スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cor Blok インタビュー:後編

2010年03月27日 14:15

Tolkien Calendar 2011
Tolkien Calendar 2011 (2010/08/01) J. R. R. Tolkien 商品詳細を見る


前編からの続きになります 【Source:Tolkien Library:3/9付より】)

Tolkien Library(以下TL) 「それは全て50年前に起こったことですが、これらのイラストの場合、どのような影響が特に顕著だったかについて、思い出すことが出来ますか?」

Cor Blok (以下CB) 「一つには、“Barbarusia”は私に、“様式(Style)”とは実のところ、宛らゲームの一対のルールの如く、ムーブマンを規制すると同時に、許される限りの最大限をも要求するものだということを気付かせてくれました。また、出来る限り最も巧妙な手法もです。
同様に様式は、アーティストの個性、または集団的無意識から自然に育ってくる何ものかである必要がないために、ある特定の場面においてさえ、“様式”に仕えるために、この一対のルールを意識的に採用することが出来るのです。

アカデミーでの研究の間に、私は豊富な種類の絵画的な“言語”---特に古代中東から中国、コロンブスによるアメリカ大陸発見以前のアメリカにおける、所謂“原始美術”にとても興味を持つようになりました。
このことはBarbarusiaの芸術を創造するのに、一つの興奮剤となりました。私にとって特に興味を惹かれたのは、精巧で視覚的に魅惑的な象徴性をもった古代ミシュテカアステカ族の年代記でした。
これらの経験から、コミュニケーションの手段としての視覚映像が私の生涯の仕事へと発展していきました。
1963年から1965年まで、私は市立美術館の教育部門に属するスタッフの一員として働きました。1965年の春に開催された『Taal en Teken』と呼ばれる講演会の準備の大半はそこでなされたのです。
このことは、中国の習字やアメリカインディアンの絵文書、オットー・ノイラートの視覚統計学(pictorial statistics)といった主題の研究に私を導き、1967年に出版した私の本『Beeldspraak』の部分的な材料となりました。

もっとも、トールキン作品の絵はこの展開にぴったりと適合していたので、それより2年も早く完成していました。
他に、“実在する”(すなわち非Barbarusianの)中世絵画で言えば、ペルシャやインドの細密画や、ピーテル・ブリューゲル(父)から、絵の様式に関する特定の影響を受けました。私は常に後者の仕事の、明白で単純な閉じられた輪郭の中で全ての形状を制限する手法を常に賞賛してきました。
“バイユーのタペストリー”にもまた、関心がありました。しかし、思い出せる限りで言えば、“トールキン・プロジェクト”が既に軌道に乗っている間だけ、私は意識的に現代のコミック・ストリップに興味を持ちました。
それらに対する関心は、ロイ・リキテンスタインが彼の絵にその手法を使ったことと、『バーバレラ』や『アステリックス』のようなコミックの出版、それに古典的な『クレイジー・カット』の再版によって刺激されたのです」


TL 「私は、トールキンがあなたの絵を何点か買い求め、あなたは教授を訪問したと聞いています。この訪問の詳細を思い出すことが出来ますか?」

CB 「とりたてて感動的なものは何もありません。無名の若い画家が著名な作家を訪問した---それだけのことです。もっとも、この有名作家は充分親切にしてくれましたが。
わたしは彼の出版者のレイナー・アンウィンによって紹介されました。同じようにハーグでは、ファン・ストックムの書店のJacobi氏によって、アンウィン氏に紹介されたのです。
わたしはBarbarusian細密画の若干の実例と共に、自分の絵の中から選りすぐったものを持っていきました。そしてわたしたちはこれらの作品のことや、本の文章にイラスト添えた場合の良い例と悪い例について議論しました。
そこでわたしの作品は、『指輪物語』をイラストにする最初の試みではないことを知りました。トールキンは、彼の文章に絵を添えることについては、たとえ彼自身が描いたイラストであっても賛成していないようでした。この見解は全くもっともであると思いましたし、今もそう思い続けています。
しかしながら彼はわたしの絵を気に入ってくれて、後に絵の中から2点を買ってくれました(それにわたしはもう1点を、プレゼントとして加えました)。

最近になって、Scull(*Christina-)と Hammond(*Wayne G-)の著した『Tolkien Companion and Guide』を読みましたが、彼がレイナー・アンウィンに宛てた手紙の中で、出版社を通して送られてきた(挿絵入り『指輪物語』の)最初の5つのうち、4つについては“絵画としては魅力的だが、挿絵として良くない”と思っていたことを知りました。
当節では、“崇高さや勇敢さを表現出来る、あるいは表現しようとする”優秀なアーティストに出会うことには殆ど希望が持てないと、彼はこの手紙の中で不平を漏らしています。わたしは、わたしの絵の多くが、この基準に近付けるかどうか疑問に思うのです。
トールキンを訪問した後、オックスフォードギャラリーでの展示会の可能性も議論されました。しかし、結局は実現しませんでした。
『Taal en Teken』講演会の準備をしていた1964年に、わたしは再びトールキンに手紙を書いて、想像上の言語の発明者としての彼の経験について訊ねました。しかし彼は、ありとあらゆる商売絡みの出来事によって“非常に悩み疲れている”ことを理由に容赦してくれるようにと言い、それに答えることを辞退しました」

TL 「後年、あなたの絵のいくつかが、『指輪物語』のオランダ語版の表紙に使われましたね。これはどのような経緯で起こったのでしょうか?」

CB 「Spectrumペーパーバック版(*オランダの出版社Het Spectrum発行)で、1965年に刊行されましたが、これがどのように起こったかについては、正確には思い出せません。
その2年前に、わたしはHet Spectrum社のためにハンス・ヤンツェンの『Ottonische Kunst』をドイツ語から翻訳しました。それは市立美術館の学芸員の一人が、わたしの為に確保した依頼でした。それで既に出版社とはコネクションがあったのです。
その時、翻訳者のマックス・シューハルトを含む数人に、個人的にわたしの絵を見せましたが、このことが彼らのうち誰かの役に立ったのかどうかは定かではありません。
ちなみに、オットー朝美術と建築に関する研究論文を翻訳することは、初期中世絵画に対してわたしが夢中になったもう一つの実例です」


TL「 あなたはトールキンファンには『指輪物語』のイラストレーターとして知られていますが、本も書かれていますよね?」

CB 「確かに書いています。既に触れた『Beeldspraak』を別にすると、2003年に出版された『Beeldvertalen』があります。それは様々な点で思索が継続しており、前作から発展して、視覚映像を“読むこと”についての一般的な入門書となっています。
『Beeldvertalen』は、様々な美術学校での教師としての経験と、ユトレヒト、それにマーストリヒトとライデンの大学での体験とに基づいているのです。
わたしは、オランダの国有コレクションにおけるモンドリアンの仕事の『解題付き分類目録(catalogue raisonne)』を執筆しました。これは1974年に発行されました。それとドイツの出版社DuMont Schaubergのために、抽象芸術の歴史について書きました。これは1975年の発行です。それから、公共の場においての芸術、美術館方針、そして、芸術と科学の関係など、現代芸術に関しての多くの出版物に携わりました」
[Cor Blok インタビュー:後編]の続きを読む
スポンサーサイト

Cor Blok インタビュー:前編

2010年03月17日 02:23

アラン・リー、ジョン・ハウ、そしてテッド・ネイスミス、etc...。
トールキンファンであれば誰もがその名を聞いて、教授の作品に添えられた美しくもドラマチックなイラストを思い浮かべることが出来るでしょう。あるいは、ピーター・ジャクソン監督のLotR3部作における、壮麗かつ緻密なコンセプト・アートの数々をイメージするかもしれませんね。

そんな“トールキン・アーティスト”たちの作品を使った、ハーパー・コリンズ社発行の『トールキン・カレンダー』。
その2011年版には、オランダの画家Cor Blok氏の作品が選ばれたというニュース(Source:Tolkien Library 1/23付)は、既にご存知の方も多いと思いますが、日本はもとより海外でもその作品は殆ど知られておりません。かく言うワタクシも、“トールキン・イラスト”を集めたアンソロジーやファンサイトのギャラリーで、ほんの数点のイラスト(の写真)を見たことがあるだけです。

そんな、言わば「幻の画家」Cor Blokへのインタビューを、このたび同じオランダ出身である Tolkien Library のウェブマスター、Pieter Collier氏が実現させました。
その内容が個人的にあまりにも興味深かったものですから、今回も『ホビットの冒険』映画化とは関係ないネタと知りつつ紹介させて頂きます(長文に付き、前後編に分けて掲載致します)
管理人の超怪しげな翻訳(>今更ですが)はともかく、Cor Blokの極めてユニークな作品と、どこかエルフ然とした画家自身の写真だけでも、是非ご覧になってみて下さいませ!


≪Interview with Cor Blok about the Tolkien Calendar 2011≫
Tolkien Library:3/9付より】 
(*Pieter Collier氏の前書きから始まります)
私は子供の時からずっとリュックにオランダ版のペーパーバックを入れて持ち歩いていおり、 Cor Blokの絵とはいつも一緒でした。彼のイラストは非常に独特のスタイルをもっており、彼のミニマリズム(*最小限主義:装飾的な要素を最小限に切り詰め、シンプルなフォルムを目指す美術的手法)によって描かれたトールキン作品の一節が、いかに私自身の想像の余地を残すかを知って、それに魅了されました。
ポーリン・ベインズ、テッド・ネイスミス、それにアラン・リーやジョン・ハウの作品も類稀な傑作ですが、本のイラストには優れた表現方法が沢山あるのです。主要な登場人物の視点でその状況を描くことも、トールキンが詳しく説明している全てのディテールを画面に持ち込むことも出来ます。あるいはそれとは対極的に、物語の最小限の意味合いだけを表現するという手段を選ぶことも出来るのです。

私自身15年間絵画学校に通い、最終的にアントワープ王立アカデミーの美術教師となったので、トールキン・イラストには常々関心がありました。勿論私はイラスト入りの『ホビットの冒険』と『指輪物語』を買い求めました。それは、『Tolkien's World: Paintings of Middle-Earth 』や『Realms of Tolkien: Images of Middle-Earth』のような本と共に、私のトールキン・アートのコレクションとなりました。
私が出会った最も興味深い本のうちの一冊は、トールキンが作家としてだけではなく、絵画においても熟達していたことが分かる『J.R.R.Tolkien: Artist and Illustrator』(*邦題:「トールキンによる『指輪物語』の図像世界」)でした。

しかし、ほんの僅かなCor Blokの『指輪物語』のイラストは、他のどのトールキン・イラストとも異なり、際立って印象深く私の心に焼き付いていました。
Cor Blokがオランダのアーティストであり、トールキン教授に直接会って自分の作品を見てもらう機会に恵まれた数少ない人々のうちの一人だということを知るまでに、そう時間はかかりませんでした。
我々トールキンファンは皆、教授がポーリン・ベインズの絵を愛したことを知っています。しかし彼はCor Blokの絵も好きなようでした。事実トールキンは、Blokの作品を2点購入したほど彼の絵が好きだったのです。
後に私は、Cor Blokがもっと沢山の『指輪物語』のイラストを制作していたことを知り、それらを見つけることが自分にとっての探索(クエスト)となりました。

2006年、私はついにLustrum celebration of Unquendor(*5年周期で行われるオランダのトールキン学会の式典)でCor Blokと会うことが出来ました。そして、彼の多くの『指輪物語』のイラストが、'90年代に既に売れてしまったということを知りました。いくつかのイラストは、その買い手に会って目にすることが出来ましたが、持ち主全員を辿ることは非常に困難で、我慢を強いられることになったのです。
ピーター・ジャクソンの映画は公開されました。そして、ある特定のタイプのトールキン・アートが長い間巷を席巻しました。
そんな中、Cor Blokの連絡先が分かったというメールを、ハーパー・コリンズ社から受け取ったのです。こんなにも長い間惚れ込んできた彼の芸術について本人と話が出来ることは、私にとって大変な喜びでした。
ついに何かが動き始めたのです。そしてCor Blokの作品で構成されたトールキン・カレンダーが発行されることは、私の探求の大きな助けとなりました。そして今、私は売られていった多くのイラストが世の中に出て、完全なコレクションの概要が掴めるようになることを希望しています。
これが非常に興味深いプロジェクトであることは疑いの余地がありません。そして2011年のトールキン・カレンダーによって、トールキン・イラストにおけるミニマリズムのアプローチを人々が納得してくれることを望んでいます。

私は、アーティスト・Cor Blokとのインタビューによって、彼が生み出した50年前の作品と、非常に才能豊かで興味深い氏の人となりについて学び、それを発表出来ることに大変満足しております。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

【Cor Blok インタビュー】
Tolkien Library(以下TL) 「2011年のトールキン・カレンダーであなたの作品を取り上げることになったと聞いて、あなたの最初のリアクションはどんなでしたか?」

Cor Blok (以下CB) 「びっくりしましたが嬉しかったですね。私にとってトールキン・イラストは既に過去のものでしたから。50年前に描いて1962~63年に出品したのです。それらに対する人々の関心は、1992年にちょっとの間だけ復活しました。その時はハーグでトールキンの生誕百年を記念した展示会があったのです。そして二度目はピーター・ジャクソンの映画が公開された時でした。
それから2006年くらいになって、私はオランダとフランドルのトールキンファンの間で、イラストに人気があることに気付きました。そのうち4点はハーパー・コリンズ社の『Realms of Tolkien』(*邦題:「トールキンの世界 -ファンタジー画集」)というアンソロジーに収録されました。でも私は、彼らが私の仕事に対して更なる関心をもったとは全く思っていませんでした。でもPieter、あなたの仕事にとっては、これらの作品が大いに注意を惹いたことでしょうね」
[Cor Blok インタビュー:前編]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。