スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイク・ミニョーラ インタビュー「パールマンのビヨルンは描いてないよ」

2009年10月15日 23:03

毎年9月に、ジョージア州アトランタで開催されるアメリカ最大のSF大会「ドラゴン・コン」
このイベントに参加したマイク・ミニョーラ(*コミック作家で『ヘルボーイ』シリーズの生みの親。デル・トロ監督と懇意で、『ホビットの冒険』にはコンセプトデザイナーとして参加)のロングインタビューが、Big Shiny Robot! にUPされております。
その中から、『ホビットの冒険』に関する部分が記事になっておりましたので、ご紹介致しますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

Big Shiny Robot! 「(中略)ギレルモ・デル・トロの『ホビットの冒険』に携わっていたと聞いたのですが…」

ミニョーラ「ええ、およそ一週間位やってました。
ニュージーランドへ行ったり来たりして…思うに、ニュージーランドの国土にいた時間より、飛行機の中で過ごした時間の方が多かったんじゃないかな?
でも、実際僕がしたことなんて、そんなに沢山はなかったんだよ。『ロード・オブ・ザ・リング』は、既にとても明確な世界が確立されてしまっているのだからね。
『僕がやることなんて、何があるのかな?』って思ってたね。でも、彼(デル・トロ監督)は、僕にちょっとだけ試しにやってみて欲しかったんだね。
それはもう、実に恐縮したよ。LotRのメインデザイナーだったジョン・ハウとは一緒の飛行機だったんだ。アラン・リーはその2日後にニュージーランドへやってきた。で、僕はこんなふうだったね。
『何てこった、こんな凄い連中と一緒に、僕は何をしようってんだ?』
それで、一週間で仕事をやっつけるやいなや、ジョンかアランのどちらかにそれを渡して、去り際にこう言ったんだ。
『子供が描いたような代物だけど、このうちのどれかが使えれば良し、そうじゃなかったら捨てて下さい』ってね。ギレルモはただ僕に居て欲しかったんだと思うよ」


Big Shiny Robot! 「そこにいた間にやった仕事について、何か話して頂けることはありませんか?」

ミニョーラ「今の時点では、おそらくないでしょうね」

Big Shiny Robot! 「ロン・パールマン(*ギレルモ・デル・トロ監督作品の常連で、『ヘルボーイ』シリーズのタイトルロールを演じている)扮するビヨルンの絵とか?」

ミニョーラ「いやいや、描いてないよ。可笑しいねぇ。僕がやったことについて、それだけの憶測があるなんて。そして誰かが、『彼がやってくれたならいいな』と言うと、『彼がやったって聞いた』になってしまうんだ。特にハリウッドが関係している話はどんなことでも、一旦ネットに流れると雑草みたいにはびこってしまうんだからね」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

この記事のライターさんは、ミニョーラ氏のことを、
「最も謙虚で自己卑下しがちなアーティストの一人」であって、とても楽しいインタビューだったと書いておりますが、世界中にファンをもつ人気コミック作家でありながら、ソースの写真の、柔和でシャイで何とも人の良さげ~な顔付きには、好意を持たずにはおられません(見てみてねv(^^ )
スポンサーサイト

イアン・マッケラン インタビュー「2本のシナリオは、間もなく届くよ」

2009年10月13日 22:31

「第57回 サンセバスチャン国際映画祭」でのサー・イアン・マッケランへのインタビュー、今回はイギリスの映画情報誌「エンパイア」(オンライン版:10月13日付)に掲載された中から、『ホビットの冒険』関連部分を抜粋してお届け致します。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

「2本の映画のシナリオは、間もなく届けられるよ」とイアン・マッケランは明らかにしました。
「そうしたら、監督たちは予算を立てられるし、キャスティングも出来るだろう。そして、彼らがいつも言っているように、来年の春--3月か4月には撮影が始まるだろうね。
ギレルモ(デル・トロ)は、あるとき私に言ったんだ。“僕らは383日で映画を撮るよ!”ってね。
彼は芸術家的自閉症(artistic autism)にかかったんだ!ピーター・ジャクソンも同じだね。彼らは本当に、まさしく、そんなふうなんだよ。
二人は全く違う人間だが、共通点もとても多いんだ。両方ともハリウッドに我慢ならず、素晴らしいイマジネーションを持ち、血糊とファンタジーにとり憑かれているんだからね。そして二人とも大いに笑うんだよ。
ギレルモは私がこれまでに会った最も才能のある男の一人だね。彼の英語のボキャブラリーは、私より余程優れているよ!」

他のLotR出演者の復帰についての熱っぽい憶測、例えばレゴラスやアラゴルンのカメオ出演などが巷を賑わしましたが、サー・イアンはそのどれも確信していないと言います。

「残念ながら、そんなに多くの役者たちが戻ることにはならないだろうね。彼らがマスクをつけて、ドワーフに扮装するのでもなければね!今の段階では、アンディ・サーキスが映画に復帰すると分かっているただ一人の俳優だと私は思うね」

勿論、私たちはヒューゴ・ウィーヴィングがエルロンドとしてひょっこり現れる可能性も充分にあると思っています。そして、その正式発表も、おそらく近いうちにあることでしょう。

H・ショア、『ホビット』を語る~「それは本当に私が愛する世界への帰還です」

2009年10月06日 00:55


ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて、来る10月9日及び10日に開催予定の『「ロード・オブ・ザ・リング~旅の仲間」コンサート』(公式サイトはこちら)。
これは、作曲者であるハワード・ショアの指揮のもと、21世紀交響楽団(The 21st Century Symphony Orchestra)によって演奏されるコンサートなのですが、巨大スクリーンにFotR劇場版の本編(178分)を映し出し、映画とシンクロして生演奏を行うとのこと!こ、これは聴きたい観に行きたい…!!

その公演を1週間前に控えた1日の夜、ハワード・ショアと、それにLotR3部作でピピンを演じ、自身もミュージシャンであるビリー・ボイド等を交えてのパネル・ディスカッションが、The Paley Center for Mediaにて開催されました。
そのイベントにおいてショア氏は、LotRに引き続き、デル・トロ監督の『ホビットの冒険』でも作曲を担当し、既に作業は進行中であることを明らかにし、次のように語りました。

「私は空想し、小説を読みます。読んで、そしてまた空想します。それが作曲の方法なのです。作曲とは直感的な行為なのですから。それに相応しい精神の状態でなくてはなりません。一定の方法で中つ国へ入り込んで創造を始めるのです。

さて、私たちが3部作を作った時、作品のクオリティや質感が同一であるようにという考えから、3本の映画は同時に撮影されました。『ホビットの冒険』も、2作同時に撮影される予定です。
『ホビットの冒険』と『ロード・オブ・ザ・リング』は継ぎ目のない世界です。『ホビット』がより過去の時代、より古い物語へ誘ってくれるよう感じさせたいのです。
実際これが参照すべき確実なことであって、より単純な方法、難解にならない手段なのです。そうすれば『ホビットの冒険』は、より大きな物語の一部分であると感じられることでしょう」

MTV Movies Blogのムービーでご覧下さいませ~(^^

MGMスタジオ、『ホビットの冒険』の資金調達に朗報!

2009年10月05日 15:42

先日、MGMスタジオ倒産の危機についてのニュースをお伝えしましたが(*9月29日の記事をご参照下さい)、MGMは社債権者の支持を得ることに成功。支払猶予の合意に至ったと10月1日に発表がありました(Source:The Hollywood Reporter.com

MGMのターンアラウンド・マネジャーにして新CEOのスティーブン・F・クーパーによる、社債権者に対する3ヶ月間の利子支払いの延期の提案は、J.P.モルガン(*投資銀行業務や法人・資産家向けの金融サービス等を行う大金融企業。本社はニューヨーク)の支持を勝ち得たようです。
J.P.モルガンは、MGMの事業と所有権の劇的な建て直しを唱えていた債権者たちによる運営委員会を取りまとめ、支払猶予の合意と引き換えに、既存の負債条件をいくつか変更することを保障させました。
支払い日を延期を認めることに際して債権者側は、スタジオのキャッシュレベルや、その他の財政的な詳細に関して週報を得ることになったとのこと。MGM役員も詳細な再建案を提出することを約束して、11月末日までに資産評価の更新をすることになりました。

MGMは『ホビットの冒険』の資金として少なくとも4000万ドルを必要としていますが、利子の支払い延期によって見込まれる金額は5000万ドル以上に達します。
これによって、とりあえず資金の目処はついたことになりますが、MGMが引き続き現在の経営難を打破するビジネスプランの提示と、構造改革を求められていることに変わりはありません。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
ワタクシも「白のガンダルフ」より「灰色のガンダルフ」が好きで~すv
特に、映画でサー・イアン・マッケランが演じた灰色のガンダルフは、人間味があって、ちょっぴりお茶目で、すっごくチャーミングでしたものね♪
それにしても、本当にビルボ役の発表遅いですよね(笑)
でも、今回の記事中にあって端折っちゃいましたが(>端折るなよ☆) 、デル・トロ監督たち4人の脚本家陣によるシナリオ(ドラフトではなく本稿)は、11月中にスタジオへ提出される予定とのことですよ。その前後には---と見込んでいるのですが…。
いつも拍手コメント、有り難うございます!雨ばかりなこの頃ですが、お身体にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さいね!


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。