スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスト公式発表第3弾!ケイト・ブランシェット、ガラドリエル役で復帰!!

2010年12月11日 07:18

12月7日ロサンゼルスにて、待望のキャスト公式発表第3弾が行われました…!!
前2回同様、ニューライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒ、ワーナー・ブラザーズの社長兼最高執行責任者アラン・ホーン、それにMGMの共同最高経営責任者スティーヴン・クーパーの連名による発表で、ケイト・ブランシェットのガラドリエル役復帰を始め、かねてから噂に上がっていたシルヴェスター・マッコイやミカエル・パーシュブラントを含む計7人の配役が新たに明らかになりました!【Source:The One Ring.net

今回公式発表された配役は以下の通りです。

ガラドリエル…ケイト・ブランシェット
バーリン…ケン・ストット
茶のラダガスト…シルヴェスター・マッコイ
ビヨルン…ミカエル・パーシュブラント
ドロゴ・バギンズ…ライアン・ゲイジ
ノーリ…ジェド・ブロフィー
ビフール…ウィリアム・キルシャー


ガラドリエル役のケイト・ブランシェットは、LotR3部作から引き続き『ホビットの冒険』に出演するメンバーとしては、公式発表一番乗りを果たしました。
ブランシェットの続投について監督のサー・ピーター・ジャクソンは、「ケイトは一緒に仕事をしたい大好きな俳優の一人です。彼女が前シリーズと同じ役で映画に美しく甦ること程スリリングなことがあるでしょうか」と、復帰を歓迎しています。
また、バーリン役のケン・ストットについては、「わたしとフランは長いことケンの仕事のファンでした。彼が今回わたしたちの“旅”に加わったことに、とても興奮しています」とコメント。またミカエル・パーシュブラントの参加については、「ビヨルンという役柄は非常にアイコニックな存在で、わたしたちはまず最初にミカエルを選びました。(オーディションで)彼がこの役を演じるのを見てから、ミカエル以外の誰かがビヨルンを演じるなんて、想像も出来なくなりました」と絶賛しています。
それでは、前回までに倣って、キャストのプロフィールを簡単に紹介していきますね。


■ガラドリエル
ケイト・ブランシェット(Catherine Élise Blanchett)
1969年5月14日生(41歳) オーストラリア ビクトリア州メルボルン出身
〔出演作〕『エリザベス』(1998)、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作(2001-2003) 、『アビエイター』(2004)、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)、『ロビン・フッド』(2010)他


*メルボルン大学メソジスト女子カレッジで美術史と経済学を専攻するも中退。1992年オーストラリア国立演劇学院を卒業した後、舞台女優として俳優のキャリアをスタートさせました。
1994年に『Police Rescue』で映画デビュー。1997年公開の『オスカーとルシンダ』のヒロイン役で国際的な評価を得、海外にもその名を知られるようになりました。
『エリザベス』で英国アカデミー主演女優賞及びゴールデングローブ主演女優賞受賞、『アビエイター』ではアカデミー助演女優賞受賞他を受賞するなど、美貌と演技力を兼ね備えた実力派女優として誉れ高く、2008年12月5日にハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名前が刻まれたのは記憶に新しいところです。


■バーリン
ケン・ストット(Ken Stott)
1955年生(55歳) スコットランド エディンバラ出身
〔出演作〕『Takin' Over the Asylum(TV)』(1994) 、『メサイア(TV)』シリーズ(2001-2005)、『キング・アーサー』(2004)、『カサノバ』(2005)、『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』(2008)他


*エディンバラで教師の息子として生まれ、青年時代の3年間はKeyholeと呼ばれるバンドのメンバーだったこともあるそうです(残りのメンバーには後に、かのベイ・シティ・ローラーズの一員となった者もいるとか!)
その後芝居に目覚め、ロンドンのMountview Academy of Theatre Artsで演劇を学んだ後ロイヤルシェークスピア劇団で働き始めました。しかし、数年間は役者としての収入では生活出来ず、二重ガラスのセールスマンなどで生活費を稼ぐ時期もあったそうです。
1977年、BBCのTVシリーズ『Secret Army』の脇役でTVデビュー。主にTVドラマでキャリアを重ね、2001年から放映され人気を博した犯罪ドラマ『メサイア』シリーズのレッド・メトカーフ警部役で特に有名です。
映画への出演も多く、最近では『カサノバ』のダルフォンソ役を、また『ナルニア国物語/第2章:カスピアン王子の角笛』では「松露とり」の声を務めました。


■茶のラダガスト
シルヴェスター・マッコイ(Sylvester McCoy)
1943年8月20日生(67歳) スコットランド ダヌーン出身
〔出演作〕『ドラキュラ』(1979)、『Big Jim and the Figaro Club (TV)』3部作(1979-1981) 、『ドクター・フー』(1987-1989)、『The Academy』(2009)他


*少年時代は聖職者を志し、アバディーンの神学校で12~16才までの4年間を過ごしました。ドミニコ会の修道士となることを希望するも若過ぎることを理由に断られ、地元ダヌーンのグラマー・スクールに入校。卒業後27才までは保険会社で働きました。その後、ロンドンのラウンドハウス劇場でチケット売りと帳簿作成の仕事を得たことが、彼と演劇とを結びつけることになりました。
芝居に魅せられたマッコイは、コメディ集団ケン・キャンベル・ロードショーに参加。「シルヴェスター・マッコイ」の芸名は、サーカスで演じた即興劇におけるの架空のスタントマンの名を、評論家が彼の名前と思い込んで報じてしまったのを、面白がってそのまま使うことにしたのだとか。
イギリスの天才女性舞台演出家で「現代演劇の母」と呼ばれるジョアン・リトルウッドの舞台の前座を務めたことから彼女の目に留まり、これが本格的な舞台進出への足掛かりとなりました。
国立劇場での『ハーメルンの笛吹き男』他、多数の舞台劇やミュージカルに出演。1987年にはBBCの人気TVシリーズ『ドクター・フー』の7代目ドクターを演じて、イギリスはもとより国際的に名前を知られるようになりました。
[キャスト公式発表第3弾!ケイト・ブランシェット、ガラドリエル役で復帰!!]の続きを読む
スポンサーサイト

サー・イアン・マッケランは続投?ロン・パールマンは???『ホビット』最新キャスティング情報

2010年12月06日 04:34

来年2月にクランクインを控え、ホビット村のオープンセットの完成やエキストラ募集の話題などは漏れ聞こえてくるものの、主役ビルボとトーリン他9名のドワーフ以外の主要キャストについては、10月と11月に行われた二度の公式発表以来音沙汰なく、ファンとしては大変待ち遠しいところですね。そこで今回は、最近ネットを賑わせたキャスティングに関する噂を纏めてみました。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

まずは、灰色のガンダルフ役としての公式発表が待たれるサー・イアン・マッケランの話題からです。
『ホビットの冒険』映画化発表当初から出演を公言して憚らなかったサー・イアンですが、ご存知のようにMGMスタジオの財政難問題で制作スケジュールが2年も遅れたとあって、最近ではどの発言も幾分慎重になっているように見受けられました。
特に11月に入ってから、Broadway World.comによる独占インタビューや、米ジョージア州で開催されたサバンナ映画祭でのインタビュー(Source:Connect Savannah.com)等で『ホビット』への出演について問われる度に、「まだ契約を交わしていない。現時点ではそれ以上言うことはない」と一貫して答えていた為に、一部メディアでは「サー・イアン・マッケランは『ホビットの冒険』に出演せず」などと報じられ、ファンをやきもきさせていました。
しかし同月末になってサー・イアンは、自身の公式ウェブサイトの「Film(映画出演作紹介)」コーナーを更新。『ホビットの冒険』2部作に、灰色のガンダルフ役で依然出演予定であることを明らかにしました。
またマッケランはその頃、彼が幼年時代を過ごした場所に程近いイングランド北部の大マンチェスタ州、ウィガンの二つのハイスクールを訪れて、10代の生徒数百人を前に同性愛者の権利と平等について講演し、学校における同性愛者差別によるいじめの撤廃を訴えました(Source:Wigan Today/11月25日付)。
その公演の中でサーは、彼がこの先、「大好きな役柄である“灰色のガンダルフ”を演じるために、長い時間をニュージーランドで過ごすことになると思っている」と語ったとのことです。
これは推測でしかありませんが、11月初旬に氏の発言が今までになく慎重だったのは、スケジュール確認やギャランティの交渉など、出演契約における最終調整の真っ只中にあったのではないでしょうか?
あとは公式発表が一日も早く行われ、彼の魔法使い姿を再び見たいと切望している世界中のファンを安心させてくるよう願っております。



続いては、11月26日付のTORnからです。
10月14日から17日にかけてカナダのホイットビーで開催されたブラム・ストーカー国際ホラー映画祭のエキジビションにおいて、英俳優のシェーン・ブライアントが、『ホビット』のオーディションを受けたと語っているビデオがYouTubeで公開されていることが分かり(ビデオ自体は10月19日にUPされていたのですが)、ファンの関心を集めることとなりました。
気になる役柄ですが、「滑稽な町長でね。ホビット庄…じゃなくて何とか…」(←明言を避けたというより原作読んでないっぽいw)と言葉を濁しておりますので、「大堀町の町長ではないか。勿論エスガロスの町長の線も捨てられないけれども」と原作ファンはそれぞれ推測している様子。
シェーン・ブライアントは1946年8月17日生まれ、ロンドン出身の64歳。映画『チャタレイ夫人の恋人』(1984)ではチャタレイ男爵を演じています。また1970年代には『吸血鬼ハンター』(1973)、『フランケンシュタインと地獄の怪物(モンスター)』(1974)〔*いずれも日本では劇場未公開〕等のB級ホラー映画に数多く出演しておりますので、ホラー映画マニアにはお馴染みの名前かもしれませんね。
オーディションの結果は明らかになっていませんが、ひょとして大堀町の町長だったりすると(後年ビルボは、トーリンから贈られ後にフロドに譲ったミスリルの鎖帷子を、この町のマゾム館に貸し出すのでしたね)、ストーリーの拡張部分を予想する意味からも、大変気になる存在といえます。
[サー・イアン・マッケランは続投?ロン・パールマンは???『ホビット』最新キャスティング情報]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。