スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年8月〜

2013年08月31日 23:37

8月31日(土) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット スマウグの荒らし場』世界公開日一覧を更新。日本は2014年2月28日に。
 ワーナー・ブラザーズは、The Hobbit公式ホームページにおいて、世界公開日一覧のページを更新し、日本における『スマウグの荒らし場』の公開日を、3月7日(金)から2月28日(金)に変更しました。
これで一般公開日が1週間早くなった訳ですが、リストに掲載されている日本以外の全ての国々が2013年中に公開なのを見るにつけ、寂しい気持ちになるのに変わりはありません。 【The Hobbit.com】
8月28日(水) *グレアム・マクタビッシュ、『ホビット スマウグの荒らし場』のアフレコ参加を報告。
 グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン役)はTwitterにて、「リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド役)とADRでの楽しい一日。『スマウグの荒らし場』はかなりすごい感じだ…」とツイート、 『ホビット スマウグの荒らし場』のADR(Additional Dialogue Recording:日本でいうアフレコのこと)を行ったことを報告しました。
作業日程や、他にどのキャストが参加しているか等詳しいことは分かりませんが、ファンの質問に答えたツイートによれば、録音はロンドンにて行われているとのこと。12月の公開に向けて、ポスト・プロダクション作業が急ピッチで進んでいることを伺わせます。 【Twitter (Graham McTavish)】
8月26日(月) *Wetaデジタルとパーク・ロード・ポスト、『ホビット』等の技術で第5回3D技術賞受賞。
 国際3D協会(The International 3D Society:I3DS)とAdvanced Imaging Societyは、優れた3Dの技術革新と国際的な業績に対して贈られる第5回3D技術賞(3D Technology Award 2013)の受賞者を発表しました。
受賞が決定した10団体の中には、ピーター・ジャクソン監督が設立したWetaデジタル(3D視覚効果におけるパイプライン)とパーク・ロード・ポスト(3DHFRにおけるパイプライン)が含まれています。授賞式は9月18日に、ロサンゼルスのパラマウントスタジオにて開催されます。 【Business Wire】 【THR】
8月21日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』、第4回スクリーンUKマーケティング&ディストリビューション賞(スクリーン賞)に2部門ノミネート。
 マーケティング、流通、エキシビションにおける、イギリスの代表的な作品を認識するために設けられたスクリーンUKマーケティング&ディストリビューション賞(Screen UK Marketing & Distribution Awards 2013)において、『ホビット 思いがけない冒険』は、3D映画キャンペーン賞(3D Film Campaign of the Year)とオンラインキャンペーン賞(Online Campaign of the Year)にノミネートされました。
授賞式は10月30日に、ロンドンのPark Plaza Riverbankで開催予定です。 【Screen Awards】
8月17日(土) *『ホビット スマウグの荒らし場』映画タイアップ書籍カバー画像、各種公開。 【El Anillo Unico.com】
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug Official Movie Guide

The Hobbit: the Desolation of Smaug Visual Companion
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug The Movie Storybook

The Hobbit: The Desolation of Smaug Activity Book
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug Sticker Book

The Hobbit: the Desolation of Smaug Ultimate Sticker Book
[『ホビット』今月の動き〜 2013年8月〜]の続きを読む
スポンサーサイト

エヴァンジェリン・リリー:「タウリエル・トリビア」で語ったこと

2013年08月23日 07:28

8月12日(日本時間13日)、闇の森のエルフ・タウリエルを演じるエヴァンジェリン・リリーは、「EL(エヴァンジェリン・リリー)ディスカッション、タウリエル・トリビア」と題して、『ホビット』撮影時の舞台裏や演じる役柄の解釈などをTwitterを通して語りました。
第2部で初登場する映画のオリジナルキャラクターであるエルフの女戦士を、エヴァンジェリンはどうとらえているのでしょうか。およそ1時間に渡って展開した彼女自身の言葉をまとめてみました(*タイムライン上の時間は日本時間です)

05:01 ELディスカッション、タウリエル・トリビアへようこそ!これから公開される『ホビット』の映画で私が演じるキャラクターについて、いくつかの楽しい“さわり”を共有出来ることを楽しみにしているわ!
05:04 沢山の人々がレゴラスとタウリエルのロマンスについて訊きたがるけど、それについては認めることも否定することも出来ないの。
05:11 それを残念に思う皆さんのために、私の主なネタの中から、全てのタウリエル・トリビアの質問について答えるつもりよ。
05:11 タウリエルは少しばかり仕事中毒ね。でも、その自由時間に彼女がなにをするかは、『ホビット スマウグの荒らし場』で明らかになるわ。
05:13 『ホビット スマウグの荒らし場』で私が演じる新しいキャラクターは、今年の12月に映画館に登場するわ!
05:14 ええ、タウリエルは五軍の合戦まで旅の一員よ!
05:17 タウリエルは若いエルフで、まだ300才くらいよ。もし(過去のニュース記事などが)そうなっていなければ、間違って引用していると思うわ。(*過去のエヴァンジェリンのインタビュー記事には、タウリエルの年齢を600才としているものもあります)
05:18 タウリエルの最高の資質は、正義に対する無私の欲求ね。このことは彼女を本物のヒーローにするわ。
05:20 タウリエルを演じる上で最高の部分:エルフ語が話せて、オークたちを殺せることね。もっとも後者については、最初の頃は赤ちゃんがいたから大変だったのよ。(*『ホビット』のクランクインは2011年3月。エヴァンジェリンは同年5月に男の子を出産しています)
05:22 トールキン世界であることについて最高の部分:ふぅ…そうね、ピーター(・ジャクソン)と彼のチームの世界創造!セットや衣装、それに小道具や諸々ね…。
05:24 (タウリエルが初めてのエルフの女戦士ではなく、PJがアルウェンをヘルム峡谷の戦いに参戦させようとしていたことを知っているか?という質問に対し)その通り。タウリエルはエルフの女戦士におけるピーターの最初の試みじゃないわ。
05:25 髪とメイクには2時間から2時間半かかったわ。でもオークたちの5時間と比べたら悪くないわね。タウリエルの髪とメイク、それにプロステティックス(*樹脂等を用いた補綴充填による特殊メイク)ヒル・コックによるものよ。
05:26 タウリエルが(原作ファンの)論争の的であることは承知していたわ。でも、私はピーターを完全に信頼していたの。俳優としても(トールキン)ファンとしても、彼は決して私を失望させることはなかったわ。(*エヴァンジェリン自身がLotR3部作映画化以前から熱心なトールキンファンであったことは、複数の記事で紹介されています)
05:28 もし中つ国のどこかで暮らせるとしたら(難しい選択ね)、ロスローリエンね。
05:29 タウリエルが魅力的なトーリン・オーケンシールドに会うかどうかは、言うことは出来ないわ。
05:30 エルフ語を喋ることは、とても官能的な感じね。上品で洗練されていて、そして力強いの。
[エヴァンジェリン・リリー:「タウリエル・トリビア」で語ったこと]の続きを読む

Cinema誌8月号の記事から:ネクロマンサー、スマウグ、そして五軍の合戦

2013年08月12日 06:07

ドイツの映画雑誌「cinema」はその最新号(8月号)において、『ホビット スマウグの荒らし場』の特集記事を掲載しました。ドイツ語の記事を、Heirs of Durin様が英訳して下さっておりますのを、更に邦訳してみました。
『ホビットの冒険』や『指輪物語』の追補篇を既読の皆さまには、これといって特別なネタばれは含まれておりませんが、ピーター・ジャクソン監督が第2部『スマウグの荒らし場』、そして最終章の『ゆきて帰りし物語』をどんなコンテツでもって展開してくるか、EMPIRE8月号についての記事と合わせて推理して頂けたらと思います。
なお、ドイツ語→英訳→邦訳の手順を踏んでおりますので、いつも以上に内容に不正確な部分がありますこと、予めご了承下さいませ。


=== 『ホビット スマウグの荒らし場』 ===

よく知られたネクロマンサーと勇敢なエルフ、そして攻撃的なスキンチェンジャー(*動物に姿を変えるモンスター、ここではビヨルンのこと)…しかしピーター・ジャクソンの新しい中つ国3部作の第2部において、他に何を予想することが出来るでしょうか?
わたしたちの特集では、今年のファンタジーイベントである『ホビット スマウグの荒らし場』の秘密を解き明かします。そして、第1部のエクステンデッド・エディションに、ファンが何を期待することが出来るかについても明らかにします。

貪欲なドラゴン、かなり怒りっぽいスキンチェンジャー、アクション満載の川渡りと、ネクロマンサーに対抗する白の会議の戦い---中つ国ファンは、ピーター・ジャクソンが『ホビット スマウグの荒らし場』で再び全てを見せる大きなイベントを体験する覚悟が出来ていなければなりません。

『ホビット 思いがけない冒険』では、観客をオークと魔法使いの世界へ再び誘うのにおよそ1時間を必要としましたが、LotR3部作の全作品でオスカーを受賞した監督である彼は、ファンタジー3部作の第2部では物語にすぐに飛び込みます。というのも、既に前作で登場人物は紹介され、衝突は描かれているからです。ですから、ジャクソン監督お気に入りの『ロード・オブ・ザ・リング 二つの塔』のアドベンチャーのように、物語を最大限の力でフィナーレに向かって導いていくことが出来ます。始めから全てが用意されているのです。

13人のドワーフとホビットのビルボ・バギンズからなる勇敢な仲間たちは、サイケデリックでカラフルな闇の森の巨大なもの言うクモたち(*EMPIREが今年1月に特集した記事によれば、“精神的なコミュニケーション”による会話とのこと)だけではなく、旅するグループを用心深く監視している森に住むエルフのレゴラスと、彼の父親のスランドゥイルに出会います。弓遣いのバルドがリーダーとしてゆっくり立ち上がる湖の町エスガロスの住人については、言うまでもありません。そして、エルフのタウリエルに対するドワーフのキーリの不器用な試みは、議論の材料を提供することでしょう。
中つ国に沢山のことが起きようとしています。少なくとも1937年に刊行された原作よりずっと多くのことが起きるでしょう。

大勢のオタクたちは、ピーター・ジャクソンがどのようにして J.R.R トールキンのわずか300頁強の児童小説を9時間に及ぶ叙事詩に変えるのかについて始めから懐疑的でしたが、ジャクソンは 『王の帰還』の(巻末の)追補篇から、緊密に絡み合う素材を映画に用いて驚かせました。多くの追補篇の内容が、第2部でも使われます。

ハードコアなファンは、原作の2〜3のセンテンスから、魔王の主人であるサウロンとネクロマンサーについての意外な新事実を発見するでしょう。そして、トールキンによれば蒼白きオークのアゾグは、アザヌルビザールの合戦よりも長生きしませんが、ジャクソンは彼をトーリン・オーケンシールドの最大の敵へと決定的に変えました。一方、オークたちによるエスガロス侵略は、完全にピーター・ジャクソンによる創作です。そして、タウリエルのように、わずか300才の若いエルフを登場させ、男性優位の物語の中に僅かな女性らしさを加えました。
[Cinema誌8月号の記事から:ネクロマンサー、スマウグ、そして五軍の合戦]の続きを読む

『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション情報

2013年08月02日 06:02


ワーナー・ブラザーズ・ホーム・エンターテインメントは7月31日、『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションの発売についてプレスリリースを発行しました。
同時に日本版を始めそれぞれの国で、発売日や仕様等が明らかにされました。
まずは、米ワーナーのプレスリリースからご覧下さい。


2013年7月31日 カリフォルニア州バーバンク --- 中つ国のファンには、より幅広い体験を手に入れる機会があります。アカデミー賞受賞監督ピーター・ジャクソンによる『ホビット 思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションは、デジタルダウンロードが10月22日から、また、3Dブルーレイとブルーレイ(通常版)、それにDVDは、11月5日からワーナー・ブラザーズ・ホーム・エンターテインメント(WBHE)より発売になります。
ニューライン・シネマとメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の制作によるこの映画の新たなカットは、ファン必見の決定版として、個々のシーンを拡張する13分の特別なフッテージ映像を含んでいます。
エクステンデッド・エディションの全てのディスク・バージョンは、およそ9時間の新しい映像特典を含んでおり、『ホビット』3部作の第2部、『ホビット スマウグの荒らし場』の12月13日の劇場公開の前に、ちょうど役立つでしょう。

「エクステンデッド・エディションが、豊富な映像特典だけではなく、映画本来のショットの、確実に重要な場面を体験してもらえる機会を提供出来ることにわくわくしています」とジャクソンは言いました。「3部作の第2部を観る前に、ファンが完全に映画に熱中出来るようにするために『ホビット 思いがけない冒険』の、拡張され豊かになったバージョンを発表出来ることは、とても刺激的です」

『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディションは、3Dブルーレイとエクステンデッド・エディションブルーレイからなる5枚組の3Dセット(希望小売価格 $54.98)、ブルーレイ3枚組のセット(希望小売価格 $35.99)、DVD5枚組(希望小売価格 $34.99)の3バージョンで発売されます。ブルーレイとDVDはいずれもウルトラバイオレットを含んでおり、コンピューターや互換性をもつタブレットを含む様々なデバイス、スマートフォンやゲーム機、インターネットの接続しているテレビやブルーレイ・プレーヤー等でダウンロードして、即座に高解像度のエクステンデッド・エディションをストリーム再生出来ます。

およそ9時間の新しい映像特典では、ピーター・ジャクソン(監督/制作/脚本)とフィリッパ・ボウエン(共同制作/脚本)によるオーディオ・コメンタリーと、映画と3部作の様々な側面に焦点をあてた各パートのドキュメンタリーである“付録(The Appendices)”を誇ります。


(〜以下、粗筋/脚本/制作/配給と続きますが省略します)

ブルーレイ3D、ブルーレイ及びDVDの、全く新しい特典:
  • ピーター・ジャクソン(監督/制作/脚本)とフィリッパ・ボウエン(共同制作/脚本)による共同解説。
  • 付録(The Appendices)--- 『ホビット 思いがけない冒険』における各パートの年譜:主要部分の撮影開始前から数ヶ月に渡って行われた様々な部門における制作準備期間、メインキャストのためのブートキャンプトレーニング、そして3つの撮影ブロックを通して行われた仕事を年代順で紹介、デジタル効果の世界もカバー。
  • ニュージーランド:中つ国の故郷。
『ホビット 思いがけない冒険』
  • 発売日:2013年11月5日
  • 注文期日:2013年10月1日
  • レーティング:PG-13
  • 本編時間:184分
  • ブルーレイ(3D版):希望小売価格 $54.98(≒¥5,400)
  • ブルーレイ(通常版):希望小売価格 $35.99(≒¥3,530)
  • DVD:希望小売価格 $34.99(≒¥3,440)
 *日本円換算は7/31 23:00現在のレートによります。

(〜以下、ブルーレイについて/ウルトラバイオレットについて/ワーナー・ブラザーズについて/メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)についてと続きますが、こちらも省略します)
[『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション情報]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。