スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督インタビュー~Times Online編~

2008年08月30日 22:11

青空が広がってるのに、なんで大雨の天気予報???と電車に乗って本に目を落とし、動き出した途端に乗客のざわめきで顔をあげれば、車軸のような雨であります。最近この手の土砂降りに、何度遭遇したか分かりゃしません。雷でいつこのおんぼろMacがいかれる(逝かれる?)かと、それもヒヤヒヤな毎日です。

さて、今回もギレルモ監督のインタビュー記事(ちょい古!)を紹介させて頂きます。例によってなんちゃって意訳ですので、正しくはソースをご確認下さいね。題して、
ギレルモ・デル・トロは、中つ国を彼の神話世界に加える” です。どぞ!

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

ギレルモ・デル・トロ監督によれば、印象派の画家ピエール=オーギュスト・ルノワールは、映画作家であった息子のジャン・ルノワールにこう言ったそうです。
『本当に才能のある芸術家は、同じ木を何度も何度も描くものだ』

「彼は、“芸術家は決して(同じ仕事やテーマの探求から)動くことなく、執拗に戻るべきだ”ということを言ったんだ。でも僕は、人はその生を終えるまで、たとえやり遂げられようがやり遂げられまいが、繰り返し同じ木を描くものだと信じているんだ。それが意志による決定であるとは思わない。むしろ“衝動的な性向”だね」

この「衝動」こそが、43才の映画作家の経歴を形作ったと言えます。
彼は2つの異なる経路を辿ってきました。
スペイン語のインデペンデント・ムービーでは多数の批評家の賞賛を獲得し、英語の映画スタジオによる作品では、ボックスオフィスを賑わしました。それでも、すべてのデル・トロ作品は、極度に個人的な物語として成り立っており、テーマと象徴が繰り返し散りばめられています。

次のプロジェクトの為に、彼はニュージーランドで4年間を過ごすことになっています。そこで彼は、トールキンの古典『ホビットの冒険』の映画化に着手するのです。それはLotR3部作を監督したピーター・ジャクソンをプロデューサーとする、ファンにとっては夢の組合せです。

コミック雑誌を原作とするアクション映画--『ブレイド2』や『ヘルボーイ』シリーズ--か、彼の自国語の映画--『デビルズ・バックボーン』や『パンズ・ラビリンス』--であるかに関わらず、このメキシコ人監督は、常にイデオロギーの疎外、追放と対立の本質を探究して止みません。彼のすべてのキャラクターは、構築された(しかし荒れ果てた)世界に棲息しています。

「それは、僕がおとぎ話を愛しているからだ。おとぎ話は、組織的な政治や、宗教や経済などと違って真実を告げるからね。これらのものは魂を破壊する。それが『パンズ・ラビリンス』の着想であり、『ヘルボーイ』や僕の全ての映画に、程度の差こそあれ表れているものなんだ」
[デル・トロ監督インタビュー~Times Online編~]の続きを読む
スポンサーサイト

ジョン・ノーブル、「『ホビット』には戻りません!」

2008年08月28日 23:40

こちらは、8月20日に満60歳の誕生日を迎えたばかりのジョン・ノーブル氏のコメントを、27日付のMTV Movies Blogが紹介したものです。

PJ及びデル・トロ監督は、以前からお伝えしている通り、LotR3部作の登場人物で、『ホビットの冒険』とその続編にも登場するキャラクターについては、出来る限り同じ俳優を使いたい意向ですが、デネソール役のジョン・ノーブルに『ホビット』への意欲を伺ってみると・・・・・・?

 「私は何も訊かれてないよ。イアン・マッケランが戻って、アンディ・サーキスもそうするらしい--彼らはとても親しいし、アンディは素晴らしいアーティストだからね--と知っているけど、イアン・ホルムは若くないからどうするのだろうね。でも、監督たちが今度の映画でデネソールを復帰させたがっているとは思えないな」

ボロミアとファラミアの父親にしてゴンドールの執政であるデネソールは、『ホビットの冒険』の原作には出番がありません。しかし、ご存知の通り、『ホビットの冒険』から『旅の仲間』に続く時代を描く第2の映画(続編)の計画があります。もし、その作品にヴィゴ・モーテンセン演じる若きアラゴルンが登場するならば、ゴンドールでの出来事が描かれる余地があることになります。
デネソールが執政としてゴンドールを統治する以前は、彼の父のエクセリオン2世(この役をノーブルが演じることも可能でしょう)が即位していました。王座の真の相続人であるにも関わらず、アラゴルンは身分を隠して彼に仕えていた頃がありました。エクセリオンの統治下でのアラゴルンの戦いの一つに、ウンバールの奇襲と海賊船の焼き打ち(『王の帰還』でも、死者の軍勢を率いたアラゴルンがウンバールの海賊船を奪うシーンがありましたね)があります。

 「もし、もう一度デネソールを演って欲しいと頼まれたとしても、私は『フリンジ』(『LOST』のJ.J.エイブラムズによる新しいTVシリーズ)に出演が決まっているから、断らざるを得ないだろうね。それに、年をとった今、若きデネソールやエクセリオンを演じることは、たとえメイクの力を借りても無理だと思うんだ。
しかしながら、私は彼らが頑張ってくれることを願ってるよ。少なからぬファンの関心が『ホビットの冒険』にはあるからね。でも、『ロード・オブ・ザ・リング』はとても“特別”なんだ。そんな仕事に携われたことがどんなに幸運なことか分かるだろうね。でも、人は時として、どういう訳かそんな特別な場所から離れたくもなることもあるんだよ」


  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

LotR映画ファンにはちょっぴり寂しいコメントですが、「ソロンギル」登場シーンがあるかもしれないと思うとワクワクしますね。ジョンはヴィゴと10歳しか歳が離れていないのですから(てゆーか、デネソール役には老けメイクが必要だった程若い!)、是非何らかの役で復帰して下さることを、一ファンとして願っております。


 *** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
ご心配かけて申し訳ありませんでした。医者も呆れた程虫歯の症状が進んだ親知らずを抜かれてから、夜眠れるようになりましたので、それだけでかなり元気になりましたです。
今回はジョン・ノーブルのインタビューを紹介させて頂きましたが、3部作に出演した俳優さんたち皆の、その後の仕事ぶりやプライベートまでもが、とっても気になっちゃいますよね。その位、どのキャラクターも生き生きして魅力的だったってことでしょうか。『ホビットの冒険』とその続編で、また彼らと再開出来ることを、ワタクシも楽しみにしておりま~す♪

ギレルモ監督、トールキン・ワールドに没頭中

2008年08月25日 22:35

FILM detail.comが行った『ヘルボーイ2』についてのインタビューで、我らがデル・トロ監督は、『ホビットの冒険』のシナリオについても、若干の興味深いコメントを残しております。

 「---決して読み終える(掘り尽くす)ことのない資源が眠る鉱山を持っているようなものだね。僕は、入手出来る全てのトールキンの著作を読むことから始めたんだ。それから、トールキンと中つ国について書かれたものを読み始めたよ。出来る限りその宇宙観や系図、それに中つ国の地理に精通しておきたかったんだ。何故なら、僕たちは再び実在感のある場所を作り出さなくてはならないからね。

 僕はすっかり“はまって”るよ。僕とピーター、フラン、そしてフィリッパと一緒に、物語を進めることに没頭しているんだ。僕たちはビートルズをやってるんだ。4人での共同執筆は全てバッチリですごくノッてると言えるね!
そして、僕はトールキン・ワールドと中つ国の、魅惑的であると同時に悲痛でさえある側面を発見して感動しているんだ。 意図的にせよそうでないにしろ、 彼らの世代のエピソードを反映しているからね。
第一次世界大戦と塹壕の世界、そして貪欲さと残虐行為による名誉の放棄と腐敗の体験。これは『ホビットの冒険』において、ホビット庄の黄金時代の話から巻末に向けてのより暗い箇所への劇的な推移となって顕れているんだ」

上記のトランスクリプトはコチラでドゾ!

デル・トロ監督、『ホビットの冒険』の特殊効果について語る

2008年08月23日 23:29

本日は『ホビットの冒険』の特殊効果について、デル・トロ監督がIGN.comの記者さんに語ったコメントをご紹介致しますね~。
それによりますと、以前WETAのライブチャットでも語られたように、ピーター・ジャクソン監督同様、デル・トロ監督も、モデル作成などの伝統的なワークショップによる効果に特別な愛着があるとのこと。

「僕たちは二人とも、模型やモデル作成、ミニチュア、マットペインティングといった、“旧世界の”技術の熱狂的なファンなんだ。『ホビットの冒険』にもその方法を続けるとともに、アニマトロニクスも導入するつもりでいるよ。そのことが最終的に映画の内容に本質的な影響を及ぼす力を持ってくると思うから、僕たちはそのスタイルを維持しておく必要があるんだ。だから何としても『ホビット・・・』のクリーチャーたちは、CGより触感的で、より実体感のあるものにしたいんだ」

デル・トロ監督が、『ホビットの冒険』とその続編における特殊効果についても、彼の好む“フィジカルな”スタイルに拘ることは、まず間違いなさそうです。
ただし、それはコンピューター・アニメーション等の技術を軽視することを意味しないことも、監督は強調しております。

「いくつかのクリーチャーは、全てをCGで作成した方が効果的だと思うし、完全にアニマトロニクスだけを使った方が生きるキャラもある。他は可能な限りこの二つの技術を混ぜ合わせて使えたらと思っているんだ」

また、IGNの「ゴラムは(3部作同様)CGで作りますか?」との質問に対しては、

「その通りだよ。僕はLotRのゴラムは完璧な仕事だったと思っているんだ。それが壊れてないのなら、なんで直す必要があるんだい?」

ということで、『ホビットの冒険』では、新たな視覚的体験と共に、更に強力にヴァージョン・アップしたゴラムが見られそうですぞ。いとしいしと!

【追記】
映画の成功に不可欠な資金繰りについての情報もついでにひとつ。
MGMは現在、スティーブ・マーティンを主役に迎えての『ピンク・パンサー』新シリーズ等、今後の自社作品のために、6億ドルもの製作費を調達中とのニュースがBloomberg.comに掲載されておりました。その最大のプロジェクトが『ホビットの冒険』2部作なんですね!
MGMの会長ハリー・スローンは、『ロッキー』のような過去の大当りの復活を狙っており、新しいシリーズをヒットさせることによって、スタジオ再建を図ろうとしているのでしょう。
Imdb.comのデータによれば、PJのLotR3部作の製作費用は、それぞれおよそ9500万ドルだったということですから、同社のこの映画に対する期待と意気込みが分かろうというものです。

LotR脚本のドリームチーム、正式契約へ!

2008年08月21日 02:56

LotR3部作の脚本を務め、『王の帰還』では見事アカデミー脚色賞を受賞したピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、そしてフィリッパ・ボウエンの3人が、『ホビットの冒険』とその続編のシナリオチームとしてデル・トロ監督と共に執筆すべく、この度正式に契約を取り交わしました!(Source:Variety.com EW.com)
これは、同作品の製作総指揮のPJ&フラン、そしてニューラインの社長・トビー・エメリッヒによって明らかにされものですが、デル・トロ監督の署名から既に4ヶ月。えぇ~っ!!正式契約未だだったんですかぁ~!?というのが正直な感想ですけどね(笑)

尤も、ギレルモ監督は既に脚本の作業が始まっていることを今週初めに明かしており、その過程についてただ一言「Beautiful」とコメントしておりましたよ(^-^)(Source:TORn)
とにかく、これで2010年のクランク・インに向けて、正式に脚本制作がスタートしたことになります。4人の個性が頁の上で豊かに結実しますように!

デル・トロ監督インタビュー~MTVアンケート編~

2008年08月19日 21:37

日本全国、まだまだお暑うございます。
最近更新滞っておりまして申し訳ありません。
夏バテついでに夏風邪もしっかりひいて(ビンボーなので何でも拾うのよ~☆)、お盆休暇中は帰省先で療養(つまりはひたすらダラダラ)しておりました管理人でございます。
尤も、我らがデル・トロ監督も、『ヘルボーイ2』を引っさげての世界巡業(又の名を“大名旅行”)を終えて、スケジュール通りなら今頃、PJ&フラン、それにフィリッパと一緒に『ホビットの冒険』のシナリオ執筆に勤しんでいる筈。
映画に関するニュースにも大きな動きはなく、ファンサイトも心なしかヴァケーションモード?であります。

そんな訳で、紹介したいと思いつつ時期を逸してしまったニュースやインタビュー記事の中から、ワタクシ的に興味深かったものを抜粋してご紹介させて頂きますね。
まずは、映画『ホビットの冒険』とその続編について、MTVが一般から募集したアンケート(&記者たちの質問)に対して、ギレルモ監督が答えたインタビューから。



Q1(MTV News)「昨年私は、ヴィゴ・モーテンセン、ケイト・ブランシェット、イライジャ・ウッド、ショーン・アスティン、それにオーランド・ブルームと話す機会がありました。その彼ら全員が『ホビットの冒険』とその続編に再び出演したいと言っていましたが、電話の前で(出演依頼コールを)待つべきなのは誰でしょうか?」
GDT「皆がそう言ってたって!?僕は彼らのすっごい(f---ing(^^; )ファンなんだよ!
既存の原作の所々に登場する彼らの演じたキャラクターは、『ホビットの冒険』ではすごく重要な役という訳ではないけれど、彼らの出演を望む声は信じられない程高まっているんだ。彼らが登場する貴重な機会があるのは2番目の映画(続編)のほうだろうね。
僕はこの作品が、心底入れ込むことが出来る創作の機会だと思って、とっても楽しみにしているんだよ」

Q2「私たちはいつ2番目の映画(続編)のタイトルを知ることが出来るのでしょう?」
GDT「映画の作業が始まったばかりだってことは、知っているよね。
僕たちはストーリーとシナリオについての大きな会議を行って、草案と読み合わせが完了したら、公式にそれらに取りかかるつもりなんだよ。
僕は2番目の映画のタイトルは非常にデリケートなものになると思っている。だから、今の段階で言えるのは、それが『ホビット2』にはならないってことだね。だってそれじゃ『エレクトリック・ブーガルー』みたいな響きじゃないか(笑)」(*←[Laughs]とわざわざ書いてあるのですが、ブーガルーを知らない自分には、監督のジョークがよく解かりません/(^_^; )

Q3(MTV News)「あなたは繰り返しイアン・ホルムを再び出演させたい意向を表明していますが、諸々の状況から判断して、彼が(ビルボ役の)全ての演技をこなすのは有り得ないことのように思えます。ナレーターとして、あるいは他の何かしらの工夫でもって用いる計画なのでしょうか? 例えば、若いホビットたちに『行きて帰りし物語』を読んで聞かせるといったような・・・」
GDT「イアン・ホルムは有能で、自発的で、健全な性分から、僕は何を置いても彼を起用したいと願っているんだ。
多くの人々は2つの映画を背中合わせで作ることに伴う回避出来ない努力を考慮していないんじゃないだろうか。僕はイアン・ホルムを映画に登場させる沢山の可能性があると思っているし、彼が参加出来るよう慎重にやっているよ。
ナレーションは、受け入れられる手段の一つだね。だけど、彼は既に(LotR3部作で)美しくて忘れ難いキャラクターを作りあげたんだ。だから僕たちは、それに敬意を払うべきだ。より若い年代や他の部分のためにキャストを変更する必要があるならば、それは決定に深く影響してくるだろう。結局のところ、答えは人間的&物理的な範疇で可能な限り、出来るだけ彼を出演させたいってことだね」

Q4(MTV News)「ピーター・ジャクソン監督が、あなたに与えた最高のアドバイスはどんなことですか?」
GDT「『体重を減らせ!』だよ。そんなに太っていたら長生きできないからってね」

Q5「トールキンは深い信仰を持っていましたが、『ホビットの冒険』を撮る上で、神学的、または精神的なテーマは探求されますか?」
GDT「僕は『ホビットの冒険』は、人間の特質を非常に象徴的に表したキャラクターが登場する物語だと信じているんだ。
高慢や貪欲はドラゴンのスマウグにおいて容易く見出せるし、謙虚で健全な道徳観をもったビルボは、トールキンが考えていた平均的な英国小市民の性格をよく表している。ドワーフとエルフはまたそれぞれ別の特性を代表しているよね。
これら全てのように、価値あるおとぎ話やファンタジーにおいて、登場人物たちは精神的、倫理的、または教訓的である世界の考察に適合するんだ。僕はこの道徳的で精神的な話が、映画において大きな役割を果たすと思っているんだよ」
[デル・トロ監督インタビュー~MTVアンケート編~]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。