スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2012年7月 〜

2012年07月31日 23:58

7月31日(木) *ピーター・ジャクソン監督、『ホビット』を3部作として制作する決定を発表。
 直後にニューライン・シネマ、MGM、ワーナー・ブラザーズ3社の共同声明も公開され、第3部は2014年夏公開予定であることが明らかに。 【facebook(Peter Jackson)】
7月29日(日) *ソウル・ゼインツ・カンパニー、『ホビット』3部作のサブタイトルと思われるドメインをマークモニターに登録。
 トールキン作品の権利を所持しているソウル・ゼインツ・カンパニーが、ブランド保護企業のマークモニターに登録したドメインから、第3部のタイトルが、■The Hobbit : The Desolation of Smaug(『ホビット:スマウグの荒し場』)または、■The Hobbit : The Riddles in the dark(『ホビット:暗闇でなぞなぞ問答』)になるのではないかとの推測がネットに浮上。2日後(7/31)には“battleoffivearmies”も追加登録され、■The Hobbit: The Battle of Five Armies(『ホビット:五軍の合戦』)を含むいずれかの組み合わせで第2部、第3部のサブタイトルになるのではと噂されている。 【Fusible】
7月24日(火) *『ホビット』プロダクションビデオ、第8弾公開。
 コミコンでのプレゼンテーションの様子を含め、谷間の国やラダガストの家、ゴブリンの棲処のセット等が初公開に。 【facebook(Peter Jackson)】
7月15日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』の上映時間は2時間半位とピーター・ジャクソン監督。
 英Empire誌 がジャクソン監督に確認したとTwitterにて。 【Twitter(Empire Magazine)】
7月13日(金) *『ホビット 思いがけない冒険』予告編Ver1.1がYouTubeにUPされる。
 これは、6月22日公開のピクサーの新作アニメ映画『ブレイブ』上映前に流された第1予告編のG(全年齢)バージョンであり、子供の視聴に考慮して、冒頭のビルボのパイプでの喫煙と敵との戦いのシーンが差し替えられている。 【YouTube】
(差し替え部分については、下記の比較画像をご参考下さい。)
7月9日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』のイギリス公開日、12月14日と確認で一件落着。
 Film Distributors Association(映画配給協会)がワーナー・ブラザーズに確認。IMDbも14日で修正済。 【Middle-Earth Network】
7月8日(日)
© MGM, New Line Cinema, WingNut
 Films & Warner Bros.
*ピーター・ジャクソン監督、『ホビット 思いがけない冒険』のコミコン用ポスターをfacebookにて発表。 【facebook(Peter Jackson)】

*TORn、Entertainment Weekly誌に掲載された中から、『ホビット 思いがけない冒険』の未公開写真を新たに2点紹介。 【TORn】
7月7日(土) *ピーター・ジャクソン監督、『ホビット』クルーおよそ3500名を招いて、TSBアリーナにてクランクアップパーティー開催。
 「信じられないほど勤勉なキャストとクルーための個人的なパーティーです。大変長かった旅の後に、わたしたちの共同体を一緒に寛がせることを楽しみにしていたのです」と、ジャクソン監督のスポークスマンのMatt Dravitzki氏。 【stuff.co.nz】
 [続報]7日夜に開催されたパーティーは、マスコミシャットアウトの完全に“内輪”の集まりになった様子。 【NZ Herald】
7月6日(金) *ピーター・ジャクソン監督、facebookで『ホビット』のクランクアップを報告!
 「やったよ!撮影266日目、『ホビット』の主要部分の撮影は終了だ。これほどのことを成し遂げた素晴らしいキャストとクルー、そして応援してくれた皆に感謝しているよ!次の停車駅は編集室だね、ああ、それからコミコンだ…!」 【facebook(Peter Jackson)】
7月5日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』のイギリス公開が12月26日に変更との情報に、イギリスのファン困惑。
 Film Distributors AssociationIMDbEmpire(オンライン版)は既に公開日を12月26日に書き替え済み。字幕作成の必要がない英語圏で、何故世界同時公開日(12/14)から12日も後なのか、イギリス在住のファンは当然ながら納得いかない様子。トールキンファンサイトMiddle-Earth Networkは、ニューライン・シネマに公開日についての正確な情報を問い合わせ中とのこと。 【Middle-Earth Network】
7月2日(月) *ジョン・リス=デイヴィスに、『ホビット』カメオ出演の噂。
 Reddit(*ソーシャル・ブックマークサービスの一つ)に投稿されたコメントによれば、LotR3部作でギムリ役を務めたディヴィスと、最近行われたコンベンションで話す機会があった投稿者は、彼に単刀直入に『ホビット』へのカメオ出演への可能性があるかどうか訊ねたとのこと。ディヴィスは最初こそ否定したものの、少し悩んだ後に笑ってウインクし、「それは有り得るね」と言ったとか。ディヴィスが特殊メイク用の樹脂へのアレルギーでLotR撮影時は大変苦しんだエピソードは有名ですから、『2つの塔』での「木の鬚」のように何らかの声の出演なら有り得るかもしれません。 【TORn】

*Entertainment Weekly(オンライン版)、『ホビット 思いがけない冒険』の新スチール10枚を掲載。 【EW.com】
スポンサーサイト

速報:映画『ホビット』 3部作で制作決定!

2012年07月31日 09:34

7月31日未明(*NZ時間。日本時間0時30頃)、ピーター・ジャクソン監督がfacebookにて、映画『ホビット』を2部作から3部作に拡張して制作することを発表致しました…!
まずは、その全文をご紹介致します。


作った映画を腰を据えて見る機会を最終的に得るのは、撮影終了後しかない。
最近、ぼくとフラン(・ウォルシュ)、そしてフィル(フィリッパ・ボウエン)は、初めて最初の映画と2本目の映画の大半を見る機会に恵まれた。
物語の統一性、特に登場人物たちの説得力と、その登場人物たちに命を吹き込んだキャストには本当に満足したが、その全ては、とても単純な疑問を生じさせたんだ。

「ぼくたちには、もっと物語を伝える機会があるんじゃないだろうか?」

映画制作者として、またファンとして、ぼくたちの展望が導き出した答えは率直に「はい」だった。
ぼくたちがこの機会を利用しないなら、ビルボ・バギンズ、魔法使いガンダルフ、エレボールのドワーフたち、死人占い師の台頭、そしてドル・グルドゥアの攻防の物語が、どれだけ語りきれないままになるだろう。
『ホビットの冒険』の物語の豊かさのみならず、『指輪物語』の追補篇に関連した素材は、ビルボ・バギンズの、時には危険に満ちた冒険の全てを語り、常に刺激的な中つ国の歴史を伝えることを可能にするだろうからね。

そういう訳で、面倒な話はこれくらいにして、ニューライン・シネマ、ワーナー・ブラザーズ、MGM、ウイングナット・フィルムズ、それに全てのキャストと映画『ホビット』のクルーに代わって、2本の映画は3本になると発表するよ。
それはまさに「思いがけない旅」で、トールキン教授の言葉を借りるなら、「語ることで成長していく物語」だね。

さようなら。

ピーター・J

PJの報告に続いて、ニューライン・シネマ、MGM、そしてワーナー・ブラザーズの共同声明も発表となりましたのでご覧下さい。


2012年7月30日、カリフォルニア州バーバンク

ピーター・ジャクソンは、現在進行中であるJ.R.R トールキンの不朽の名作『ホビットの冒険』に基づく映画の3本目を制作します。
ニューライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒ、MGMの共同会長兼最高経営責任者のロジャー・バーンバウムとゲイリー・バーバー、ワーナー・ブラザーズ映画グループの社長ジェフ・ロビノフは本日、共同発表に至りました。

超大作『ロード・オブ・ザ・リング』3部作でアカデミー賞を獲得した映画作家であるジャクソンは、当初2部作の予定であった『ホビット』の主要部分の撮影を最近終了しました。それは、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の中つ国の出来事です。

ジャクソンは言いました。
「最近、最初の映画のカットと2本目の映画の多くの部分を見て、即座にフラン・ウォルシュとフィリッパ・ボウエン、そしてわたしは、物語の統一性に非常に満足しました。しかし、『ホビットの冒険』の物語の豊かさのみならず、『指輪物語』の追補篇に関連した素材は、シンプルな疑問を引き起こしたのです。“もっと沢山語れるのではないか?”
映画制作者として、またファンとしてわたしたちの展望が導き出した答えは、率直に「はい」でした。わたしたちのキャストが命を吹き込んだ登場人物たちには説得力があります。
わたしたちは、これが非常に魅力的であることを創造的に理解しています。また、この複雑で素晴らしい冒険を完全に実現しなければ、ビルボ・バギンズの物語、エレボールのドワーフたち、死人占い師の台頭やドル・グルドゥアの攻防の多くは語られないままでしょう。
わたしは、ニューラインとMGM、それにワーナー・ブラザーズが、3本の映画でもってこの物語を拡張してファンに見せることに等しく熱心なことを嬉しく思います」

エメリッヒは次のように言いました。
「わたしたちは3本の映画でこの壮大な冒険をスクリーンにもたらすために、ピーター・ジャクソンと彼のビジョンを全面的に支持します。ピーターとフラン、それにフィリッパの、登場人物と原作に対する理解と敬意は、世界中のファンを喜ばせる刺激的でさらに拡張された旅を保証します」

「有り余るほど豊富な資料で、ピーターとフラン、それにフィリッパが既に始めた計画を更に発展させるという決定を支持します。映画制作者がこの旅をスクリーンに忠実に再現するために払った細心の心遣いで、映画が多数のファンによって世界中で歓迎されるだろうと確信しています」と、バーバーとバーンバウムは言いました。

更にロビノフはこう付け加えました。
「ピーターとフラン、それにフィリッパは、この世に生きている誰よりも、その途方もない広がりと視野、及びそれを共に結びつける関係を理解しています。わたしたちはこの偉業を完全に活気づけるために、彼らのビジョンを力強く支援していきます」

3部作の最初の映画、『ホビット ゆきて帰りし物語』は2012年12月14日公開です。続く2本目の映画は2013年12月13日、そして3本目の映画は2014年夏公開予定です。3本の映画全ては3Dと2D、及びIMAXにて公開されます。

(*〜以下、キャスト、監督と制作陣、著作関係等の紹介とフォーマット通り続きます)
[速報:映画『ホビット』 3部作で制作決定!]の続きを読む

『ホビット』プロダクションダイアリー 第8弾公開!

2012年07月29日 09:31

サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル2012の興奮も醒め遣らない7月23日(日本時間24日)、ピーター・ジャクソン監督は、前回のブログ上での「クランクアップ後すぐ」の約束通り、自身のfacebookにて、『ホビット』プロダクションダイアリー第8弾を公開しました。
266日という長きに渡って行われた撮影の終了間際のスタジオの様子を中心に、初公開の『ホビット』本編の壮大なセットの数々に加えて、コミコンのプレゼンテーション当日の映像まで入った豪華バージョンになっております。

例によって、無謀にも翻訳なぞしてみましたので、トンデモ意訳&誤訳を許せる寛容な皆さまはどうぞご覧下さいませ。
また、今回のビデオは、キャラクターデザインや美術セット等において、いつもに増してネタばれ満載です。映画を出来るだけ白紙状態で楽しみたい方(…はそもそもウチに足を踏み入れたりなさらないとは思いますが)はご注意下さい。



00'02" ■サンディエゴ・コンベンションセンター

ピーター・ジャクソン(以下PJ)「ぼくたちの最新のブログへようこそ。コミコン会場へ車で向かっているところだよ。緊張してきたね。初めてフッテージを見てもらうときは、いつだって少し怖いものだよ。加えて、ぼくは一日インタビューに答えなくちゃならないんだ。でもあと10時間もすれば、すべてが過去のことになっているさ」

00'30" (インタビュールームに入るPJ)

PJ「うまくいけば、この中のどこかでイアン(・マッケラン)とリチャード(・アーミテージ)を見つけられるんだが…」

PJ「(インタビューのカットが次々切り替わって)まず一つインタビューが終わったよ」

00'44" (エレベーターに乗るPJとキャスト)

PJ「ぼくが舞台の上から皆を呼ぶから…」
イアン・マッケラン「ぼくらは一人ずつ登場すればいいんだね?」
PJ「そうだ」

00'48" (ホールに入場する人々の列)

PJ「今朝 TheOneRing(.netのコミコン実況中継)で、ホールHに入場するために水曜日から泊まり込んでいる人たちを見たよ。ぼくがつきあいたいと思うのはそういう人たちさ」

00'58" (ホールH)

PJ「すぐにも始めるよ。ぼくはブログ用の映像をiPhoneで撮るよう徴用されたんだ。このカメラ(自分を撮っているカメラに向かって)を舞台上でまわすことは許可されていないからね。だけど、ぼくがぼくのiPhoneで撮るのを誰も止めさせることは出来ないだろ」

01’25" (ホールH舞台)

司会「ご列席の皆様!ピーター・ジャクソンの登場です!」

PJ「友人たちを紹介しよう。フィリッパ・ボウエン、アンディ・サーキス、リチャード·アーミテージ、マーティン·フリーマン、サー·イアン·マッケラン。そしてサプライズゲストにも登場してもらおう、イライジャ·ウッド!」

01’53" (ホールH客席)

会場のファン「皆さんが大好きです!皆さんに会うためにだけ、ブラジルからはるばるやってきました」
PJ「ありがとう」
会場のファン「この旅行のために、お金を全部使い果たしました。でもその価値はありました」

PJ(VO)「こういった人々のためにぼくたちは映画を作っているんだ。こんなに素晴らしい形で受け取ってもらえたことを、本当に嬉しく思うよ」

PJ「ここに来られなかった全ての人たちのために何かしたいんだ。声を合わせて“コミコンからこんにちは!”と言ってくれないか、1…2…3!」
観客「コミコンからこんにちは!」
PJ「素晴らしい!テイク2は必要ないね。すごくいいよ!」

PJ「それじゃあ、ホールHで観客に見てもらった中から、ほんの1部をお見せしよう」

02’28" (ストーン・ストリート・スタジオ撮影風景。クルーのパーカーの背に書かれた文字が「あと10日」「あと9日」…「あと6日」となって)

PJ「素晴らしい、カット!…いいね」

PJ「撮影最後の5日間へようこそ。ほろ苦い瞬間だね」

PJ「(スタジオのアンディ・サーキスに)まだ山の麓にいるようだよ」

PJ「最後の撮影の一場面をみてもらうのは、ちょっとばかり難しい。何故なら、最近は主に第2部の撮影を行っていたからなんだ。当然それはまだ秘密だからね。だけど少しだけ皆に見てもらうよ。ほんの断片だ。他の沢山の部分は将来のブログのために貯金しておくよ」

03'07" ■マーク・ハドロー(ドーリ役)

マーク「やあ、コミコンファンのみんな、元気かい?ドーリだよ。『ホビット』のセットからライブをお届けするよ!いい子にしてろよ、サンディエゴ!」

03'15" ■ジョン・カレン(オイン役)

ジョン「やあ、コミコンの皆さん、ジョン・カレンです。『ホビット』でオインを演じています」

女性クルー1「(コミコンの兄弟姉妹のみなさん、ようこそ)」

03'23" ■グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン役)

グレアム「ドワーリンから、コミコンに参加の全ての皆さんにこんにちはを言わせて下さい。中つ国から心を込めて送ります。わたしにとって本当に素晴らしかった瞬間は、初めて袋小路屋敷に足を踏み入れたときでしょうね。その場所は既に皆さんが見たことのある場所ですから、心に深く刻まれていることでしょう。私たちは皆用意ができていて、そして初めてイアンがやって来た…あなただって彼を見たらこう言うでしょう “なんてこった…ガンダルフだよ”」

03'45" ■ジェド・ブロフィー(ノーリ役)

ジェド「優しい気持ちで思い出すね。袋小路屋敷でぼくたちはお互いのことを知るようになったんだ。本当にドワーフの仲間としてね」

03'52" ■アダム・ブラウン(オーリ役)

アダム「コミコンのみなさん、こんにちは。『ホビット』のセットから、オーリことアダム・ブラウンです。ぼくにとってもっとも刺激的だったことのひとつは、歴史の一部分のようなセットで働くことが出来たことです。信じられない程素晴らしい俳優たちとともに働くぼくが、裂け谷にいたんです」

04'13" ■ジョン・ハウ(美術監督:コンセプト)

ジョン・ハウ「ケイト・ブランシェットが演じるのを見るのは、非常に感動的でした。背筋がぞくぞくする程でした。本当に驚くべきものでしたよ」

ケイト・ブランシェット(ガラドリエル役)「中つ国に戻れるなんて、名誉なことね」

04'22" ■リー・ペイス(スランドゥイル役)

リー・ペイス「コミコンの皆さん、こんにちは。素敵な時間を過ごしていますか?わたしの名前はリー・ペイス、エルフの王スランドゥイルを演じます。わたしがとても楽しんだのは、種族によって異なる動きを設計したテリー・ノータリーとの仕事でした。エルフの動き方は明らかにドワーフのそれとは全く違っていますからね。登場人物になりきって人間でない動きをすることは、本当に楽しいことでした」

04'46" ■ヘイデン・ウィール(ビルボ代役)

ヘイデン「ラダガストを演じているシルヴェスター・マッコイだが…彼は本当に愉快で魅力的な男なんだ」

シルヴェスター・マッコイ「(スプーンで演奏しながら)ぼくには皆が必要さ」

PJ「シルヴェスターはこの映画の中の、お楽しみのひとつになりそうだと思っているんだ」

04'57" ■シルヴェスター・マッコイ(ラダガスト役)

シルヴェスター「本物のマッコイだよ」

ジョン・ハウ「ぼくはトーントン(*イギリスのTaunton?)へ出かけて、数百メートルに及ぶ森林を彷徨い歩いたことがあるんだが、その聳える様がラダガストの家があるロスゴベルに見えたんだ」

05'07" ■ジュヌビエーブ・クーパー(スタンドバイ・ペインター)

ジュヌビエーブ「ラダガストというキャラクターは、愉快で活発な魔法使いなの。彼の家は実際、その陽気な性格を反映しているわ」

05'18" ■アンディ・サーキス(第2ユニット監督)/■Belindalee Hope(第2ユニット制作主任)

アンディ「“谷間の国”は本当に美しかった。まるでどこか別の国のようだったね」
Belindalee「そうね、まるでモロッコやトルコ…イタリアのようでもあったわ」

05'19" ■アラン・リー(美術監督:コンセプト)

アラン「谷間の国は非常に大きなセットのひとつです」

PJ「ぼくたちがこれまでに建造した最大のセット…昔造ったミナス・ティリスやヘルム峡谷に匹敵する大きさだと思うね」

ジョン・ハウ「谷間の国の都市は本当に巨大なセットだよ。まるでいつも訪れたてみたかった見捨てられた町のように、ただ彷徨い歩くことも出来るんだ」

05'45" ■ネイサン・マイスター(パフォーマンス・コーチ)

ネイサン「最も楽しかったのは、恐らくゴブリンのセットでしょう。ゴブリンの町のセットは本当に鋭くて、尖っていて、沢山の炎と沢山の骨もありました」

05'57" ■ビクトリア・サリヴァン(スクリプター)

ビクトリア「わたしたちは大ゴブリンに紹介されたわ」

PJ「バリー・ハンフリーズは世界のこの地域(*オーストラリアやニュージーランド)のちょっとした伝説の有名人なんだよ。彼のデイム・エドナのショーを2〜3回観て、バリーはゴブリンの王だって自然と思えたんだ」

バリー・ハンフリーズ「腸の山を見たかい?」
アンディ「いいや、でもチェックしておこう」

ジョン・ハウ「誰かこの家にいるのか知らないが、すぐに分かるだろう」

06'23" ■リチャード・アーミテージ(トーリン・オーケンシールド役)

リチャード「ビヨルンの家にすっかり魅了されているのに気がついたよ。それは原作の中でも大好きな部分のひとつなんだ。それにこの造形ときたら…美しい納屋に施された彫刻、その他いろんなものが特大サイズなんだ」

マーティン・フリーマン「ぼくは主題歌を書きたいな、そして歌うんだ…」

PJ「ドワーフの尺度で建造したから、こんなに巨大になったんだ。このセットはどんなものでも小さく感じさせるよ。ぼくはこのセットの上に立ってカメラを設置しているクルーを見たもんだが、本当に小さな人間みたいだった。ちょっと信じられない光景だったよ」
[『ホビット』プロダクションダイアリー 第8弾公開!]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。