スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最進ロケ地情報:アラティアティア・ラピッズ「森の川」になる!?

2011年02月14日 03:28


大きな地図で見る

現在、『ホビットの冒険』の制作会社Three Foot Sevenが撮影場所を公表しているのは、ウェリントンのストーンストリート・スタジオとワイカト地方マタマタのホビット村だけです。

2月13日付のNZ Heraldによりますと、ニュージーランド自然保護局は、『ホビット』の制作会社に対し、アラティアティア景観保護区での4日間の撮影を許可したとのことです。タウポのワイカト川フカ滝の上流、アラティアティア・ラピッズ(急流)でのロケーション撮影です。
制作会社は、アラティアティアが映画のどのシーンで使用されるのかはコメントしていませんが、おそらくエルフ王の岩屋からビルボとドワーフたちが樽で逃げ出した「森の川」になると思われます。

今回の政府の“譲歩”に対して、旅行代理店Destination Great Lake Taupoの総支配人スコット・ピアソン氏は、「『ロード・オブ・ザ・リング』3部作はニュージーランドにおける観光収益の“大きな遺産”を残してくれました。今回のロケは、アラティアティアでの体験全ての価値を高めてくれます。わたしたちは今まで以上に国際的な訪問客を迎えることになるでしょうね」と大歓迎しています。
フカ・ロッジのマーケティング・ディレクターであるジェーン・キングストン氏は、滝の周囲の景色は現実の世界を後ろに追いやり、イマジネーションの世界へ誘ってくれるようで、中つ国として完璧だと言っています。
「この映画は、再びニュージーランドの美しさに人々の注意を惹き付け、観光旅行とその収益とを増やしてくれることでしょう」

他にも、ピーター・ジャクソン監督は先月、山に囲まれたワナカ湖を調べるために、クイーンズタウンをヘリで訪問しています。こちらは「湖の町」エスガロスになるのではないかと言われています。
また、ロケハンスタッフは、タラナキルアペフ地区も訪問しています。こちらはいずれも、ドワーフ一行の旅の目的地「はなれ山」の候補地と思われています。

ルアペフ地区のトンガリロ国立公園にあるナウルホエ山は、LotR3部作で「滅びの山」として重要な役割を演じました。しかし、『ホビットの冒険』のクランクイン5週間前になって地元のマオリ族は、ジャクソン監督が再び北島中央の山々を使用するの拒否してきました。部族はこの場所を神聖な場所と考えているからです。
トンガリロ国立公園の山を使用する選択肢が失われた場合、タラナキ山や、南島の南アルプス山脈(サザンアルプス山脈)が代わりのロケ地となるかもしれないとのことです。


大きな地図で見る

話は少し変わりますが、現在夏の盛りにあるニュージーランドで、ホビット村の青々とした芝生や樹木を枯らさずに保つには相当量の水が必要です。
この問題を解決するために、ワイカト州議会の環境委員会は制作会社Three Foot Sevenに対し、マタマタに近いヒヌエラ峡谷の湖やその支流から、一日あたり890キロリットルの水をホビット村に引き入れることを許可しました。
この水は4ヘクタールのセットを灌漑するのに使用され、トールキン教授が愛したイギリスの田園風景の面影をもったホビット村に、瑞々しい外観を与え続けることになっています。

ニュージーランドのどの自治体も、『ホビット』のロケーションに多大な関心と期待とを示しています。
この映画が前シリーズ同様世界中で愛され、ロケーション場所の一つ一つが、中つ国の面影を求める全ての人々の心の故郷となると良いですね^^
スポンサーサイト

『ホビットの冒険』撮影開始日発表!!

2011年02月08日 06:49

昨年10月にスタジオから撮影のGOサインが出され、最初のキャスト発表があってから、今か今かと待たれてきたクランクイン(撮影開始日)の日付が、漸く発表となりました…!

2月7日ウェリントンにて、『ホビットの冒険』の制作会社であるThree Foot Sevenは、映画の最初の主要場面の撮影開始日を2011年3月21日(月)と発表しました。
撮影はウェリントンのミラマーにあるストーン・ストリート・スタジオ及び、ニュージーランド各地のロケーション現場で行われることになっています。

この日にちは、出演者のスケジュールやニュージーランドの気候条件、そして勿論、2月3日に退院したばかりのサー・ピーター・ジャクソン監督の体調の回復を考慮して決定されたものです。
ジャクソン監督はクランクインの日付が発表されたことについて、
「若干の遅れにもかかわらず、わたしたちは完全に元の軌道に戻って、撮影が開始されることに非常に興奮しています」とコメントしました。 【Source: TORnstuff.co.nz

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

2007年12月の映画化発表からおよそ3年3ヵ月、様々な問題を乗り越えて、今度こそ本当にカメラが回りそうです。
先週末には、マタマタに建設されているホビット村のセット周辺を、映画撮影のため2月14日から5週間に渡って立ち入り禁止にする旨、マタマタ-ピアコ地区の町長(Mayor)より発表がありましたが、撮影スケジュールが明らかになった現在、おそらく1ヶ月程後ろ倒し、あるいは延長になるのではないかと思われます。【Source:stuff.co.nz(2月5日付)】


さて、1月にゴラム役のアンディ・サーキスと、フロド役のイライジャ・ウッド続投の発表があってから、キャスティングに関する噂は色々漏れ聞こえてはきますが、“出演確定”の最新ニュースに登場したのは、ヤギのジョーディーくん、20歳!【Source:Taranaki Daily News

ジョーディーは長く湾曲した角をもった(ただし片角)威風堂々たる雄ヤギですが、昨年ニュージーランド北島のニュープリマスで放牧されていたところを、心ない輩の悪戯によって二度もペンキをスプレーされてしまい、地元のニュースになっていました。
ジョーディーのことをフェイスブックで知った『ホビット』の動物スカウト氏は、彼を映画に出せないか飼い主であるフィールド夫人に電話で打診。出演の運びとなったそうです。

ジョーディーは人間の女性が好きで男性は嫌い(特に制服を着た男性…警官は大嫌いとか)。夫フィールド氏のトラックに頭突きをくらわしたこともあるそうで、彼のもう片方の角もゲートに何度も頭突きをした結果、何年も前に失われたとのこと。
「ジョーディーがどんなふうに振舞うか分からないけど、出演前に映画用のトレーニングを受けているよ。撮影が終わったら、きっと大きな顔をして帰ってくるだろうね」とフィールド氏。
フィールド氏は、映画のプレミア上映には3枚のチケットを買う予定だそうです。夫妻とそしてジョーディーの分です。ジョーディーくん、映画観られるかな?


また、少し古い記事になりますが、スタートレック『エンタープライズ』のマルコム・リード大尉役等で人気のイギリス人俳優ドミニク・キーティングが『ホビット』のオーディションを受けて結果待ちと、1月25日付のLots of interviews.comのインタビューの中で答えています。
彼によれば、複数の役のオーディションを受けたとのことですが、最近更新されたIMDb(例によって^^;)の『ホビットの冒険』 part1のキャスト欄によりますと、闇の森の王スランドゥイルの酒蔵の管理人ガリオンとか。
同ページでは、昨年10月に出演の噂があったブライアン・ブレッスドをドワーフのダイン2世役としていますが、いずれもソースは明らかでありません。
撮影開始日が明らかになった今、残るキャストの公式発表が待ち遠しいこの頃です。

ホビット村大規模工事中!ロケ後は恒久保存へ

2010年11月07日 22:56

予定通りニュージーランドで撮影することで『ホビット』ロケ地変更問題にも決着が付き、これから夏を迎える「ホビット村」ことマタマタでは、来年2月のクランクインに間に合わせようと、急ピッチで建設工事が進められています。
『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の撮影の時よりずっと大規模な工事が行われているマタマタ現地の声を、Waikato Timesが伝えております。3Newsのヘリが撮ったムービーと合わせてご覧下さい。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

新しいホビット村の映画セットは、撮影班が去った後も中つ国に存在する村として、マタマタの景色の中で永遠に生きることになるでしょう。

マタマタ・ポスト&レイルズのオーナーであるブレット・ホッジ氏は、サー・ピーター・ジャクソンの制作会社Three Foot Six(*)が今年2月に『ホビットの冒険』2部作のための工事を始めて以来、木材を供給してきました。
「前回『ロード・オブ・ザ・リング』で彼らがしたことは、一時的な撮影用のセットを作ることでしたが、現在建設されているのは恒久的なセットなのです」とLotR3部作でも木材を調達したホッジ氏は言いました。ホビットの家々は恒久的建築物として、建築基準に適うように建造されているのです。
「撮影が一旦終了すれば、セットはこの先ずっと観光名所として残るでしょう」

恒久的なセットは、海外からの熱心な『ロード・オブ・ザ・リング』ファンを再び惹き寄せるだけでなく、新たな訪問客も獲得すると保証されます。『旅の仲間』でビルボが姿を消した誕生祝いの木の周囲では、常時祝宴が行われることになるでしょう。
『ホビットの冒険』でドワーフのトーリン・オーケンシールドが冒険に出かける朝にビルボを待った「緑竜館」は、本物の萱で屋根を葺かれ、LotR3部作では石によく似た外見のポリスチレンブロックで作られていた水辺橋も、本物の石で再建されています。

生まれも育ちもマタマタのホッジ氏は、組合騒動が映画のロケ地を海外へ押しやりそうにみえたその後に、ジョン・キー首相が『ホビット』をニュージーランドで保持するために、ワーナー・ブラザーズとの取引きを仲介したことを大変喜んでいます。ホッジ氏は、それは自分たちにとってもマタマタの地域にとっても非常に正しいことであり、手放しでその政策を歓迎すると言いました。
「現在の景気状況では、誰だって1ドル1ドルを手にするために必死なんです。これは願ってもないことです。マタマタのロバート・ハリス・カフェに投資する頃合かもしれませんね」

学校長であり、2001年以来『ロード・オブ・ザ・リング』ツアーに尽力してきたヴィク・ジェームズ氏は、政府が全てのニュージーランド人にとって素晴らしい取引きを思いついてくれたと考えています。
北島と南島両方の『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影場所を訪問する彼のツアー客は、『ホビットの冒険』の確実な映画化のニュースがない間、1ヵ月につきおよそ半ダースの人数まで減りました。また、不況によるスタジオの財政難や監督の交代劇などで映画が遅れたため、2011年に予定されていた『ホビット』のプレミア上映に出席したがっていた多くのファンは、ツアーを延期してきました。
「しかし今では、2012年12月の公開に合わせて、100人以上がわたしたちのツアーを待っているのですよ」とジェームズ氏は言いました。

そして、トールキンファンサイトのThe One Ring.netの掲示板には、海外のファンの一人がこんなメッセージを寄せていました。
「春の休暇をどこで過ごすか決めたよ!ぼくはトールキン教授と同じイギリス人だけど、『ホビットの冒険』がニュージーランドで撮影されるのでなかれば、こんなに嬉しく思わなかっただろうね!」


【管理人注】*Three Foot Six → サー・ピーター・ジャクソンの制作会社Three Foot Sevenの前身。『ホビットの冒険』の制作は後者になりますので、ホッジ氏の言い間違いと思われます。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

記事は先月末のものになりますが、キャスト発表の続報や、制作における長年の懸念事項であったMGM問題の解決等のニュースが重なりましたので、後回しにさせて頂きました。
マタマタのホビット村、以前より漏れ出ていた写真で見る工事の様子が、随分大規模で以前よりホビット穴が大きい(一緒に写っている人間や羊と比較してw)と常々感じていたのですが、撮影後も恒久保存するプロジェクトだったとは驚きました。建築基準に適う建物ということは、撮影後は一大テーマパークとして、緑竜館は実際にパブ経営を、袋小路屋敷などは内部も作りこまれて入場可能となるのでしょうか?
詳細はまだ分かりませんが、いずれにしても以前に増して国内外からの観光客を呼び寄せること間違いなしですね。これはニュージーランド以外でロケをされたら、現地の人々にとっては大変なことになっていたでしょう。
3部作との整合性という点だけでなく、色んな意味でニュージーランドにロケ地が落ち着いて本当に良かったですね。

『ホビットの冒険』今週の動き 【2010年10月3日~9日】

2010年10月10日 00:17

10月8日(金) *『ホビット』GOサイン間近の報道を受けて、サー・PJ自身がコメント。
「撮影開始の時期は未定。スタジオからの公式情報だけを信用して欲しい」 【Empire】
   *ニュージーランド労働組合評議会、『ホビット』制作側と俳優組合との論争における調停に失敗 【NZ Herald】
10月7日(木) *MGM、破産法申請に向けて最終準備。
社債権者に再編成案の賛否を問う投票用紙を送付中。社債権者の過半数から同意を得られ、破産法申請を無事完了すれば、スパイグラス・エンターテインメントのトップ2人への経営権移譲が実現 【AP】
10月6日(水) *カナダ俳優組合、「『ホビット』はカナダに来るべからず」声明。
「我々のメッセージは単純です。カナダへ逃げ込まず、NZの全ての俳優が組合契約を結べるようにして下さい」 【CBC】
10月5日(火) *フィリッパ・ボウエンが、前日ラジオNZにて「『ホビット』の撮影権利を巡って、オーストラリア、カナダ、スコットランド、アイルランド他の国々が既にスタジオから打診を受けている」と語ったことから、名指しされた国々による“獲らぬ狸の皮算用”的な記事多数 【Goldcoast.com(オーストラリア)】 【Montreal Gazette(カナダ)】 【Herald Scotland(スコットランド)】 【Irish Examiner(アイルランド)】
10月4日(月) *サー・ピーター・ジャクソン、『ホビット』の監督としての契約交渉を殆ど終了、監督としてのギャラ配分も決定との噂 【The Wrap.com】
   *『ホビット』ボイコット騒動にNZ政府介入
サー・ピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュ、首相官邸内での非公式会議で経済開発省大臣ゲイリー・ブラウンリーと対談。芸術文化省大臣のクリス・フィンレイソンも同席 【stuff.co.nz】
   *フィリッパ・ボウエン、ラジオ・ニュージーランドに出演。
『ホビット』ボイコット論争で、来年1月に決まっていたクランクインが遅れそうなこと、ワーナーがロケ地にNZ以外の国を検討していること等を挙げ、「NZの工業労働者の生計を危険に晒している」と組合側を非難 【Radio NZ】
   *『ホビット』撮影予定になっていたミニチュアスタジオ火災の現場検証結果発表される。
出火場所はワークショップエリアで、充電器やニッケルカドミウムバッテリーから出た火花が引火した可能性大。スタジオには熱探知器や煙探知器、それにスプリンクラーも設置されておらず、火災予防設備の不備が指摘されるものの、こういった装置は非現実的であるとウィングナット・フィルムのスポークスマンは反論。
「スタジオは常時高熱を発する照明と、撮影用のスモークも使用します。また高圧の電機や照明を使用しますから、スプリンクラーが発動すれば、スタッフを電気処刑にしかねません」 【3news】
10月3日(日) *俳優組合騒動は解決間近と報じたハリウッドの報道に対し、「まだ和解の糸口が掴めない」とニュージーランド労働組合評議会議長、ヘレン・ケリーの弁。
「俳優組合とSPADA(Screen Production and Development Association of NZ)、それにThree Foot Seven(『ホビット』の制作会社)との意味ある対談を望みます」 【NZPA】
   *サー・イアン・マッケラン、『ホビット』の出演契約書類待ち。
「MGMとワーナー・ブラザーズの調整次第だが、もうすぐだと聞いている」
ロンドンの『レ・ミゼラブル』25周年記念公演会場にて 【Showbiz411】
   *BBCのTVシリーズ「ジキル」等で知られるアイルランド人俳優ジェームズ・ネスビット、“『ホビット』の主要な役”を演じるために家族と共にニュージーランド移住予定の噂 【PEOPLE】

正しい応募先はこちら!?~エキストラ募集続報

2009年12月29日 23:24

12月14日の記事にて、『ホビットの冒険』の主要キャラクターを演じる俳優及びエキストラの募集要項がActing-auditionsに掲載されたというニュースをお伝えしましたが、「この募集記事はいささか怪しい!」として、かのThe Noldor Blogの管理人であり、ウェリントン在住のLotRツアーガイドであるジャック・Mさんが、応募先の正しい住所を自身のブログにUPしております!

ジャックさんによりますと、先の募集内容の大部分はニセモノであるとのこと。
その理由として、くだんのキャスト募集が掲載されたのは個人ブログであって、スタジオのオフィシャルサイトではないこと。そして、「主要な撮影は2011年5月~6月頃開始」としているが、クランクイン予定は2010年春であること等を挙げております。
また、通常プロの役者たちは、エージェントの承認なしに個人的にオーディションを申し込むことはなく、あまつさえ、主要キャストの応募書類送付先となっている住所(ウェリントン郊外)に存在する企業は、フィッシュ&チップスの店とパブのみなのだそうです(^^;
エキストラのキャスティングディレクターの住所こそ正しいものの、これも応募先としては正しいとは言えず、ジャックさんは自らのコネクションで『ホビットの冒険』に実際に携わっている制作会社Three Foot Seven Limitedから、エキストラ応募のための本物の書類送付先を聞き出し、掲載許可をもらったのだそうです。ちなみに、正しい応募先は下記の通りです。

Hobbit Extras Application
3 Foot 7 Limited
PO Box 15104
Miramar
Wellington 6243

ジャックさんは、エキストラへの応募に際しての親切なアドバイスも添えて下さっています。
それによりますと、ニュージーランドで働く許可があること、タックス・ナンバーがあることが必須条件です。ただし、ニュージーランドの法律(移民局の規則)で、就労はまず自国民が優先されるため、海外のファンで一時的に滞在中(滞在予定)の方は、あまり期待しないで下さいねとのことです。
そして、応募写真は一番良く撮れている中から、正面と横顔の顔写真と全身像(着衣でね!)を送付。受付は郵送のみとあります。応募書類到着後、改めて特技や洋服、靴のサイズなど関連事項を質問する書類が送られてくるので、返信先の住所の記入をお忘れなく!とのことです。
我々海外のファンにはちょっぴり厳しい選考ですが、ニュージーランド在住の方はとっておきの写真を添付して、チャンスを切り開くのもありかもです。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。