スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その5

2009年02月22日 14:58

前置きもなく、TORnアンケートの紹介、第5回目を始めさせて頂きます。

2008年5月末、デル・トロ監督の、「ビルボ役の俳優についての意見は、PJ(&フランたち首脳陣の考え)と一致している」との発言を受けて、イギリスのタブロイド紙「デイリー・エクスプレス」が、その筆頭候補の名前をリーク(…なのか、まるっきりのでっち上げだったのか?)しました!
その名はジェームズ・マカヴォイ
スコットランド出身の若手実力派俳優で、『つぐない』の演技でロンドン映画批評家協会賞英国主演男優賞を受賞するなど、今後の活躍が大変期待されている役者さんです。何より、ファンタジーファンには『ナルニア国物語』の心優しいフォーン、タムナスさん役で顔を知られておりましたね。
ただ、候補者リストの中には、ダニエル・ラドクリフやジャック・ブラックも含まれていた とあって、信憑性については大いにギモンではありましたが---そんな噂を受けて、次のアンケートです。

●最近噂になった俳優のうち、誰がビルボ・バギンズ役に相応しいと思いますか?
【投票開始日:2008年5月29日 投票総数:5,101票】

■ジェームズ・マカヴォイ3,029票59%
■マーティン・フリーマン1,347票26%
■ジャック・ブラック454票9%
■ダニエル・ラドクリフ271票5%

マカヴォイさん強し…!
正直、名前が浮上するまで考えても見なかった役者さんでしたが、演技力については折り紙付ですし、何となく気が弱そうな風貌だけれど、アクションだってロマンス映画だって、キメるところはばっちりキメて主役としての華もあるぜ!というところが(>超勝手な主観)、成程ビルボというキャラにはぴったりかも知れないと思うのでした。
それにしても、ハリー・ポッターことラドクリフくん、ジャック・ブラックより票が少ないというのは、ちょっと可哀そうですね。確かにビルボ役には若すぎますし、別のファンタジー大作で主演をはっている役者を使うのは、あまりにも節操ない感じもしますが---キレイな子はスクリーンの中にいくらいても結構よ♪とウェルカムカムな管理人でございました(>つまるところはそこかよ!) ええ~っと、次いきます!

『ホビットの冒険』には、LotR3部作以上に多種多様なクリーチャーたちが登場します。そして、その多くが我々人間と同じように言葉を持ち、あまつさえ彼らとの“会話”が物語の中で重要な役割を果たします。竜のスマウグしかり、ツグミや鷲たちしかり。
ですが、映画の表現としてそれらをどのように処理するのでしょう?PJ版LotRでは、トロルやワーグは言葉を持っていたのかもしれませんが、人間には解らない“唸り声”でありました。そこで次の質問です。

●『ホビットの冒険』に登場するヒューマノイド型以外のクリーチャーは、どんなふうに“喋る”のがいいと思いますか?
【投票開始日:2008年6月18日 投票総数:5,856票】

■普通に喋ってしまってOK!『ナルニア国』のキャラみたいにね2,859票49%
■『スターウォーズ』の旧シリーズのように、
人には解らない“異語”を字幕で表現したらどうでしょう?
1,849票32%
■喋るなんてとんでもない!絶対にやめて!!660票11%
■口は動かさないでテレパシーで448票8%

解剖学的?な見方からすれば、人の言葉を喋るには、人間と同じようなの骨格と声帯、舌や唇等が必要になるのでしょうが、『ナルニア国』の映画では、ビーバーもネズミもごく自然にリップ(ん?)シンクしていたように思います。となるとむしろ問題は、動物たちが口をきかなかったLotR3部作との世界観の統一かもしれません。
また、『ホビット』に登場するクリーチャーの中では、お気に入りは断然スマウグだというデル・トロ監督、監督就任発表直後のライブチャットの折にも、早々にドラゴンの“喋り”について触れておりました。

“ものをいうドラゴン”のよくある失敗例の一つは、無理矢理リップシンクさせるために、獅子鼻の類人猿みたいな口にしてしまうことだね。『エラゴン』では精神的なリンクにして、うまく難を逃れていたけれど

理想とするドラゴン、スマウグの造形美の為に、そして自然なストーリー展開のために、これらの難題をクリアするアイデアを、デル・トロ監督は既に持っているのかもしれませんね。
[ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その5]の続きを読む
スポンサーサイト

ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その4

2009年02月18日 18:32

『ホビットの冒険』のシナリオ執筆は、もう仕上げに入った頃でしょうか?
4人のライター陣の原作へのアプローチは、どんな具合になったのでしょうか?
という訳で、アンケートの続きは、トールキンファンは『ホビット』がどんな作風の映画になるのを望んでいるのか、という質問からです。

●『ホビットの冒険』の映画は、どんなトーンで描かれるべきだと思いますか?
【投票開始日:2008年4月4日 投票総数:5,114票】

■原作のように、終盤に近づくにつれて徐々に暗くシリアスに1,962票38%
■LotR3部作に合うように、より大人向けのトーンで1,741票34%
■子供向けの『ホビットの冒険』と、大人向けのLotR3部作との
ほぼ中間のトーンで
1,163票23%
■LotRよりさらに暗く、さらに剛毅に!105票2%
■えっ、『ホビット』って、ミュージカルになるんじゃないの!?76票1%
■その原作は、始めから児童小説として描かれました。
だったら映画も子供向けの物語にすべきです
67票1%

『ホビットの冒険』は、「子供向け」と割り切るにはすこぶる骨太で壮大、また哲学的で深刻な一面もありますが、同時に『指輪物語』にない快活さや軽妙なユーモアが大きな魅力になっていますよね。
デル・トロ監督は、この小説が自分にとって如何に特別な存在かを公言して憚りませんから、その辺りは誰よりも理解していて、絶妙な匙加減でもって『ホビットの冒険』を料理してくれるものと信じております。彼のユーモアセンスは、自分にとってはPJのそれよりずっと肌に合う気がしますし……バリー・マニロウを歌うレッドが好き(>しつこい?)

さて、2008年4月20日、TORnのフォーラムに、ギレルモ・デル・トロ監督自らの投稿がありました。それは一編の「なぞなぞ」で、『ホビットの冒険』の一エピソードを引用した、言わば“洒落”になっておりました。
その答えが、どうやら彼の監督就任の正式発表の日時を示しているらしいと分かって、ファンの間では謎解きを含めてちょっとした騒ぎとなったのですが…そこで次の質問です。

●デル・トロ監督から『ホビットの冒険』に関する重大発表の日時を示したと思われる「なぞなぞ」が出されましたが、あなたの関心度は?
【投票開始日:2008年4月21日 投票総数:1,700票】

■高:毎日サイトをチェックしています750票44%
■言葉に出来ない位!TORnの更新を確かめずにはいられません!326票19%
■中:数日置きにサイトをチェックしてますよ276票16%
■すごく気になります。1時間置き位でチェックしちゃう!228票13%
■低:映画化はまだまだ先の話ですからね。特に気にしていません101票6%
■興味なし。『ホビット』の映画化?何それ??19票1%

「1時間置き」…て、勤務先等でもチェックなさっていたのでしょうか?
毎日各国のサイトを流している自分も相当の“指輪馬鹿”と自負しておりましたが、何事も上には上がいらっしゃるようで、いや天晴れな?ファン魂であります(^^;
ところで肝心な正式発表はというと、スタジオ側の事務手続きの関係で当初の予定より遅れてしまい、せっかくのなぞなぞも不発に終わるという、ちょっぴりトホホな結末でありました(詳しくは2008年4月28日の記事をご参照下さい)。
しかし、この茶目っ気溢れる予告で、『ホビットの冒険』を心待ちにしているファンの気持ちを、がっちり掴んだ感のあるギレルモ監督でした♪
[ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その4 ]の続きを読む

クリストファー・リー、サルマン役への復帰は?

2009年02月11日 16:57

IGN.com(UK)にて、クリストファー・リー氏へのインタビューが掲載されております。
例によって、その中から 『ホビットの冒険』 について訊ねられた部分をご紹介しますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

IGN 「『ホビットの冒険』、またはもう一本の映画で、サルマンを再び演じて下さいますか?」
リー「私は、イアン・マッケランが『ホビット』で再びガンダルフを演ずることに同意したと聞いているよ。しかし、私の役は原作には全く出てこないんだ。
彼らは突然魔法使いの会議を入れようとするかもしれないが、そのことは知る由もないね。誰も未だ話を持ちかけてこないから、私は何も知らないんだよ。その謎めいたもう一本の映画についてもね。それは『ホビットの冒険』の前の出来事を描くのかね?それとも『ホビット』の後、『指輪物語』の前かね?」

IGN 「『ホビットの冒険』の出来事と、『指輪物語』を繋ぐ作品になるようです。トールキンのエキスパートであるあなたには、うってつけではないでしょうか」
リー「ああ、彼らは、数千年も生きた魔法使いたちだ。白のサルマンが議会の長で、彼は当時、礼儀正しく、高貴で、感嘆すべき存在だったんだよ。何故彼が突然変わってしまったのかは説明されていないから、その出来事に光を当ててサルマンを描くのかもしれないね」

IGN 「再びサルマンを演じてみたいですか?」
リー「そう出来たらと、心から思っているんだ。だが、私は今86歳で、ニュージーランドへ行くのに大層な努力を要する年になってしまったんだよ。心身ともに凄く消耗することだからね。休暇で行くのだって大変なんだからね」

IGN 「では、もし、あなたの出演部分をロンドンで撮影することが出来るとしたら、興味を持たれますか?」
リー「それは願ってもないことだね。そうなったら嬉しいね」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

リー氏の回答は、今までに何度かお伝えした他のインタビューでのそれと殆ど変わらないのですが、以前に増して高齢故の健康上の不安を口にしていらっしゃるのが、大変気になるところですね。
長身で威厳ある立ち姿と、何より魅惑的なボイスはサルマンそのもの!とても代役を想像出来ません。何とかして彼の出演が叶いますよう、ファンとしては祈るばかりです。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
アンケートの記事、楽しみにして下さって、本当に有難うございます!その一言で、次回も頑張れると言うものです。
アンケートの文章は、設問と回答の選択肢だけなので英語が苦手な自分でも大した手間ではないのですが、その当時の記事や役者のプロフィールを再確認したり、人名や映画タイトルなどの日本での共通表記を確認するのが(アンケートに限らずどの記事もですけが)結構手間ですね。ま、好きでやってるんですけど(^^
バーナビーくん、画像ホントにないんですよね。探した中で一番はっきりしてたのはコレです。画面下へずず~っとスクロールして、キャラ紹介5番目の写真です。お母様似?(笑)

LotR裁判続報、提出書類の最終期限は3月3日に

2009年02月10日 20:42

2月7日のアンケート結果紹介記事でも触れましたが、昨年2月11日にトールキン教授の遺産を管理しているイギリスの慈善団体トールキン・トラストと著作権管理のトールキン・エステート、それに教授の著作の出版社であるハーパー・コリンズ社が、ニューライン・シネマを相手取って起こした、LotR3部作の映画化の収益分配を巡る訴訟の続報です。 (Source:MSNBC)

ロサンゼルス上級裁判所判事のアン・I・ジョーンズは先週、双方の書類提出期限を2009年3月3日と申し渡しました。どうもこの期日はトールキン・トラスト側に有利なようですね。
ニューラインは、トラスト側が求める書類の60%を用意した時点で、既に数十万ドルの経費がかかったと発言しております。そして、残りの書類を指定された期日までに見つけるのが難しいとして、本来の最終期限2月28日の延期を求めていたようですが叶いませんでした。
提出された書面は、訴訟を解決するために、3月中旬または4月の出廷に備えて、双方によって審査されます。裁判の予定は10月19日です。

また、何か動きがありましたら報告いたしますね。

ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その3

2009年02月07日 23:58

さて、監督の次は勿論、主演俳優のキャスティングです。

●あなたがキャスティングするとしたら、ビルボ・バギンズ役は誰にしますか?(3人まで選択可能)
【投票開始日:2008年1月18日 投票総数:9,686票】

■イアン・ホルム2,636票27%
■無名の役者1,623票17%
マーティン・フリーマン1,268票13%
バーナビー・ホルム(*イアン・ホルムの息子)1,231票13%
■ジェームズ・マカヴォイ799票8%
■イライジャ・ウッド686票7%
コリン・ファース540票6%
シャイア・ラブーフ402票4%
サイモン・ペグ245票3%
リッキー・ジャーヴェィス162票2%
クレイグ・パーカー(*LotRでのハルディア役)61票1%
ブルース・ホプキンズ(*LotRでのギャムリング役)33票0%

こちらも、何だか身贔屓炸裂な結果が出ておりますね~☆
思うに、原作へのアプローチについてはシビアーな判断を下すけれど、映画制作については、旧作への執着から逃れられないとでもいいますか(^^;
サー・イアン・ホルム、クランク・インの年には79歳です。79歳で『ホビットの冒険』のビルボ・バギンズ役が務まると思いますか?…思うんでしょうなぁ、この投票結果によれば。
ホルム自身が、『旅の仲間』の冒頭のインサート部分で若きビルボを演じた時のことを、「顔の皺とたるみをテープで引っ張って、首の後ろで留めてたんだ。もう若いビルボ役はこりごり」と冗談めかしておっしゃってましたが、それから更に10年後の撮影となる訳ですからねぇ。ちょっと可哀相な気も致します。
そしてまぁ、彼がダメならバーナビー・ホルムにってのは恐れ入りました…!彼の名をリストに持ってきた設問者がある意味スゴいっすね(笑)
バーナビーはサー・イアン・ホルムの実子で、幼い頃イアンの出演していた映画やテレビドラマに、彼の息子役として顔を出していたことがあるのです。彼の役者としての履歴で一番大きな役は、『オーメン/最後の闘争』('81米:グレアム・ベイカー 監督)の、主人公ダミアンに魅せられてしまうヒロインの息子役でしょう。撮影当時は13歳位、なかなかの美少年ぶりでありました。
しかし、役者としての履歴は3~4作、ブランク20年の彼に、超大作の主役が務まるとはとても思えません。前作のビルボに面差しが似ていればそれで良いというものでもないでしょうに…ああ、ファンの愛ってのはかくも盲目なものなのですね~★

●『ホビット』の監督はギレルモ・デル・トロで99%決定と言われていますが、さて、どんな気分でしょうか?
【投票開始日:2008年1月30日 投票総数:5,431票】

■慎重に経過を見守りながらも、興奮しています1,647票30%
■熱狂してますとも!彼は優秀な監督ですからね!1,519票28%
■やったーーー!!諸手を挙げて大歓迎!!!958票18%
■嫌ぁあ~~~っっ!!!最悪~~~!!524票10%
■あらら!別の誰かがいいって思ってたんだけどな304票6%
■どうでもいいよ263票5%
■ちょっぴりショックです。まずい選択じゃない?216票4%

デル・トロ監督の正式契約は昨年の4月下旬でしたが、アンケートが開始された1月末には既に、「地球が粉々にならない限り、『ホビットの冒険』の監督はギレルモ・デル・トロで決定」と報じられておりましたね。
この時点で、「ギレルモ監督でヨカッタわ」率は、回答のおよそ3/4。1ヵ月前のアンケートで、ピーター・ジャクソン監督支持率95%だったことを思えば、気持ちの切り替えが早いファンであります(^^;
前年、『パンズ・ラビリンス』でアカデミー賞を始め数々の賞を受賞して、“世界で最も注目される実力派映画監督”の仲間入りを果たしたことも、ファンにとっては安心材料のひとつだったのでしょう。
そういう意味では、LotR3部作を撮るまでは、『乙女の祈り』こそあったものの、スプラッター・ホラーが得意な“カルト映画の巨匠”であったPJより手堅い人選のような気もします(笑)
尤も、10年前にLotR映画化を知った頃には、「ええぇ~!あの『指輪物語』が実写映画化ですってぇ~!しかも3部作で!?」と、ただそれだけで舞い上がってしまって、とんでもない失敗作になるかもしれないとか、監督はこの履歴で大丈夫か?とか、そういう心配は不思議としませんでしたね。人生で一番シアワセな頃だったかもしれないと思う今日この頃であります(^o^;
[ファンのキモチ~TORnのアンケートから~:その3]の続きを読む

ヴィゴ・モーテンセン、「『ホビット』はトールキンの精神に忠実に」

2009年02月05日 23:36

LotR3部作でアラゴルン役を務めたヴィゴ・モーテンセンの興味深いインタビューが、 Total Film.com にUPされておりました。
いつものように、『ホビットの冒険』(とその続編)への出演意欲について訊ねられたヴィゴ、PJ版LotRへの個人的な見解と共に、次のように語っております。


「他の俳優にそれをさせるよりは、むしろ自分の手で終えたいとは思うね。私は原則的にその仕事に興味をもっているよ。だけど何より、健全なトールキンの精神で 『ホビットの冒険』 が作られるのを見たいんだ。
第一部:『旅の仲間』 は、トールキンの精神に非常に忠実だったと思う。どんな演技をするか、ストーリーをどう語るかについても、原作に沿うように細部まで緻密に作られたからね。
だけど、第二部: 『二つの塔』 からは、より特殊効果に力を入れた超大作となっていった。
その種の映画が良くないと言っている訳じゃないんだ。映画の成功に異議を唱えることは誰も出来ないだろう。だが私としては、キャラクター描写により焦点を合わせたかったね。
ヒーローに拘りすぎず、サブキャラクターにもっと多くを語らせるんだ。中つ国のそれぞれの種族がバランスよく登場し、折り合っていた一番最初の映画が、僕の個人的な好みとするところだね」


第3部公開から6年目。そろそろ本音を語っても大丈夫と判断されましたのでしょうか?マイキン(^^; 尚、彼はデル・トロ監督について、
「決断力があり、知的で、そして多分(PJ同様)頑固だろうね」
と、同インタビューの中で評価しておりましたが、新しい監督のもと、彼の理想とする『ホビットの冒険』は実現致しますでしょうか???


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
EMPIRE誌、正直中身についてはそんなに期待していないのですが(笑)、記念として買っちゃおうかな、なんて誘惑にかられています(そうやって買ったLotR表紙の洋雑誌が、読めもせず何冊も…☆)
ファンの錯覚ではなく、本当に海外での注目度は高いですね。クランクインもしていない『ホビットの冒険』を、2009年の映画界における最も大きなニュースのベスト10に選出していた映画サイトもあったんですよ。
そして、独断と偏見で書きなぐりましたアンケート評を、楽しみと言って下さって本当に恐縮です。近々続きもUPし致しますので、またどうぞ覗いてやって下さいませm(_ _)m


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。