スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2012年10月後半〜

2012年10月31日 12:59

10月31日(水) *ニュージーランド航空の『ホビット』タイアップ版安全ビデオ公開。
 制作にはWETAワークショップも協力。ピーター・ジャクソン監督もチラリと出演。 【AIR NEW ZEALAND】
エキストラにはこんな顔ぶれが…。

○ロイド・トールキンとマイク・トールキン(画面中央の座席の右端と真中)
名前から察せられるように、トールキン教授の曾孫さん(ロイド)とお孫さん(マイク)です。ロイドは『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』にも、ゴンドール兵士役(オスギリアスの場面)でエキストラ出演しています。
○フィーリ役のディーン・オゴーマン。
○そして、ピーター・ジャクソン監督。
*ニュージーランドにおける『ホビット 思いがけない冒険』の劇場公開日が12月12日に変更される。
 12月13日だった一般公開日を、地元のこの映画に対する関心の高さから12月12日12:01AM公開に早まったとTVニュージーランド。 【TVNZ】
10月29日(月) *ニュージーランド・ポストに、ビルボと13人のドワーフ登場。
 ウエリントン港に面したニュージーランド・ポストのビル(12階建て)の5階上部の台座に、WETAワークショップの設計による高さ6メートルに及ぶドワーフ13人とビルボの姿を切り抜いた合板が設置されました。夜になると巨大な照明装置からの光で、一行のシルエットが浮かび上がる印象的なインスタレーションになっています。
強風で知られるウエリントンのこと、この装置は140km/hの風に耐えられるように作られたとのことですが、それでも安全上6メートル以上の高さには出来ないことから、ガンダルフは断念されたのだそうです。
「莫大な好影響をもたらすであろうニュージーランドの首都で制作されたこの重大な映画を、公的な方法で祝いたかったのです」とニュージーランド・ポストのスポークスマン、サイモンアリソン氏。
ニュージーランド・ポストがデザインした『ホビット 思いがけない冒険』の記念切手や法貨記念コイン各種は11月1日から発売になります。 【WETA】 【facebook(Weta Workshop)】

10月27日(土) *オフィシャルムービーガイドから、ガラドリエル、ラダガスト他の未公開スチルが流出。
  11月6日発売予定の『The HobbitL: An Unexpected Journey: Official Movie Guide』から、エルロンド、ガラドリエル、それにラダガストのフルショットを始め、メイキング場面など複数の未公開スチルが、ヨーロッパ圏のファンサイトを中心に掲載されました。
同書からは画像の他に、アラン・リーとジョン・ハウのインタビューも転載されており、ドル・グルドゥアが三角形の幾何学形状をベースにデザインされていること、ゴブリンの街が空中に板を組んで構築されていることなどが紹介されています。 【HOBBIT FILM.it】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
10月26日(金) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』の30秒TVスポット第2弾公開。 【YouTube(Warner Bros.)】

*ピーター・ジャクソン監督、スティーヴン・コルベア カメオ出演の噂について語る。
 プレイボーイ誌で『ホビット』ロケ現場訪問を語ってから、カメオ出演が噂される米俳優スティーヴン・コルベアについて、ENTERTAINMENT WEEKLYの記者がジャクソン監督に直接インタビューを試みています。それによりますと、PJはコルベア氏のカメオ出演については肯定も否定もしなかったとのことですが、
「ぼくの人生において、今までにあんなにすごいトールキンおたく(Tolkien fanatic)に会ったことがないよ。ぼくらの仲間ではフィリッパ・ボウエンがトールキンの専門家だけど、スティーヴンがセットを訪ねてくれたとき、トールキンクイズで1対1の対決をしてフィリッパに勝ったんだ」とか。 【EW.com】

*エンバシー・シアター、ドルビーアトモス システム導入へ。
 『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアが開催されるウエリントンのエンバシー・シアターでは、10月23日に48fpsフォーマットでの上映が明らかにされたばかりですが、音響についても最新技術のドルビーアトモスを導入するとThe Dominion Postが伝えています。このシステムのために従来のスピーカーとは別に天井に20個の専用スピーカーを設置するとのことで、この工事のために11月5日から9日まで休館を予定しています。 【The Dominion Post】

*東急レクリエーション、『ホビット 思いがけない冒険』のIMAX3D版公開決定を公式発表。
 株式会社東急レクリエーションが運営する109シネマズのIMAXデジタルシアターは、『ホビット 思いがけない冒険』のIMAX3D版の公開を決定したと、同社のプレスリリースにて。12月14日より全国7箇所のIMAXデジタルシアターにて公開となります。 【PR TIMES】

*ウエリントン国際空港に巨大ゴラム出現。
 11月28日に開催される『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアに合わせて、ウエリントン国際空港の内部に、巨大なゴラムの彫刻がセットされました。WETAワークショップのリチャード・テイラーとロブ・ギリースによって設計されたポリスチレン製のゴラムはおよそ13メートル、流れの中に泳ぐ4メートルの魚に手を伸ばしています。
「この彫刻は、ワークショップがもつ芸術的、工芸的手腕の全てを投じた、私たちが作り得る最高の種類のものです」とサー・リチャード・テイラー。「この地域に訪れた人々の最初と最後の印象に深く残る素晴らしい彫刻とWETAの仕事を、空港は誇りに思います」とウエリントン空港最高責任者のスティーヴ・サンダーソン氏。 【WETA】 【NZ Herald】
10月25日(木) *「スマウグは第1部にも登場」ジャクソン監督、EMPIRE誌に語る。
 24日発売のEMPIRE12月号に掲載された、ピーター・ジャクソン監督へのインタビュー記事から。
それによりますと、スマウグは第1部のプロローグに登場し、闇の森のクモたちとビルボのシチュエーションは第2部になるとのこと。そして、ドル·グルドゥアの牙城に死人占い師の姿を見ることが出来るのも第2部になるとのことです。 【COMIKBOOK MOVIE】

*『ホビット 思いがけない冒険』劇場用スタンディーの画像をTORnが公開。
 映画館のロビー等に置かれるスタンディー(standee:宣伝用の段ボールの等身大切抜き)の画像を、トールキンファンサイトのThe One Ring.netが公開。劇場に設置される日にち等詳しいことは分かりませんが、公式スタンディーとのことですので、日本でも近々見ることが出来ると思われます。 【TORn】
[『ホビット』今月の動き〜 2012年10月後半〜 ]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット 第2弾公開

2012年10月27日 21:34


『ホビット 思いがけない冒険』のTV用30秒スポット第1弾が公開されたわずか3日後の10月26日、ワーナー・ブラザーズは続いて第2弾の30秒スポットを公開しました。
第1弾同様、こちらにも初公開映像がいくつか含まれています。前回に続いて、ざっと邦訳してみましたのでご覧下さいませ。



ビルボ「どういうご用件でしょう?」
ガンダルフ「わしは冒険の仲間を探しておる」



“見つけ出そう”
トーリン・オーケンシールド「そうか、これがホビットか…」



“どのように全てが始まったのかを…”
ガンダルフ(VO)「ドワーフたちは祖国を取り戻すことを決意した」



ビルボ「わたしの名はビルボ・バギンズだ」



トロル「料理して食えるかな?」
ビルボ「危険を冒すつもりはありません…!」



“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…”



ビルボ「必ず帰ってこれると約束してくれますか?」
ガンダルフ「旅に出れば、今のお前のままではあるまいよ…」



“『ホビット 思いがけない冒険』”

---トロル、ちゃんと喋ってましたね。そして、袋詰めのビルボが可愛い…!

『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット公開

2012年10月24日 18:07


10月23日、ワーナー・ブラザーズは『ホビット 思いがけない冒険』のTV用30秒スポットを公開しました。
10月13日と16日に公開された60秒の国際TVスポットが第2予告編の短縮版であったのとは異なり、初公開の映像も含まれています。
短いものですからいい気になって、スクリーンショットを撮りながら邦訳してみました。すぐに日本語版も放送されることとは思いますが、拙い意訳で宜しければご覧下さいませ。



ナレーション「地面の穴のなかに、ひとりのホビットが住んでいました」
ガンダルフ「世界は本と地図の中にあるのではないぞ。それは外にある」



ビルボ「何ですって?ダメ、駄目です!」
“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…”



“全てはここから始まった”



トーリン・オーケンシールド「戦いの経験はあるのかな?」



トーリン・オーケンシールド「そんなことだろうとは思ったがね」
“『ホビット 思いがけない冒険』”

冒頭のナレーションが、原作の始まりの一節そのままなのが、ファンには泣けてきますね。

『ホビット』今月の動き〜 2012年10月前半〜

2012年10月16日 22:57

10月15日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』の上映時間は2時間44分と公式確認とロシアのファンサイトの報告。
 ロシアでワーナー・ブラザーズ映画の配給をしているKaro Premierによる情報とのこと。 【Henneth Annûn】
10月14日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』公開日まで、あと2ヶ月となりました。

*ヒューゴ・ウィーヴィング(エルロンド役)、「五軍の合戦の撮影はまだ」とインタビューにて。
 今年7月のクランクアップまでに、最後の合戦(五軍の合戦)は撮影されていなかったとCOLLIDERのインタビューに答えて。
このことから、ジャクソン監督はかなり早い時点で3部作への変更を検討していたと思われます。また、合戦シーンは、PJがスタジオに申請していた2013年の夏に撮影が行われるのではないかと推測されています。【COLLIDER.com】

*オークのボルグ、Yaznegの画像が流出。
 ボルグはDanilo社の『ホビット』カレンダー2013から、YaznegはThe Bridge Directのアクションフィギュアのパッケージから。 【TolkienDrim(10/13)】 【TolkienDrim(10/14)】
10月13日(土) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』の国際60秒TVスポットをリリース。
 日本では、フジテレビ系列で3:45から放送されたサッカー男子「日本代表VSフランス代表戦」の間に登場。なお10月16日(火)20:54から放送予定の「日本代表VSブラジル戦」でもオンエアされます。 【Twitter(ワーナー エンターテイメント ジャパン)】
10月12日(金) *スランドゥイルのフルショット画像他が流出。
 「地球上で最大のブックフェア」と銘打ってドイツのフランクフルトで開催された『ホビット』ブックフェアから、会場内のロールスクリーンバナーと思われるキャラクター画像がドイツのファンサイトにUPされました。 【HDRF.de】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
10月10日(水) *マーク・ハドロー(ドーリ役)、ABCで『ホビット』を語る。
 オーストラリアのビクトリア訪問中にABC(Australian Broadcasting Corporation:オーストラリア放送協会)ラジオのインタビューに応えて。
「サー・イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、それヒューゴー・ウィーヴィングやケイト・ブランシェットといった才能のある俳優たちと仕事をすることは、信じられないほどセンセーショナルで、ぼくの役者としてのキャリアで最も驚異的な経験だったよ」
「いつしかドワーフたち全員がビルボを守るようになるんだ。ビルボの存在がどのくらい重要になるか気付いてくるんだね。これは映画の中で本当に素晴らしいところの一つだと思うよ」
「ドワーフたちは皆、ハンマーや剣、そして槍とスリングショットのスペシャリストさ。ニュージーランドの南島の中央を走るシーンがあったんだが、衣装と甲冑、それに背負い袋で40kg相当を身に付けて走ったんだ。みんなへとへとだったけど、素敵な体験だったよ」 【ABC(10/9)】 【ABC(10/10)】
10月8日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』の主題歌を、「クラウデッド・ハウス」のニール·フィンが担当の噂。【TORn】

*ウエリントン、『ホビット 思いがけない冒険』ワールドプレミアの詳細を公式発表。
 イベントとして、エンバシー・シアター前面でのカウントダウン時計の読み上げ、ウエリントン国際空港や都市の全域での様々なアートワークの公開、ワイタンギ公園での『ホビット』3部作に関わった職人たちによる作品の展示会、それにLotR3部作の屋外での無料上映等を予定しているとのこと。
ウェリントン市議会は、ワールドプレミアに110万ドルを寄付すると発表。当日は会場のエンバシーシアターまで500メートル以上に渡ってレッドカーペットが敷かれるとか。なお、レッドカーペットに登場するメンバーについては、まだ明らかにされていません。 【Wellington.govt.nz】 【Dominion Post】 【TVNZ】
*『ホビット 思いがけない冒険』の「完成はまだ」とWingnut films。
 ウエリントンで開催されるワールドプレミアまであと50日余りとなりましたが、映画はまだ仕上げ作業の真最中。「自分たちの手を離れる最後の最後まで、より良い作品になるよう努めます」と『ホビット』制作会社であるWingnut filmsのスポークスマンMatt Dravitzki氏。 【Newstalk ZB】

*トーマス・ロビンス、『ホビット』に脇役で出演の噂。
 ドイツのボンで開催中のRing*Con 2012のカンファレンスで、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』でデアゴル役を務めたトーマス・ロビンスが、『ホビット』でも小さな役で登場すると語ったそうですが、どの役かは教えてくれなかったとのこと。 【Henneth Annûn】
[『ホビット』今月の動き〜 2012年10月前半〜 ]の続きを読む

『ホビット 思いがけない冒険』ワールドプレミア詳細発表

2012年10月10日 12:24

11月28日に開催される『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアまであと51日となった10月8日、主催地ウエリントンではプレミアの祝典に関する詳細を公式発表致しました。
この発表とニュージーランドのニュース記事から、ウエリントンにおけるワールドプレミアについて現在分かっている情報を纏めてみました。まずはウエリントン公報全文から紹介致します。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

ウエリントンは『ホビット』のワールドプレミアを祝います。

2012年10月8日


あとちょうど50日余り後に、ニューライン・シネマとMGMの制作による『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアを主催するとき、ウエリントンは再び世界的にスポットライトを浴びることになります。
この非常に期待されているワールドプレミアのホストとしての役割を記念して、セリア・ウェイド-ブラウン市長は、ウェリントンがプレミアの週の間、『中つ国の中心(The Middle of Middle-earth)』と呼ばれることになるだろうと言いました。

↑真鍮のドアノブのついた丸い緑のドアは中つ国とホビットを、周囲を縁取る金の輪は“一つの指輪”を表し、ニュージーランドを象徴するコル(らせん形のシダ)の葉を配してウエリントンに敬意を示したとデザイナーのダニエル・リーヴ氏。

プレミア当日、500メートルのレッドカーペットを、PJと出演者たちは2時間かけて歩く。【NZ Herald】
「ウェリントンは、ニュージーランドの革新的で繁栄を続ける映画産業のまさに中心に座しています。J.R.R.トルキーンのファンタジーワールドに大スクリーン上で息吹を与えるのに不可欠だったものは都市なのです。ですから、プレミアのおよそ一週間の間、ウエリントンは『中つ国の中心』として知られることになるでしょう」

『中つ国の中心』のロゴは、『ホビット』3部作の地図製作とカリグラフィーを担当したアーティスト、ダニエル・リーヴによってデザインされました。

「『ホビット 思いがけない冒険』が“中つ国の中心”でワールドプレミアを迎えることに、本当にわくわくします」と監督のサー・ピーター・ジャクソンは言いました。
「世界中のどこも、ウエリントンのようなプレミアを行ったとことろはありませんでした。市長と議会、そしてすべてのウエリントン市民の支援に、心から感謝します。初めて観客に映画を観てもらうというのは特別なことなのです。ましてや、それが故郷で行われるのですから尚更です」
ハリウッドスターやレッドカーペットの経営幹部と同様に、ジャクソンと映画のキャストたちも、VIPだけが招待された11月28日夜のワールドプレミアに参加します。

「わたしたちは、ウエリントンでの『ホビット 思いがけない冒険』の刺激的なプレミアで『中つ国の中心』の祝宴に参加出来ることを嬉しく思います」とワーナー・ブラザーズの国際マーケティング部門代表スー・クロールは言いました。
「それは3部作の制作を通して中つ国の本拠地であった国から、世界に向けて映画をデビューさせるユニークな機会です」

スターとVIPたちは、リーディングシネマからエンバシーシアターまでの500メートル以上あるレッドカーペットを歩きます。そして両劇場は、プレミアナイトの招待客のために映画を上映します。ワールドプレミアのイベントは、世界中のマスコミによって報道されるでしょう。

「ウエリントンは、世界に通用する第一級のレッドカーペット・プレミアを開催する実績を確立しました。そしてこの都市は再び『世界で最もクールな小さな首都(The Coolest Little Capital in the World)』*であることを証明すると、わたしたちは確信しています」とウェイド-ブラウン市長は言いました。
「『ホビット』プレミアの準備はまた、ウエリントンの物語---才能が活かされ、仕事や大きなビジネスの場としての『最もクールな小さな首都』---を語る素晴らしい機会なのです」

(管理人注:ウエリントンは昨年、世界的に有名な旅行ガイドブック「ロンリープラネット(Lonely Planet)」によって「The Coolest Little Capital in the World」に選出されています)

ウェリントン市議会はプレミアウィークの活動と、再びウエリントンが国際的なスポットライトの下で最高の状態に見えることを確実にするために、110万NZドルを援助します。
ワールドプレミアのための祝典と準備は既に進行中です。そのハイライトは次のものを含んでいます:

  • エンバシーシアターの正面に「カウントダウン時計」を設置し、プレミア式典の開始に合わせて分刻みでカウントダウンします。
  • 訪問客を歓迎するために、ウエリントン国際空港及び都市全域で、『ホビット』3部作にインスパイアされた第一級のアートワークの展示を行います。
  • 『ホビット』3部作のメイキングに関係した職人たちが様々な才能と技術を披露する「『ホビット』職人フェスティバル」をワイタンギ公園にて開催します。
  • 『ロード・オブ・ザ・リング』3部作を野外で無料上映し、プレミアナイトのイベントに繋げます。
*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

[『ホビット 思いがけない冒険』ワールドプレミア詳細発表]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。