スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューライン・シネマ、40年の歴史に幕!!

2008年02月29日 20:18

『ロード・オブ・ザ・リング』3部作をこの世に送り出し、米インディー・スタジオのトップの一つとして多彩な活躍をしてきたニュー・ライン・シネマが突如、その40年に及ぶ歴史に幕を閉じることになりました!
親会社であるタイム・ワーナーが2月28日、ニューラインのワーナーブラザーズへの吸収を発表したのです!!(ソースはVarietyから)

ニューライン・シネマは(『ロード・・・』三部作のファンには)お馴染みボブ・シェイとマイケル・リンによって,1967年に設立されました。
1994年にテッド・ターナー率いるターナー・ブロードキャスティング・システムに買収され、1996年にはタイム・ワーナー社の傘下となりましたが、運営は独立した形で行われていたのです。
今後同社の作品は全てワーナーの配給となり、独自に開発やマーケティングなども行ってはいくそうですが、その規模は非常に縮小され、主にホラーやコメディなどのジャンルに限られることになったとか。

ワーナーへの吸収にあたり、重役のToby Emmerich氏とマーケティング部門のトップ、 Rolf Mittweg氏は留任。しかし、創立者のシェイとリンはかねてからの噂通りニューラインを去ることになりましたが、両氏はこの件についてはノーコメントです。

タイム・ワーナーのCE0兼社長のジェフ・ビューカス氏は、「合併は“レーベルモデル構築”の動きであり、ニューラインは独自の声を持つがこれまでよりは小規模になり、中心的な運営はワーナー・ブラザースによって行われる」と発表。加えて、「国際的な歳入の重要性が高まっているため、ニューライン作品の海外配給権を保持して、ワーナーブラザースのグローバルな配給基盤を利用するべきだ」と話しております。
これは、『ライラの冒険〜黄金の羅針盤』の海外での興行収益の合計が2億6000万ドルを越えたのに対し、国内での最終的な興行成績は7000万ドルしかなかったことを意識しての発言と思われます。

さて、我々が気になるのは勿論『ホビットの冒険』映画化への影響ですが、同誌はまた、
「ギレルモ・デル・トロが監督すると言われている『ホビット』は、シェイとリンの放逐には影響されないだろう。ピーター・ジャクソン監督が『ラブリー・ボーン』を撮り終えるまでスクリプトは書かれないだろが、2011年と2012年のクリスマス公開には準備が出来ているということだ。
ワーナーブラザーズの『ハリー・ポッター』シリーズは、それまでに完結している。ワーナーは世界規模で熱心なファンを持つもう一つのファンタジー作品を歓迎するだろう」としています。

そして、同じく28日のCNBCの記事では、タイム・ワーナー社のビューカス社長の次のような発言を伝えております。

「ニューラインは、最先端のエンターテインメントの強力なフランチャイズを確立した。『ビー・カインド・リワインド』(コレ、すっごく楽しみ♪)、『ラッシュアワー』、そして近々公開予定の2本の『ホビットの冒険』などだ。ワーナーブラザーズとのコンビで、これらの作品の価値をより強力なものに出来るんだ」

という訳で、“合併即制作中止”という事態にはならないようでまずは一安心?ですが、LotR三部作の制作総指揮を勤めたボブ・シェイとマイケル・リンの不在には、一抹の寂しさと不安を感じてしまいますね。
はあ〜、それにしても、クランクインもされないうちからこんなトラブル続きとは。
「ひとつの指輪」の呪いでしょうか^^; 早く本編のネタばれ記事が書きたいものです。
スポンサーサイト

またまた『ロード・・・』訴訟で、どうなる『ホビット』!?

2008年02月12日 21:18

映画『ロード・オブ・ザ・リング』の収益を巡る訴訟で、ニューラインシネマとピーター・ジャクソン監督の間に和解が成立し、『ホビットの冒険』の映画化も本格始動!と喜んだのもつかの間、今度はトールキン教授の遺産を管理しているイギリスの慈善団体トールキン・トラストと著作権管理のトールキン・エステート、それに教授の著作の出版社であるお馴染みハーパー・コリンズ社が、ニューラインを相手取り、LotR三部作の収益分配を巡る訴訟を、2月11日、ロサンゼルス上級裁判所に起こしたとAP通信が伝えております(記事ソースはSFGate.comから)。

それによりますと、原告側は三部作の総収益金の7.5%を受け取る契約になっていたとのこと。その補償損害賠償額1億5千万ドル以上と不特定の懲罰的損害賠償、そして一番問題なのは、『ホビット』を含む教授の著作に対するニューラインとの契約無効の裁判所命令をも求めているってことです!ああ、やんぬるかな!!

原告側の弁護士、スティーブン・マイアーは、
「ニューラインは、映画の成功よって生じた何億もドルもの歳入(ざっと60億ドルと言われております)にもかかわらず、原作者の遺産管理者に契約した割当分を1ペニーさえ支払わなかった」とその声名において言っております。

裁判の展開によっては、ニューラインシネマによる『ホビットの冒険』の制作は中止になるかもしれません。同社の今後の対応が気になるところですが、ニューラインの広報担当者である、タイムワーナー社のRobert Pini氏は、今のところコメントを拒否している模様です。映画化の行方が心底心配でありますっ!

「ゴラムは既に自分の一部」とサーキスさん語る

2008年02月02日 21:52

監督とともに、ファンが最も気になるのはキャスト情報ですが、Empire(online版)に、LotR3部作でゴラムを演じたアンディ・サーキスのインタビュー記事が載っております。

ちなみに彼は、ドリームワークス制作の3Dアニメ『タンタンの冒険旅行』で、ピーター・ジャクソン監督のもと、タンタンの親友のハドック船長を(パフォーマンス・キャプチャーで)演じるのです。
テストのために訪れたニュージーランドの特撮スタジオで、『アバター』撮影中のジェームス・キャメロン監督、スピルバーグ監督にPJという、そうそうたる顔ぶれが一つ部屋にいた!というので、大興奮の彼が微笑ましかったりしてv

最後に、『ホビットの冒険』でゴラムを再び演じる可能性について訊かれたサーキスは、

「シナリオもまだ書かれていない段階で、出番があるかどうかも分からないけど、再びゴラム役を演じる機会があってそれをしないでいるのは難しいね。彼(ゴラム)は既に僕の一部なんだ。良くも悪くも、永久に僕の中に棲み続けているんだ!」

と答えております。
ええそりゃもう、LotR三部作を観た世界中の誰もが、ゴラム役に貴殿以外を望まないでしょう。PJの信望も極めて厚いようですし、ガンダルフ役のサー・イアン・マッケランと共に、ほぼ出演確定と言ってしまっていいんじゃないでしょうか!?


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。