端)とこれら全てを統合してみると、映画版ビヨルンの姿をかなり具体的に思い描くことが出来そうです。

『ホビット』に関する最近の小ネタ色々/その2:『竜に奪われた王国』LEGOセットの噂

2013年09月21日 14:40

■その2:第2部公開前に発売予定の『ホビット 竜に奪われた王国』LEGOセットの噂

7月18日から21日まで開催されたサンディエゴ:コミコン2013のLEGO社のブースでは、この冬発売予定の『ホビット』シリーズの中から、「Lake Town Chase(湖の町の追跡)」のプレイセットが公開されました。



噂によれば(例によって、信頼出来る情報筋からだそうですが)、『竜に奪われた王国』の一場面をテーマにしたプレイセットは、このセットを含め下記の4点通とのことです。
  • 79011:Dol Guldur Ambush(ドル・グルドゥアの伏兵)…£19.99
  • 79012:Mirkwood Elf Army(闇の森のエルフ軍)…£29.99
  • 79013:Lake Town Chase(湖の町の追跡)…£49.99
  • 79014:Dol Guldur Battle(ドル・グルドゥアの戦い)…£69.99 【Source:Brickset forum

『竜に奪われた王国』の場面を再現したLEGOシリーズとしては、映画が当初2部作で計画されていた関係で、79001:Escape from Mirkwood Spiders(闇の森のクモからの脱出)と79004:Barrel Escape(樽での脱出)がプレイセットとして、30212:Mirkwood Elf Guard(闇の森のエルフの衛兵)及び30213:Gandalf at Dol Guldur(ドル・グルドゥアのガンダルフ)がミニパックとして昨年中に既に発売されています。



新しいLEGOセットで気になるのは、やはり一番価格の高い(従ってセットパーツの多い)「ドル・グルドゥアの戦い」でしょうか。
ドイツの映画雑誌「cinema」8月号の記事(8月12日の記事をご参照下さい)によれば、「ネクロマンサーに対抗する白の会議の戦い」は第2部に登場とのこと。しかし、9月18日にUPされたYahoo! UKのインタビュービデオでは、ガラドリエル役のケイト・ブランシェットは、「第2部に登場シーンがあるかどうか分からない」と語っておりました。
ドル・グルドゥアでどんな場面が展開して、どんなキャラクターが登場するのか、このLEGOセットの画像が公開になれば、映画のプロットの大きなヒントとなることでしょう。待ち遠しいです。

『ホビット』に関する最近の小ネタ色々/その1:『思いがけない冒険』EEのレーティング

2013年09月21日 14:36

『ホビット』映画に関する噂の中で、取り立てて記事にする程でもなければ、「今月の動き」として書き留めるような内容でもない。でも、映画を待つファン同士が顔を合わせたときには、小ネタとして面白いかな…みたいなレベルの情報って、毎日ネットの海を彷徨っていると結構あるものなんです。
そういうのは、普段はTwitterで一回呟いておしまいなんですが、フォロワーさん以外にも共有したいなと感じたネタから、最近のものだけ拾い集めてみました。3連休中の、ちょっとした暇つぶしにでもなれば幸いです。


■その1:『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディションのレーティング

第2部公開前のお楽しみ、『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディションの発売まで1ヶ月半余りとなりました。
公開前の各国のレーティング審査の結果は、いずれも劇場版と同じ評価のようですが、その詳細を見てみるとほんの少し違っているのが分かります。まずはMPAA(アメリカ映画協会)からご覧ください。

タイトル:『ホビット 思いがけない冒険』劇場版 (2012)
レーティング:PG-13
理由:広範なシーケンスにおける激しいファンタジーアクションの暴力と、恐ろしい映像のためにPG-13とした。
配給:ワーナー・ブラザーズ

タイトル:『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション(2013)
レーティング:PG-13
理由:広範なシーケンスにおける激しいファンタジーアクションの暴力と恐ろしい映像、そしてつかの間の裸のためにPG-13とした。
配給:ワーナー・ブラザーズ

続いて、ACB(オーストラリア等級審査委員会)による『ホビット 思いがけない冒険』のレーティング審査の結果です。

『ホビット 思いがけない冒険』劇場版 (2012)
レーティング:M 理由:ファンタジーにおける暴力描写
  ごく弱い影響 弱い影響 中程度の影響 強い影響 大変強い影響
テーマ        
暴力        
言葉        
薬物の使用        
         
セックス        

『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション(2013)
レーティング:M 理由:ファンタジーにおける暴力描写と乱暴な言葉遣い
  ごく弱い影響 弱い影響 中程度の影響 強い影響 大変強い影響
テーマ        
暴力        
言葉        
薬物の使用        
       
セックス        

ACBのレーティングにおける「M ( Mature ) 」とは、暴力描写など15歳未満には推奨されない内容を含む場合があるも、特に販売への制限は設けないという、アメリカにおけるPG-13とほぼ同等のレベルとのことです(「薬物」なんて言われるとギョッとしちゃいますが、これは間違いなくパイプによる喫煙ですね)
劇場版とエクステンデッド・エディションの評価を比べながら、いったいどんな項目が増えたのかを推理してみるのも一興だと思います。ただし、審査の範囲にはおよそ9時間に及ぶ映像特典部分も入っておりますので、ラップパーティですっかりテンション上がったクルー、放送禁止用語をわめきながらはだk踊り…な可能性もなきにしもあらず(>ないない)ですので、多大な期待(?)はなさいませんように^^

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)

2013年09月13日 07:20

8月30日にThe One Ring.netに掲載されたDeciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題したCaptain Salt さんによる考察の後半です。
こちらも前編同様、あくまでも「予想」ではありますが、映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでおります。ネタばれに抵抗がある方はご注意下さい(*なお、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)

■Act 2

ある時点で、ドワーフたちはエルフの地下牢から脱出します(LEGOのプレイセットは、このシーケンスが原作にある程度忠実なのを伝えています)



タウリエルは閉じ込められていたドワーフたちが逃れたのを知って、「独房は空です!」とエルフ語で報告します(*19) 樽での脱出は、原作とは全く対照的に、ビルボとドワーフたちはとても人目を引きます。逃走の間中、トーリンと仲間たちは、レゴラスとタウリエル及び森のエルフたち、それにアゾグとオークの追っ手たちとの三つ巴の交戦を繰り広げます。これはかなり大きなアクションシーンとなります。

【注19】2011月10月2日、『リアル・スティール』のワールドプレミア会場で、エヴァンジェリンはインタビューに答えて、エルフ語で「Come Now!」と「The cells are empty!」を披露しました(動画参照)

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)]の続きを読む

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)

2013年09月08日 22:21

8月30日、お馴染みThe One Ring.netに、Deciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題した、3ページに及ぶ考察記事が掲載されました。
これは、『ホビット』の予告編や各種フッテージ映像、また雑誌の記事やキャストのインタビューなどで明らかになった情報の断片を繋ぎ合わせ、それに投稿者であるCaptain Saltさんの推理を合わせて、『ホビット 竜に奪われた王国』のオープニングからエンディングまでを構築してみたものです。

生憎その翌日には、映画のタイアップ本『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』のネタばれ満載の中身(2013年9月1日の記事をご参照下さい)がネットに浮上し、話題をもっていかれた感がありましたが、こちらの考察は、言わば今までに登場したネタばれの集大成として、ファンには興味深い読み物になっています。

記事の作者は、情報ひとつひとつのソースに殆ど言及しておりませんので、お節介ながら分かる範囲で、その出所と補足を挟みつつ邦訳してみました(原作のエピソードや、公式予告編に使用されているカットに由来する予測については、特に言及していません)
勿論、実際にこの通りに描かれるかどうかは、映画が公開されてみないことには分かりませんが、高い確立で映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでいると思われます。ネタばれに抵抗がある方は読み進めないで下さいね。(*以下、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)


■プロローグ

わたしたちは、ピーター・ジャクソン監督が、「映画は“よく知られている、しかし予期せぬ”どこかから始まる」と言った(*1)ことを知っています。そして、先日終了した夏の追加撮影の間に、どうやら踊る小馬亭でのシーンが撮影された(*2)ことも分かっています(おそらく、エレボールへの探求の旅を計画しているガンダルフとトーリンのフラッシュバックになるのでしょう)そして、更に多くの材料が、トーリンの父スラインについて存在することが分かっています。
スラインはサー・アントニー・シャーによって演じられ(*3) 、拡大した役割の為にモリアでの戦いを再体験することになっています。両方ともプロローグか、または映画中の他の場面にインサートされることでしょう。

【注1】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。
【注2】スペインのトールキンファンサイト El Anillo Único の記事(2013.5.11)による。
【注3】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。第1部ではスラインをマイク・ミズラーイが演じていましたが、マイクのスケジュールの都合か、あるいは(マイクには失礼ながら)もっと存在感のある俳優を必要とする重要なシーンを追撮したのでしょうか。シェイクスピア俳優として有名な名優アントニー・シャーを改めて起用したようです。

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)]の続きを読む

『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から

2013年09月01日 13:42

8月29日、『ホビット スマウグの荒らし場』の映画タイアップ本(子供向け)として、HarperCollinsより「The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014」が発売されました。
翌日には購入したファンがスキャン画像をネットにアップロードし、キャラクター画像や、何より映画のプロットが部分的に明らかになりました。【Source:The One Ring.net

今回の記事ではそれを紹介させて頂くわけですが、いつにも増して映画のストーリーに関する重要なネタばれを含んでおりますので、映画を前知識なしで楽しみたい方は、くれぐれもご注意下さい。

The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014  The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014 (2013/08/29)

商品詳細を見る

[『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。