スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イライジャ・ウッド インタビュー 「ビルボを演じる気はないよ」

2009年08月29日 21:12



シェーン・アッカー監督の新作3DCGアニメ 『9(ナイン)』
9月9日の公開を目前にして、主役「9」の声を務めたイライジャ・ウッドへのインタビュー記事が、多くの映画情報サイトを賑わしております。
例によって、その中から『ホビットの冒険』について語られた部分からピックアップしてお伝え致しますね。今回はIESB.netから。

IESB 「(『ホビットの冒険』の時代には)フロドはまだ生まれていませんね?それは、あなたが『ホビットの冒険』の映画に出演しないことを意味しますか?」

ウッド 「実際、誰かにこう訊かれたよ。“ビルボを演じたくありませんか?”ってね。
いいや、僕はビルボを演じたくないよ。それってちょっといただけないよね。そう、フロドは存在しないんだ。まだ生まれてないからね。
しばらくの間は、制作される2番目の映画が、『ホビットの冒険』と『ロード・オブ・ザ・リング』の間隙を年代順に埋めるものになるという認識で、“橋渡し映画(bridge film)”の話を冗談ぽくしていたんだ。これならおそらく(LotRの)キャラクターの何人かは、登場する余地もあったろうからね。でも、今となっては起こりそうもないと思っているよ。
もし監督たちが、(LotRの)登場人物を活かせる方法を見つけたとしたら、間違いなくその役割が大好きになったろうね。でも僕は今、彼らがやろうとしていることに夢中なんだ。
オリジナルのチームが沢山戻ってきて、創造的で、僕はすごく興奮しているんだ。(LotRで)確立された世界の連続性を保つのを助けることになると本当に思っているよ。
凄い作品になると思うな。僕はギレルモ・デル・トロが大好きなんだ。彼は素晴らしいよ!」


IESB 「 『ロード・オブ・ザ・リング』 (3部作)の話ばかりするファンに、うんざりしたことはありませんか?」

ウッド 「本当に、正直に言って、それはないよ。だってとても大切にし続けている体験であって、僕はこの映画が大好きなんだからね。しかもそれだけじゃなくて、人々がどうしてこの映画にこんなにも夢中になるのかも理解出来るからね。
僕はまだ沢山の話を持っているんだ。ふらりと座ったまま何時間でも話すことが出来て、実際全く飽きることがないだろうね。
僕はそのことついては見通せる気がするんだ。僕の残りの人生の間、ずっとこのことを訊かれるだろうってね。僕はそれを受け容れるよ。残された人生の間、本当に、心底、素晴らしいと思える何かについて人々から質問を受け続けることを、僕は神に感謝するよ。
それは素晴らしい体験だったんだ。建設的(ポジティブ)なことばかりだから、みんなは訊きたいだけ全部訊いてくれていいんだよ」

紹介したかったのは、後半のコメントだけだったりします(偉いぞ、リジィ!)
それにしても 『9』 。久々にツボにどんぴしゃ~~~!ときた作品で、もうもうすっごく観たいんですけど、いつまでたっても日本公開の予定が聞こえてこないじゃないですかぁ。うぁあああ~~~(;_;)
ご存知ティム・バートン監督と、『ウォンテッド』のティムール・ベクマンベトフ両監督が、アッカー監督の才能に惚れ込んでプロデューサーを買って出たというダークファンタジーの異色作であります---クヤシイので予告編貼っちゃいました。しかもHD(笑)
リジィくん(9)の「ノーーーーッ!」の叫び声を聞く度に、「うんうん、ガンダルフ奈落に落ちちゃって悲しいよね」と思ってしまう自分は、シアワセな指輪馬鹿です。でもってアタシの最近の野望のひとつは、『9』の主要キャラのフィギュア9体を本棚に並べることです(>小ちゃいな、野望☆)
スポンサーサイト

サー・イアン・マッケラン、LotRマラソン上映会にサプライズ・アピアランス!

2009年08月28日 03:50



8月22日夜、ロンドンで開催されたLotR3部作の特別上映会に立ち寄ったサー・イアン・マッケランが、ファンに向けて『ホビットの冒険』に関する若干の(しかしファンを熱狂させるには充分な内容の)スピーチを行ないました! 【Source:The One Ring.netCollider.com
会場からTORnに届いたメールの一部を紹介致しますと、

「現在、ロンドンのbfi IMAXで行われているLotRオールナイト特別上映会にきています。
最初にイアン・マッケランが会場に立ち寄って、彼が現在『ホビットの冒険』(の原作)を再読していること、それに3月にはニュージーランドへ戻っているつもりであることを明らかにしました。
どうやら彼は(監督たちが)ビルボを誰に演じさせるか、そして来週のうちには脚本が読める筈だと分かっているようです」

この「思いがけないゲスト」によるスピーチをカメラ付携帯電話で撮った動画が、TORnのFacebookで公開されております。TORnでは、サー・イアンの話から、
予定通り来年3月には撮影が開始されること、シナリオの第一稿が承認され、スタジオのGOサインが出されたこと、そして、少なくともジャクソン&デル・トロ両監督らの間ではビルボ役が決定しているのではと推測しています。
近々(そして今度こそ)ビルボ役の正式発表があるかもしれませんね。

【追記】動画YouTobeにもUPされました。貼っておきますね。

ホビット村再建、進行中!

2009年08月27日 02:52

ホビット村の「再建」が進むニュージーランドはマタマタから、現場の新しい写真とレポートがTORnに入ってきました。同サイトのスクラップブックで大きいサイズの画像を見ることが出来ますよ。

一見、先月送られてきた写真と大差ないように見えますが、レポートによれば今月半ばから袋小路屋敷周辺の土地を固め、植樹した木に支持を取り付ける作業が始まり、茅葺き用の草が持ち込まれたのだそうです。

唯々セットを建てるというより、ホビット村の造形は自然の働きに頼る部分が大きいのでしょうね。それだけにLotR3部作より拡張されたホビット村の、美しく完成された姿を見るのが本当に楽しみです。
それにしても、NZの人口の10倍とも言われているこのたちはホンモノ???(笑)

ダニエル・ラドクリフ、ホビットは「No thanks」

2009年08月26日 23:21

さて、『ホビットの冒険』の主役であるビルボ・バギンズ役には、ジェームズ・マカヴォイやディヴィッド・テナントなど、今までにも何人かのスターの名前が挙がっては本人の否定という形で沈静化してきた節がありますが、今回はハリー・ポッターことダニエル・ラドクリフのコメントがロサンゼルス・タイムズ紙のブログ「Hero Complex」に紹介されております。8月半ばにイギリスで行われた取材とのことです。

「僕はこう言わなくてはならないでしょうね。“ありがとう。でも、結構です”
誰も僕に(ビルボ役についての意向を)聞いてはきませんし、正直言って、いずれにしても(監督たちが)僕に出演してもらいたがっているとは思えません。あまりにもイメージが近すぎますし。
僕が次にどんな仕事をしたとしても、そこにはいかなる魔法使いも存在していないでしょうね」

ラドクリフがビルボを演じることはないだろうと主張する記事の中には、彼が主役を務める『ハリー・ポッター』シリーズの最終作、『ハリー・ポッターと死の秘宝』が2部作となった為、来年3月から始まる『ホビットの冒険』のクランク・インと撮影期間が重なることを指摘するものもあります。
また、彼はビルボ役に相応しい俳優として、ジェームズ・マカヴォイの名を挙げています。

「ジェームズ・マカボイは素晴らしいよ!彼こそが演じるべきだと思うね。
僕はもうファンタジー映画は出演済みです。勿論彼も『ナルニア国物語』に出ているけど、僕はあまりにも長いことやってきたんです。彼なら引き継げます。でも、僕は終了です」

『ハリー・ポッターと死の秘宝』は、2010年11月に前編が、続いて2011年5月に後編が公開される予定です。
ラドクリフの撮影スケジュールの重複は勿論のこと、同じ2011年のクリスマスに公開予定の『ホビットの冒険』の主役に、“ハリー・ポッター”のイメージがまだ強烈に焼きついている彼を、PJやデル・トロ監督が起用する可能性は低いでしょうね。

ワタクシ個人的には、ラドクリフのビルボも悪くないと思っております。勿論彼はこの役には若すぎますが、なんたって映画にはドリームがなくちゃいけません。
同じ50歳のホビットであるフロドを(映画の年齢設定は原作と違ったのでしょうけれど)、輝くばかりの美少年だったイライジャ・ウッドが演じたことを思えば、ダニエルくんのビルボは許容範囲じゃないでしょうか?---て、単にイケメンは映画の中に何人いてもオッケーよ~♪という超ミーハーな管理人ですいませんっ m(_ _)m ))

ネット発怪情報 『ホビットの冒険』は3Dの3部作? 3本目の監督は…PJ!?

2009年08月25日 23:58

ビルボのキャスティングを始めとして、「いったいどこからそんな話が!?」(ディヴィッド・テナントに言わせればサスカチュワンだそうですが)とびっくりするような噂が巷を賑わすのも、人々の関心度の高さ故でありましょう。
今回は『ホビットの冒険』映画化における、ネット発の怪しい情報をあえてお送り致します。

MTVのビデオクリップで、ピーター・ジャクソン自身が3本目の映画の見込みについて否定したにも関わらず、その一週間後にMarket Sawからこんな記事が、しかも自信満々の語り口でUPされましたー!

1.『ホビットの冒険』は全編3D映画として撮られる。
2.映画『ホビットの冒険』は計3本制作される。2本は『ホビット』の原作に基づくもの、もう1本はかねてから言われてきた『旅の仲間』への“橋渡し映画”となる。
3.3本目の映画はピーター・ジャクソンが監督する。
4.スマウグや他のキャラクターたちは、原作よりずっとダークに描写される。

「4」に関しては、LotR3部作とのトーンの統一を考えれば誰でも予測出来ることですので置いておくとして、「1」から「3」についての信憑性は如何なものでしょう。
ライターのJim氏によれば、これは最も信頼出来る関係者からの情報であると同時に、2007年時点から何度も耳にしてきたことであるので、上記の通りとなることを信じているとのこと。
確かに同サイトは2008年1月の段階で既に、デル・トロ&ジャクソン両監督が1本目と2本目をそれぞれ分担して監督する(当時は1本目が『ホビットの冒険』、2本目はビルボの冒険が終わってから『旅の仲間』までの間隙を埋める物語と思われておりました)という予測を発表していたのですよね(*2008年1月29日の記事をご参照下さい)

あるいは噂の背景には、先頃Wall Street Journalに掲載された、ピーター・ジャクソン監督のこの発言があるのかもしれません。

「いくつかの点で、自分で監督しないという決断が正しかったかどうかまだ分からない。だって僕は『ホビットの冒険』をすごく楽しんでいるからね」

果たしてMarket Sawの“予言”は的中しますでしょうか。今後のニュースを注意深くチェックしていきたいと思います。

PJインタビュー~ 『ホビットの冒険』で2本の映画を作る理由~

2009年08月24日 21:52


盆休み&所用で昨日までネット不備の田舎におりました。
バケーションシーズンにつき(>南半球は冬だよ自分)、『ホビット』映画についてはそんなに進展はないだろうと楽観しておりましたが、ビッグニュースこそないものの、結構溜まっちゃいましたね~(^.^;
追っ付け更新してまいりますので、これからもお見捨てなきよう宜しくお願い致しますです!

え~、まずは焦らず古い順から。
ピーター・ジャクソン監督がMTVのインタビューに答えて、3本目の映画が作られるという噂(『ホビット』2本に加えて、LotRに続く“橋渡し映画”が改めて作られるかもという憶測)を否定し、『ホビットの冒険』だけで2本の映画を作ることにした理由を説明しているビデオクリップがUPされております。
映画に収めたいと思う全てのシークエンスに加えて、原作の間隙を埋める沢山の要素が『ホビットの冒険』に融合し、より長い一つの纏まりのある物語になるため、映画にはそれなりの長時間が必要だとジャクソン監督は語っております。

 「実際、原作には存在しないが映画に入れられる遡及的な材料が沢山あるんだ。これはすごく面白いことだよね、だって『ホビットの冒険』の物語をより詳しく発展させて、『ロード・オブ・ザ・リング』により強く結びつけることになるんだから」

詳細は先日のAIN'T IT COOL NEWSのインタビューで同監督が語った内容と殆ど同じですので、拙Blogの8月3日の記事もご参照下さいね~(いいのか、こんな手抜きで☆)


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
モデム新品に交換して、その後快調です!ご心配おかけしました~/(^^
本当に、主役だけでも早く配役発表が聞きたいものですね。
最近の噂では、スタジオが脚本にGOサインを出して、ビルボ役はもう選ばれているのではないかというのもあるのですが、出来るだけ早いとこBlogの記事が追いつくよう頑張りますね。

ピーター・ジャクソン@コミコン、HDビデオ~♪

2009年08月04日 00:22



もちょっとだけコミコン・インターナショナル関連続きま~す♪
ピーター・ジャクソン監督のパネルディスカッションのHDビデオがYou TubeにUPされております。

語られている内容は、先日来お伝えしている情報と同じく、
 ●『ホビットの冒険』のどの役についても、正式に決定たものはない
 ●3~4週間前に脚本の第一稿をスタジオに届けたところで、正式なゴーサインは未だ出ていない
 ●『ホビットの冒険』の原作に基づく話で2本の映画を作る

という部分なのですが(ちなみに、「ビルボ・バギンズを演じるのは☆▼ж●※■Ŷ♂」 だそうですよ(^^ )、まずは『ホビットの冒険』について彼が話し始めた時の、会場の盛り上がりぶりをお聞き下さいませ!この映画に対する海外の同胞の期待と関心の高さが伝わってきて、ちょっと嬉しくなっちゃうビデオです。

ピーター・ジャクソン インタビュー~AICN編~

2009年08月03日 19:40

ここ3~4日、モデム故障でネット落ちしておりました管理人です。
その間、『ホビットの冒険』映画化についての特に大きなニュースはなかったようですが、コミコン・インターナショナルにおけるピーター・ジャクソン監督のインタビューが、各サイトで出揃った感がありますね。
尤もPJによって語られた内容は異口同音、いずこも殆ど変わりがありませんので(あったら困るけど)、7月26日の記事にSourceを足しておきました。ご用とお急ぎでない方はそちらもご覧下さいませ(^-^)

さて、その中からひとつ、AIN'T IT COOL NEWSに掲載されたインタビューをご紹介致しますね。
『ホビットの冒険』で2本の映画を作ることにした理由、アラゴルンなどLotR3部作に登場したキャラクターの出演の可能性についてPJが答えております。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

AICN 「『ホビットの冒険』について、少なくともこれだけは伺いたいと思っていたのですが---皆がこうなるだろうと予測していたのは、最初の映画が原作に基づく『ホビットの冒険』、2番目の映画はLotR3部作への“橋渡し映画”でした。ですが、昨夜あなたが話したことによれば、そうはならないということですね?」

PJ 「かつてはそうするつもりだったよ。最初にこのプロジェクトについて話した時はその前提だったんだ。でも、作業を進める中で、僕たちの手の内にある材料全てを実際に考察してみた時、『ホビットの冒険』だけにすることに決めたんだ。
トールキンは最初に『ホビットの冒険』を明らかに児童書として書いた。そして、その後『指輪物語』が出版されるまで20年に渡って(中つ国の物語を)書き続けたんだよ。3部作全てが発刊される頃には、彼は大幅に中つ国のヴィジョンを拡大したのさ。『指輪物語』には『ホビットの冒険』の時代に関する多くの遡及的な情報が含まれているんだよ。
ガンダルフが『ホビットの冒険』の物語の中で姿を消している間のことは原作では大部分が謎だけど、僕たちは後に死人占い師---つまりサウロンがドル・グルドゥアと闇の森に帰還したことを知ることが出来るんだ。死人占い師のこと、それに山のトロルやゴブリンと関係のある色々なヒントや追捕的な情報などの政治的なバックストーリー、『ホビットの冒険』の小説では決して語り尽くせなかったものを、トールキンは投入したんだね。

そのことが分かってきた時、映画制作者としてどれだけ興奮を覚えたことか。僕たちはその後のことをもっと詳しく展開して、『ホビットの冒険』の映画の中で見せることが出来るんだからね。
トールキンが最終的に、この時代にどんなことが起こったと考えていたのかを提示することが出来るんだ。『ホビットの冒険』の単純な形のままでも、僕たちが創作したものを付け加えるでもなくね。
彼が残した素材を融合させて、その世界観を余すなく表現しようとすれば、それは当然『ホビットの冒険』の原作自体より大きな物語になるだろう。そういう訳で僕たちは(『ホビットの冒険』だけで)2本の映画にすることにしたんだよ」


AICN 「私が昨年10月にヴィゴ・モーテンセンにインタビューした時(*12月5日の記事をご参照下さい)、彼は以前あなたが撮ったという、彼とリヴ・タイラー(アラゴルンとアルウェン)の若い時代の回想について触れました。二人が婚約前のことで、エルフの衣装を着ていたと。
このシーンを始め、LotR3部作で撮影されながら使用されなかったシーンが、今度の『ホビットの冒険』で使われる可能性はありますか?明らかに彼はその時点であなたからの、そして他の誰からも連絡を受けていないようでしたが…」

PJ 「そして彼はいまだに連絡をもらってないよ(笑)
分かりきったことだけど、どの俳優を使ってどの俳優を使わないかについては、まだ話すことが出来ないんだ。僕たちはイアン(マッケラン)を除いては、まだ誰とも話をしていないし、どの役についてもオファーしていないのだからね。
ギレルモ(デル・トロ)はイアン・マッケランと昼食を共にしたし、『タンタンの冒険旅行』に出演したアンディ・サーキスとは沢山話す機会があったから、(『ホビット』への出演については)気楽な雑談程度はしたね。
確か君とヴィゴの対談を読んだ中で覚えていることは、彼がアラゴルン役を他のどの俳優にも演じて欲しくないと言ったことだ。そして、僕たちはヴィゴに対して、決してそんなことはしないよ。
僕たちが今度の映画にアラゴルンを登場させたいと思うならば、それを演じるのはヴィゴであるべきだ。あるいは、その役を脚本から削って他の人物を演じてもらうこともあるかもしれない。いずれにしろ、3部作に出演した俳優たちの誰であっても、変更する理由はないからね。
だけどさっき説明したように、僕たちが本当に目指している2本目の映画というのは、(『ホビットの冒険』の)世界を少し拡張するという観点に基づいたものなんだ。
『ホビットの冒険』の中にLotRに登場したキャラクターを取り入れることは確かに有り得るけれど、それがどのキャラクターになるのか、まだ誰ともどんな議論もしたことがないんだよ」


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。