スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(後編)

2013年07月30日 23:50

■7月26日 2:00pm -------------------------------------------

大リチャード、中リチャード、そして小リチャード。

午後2時。Fステージで最初のショットが完了して、ちょうど昼休みとなった。気が重くなる数字だ。セットアップ(*カメラや照明の位置交換)はおそらくあと7回か8回あるだろう。サブユニットはKステージへ移動して、昼食後に撮影開始だ。

彼らが昼食に出発した直前に、ぼくはそれぞれ異なるトーリンにポーズをとってくれるように頼んだ。1人はリチャード・アーミティッジで、他の2人はそうじゃない。推理してみてくれ…真ん中の1人はちょっとサイコだね。

将来、皆同じ背丈で映画を作ることを心待ちにしているよ。

今もプレッシャーは続いている。猛烈な早さで進まなくちゃいけない!

■7月26日 4:30pm -------------------------------------------

クリスチャン・リヴァーズ。

現在アンディ・サーキスは“猿”であることに忙しい(*5)ので、アクション・ユニット監督の責務は、クリスチャンが肩代わりすることになった。

1986年にぼくの最初の映画『バッド・テイスト』を仕上げたあと、初めてのファンレターを貰ったんだ。13才の男子生徒で、ドラゴンと魔法使いの絵を送ってくれたんだよ。本当にそれがぼくの最初のファンレターだったから、すぐに返事を書いたものさ。

『ブレインデッド』を作る頃には、この男子生徒は2年歳をとっていて、ぼくのストーリーボード・アーティストとして仲間に加わった。彼はぼくがその後制作した実質全てのストーリーボードを担当し続けて、『キング・コング』ではアニメーション監督となってオスカーを獲得したんだ。彼は現在サブ・ユニットを監督していて、彼自身のプロジェクトを制作しているんだ。

言うまでもなく、これがクリスチャンだ。ファンレターの成果が上がることを証明しよう!次から次へひっきりなしに…と言いたいが、それはしないよ。

クリスチャンは今、ドワーリンとKステージのリアルセットで戦闘シーンの撮影を続けている。彼はぼくたち(メインユニット)と殆ど同じ数のショットを撮って、今日で終わるようにしてくれた。

ぼくたちは第3部のための、トーリンのエキサイティングでショッキングな決闘シーンの撮影について競っている。全ての撮影をトーリンの物語で完了とするんだ。最終カットに相応しいと思うね。
これは明らかに、映画自体の本当に最後の場面じゃない。その場面については、実はおよそ2年前に既に撮影済みなんだ。だけど、夜遅くの作業に活力を与える素晴らしくエモーショナルな材料じゃないか。それはぼくたちの気分を最後まで張り詰めさせておくだろう。

午後4時半、今日はまだこれからだ。

【注5】ゴラム役で、『ホビット』のセカンド・ユニットの監督でもあるアンディ・サーキスは現在、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』の続編である『Dawn of the Planet of the Apes』の撮影真最中で、『ホビット』の追加撮影には参加しませんでした。先日開催されたサンディエゴ・コミコンにて、『Dawn of the…』の初スチルがお目見えしていましたね。

■7月26日 7:30pm -------------------------------------------

さようなら、ドワーリン!
非常に素晴らしいグレアム・マクタビッシュは、彼の最後のショットを名誉をもって競ってくれた。

メインユニットとサブユニットは接戦だよ。どちらも残すところ4ショット。あと3時間位かかりそうだ。最初に終わってビールを全部飲むのはどちらのユニットかな?

午後7時30分…ボクシングは進行中だ…。
 

■7月26日 8:15pm -------------------------------------------

  セクシーな映画監督と、まだそれ程セクシーじゃないドワーフ2人。

エイダン(・ターナー)とディーン(・オゴーマン)は、今日最初の出番を獲得した。彼らはランチタイムからずっと根気よく待っていたんだ。サブユニットはあと3ショットだ。

午後8時15分、ラストまで3ショットのメインユニットと並んだよ。

■7月26日 9:00pm(*6) -------------------------------------------

テント。

あと2ショット…多分もう1時間はかかるだろう。
これはもはや家だね。テントはぼくがこの2年半で、他のどこよりも沢山の時間を過ごしてきた場所だから。
ぼくはここを、スクリプターのヴィクトリア(・サリヴァン)と編集のジャベス(・オルセン)、ぼくのアシスタントのセブ(セバスチャン・ミーク)、それにプロデューサーのキャロ(キャロリン・カニンガム)と共有しているんだ。

ヴィクトリアはぼくたちが撮ったもの全てを厳重に見張って、大量のノートをとっている。だから、撮影したどんなカットも、ぼくのコメントも、この先何年経っても簡単にアクセスすることが出来るんだ。更に、彼女は愚かな間違いをうっかり見落とすことがないんだよ。

撮影している期間中にも、ジャベスとぼくは前に撮ったシーンを編集しようと努めている。日中考えなくてはならないことがとても沢山あるとき、それはとても難しいと気付く。それでもぼくたちはそれを試みて、お気に入りのテイクを選んでおくから、編集室で有利なスタートを切ることが出来るんだ。

ぼくが手を差し出せばいつでも、カップ一杯のホットティーをそっと手渡す技能にセブは熟練した。見事に調整された第六感だ。セットで、会議で、山腹で、それに朝3時の寝室だって、いつもお茶が出てくるんだ。

キャロは、全てが時間通りに動くように努め、全ての事態に関して、ぼくが真っ先に頼りにする人間なんだ。とても大きな支えだよ。彼女とは『乙女の祈り』から一緒に働いている。キャロとヴィクトリアはオーストラリア人だ。それはともかく、彼らは殆ど完璧だね。

ぼくの大きな椅子には逸話がある。ぼくはいつも、木とキャンバス生地で出来た小さな“ディレクターズ・チェア”に座っていたんだ。
2000年12月、『ロード・オブ・ザ・リング』撮影中の、まさに最後の週になってハリー・ノールズが訪ねてきたんだ。小さな椅子におさまるには、彼はちょっとばかり規格外だったので、クルーの一人がハリーのために古道具屋で安っぽい古ぼけたアームチェアを買ってきたんだ。

彼が帰って、撮影も終わった後にその椅子を試してみたらとても快適だった。次の作品のとき、キャロはそれを修復して、ぼくにプレゼントしてくれたんだ。それ以来ずっとこの椅子を使っているんだよ。酷い服と絶え間なく出される緑茶の他に、これも幸運のお守りみたいなものだね。

優れたユニットチームのおかげで、テントはいつも設置されていて、毎朝ぼくを待っている。その内側はいつも同じように見えるけれど、ドアからの眺めは日々変わっていくんだ。ぼくは驚くべきセット…川岸、照りつける太陽、土砂降りの雨、山、暗いトンネル、そしてホビット村を眺めたよ。ヴィクトリアとぼくは撮影が開始されたときから、ドアからの眺めの写真を撮るべきだといつも言っていたんだ。それは2日として同じことはなかった…ちょっと混乱したね。次回は多分実行するよ。

今、本当に疲れてきているよ。

【注6】この投稿だけ時間の記載がないので、投稿時間からおよその時刻を割り出しています。


[PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト

PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(前編)

2013年07月28日 10:49

7月26日、5月下旬から始まった『ホビット』の10週間に及んだ追加撮影は無事終了の運びとなりました。
この慌ただしい最終日を、ピーター・ジャクソン監督は、早朝目覚めてまだ床にあるうちから、スタジオでの打ち上げを終えて深夜に帰宅するまで、facebookを通じてリアルタイムでレポートしてくれました。

残された時間で、映画に必要な全てを撮り終えることが出来るかどうか、プレッシャーで眠れなかった夜の話から、最終ショットを終えた感動の叫びまで、まるでその場にいるように、監督やクルー、そしてキャストたちの思いを共有出来る時代がくるとは、LotR3部作の頃には思いもしませんでしたね。

若干長いですが、この日ジャクソン監督が発信したレポートを順番にまとめてみました。リアルタイムで読むことが適わなかった皆さまも、最終日の様子を追体験して頂けたら幸いです(意訳・誤訳はご寛恕の程)。


■7月26日 6:30am -------------------------------------------

撮影の最終日。

ブログを始めて以来、一日を通して紹介するような試みを何かやってみたいと思っていたんだ(勿論、残り19の質問に答える義務があるのは忘れていないよ!(*1))ぼくたちが通常どんなふうに行動しているかを全て感じてもらうための、撮影日をリアルタイムで紹介するブログだ。

撮影の最終日であることを想定すれば、今日は必ずしも“通常の”日ではないのだけれど、今日やらなければ、もう決してやる機会はないだろうからね!

それじゃあ、始めようか。日中は出来るだけ沢山更新するつもりだよ。少なくとも写真は即行でね。文章はどのくらい忙しくなるかによるけれど。

現在、ここウエリントンは朝の6時30分。ぼくはベッドにいて、起きようとしているところだ!どうしたら必要な全てのショットを撮り終えられるだろうかと、撮影についてすごくストレスを感じていたので、あまり眠れなかったんだ。心の中でリハーサルし続けていたんだよ。

今日は第3部の場面を撮影する。君たちが2014年12月に目にする筈のものだが、正直に見せようと思っているよ。だけど、ネタばれはなしだ。

ぼくは撮影テントの暗闇の中に横たわって、何度も何度も戦いのリハーサルを見た。
スタンド・コーディネーターのグレン ・ボスウェルは、この週末に俳優たちと働いたんだ。そして、エキサイティングでショッキングな瞬間のアクションをいくつかデザインしたんだよ。彼がそのとき撮影したのを、iPadの“ウィングナットTV”と呼んでいるアプリケーションの中に入れてもっているんだ。
それは膨大な素材を使用したカタログをインターネットで使用し、毎日の更新を可能にするプログラムだ。そこには編集前の下見用フィルム、編集されたフィルム、プレビズ(*実際に映画を制作する前に、予想される結果をCG等を使って視覚化された映像)、音楽の全てと、更にもっと沢山のものが含まれている。ぼくは戦いの映像を見て、今日撮影するアングルを考えるんだ。やらなくてはならないことが山のようにある。

撮影は午前8時30分に始まって、午後7時30分に終了する予定だけれど、きっと遅くまでかかると思うね。長い一日を働くときはいつも、クルーの気持ちを和らげようと、「ジム(ジェームズ)・キャメロンが『アバター2』と『アバター3』を撮るときのために」って冗談を言うんだが…う〜ん、それは本当にジョークにならないね。

とにかく今日は、ちょくちょく更新していこうと思う。

【注1】PJは『ホビット』に関する20の質問に答えるとして、2011年5月3にfacebookを通してファンの質問を公募しましたが、最初の第1問を同年5月30日に回答したきり更新を中断しています。ご多忙だったのでしょう…。

■7月26日 7:00am -------------------------------------------

  ウエリントンの夜明け---寝室からの眺め。ちょうど午前7時をまわったところ。
着ているものを放り投げて、仕事に行くことを考える。
ぼくには、撮影するときには毎日殆ど同じような服を着るという奇妙な迷信めいた習慣がある。
去年コミコンに行った際に2着のシャツを買った。白いのを1着と、青いのを1着。

今日は白の日の気分。

■7月26日 8:20am -------------------------------------------

午前8時20分。家を出る。
ミスター・スマッジは、ぼくに行ってらっしゃいを言うために階段で待っている。彼は毎日そうする。
そして夜はぼくを出迎えようと、いつもドアの側で待っている。
 

■7月26日 8:20am
(*2) -------------------------------------------

スタジオに到着。

午前8時20分。一日の中で、この時間は好きじゃない。車でスタジオまでいくとき、いつもは緊張しているんだが、今日はまるで威圧されるような感じがするね。
100人の人間が、最初のショットは何か、ぼくがどんなレンズを使いたがっているか、それから、このシーンが終わるまでにどれだけカメラ位置の変更(set-ups)が必要になるかを知ろうと、ぼくを見ようとするんだ。
計画がある時もあれば、時には即興でやることもある。それは俳優とのリハーサルを助けて、アイデアが(うまくいけば良いものが)動き始める。

場が和やかになって撮影が始まれば、それはいつでも、より良いものとなるんだ。

良い知らせがあるとしたら、スタジオが家から5分で、信号もラッシュアワーもないってことだね。


【注2】家を出る前も午前8時20分となっていますが、PJが投稿した記事のままにしています。

[PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(前編)]の続きを読む

ジャクソン監督、『ホビット』初スチールについて語る~EW誌のインタビューから

2011年06月27日 23:37

昨日の記事で、EW.comで公開された『ホビットの冒険』の公式スチールを紹介させて頂きましたが、マーティン・フリーマンのファンサイトにて早速、Entertainment Weekly誌の今週号(#1161)に掲載された件の記事のスキャン画像がUPされましたので、ピーター・ジャクソン監督による写真の解説と、EWが行ったインタビューとを改めてお伝え致しますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

《ピーター・ジャクソン監督による写真の解説》

■我らがヒーロー、ビルボ(マーティン・フリーマン)に、思いもよらない知り合いが出来ます。
 「これは、ドワーフたちがビルボの家に招かれもしないのにやってきた場面だよ。ビルボは彼らを追い返したいと思うんだが、それにも拘らずドワーフたちは全員彼の家に上がり込んでしまうんだ。それからガンダルフが到着して、ビルボは自分が、ドラゴンから財産を取り戻すというドワーフたちの冒険に要請されていることを知るんだね。
ビルボはなんと、ドワーフたちが書き上げた契約書にサインするはめになるんだが、その細則は実際とはまるっきり違っていたのさ」


■ピーター・ジャクソンは、初めての3-D映画を、彼のビルボと打ち合わせます。
 「3D映画を撮ることについてのぼくの哲学は、2Dでやってきたのと全く同じように撮ることなんだ。 ジェームズ・キャメロンのアドバイスはとても役にたったよ。彼はぼくたちが使ったのと同じスタジオで『アバター』を撮影したから、その時クルーだった技術者たちの力を借りることが出来たんだ。その上彼らの多くは、偶然にも『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のときからのベテランだったのさ。だからすごく順風満帆だったよ」

■イアン・マッケランは、ガンダルフとして復帰します。
 「『ロード・オブ・ザ・リング』のとき、ぼくがイアンを見ると、ガンダルフと呼ばれる役の衣装を着けたイアン・マッケランが見えた。だけど10年の間に、彼が作り上げた姿--その鬚や髪、声、衣装--は、偶像となったんだ。
それで奇妙なことに、『ホビットの冒険』のセットでイアンと話しているとき、一旦クルーのほうに目をそらして再び振り返ってみると、そこに見えるのはイアン・マッケランじゃなくて、ぼくの隣にいるガンダルフなんだよ」


《ピーター・ジャクソン監督インタビュー》


EW 「LotR3部作では身体的に大きな代償を負ったことと思います。あなたは今回の(『ホビットの冒険』という)耐久競争に体調を合わせていますか?」

PJ 「こういった撮影に、自分のペースを合わせるなんてことは出来ないよ。
殆どの通常の映画は、50日から80日の間で撮影するんだ。でも、LotR3部作には266日を費やした。ぼくは思ったよ、“やれやれ、二度とこんな耐久競争を耐え抜く必要はないんだ”ってね。
だけど『ホビットの冒険』のスケジュールに直面して、254日間で撮らなくちゃならないのが分かったとき、おそろしく胃が落ち込んだような感覚を覚えたよ。たとえ2本分だとしても、LotR3部作のときより12日間も日数が短いのだからね。それを見たときぼくは何と言うか、床から起き上がって話を続けなくちゃならないような感じだったよ(笑)
疲労困憊のていで辿り着いたとしよう。それでいいんだ。映画はまた進み続ける力をくれるだろう。それが『ホビットの冒険』がくれた一つのサプライズだと言いたいね。ぼくは本当に、こんなに沢山の楽しみが待ち受けているなんて見通せなかったんだ。
イアン同様、ぼくたちは3部作のときと同じ多くの俳優たちと一緒に働いているんだよ。ケイト・ブランシェット、ヒューゴ・ウィーヴィング、それにアンディ・サーキスも戻ってきてくれた。だからまるで同窓会のようだよ。その上新人たちもいるんだからね」


EW 「あなたのドワーフたちは如何ですか?」

PJ 「素晴らしいよ。まったくもってクレイジーなアンサンブルさ」

EW 「ビルボを演じるマーティン・フリーマンは、『ロード・オブ・ザ・リング』で年老いたビルボを演じたイアン・ホルムの演技を念入りに研究したものと確信しています。彼らがうまく調和するために、そのことはどのくらい重要になってきますか?」

PJ 「ぼくたちは物真似するのではなく、イアン・ホルムが演じたビルボと調和するようにしたいと思っているんだ」

EW 「写真を見ると、マーティンはホビットの耳が似合っていますね」

PJ 「彼は耳を装着して、とても見事な足も手に入れたんだ。これはぼくたちが今までに作った中で最大の足なんだ。少々歩き難いんだが、マーティンは何とかして完璧なホビットの足取りを見つけ出したよ」

EW 「写真のビルボの家、袋小路屋敷ですが、LotR3部作で使用したのと同じセットでしょうか?それとも新しく作り直したものですか?」

PJ 「ぼくたちは最初のセットを保存していたんだが、実際に人が住んで袋小路屋敷で眠ることが出来るように、この10年の間でゲストハウスに改築したんだよ。それは現在ぼくたちが所有している農場にあるから、スタジオに運んでくることは出来なかったんだ」

EW 「イアン・マッケランは、ガンダルフを再び演じてどんなでしたか?」

PJ 「彼は素晴らしい調子だよ。
ある意味『ホビットの冒険』でのイアンの役は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズより技術的に難しいんだ。14人もの小さな登場人物たちと一緒にいる場面があるからね。明らかにドワーフとホビットは彼より背が低いだろう?
ぼくたちが『ホビットの冒険』で最初に撮影したイアンの登場シーンのひとつは、袋小路屋敷で、彼らがこの探求の旅で何をしなくてはならないかを討論する、シナリオ7ページに及ぶ場面だったよ。
彼は一人でブルー・スクリーンのステージに座って演技しなくちゃいけなかったんだ。それが彼にとって信じられないくらい苛立たしくて、難しく感じているのがぼくには分かった。だから彼にこう言ったのを覚えてるよ(笑) “見てくれ!これは『ゴドーを待ちながら』でも『リア王』でもなくて『ホビットの冒険』なんだ。本物のね!”」

公式スチール初公開!マーティン・フリーマンのホビットぶりに注目!!

2011年06月26日 15:35

映画の撮影も第2ブロックの準備に突入したとの報告が、19日にピーター・ジャクソン監督からあったばかりですが、第1ブロック(ストーン・ストリート・スタジオでのセット撮影分)の成果を早く目にしたくてうずうずしていたのは管理人だけではない筈。
そんなファンへのサービスか、ジャクソン監督は6月23日、EW.comを通じて3枚の映画スチールを、それぞれに対してのコメントと共に発表しました。『ホビットの冒険』公式初スチールとなります。必見です…!!(それぞれの写真は下のタイトルからどうぞ)

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

トールキン原作の『ホビット』の映画化におけるピーター・ジャクソン監督の仕事、その完全な成果を目にするには、2012年12月14日まで待たなくてはなりません。
そこで、映画を待ちきれないわたしたちがそれまで凌げるように、ジャクソンは『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の前日譚から最初のスチールを公開し、このファンタジー叙事詩がどのようにしてここまで作上げられてきたのかをEW(Entertainment Weekly)に語りました。

マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ)
「彼は耳を装着して、とても見事な足も手に入れたんだ。これはぼくたちが今までに作った中で最大の足だ。少々歩き難いんだが、マーティンは何とかして完璧なホビットの足取りを見つけ出したよ」

イアン・マッケラン(ガンダルフ)
「彼は素晴らしい調子だよ。 ある意味『ホビットの冒険』でのマッケランの役は、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズより技術的に難しいんだ。14人もの小さな登場人物たちと一緒にいる場面があるからね。明らかにドワーフとホビットは彼より背が低いだろう?
ぼくは彼にこう言ったのを覚えてるよ(笑) “見てくれ!これは『ゴドーを待ちながら』でも『リア王』でもなくて『ホビットの冒険』なんだ。本物のね!”」


マーティン・フリーマンと一緒のピーター・ジャクソン
「こういった撮影に、自分のペースを合わせるなんてことは出来ないんだ。
『ホビットの冒険』のスケジュールに直面して、254日間で撮らなくちゃならないのが分かったとき、ぼくはおそろしく胃が落ち込んだような感覚を覚えたよ。たとえ2本分だとしても、LotR3部作のときより12日間日数が短いんだからね。それを見たとき、ぼくは何と言うか、床から起き上がって話を続けなくちゃならない感じだったよ」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

写真、如何でしたでしょうか?
確かにマーティン・フリーマン扮するビルボの“ホビット足”は、3部作に登場したホビットたちより心持ち大きいような。しかしその分、小説の挿絵からそのまま抜け出てきたようで、「これぞ純然たるホビット」という印象を受けました。
勿論足ばかりではなく、全体のフォルムも雰囲気も、機知に富んだ表情もビルボそのもので、PJ、粘りに粘ってマーティンとの出演交渉勝ち取ってくれて、本当に有難う!と声を大にして言いたいワタクシです。
コメントでは何も触れられていませんが、隣室に控えているドワーフたちの圧倒的な存在感といったら…!一番手前の美形ドワーフ(!)は、リチャード・アーミテージ扮するトーリン・オーケンシールドでしょうか。ああ、もっと大きなスチールが見たい!
そして、「灰色のガンダルフ」が帰ってきましたね~!この魔法使いの帰還を目にして、待ちに待った中つ国の冒険物語が、本当に、そして着実に進行しているのを、しみじみと実感された方も多いのではないでしょうか?
もっと沢山のキャラクターのスチールを、願わくばムービーをと、待ちきれない思いを凌ぐどころか火に油を注いだ感もなきにしもあらずですが、3枚の写真を矯めつ眇めつ、穴の開くほど見返しながら、次の公開を待ちたいと思います^^


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。