スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギレルモ・デル・トロ監督『ホビット』から離脱!!監督選びは一からやり直し!?

2010年05月31日 15:13

朝から大変ショッキングなニュースが飛び込んでまいりました。

ギレルモ・デル・トロ監督が『ホビットの冒険』2部作の監督業から離脱することになりました。
ただし、シナリオライターの一人として、このままサー・ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、そしてフィリッパ・ボウエンの3人と共に、シナリオの共同執筆に携わることになります。

ギレルモ・デル・トロ監督とピーター・ジャクソン監督は、まず最初に映画化を心待ちにしているファンに伝えたいと、30日午後(日本時間31日朝)The One Ring.netを通じてこの決定を伝えました。
2人は映画『ホビットの冒険』を引き続き保護し、ファンがそうであれと望む全てのことを彼らの権限で叶えることを約束するとも言っています。

「『ホビットの冒険』の映画の制作開始の遅れを考慮して、わたしは自分の人生で最も難しい選択に直面しました。およそ2年の間、トールキンの豊穣な中つ国を生きて、呼吸して、そしてデザインした後に、非常に残念なことに、この素晴らしい映画を監督することに別れを告げざるを得なくなりました。
ピーターとフラン、フィリッパ・ボウエン、そしてニューライン・シネマとワーナー・ブラザーズ、それから、ニュージーランドの全てのクルーに深く感謝しています。
わたしはこれまで、世界中で最も優れた国の一つで、わたしたちの仕事において最も優れた人々の何人かと一緒に働かせてもらいました。そしてわたしの人生は永遠に変わったのです。
天の恵みは充分にありました。しかし、相反するスケジュールの重圧は、プロジェクトに当初割り当てられていた時間を完全に押し潰しました。
脚本の共同執筆者として、また監督として、わたしはプロダクションに最高の幸運を祈り、完成した作品を真っ先に観られることを願うだけです。わたしは現在も、そして将来もこの作品とその作り手の協力者であることを望んでおり、完全に新任の監督へスムーズに移行できるようサポートするつもりです」

デル・トロ監督のこのコメントに対し、『ホビットの冒険』の製作総指揮を務めるジャクソン監督は、次のように話しております。

「ギレルモが『ホビットの冒険』から去るのを見るのは、非常に悲しいです。しかし彼は完全にわたしたちの仲間でした。そしてわたしたちは、2本の映画の準備期間が如何に長引いたか、それが何人(なんぴと)もコントロールの及ばぬ理由によるものであったことを理解しています。このことは、彼が抱える他の長期プロジェクトへの参加を危うくするところでした。
要するにギレルモが、『ホビットの冒険』の制作だけで6年間をニュージーランドで過ごすことが出来ないからなのです。当初の同意は3年間の関与でした。

ギレルモはわたしがこれまでに出会った中で、最も注目に値する創造的な精神の持ち主です。彼と働くことは完全なる喜びでした。ギレルモの強力な想像力は、2本の映画の脚本とデザインとに深くしみ込んでいます。彼の創造的なDNAの恩恵を受けたことはとても幸運でした。

ギレルモはフィリッパ・ボウエン、それにフラン・ウォルシュとわたし自身と共同で『ホビットの冒険』のシナリオを書いています。幸いにもシナリオの微調整が済んで完璧になるまで、彼との共同執筆はもう数ヵ月の間続けられます。
新任の監督を確保して、スムーズで問題のない移行を確実にするために、ニューラインとワーナー・ブラザーズは今週わたしたちとの会議の場を設けます。進行中の制作準備期間の作業に少しの遅れも、また混乱も予想されてはおりません」

『ホビットの冒険』2部作として計画されており、ニューライン・シネマとMGMによって共同制作されます。映画は2012年12月と2013年12月に(全米)公開の予定です。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

個人的にギレルモ・デル・トロ監督作品の大ファンでしたし、2年以上彼の言動を追い続けてきましたので、このような結果になって、まだとても信じられない思いで大変動揺しております。
彼に代わる監督候補や離脱の真相など、既に様々な憶測がネットを騒がせておりますが、それについては追って記事をUPしてまいります。まずは公式情報をお届けです。
スポンサーサイト

デル・トロ監督、「『ホビットの冒険』のGOサインはまだ出ていないよ」

2010年05月28日 23:10

こちらも言わば「greenlit」騒動の続報になります。
6月4日に全米公開を控えた『スプライス(Splice)』の記者会見において、同作のプロデューサーを務めたギレルモ・デル・トロ監督は、『ホビットの冒険』の進行具合を訊ねられて次のように答えております。 【Source:OMINGSOON.netSCI FI WIRE & AICN

「GOサインは出ていないんだ。これははっきりしていることだよ。ぼくたちは非常に込み入った交渉の最中にあるんだ。MGMの状況が解決するまで、スタートの日付が決まることはないだろう。彼らは(映画化の)権利の少なからぬ部分を所持しているんだからね」

また、『ホビットの冒険』が3Dで撮られるという噂については、それは一つの可能性に過ぎず、文字通り一度プロダクションで議論されたが現時点では計画されておらず、最近になって組まれたプロダクションの予算には3Dにかかる費用を見込んでいないとのこと。
そして、MGMの『ホビットの冒険』における権利が売却されるにしろ、このまま共有されるにしろ、問題が解決した暁には、すぐにでも映画が前進すると信じて作業を続けていると話しています。

「すべてのクリーチャーのデザインを終えて、セットと衣装のデザインもした。アニマティクス(*Animatics:映像制作の初期段階で、シーンの検討のために簡単に映像化したもの)もやって、戦いのシーケンスのプランも立てたんだ。最終的にいつGOサインが出てもいいように準備万端整っているんだよ」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

どうやら話の内容からして、TORnのgreenlit否定記事における「highly placed source」とは、やはりデル・トロ監督自身っぽいなと推理している次第であります。
何となく、MGMの財政難がかえってアンチ3D派には幸いしているような印象も受けますが、もし3Dで撮ることになるのなら、きっちりと3Dの特性を見込んだシナリオや絵コンテ作りから始めて、充分な予算とスケジュールでもって制作して頂きたいと願うばかりです。

『ホビットの冒険』に青信号(Greenlit)灯る???【追記有】

2010年05月27日 23:57

5月27日付のMarket Sawが、信頼出来る関係者筋(常套句ではありますが)からの情報として、遂に『ホビットの冒険』制作にGOサイン(Greenlit)が出たことを確認したと報告しております。

それによりますと、制作準備段階は現在全面的に進行中で、撮影開始は今年の11月になるとのこと。そして、まだ公式発表ではないが、この2部作がステレオスコピック3D(Stereoscopic 3D)で撮られるだろうとしております。
ステレオスコピック3D(S3D)とは、2台のカメラを使用して、立体感や奥行き(そして画面から飛び出る映像)を強調した3D映像の手法とか(*詳しくはこちらで)。

ただし(これはあくまでも私感ですが)、こちらの3D映画情報を中心としたMarket Sawの管理人様、映画関係者と人脈があって情報通なのは確かなようですが、未確定情報を先走って流すきらいが無きにしも非ず・・・です^^;
勿論、結果的にこちらの情報通りだったことも沢山ありますが、中には「『ホビットの冒険』は3部作で3作目はPJが監督!(*2009年8月25日の記事をご参照下さい)」なんてのもございますので(勿論、そうならないとは誰にも言えませんけどね)、公式発表がなされるまで、噂話のひとつとして気に留めておくのが良策かと思います。

それに、正式にGOサインが出たということは、MGMスタジオの債権問題に何かしらの進展があったことを意味します。
つい3日程前にLA Timesが、依然難問山積みのMGMの状況を報じたばかりの今、この情報を手放しで信用して喜べないというのが正直な感想です。いずれにしても、これも続報待ちですね。まずは第一報です。


【追記:28日PM】
さて、先走った『ホビット』映画情報がネットを騒がすと、独自のソースでその真偽の確認&鎮静を常としてきたThe One Ring.net(TORn)ですが、今回もMarket Sawの情報を真っ向から否定する(噂の元となった記事の存在すら紹介しない態度が天晴?)コメントを、その数時間後にUPしました(Source)。

曰く、彼らの「世界的なスパイ・ネットワーク」による情報と、ウェブマスターのXoanon氏が「ニュージーランドで」確認したところによれば、GOサイン(Greenlit)が出たという情報は事実ではないとのこと。
また、3D化の結論が出るには予算が決定せねばならず、MGMスタジオが抱える問題の解決なしに、GOサインが出ることも、3D化の決定もなされないとしております。

更にUPDATEの第2弾として、かえってこの騒動によって、高い地位にある関係者(highly placed source)とコンタクト出来(「Greenlit騒動に感謝」とすら書いております。余裕ですな)、彼らに現段階においては3Dとなる可能性は低いと話したとのこと!
察するに、3D化することによって当初の予定より予算と日程が更に増大するので、クルーは物語や撮影時間を犠牲にするのを望まないようだと結んでおります。アンチ3D派のファンには朗報ですが、3D映画全盛の昨今、最終的にスタジオの判断がどうなるかは依然明らかではありません。

ピーター・ジャクソン、『ホビットの冒険』クランクインは11月を予定!?

2010年05月22日 02:36

この夏からユニバーサル・スタジオ・ハリウッドで始まるアトラクション『キング・コング 360 3D』(それが如何なるものかは下のムービーでご覧下さいませv)そのプランを公開したピーター・ジャクソン監督、報道陣の質問に答えて、『ホビットの冒険』の進行状況について語ったとのことです。 【Source:DEADLINE.com

それによりますと、『ホビットの冒険』の2つのシナリオを3Dで撮影するか否かを、今まさに会議中であるとのこと。そして、来月ニュージーランドで(制作の)全てについての会議がなされ、11月のクランクインにむけて、キャスティングも始まるだろうとしています。
以上大変短い記事ですが、本格的な制作開始のGOサインが出される時期を占う上で、ご参考までに紹介致します。

ビル・ベイリー、ギムリの父親になる?

2010年05月21日 23:53

英国映画テレビ芸術アカデミー(BAFTA)の最優秀シチュエーション・コメディ賞を2回獲得している人気テレビシリーズ「Black Books」、その主役の一人を務めているコメディアンのビル・ベイリーが、グローイン役候補に挙がっていることを、ニュージーランドのニュースサイトstuff.co.nz が報じております。
それによりますと、6月からウェリントンで開催されるコメディショー、ベイリーライブを前に、ドミニオン・ポスト紙の電話インタビューに答えたビル・ベイリーは、ロンドンで『ホビットの冒険』のオーディションを受けたことを明らかにしたそうです。

「『ホビット』の(脚本の)読み合わせに行ったんだ。最初に読んだのはグローインだったね」

ベイリーは、自分が特殊メイクなしでドワーフ役が出来ると冗談を飛ばし(左の写真でご判断を^^)、6月24日からウェリントンで始まるショーを前に、ギレルモ・デル・トロ監督の返事を待っていると話したとのこと。
偶然にも、その6日後の6月30日から、灰色のガンダルフを演じる予定のサー・イアン・マッケランも、舞台劇『ゴドーを待ちながら』のニュージーランド公演の為にウェリントン入りします。

サー・ピーター・ジャクソンのスポークスマンは、映画はウェリントンで引き続き制作準備期間にあると言うに留まり、クランクインやキャスティングについては、明らかにされなかったとのことです。
個性的で芸達者なバイプレイヤーとして評価が高いビル・ベイリーですが、オーディションの結果は果たしてどうなりましたでしょうか?


*写真右端がビル・ベイリー。映画のギムリに似てる???



Black Books: Complete 3rd Series [DVD] [Import] (2007/11/13) Dylan Moran Bill Bailey  商品詳細を見る

噂再び!キャロライン・G・キャシディさんは、やっぱりプリムラ役候補???

2010年05月18日 23:38

今年2月、IMDbの『ホビットの冒険』(「The Hobbit:Part1」)の作品データにて、そのキャスト欄にプリムラ・ブランディバック役として一時的に記載され、同作品の進行を見守る世界中のファンの間で一躍その名を知られることとなったアイルランド人女優、キャロライン・グレース・キャシディ(Caroline Grace-Cassidy)さん(*2月19日の記事をご参照下さい)。

ご本人のプロフィール頁によると、今年3月にロサンゼルスにおいて、ヴィクトリア・バロウズ氏による『ホビットの冒険』のプリムラ役のオーディションを受けたことを報告しています。左の写真はそのPR用(又はコスチュームテスト用)と思われます。
ちなみに、バロウズ氏はLotR3部作を始め、『キング・コング』や『ラブリーボーン』、そして2011年公開予定の『タンタンの冒険旅行』のキャスティングにも携わっている、ピーター・ジャクソン監督の信任も厚いキャスティング・ディレクターです。

勿論、このオーディションの結果は明らかになっていませんが、オーディションを受けたという彼女の報告に偽りがなければ(まず間違いないと思いますが)、『ホビットの冒険』にプリムラ・ブランディバックが登場するというかねてよりの噂(*1月8日の記事をご参照下さい)は本当だったということになります。
プリムラが登場するのなら、当然セット(笑)でドロゴ・バギンズの登場も確定的と思われます。ホビット村でのエピソードは、原作よりもずっと拡張されているということですね。
オーディションの結果そのものより、脚色のほうが大変気になるところであります・・・!

注)Caroline Grace-Cassidyさんの名前の正しい発音及び日本語表記は不明です。上記は管理人による仮表記ですので、その旨ご了承下さい。

サー・イアン・マッケラン、漸く出演交渉中他 【追記有】

2010年05月11日 00:54


オーストラリアはメルボルンのコメディ・シアターで現在上演中の舞台劇『ゴドーを待ちながら』 に出演しているサー・イアン・マッケラン、what'splaying.com のインタビューに答えて、『ホビットの冒険』の進行状況等について語りました。

「『ホビットの冒険』の撮影は4月に始まっている筈だったんだ。でも、彼ら(制作者陣)は2~3週間前になるまで、(出演に関する)契約について、わたしと連絡を連絡を取らなかったんだよ。そしてやっと今交渉中というわけさ。
オーストラリアでの公演のあと、ニュージーランドで(*NZ公演は来月から)ギレルモ・デル・トロとピーター・ジャクソンと会うことになっているんだ。
わたしはシナリオや、彼らが送ってくれた文書を読んだけれど、それは非常に完成された良いものだった。素晴らしいガンダルフを演じられると思ったね。
しかし、まだ契約を取り交わしていないし、いつから始まるかも知らされていないんだ。わたしたち(出演予定者)は皆、現在宙ぶらりんな状態なんだよ」

というわけで、ムービーはオーストラリアのTV番組「Sunrise」より舞台出演中のサー・イアン紹介コーナーでした。上記のインタビューとは別のものですが、単に管理人がかっこいいサーを沢山見たかったので貼りました^^;

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

さて、マッケラン同様、『ホビット』への出演が確実視されている俳優と言えば、ゴラム役のアンディ・サーキス氏ですが、彼はEonlineのインタビューの中で、クランクインの見通しについて次のように語っております。

「すぐにでも始まりそうだよ。5月に撮り始めると思っているんだ。すごく刺激的な体験になると思うな。特に(新監督の)ギレルモ・デル・トロと一緒に仕事をするのが楽しみだね。彼はとても素晴らしいよ!」

余談ですが、サーキス氏はイギリスにモーション・キャプチャーのスタジオを設立するために奔走中とか。(Source:Guardian.co.uk
それぞれの道で大活躍のLotR卒業生たちですが、再び『ホビットの冒険』でNZに集結するその日が、彼らならずとも待ち遠しくてたまりません。


【追記】 5月10日付のCOLLIDER.comのインタビューでは、アンディ・サーキスは撮影開始時期について「今年の終り頃になると思う」と発言しております。これはおそらく、『ホビットの冒険』公開は2012年と2013年としたIMAXのプレスシート(*5月6日の記事をご参照下さい)の件を知った氏が、個人的な見解を改めたのだと思います。

「皆から(クランクイン等について)ずっと訊かれ続けているけど、ぼくは本当に答えるのにいつも躊躇しているんだ。(『ホビット』の情報を知っていることについて)きみたちよりマシってわけでもないんだよ。日程や他の全てのことは常に変わり続けているんだからね。信頼できる情報を与えられないことを、すまなく思っているよ」

と苦笑するサーキスさんでした。日程が定まらないのはひとえにスタジオのせいなのに、ちょっと気の毒ですね^^;

オーストラリア人俳優ジャック・トンプソン、トーリン役候補に!?

2010年05月07日 20:41

お馴染みAin't It Cool Newsより、トーリン・オーケンシールド役をオーストラリア人俳優のジャック・トンプソン(*ちなみに、反暴力ゲームの過激活動家で、弁護士資格を永久剥奪された彼とは同姓同名の別人です)が演じるのではないかという噂が入ってきました。

それによりますと、5月1日、シドニーで開催されたFreeconと呼ばれるSFファンのコンベンションに参加したジャック・トンプソン---氏は『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』でアナキン・スカイウォーカーの継父・クリーグ・ラーズを演じております---がその講演の中で、この先彼が演じる予定の役として、『ホビットの冒険』における13人のドワーフの長、トーリン・オーケンシールド役を挙げたということです。
これは、コンベンションに参加したオーストラリアのブロガーさんの記事をソースとしておりますが、AICNのQuint氏は、どの程度まで出演交渉が進んでいるかは分からないが、信憑性は確かだと思うとしております。

気になってIMDbでトンプソン氏のデータをみると、彼の出演作に『Don't Be Afraid of the Dark(2010)』(1973年公開のTV映画『地下室の魔物』のリメイク)とあるではないですか…!
これは、ギレルモ・デル・トロ監督がプロデューサーと脚本を務めており、現在制作進行中の作品なのです。ひょっとしたらこの映画を通して、GDTがジャック・トンプソン氏をトーリン役として見込んだ---なんてことがあったのかもしれません。トーリン役の有力候補として、お一人様追加であります^^

『ホビットの冒険』第一部公開は2012年12月に!?

2010年05月06日 23:57

大型連休前夜の浮かれきった気分のところへ、寝耳に水のニュースが飛び込んでまいりました。それは、 『ホビットの冒険』の全米公開は2013年12月の公式発表あり というものでした…!
その日付は、IMAXとワーナー・ブラザーズが、2010年から2013年までの期間に、最高20本の映画について契約を取り交わした旨を発表した4月28日付のプレスリリース上にありました。その概要は次の通りです。

IMAX社とワーナー・ブラザーズは本日、2010年から2013年までの次の3年半の期間中に、IMAXのフォーマットで最高20本のワーナー・ブラザーズの映画を公開する合意に達しました。
IMAX Experience(2D及び3D)で公開されるワーナー・ブラザーズの映画は、『レジェンド・オブ・ガーディアンズ』3D(2010年9月24日公開予定)、『ハリー・ポッターと死の秘宝:Part1』3D(2010年11月19日公開予定)、『ハリー・ポッターと死の秘宝:Part2』3D(2011年7月15日公開予定)、『ハッピー フィート2』3D(2011年11月18日公開予定)、そして『ホビットの冒険』(2013年12月公開予定)です。
ワーナー・ブラザーズとIMAX社は更に、『Gravity』、『Dark Shadows』、『マッドマックス4:Fury Road』、それに『バットマン3』や『スーパーマン』
(*2006年公開の『スーパーマン・リターンズ』の続編ではなく、ゼロから再起動した“新”「スーパーマン」)を含む15本の作品のリリースを予定しています。

MGMの財政難問題が解決せず、撮影開始のGOサインが現時点で出ていない以上、2011年12月の全米公開予定が1年遅れの2012年末になるのではないかということは内心覚悟しておりましたが、それより更に遅れて2013年末となるというのは想定外なのであります!尤も、『ホビットの冒険』が2部作であることや(このニュースを扱った映画サイトによっては、第2部公開を2014年と予想している記事もありましたが)、3D上映か否かについての言及もされていないため続報を待っていたところ、2013年の記述はIMAX社のタイプミスと分かり、数時間後には2012年12月と訂正されました。
この件を真っ先に報じたThe Hollywood Reporterによれば、

『ホビットの冒険』は、あなたが考えているよりずっと早く劇場で観られます。ただし、最初に思っていたのよりは遅くなりそうです。
ワーナー・ブラザーズは、ピーター・ジャクソンとギレルモ・デル・トロによる『ホビットの冒険』(2部作)の映画の公開を、2012年12月2013年12月に予定しています。

IMAXがワーナーとの20本に及ぶ映画の契約を発表した際、公開日についての混乱は28日水曜日に表面化しました。IMAXはその内容の説明の中で、『ホビットの冒険』の公開日を誤って2013年と公表したのです。
ニューライン・シネマとMGMが2007年12月に『ホビット』の映画化を発表した当初、2部作の最初の作品の公開目標は2011年12月でした。しかし、スタジオ関係者によれば、シナリオが書かれる前の、またスケジュールや予算も決定していない頃に発表された2011年という日付はとても現実的にはあり得ず、映画監督たちが予想したよりプロジェクトが長くかかると判った今、2012年を新たなガイドラインとしています。

第2部の脚本は2週間前にスタジオに提出されました。そして現在、全ての関係者たちによって、映画の経済的な問題は打破されようとしています。
ワーナーはIMAXの発表に続いて、正しい日程表にするために即座に動きました。IMAX社は正午までにはプレスリリースを訂正する予定です。そして新たに、公式に2012年を『ホビットの冒険』第一部の公開日としました。

というわけで、どうやら1作目の全米公開は2012年12月となった模様です。日本での公開は翌年春頃でしょうか?
世界観の表現とストーリーテリングに、とことん拘って作り込まれるのなら少々の公開日の遅れは我慢出来るというものですが…どちら様も健康にはくれぐれも留意して、第2部公開、強いてはEXTENDED EDITION(あるかどうかは分かりませんが^^;)公開のその日まで、頑張って体力作りに励みましょうね~!


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。