スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビットの冒険』今週の動き 【2011年7月24日~30日】

2011年07月31日 23:25

7月30日(土) *スティーヴン・フライ、来週火曜日(8月2日)にウェリントン入り予定。
湖の町の統領役のフライ、自身のTwitterにて、「明日ケープタウンからヨハネスブルグを経て、シドニーからニュージーランドへと飛ぶよ。ウエリントンに到着するのは火曜日だね。『ホビット』がぼくを手招きしている!」とツイート 【Twitter】
7月28日(木) *ルーク・エヴァンズ インタビュー 「『ホビット』のオーディションは全てオンラインだったよ」
「1年程前にオーディションを受けたんだ。素晴らしかったね。ぼくはピーターとフィリッパ(・ボウエン)から映画のプロセスについて素敵なことを聞いているよ。それに、映画に出演する俳優たちの何人かは面識があるんだ。オーランド(・ブルーム)はいつもピーターがどんなに凄いか、そして『ロード・オブ・ザ・リング』での体験を話してくれた。本当に待ちきれないよ!」 【MTV】


7月26日(火) *パーク・ロード・ポスト・プロダクション、『ホビット』の3D仕上げ作業にSGO社(マドリッド)のMistika採用 【Below the Line.com】
7月25日(月) *シアーシャ・ローナン インタビュー 「『ホビット』に出られなくて本当に残念です。でも1年以上かかるプロジェクトがあったので、どうしても時間が割けなかったのです」 【Contact Music.com】
7月24日(日) *バルド役のルーク・エヴァンズ、来週ニュージーランド入りとコミコン会場でのインタビューにて。
Q:まだ『ホビット』に取りかかってはいないのですね?
「ああ、来週飛ぶんだ。1週間のうちに出発して、1年間向こうに滞在するよ」
Q:「ピーター・ジャクソンはまだ出演者を増やすようですか?」
「いや、ぼくとバリー・ハンフリーズ(*ゴブリンの王)、エヴァンジェリン・リリー(*タウリエル)、それにベネディクト・カンバーバッチ(*スマウグの声)が最後の4人だよ。
ぼくにとっては本当に大きな出来事だね。恐ろしいと感じる程圧倒的ではないにしろ、大事件であることは確かだ。好むと好まざるとにかかわらず、ぼくは映画史の一部になろうとしているんだからね。これは大規模な予算をかけた映画で、そして、おそらく昨今で最高の映画作家の一人である監督と一緒に働くんだよ。ピーターは世界で最も尊敬されている映画監督なんだ。
彼は2部作の映画を進行中で、この2本を続けて撮るんだ。映画を撮るまでに2年間かかっているんだよ。壮大な作品で、ぼくはその一部になる。本当に興奮しているよ、とても待ちきれないね。ぼくはこの仕事をやり遂げなくちゃいけないんだ。心を落ち着けて、心底集中してね」 【Collider.com】

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■6月28日にメッセージを下さったお客さま
お返事大変遅くなって申し訳ありません…!!m(_ _;)m エルロンド卿もガラドリエルも同じキャストで実現して本当に良かったですね!このところのニュースラッシュは、撮影までの難航した日々を思えば嬉しい悲鳴です。

■7月17日にメッセージを下さったPさま
ビデオブログのムービー、これだけで完成度高いですね!ワタクシもいっぱい楽しみました~♪ドワーフたちのキャラクター写真、13名一人ひとりをきちんと描いてみせるといった制作側の心意気が伝わってきますね。彼らがスクリーン狭しと動き回るのを見る日が本当に楽しみです。
スポンサーサイト

『ホビット』キャスト、新たに3名が発表に!湖の町の統領にスティーヴン・フライ!

2011年05月19日 11:06

5月18日、ピーター・ジャクソン監督は自身のfacebook上で、映画『ホビットの冒険』に登場するキャラクターの配役を、新たに3人発表致しました…!その気になるキャラクターと意外な配役は次の通りです。

今日は『ホビット』の新たなキャストのニュースをお知らせするよ。

最初の撮影期間が終了間近となった今(ぼくたちは今回の撮影分の編集と視覚効果の作業が行われている間、3週間未満の休みをとって、次にやってくるとても大きな場面の撮影に備えることになる)、物語の少し後半で登場する重要な役割をもった登場人物を紹介しようと思う。

スティーヴン・フライ湖の町の統領を演じると発表出来ることに、ぼくたちは興奮している。スティーブンとはここ数年来の知り合いで、ぼくたちは一緒に『DAMBUSTERS』(*『暁の出撃(1954)』のリメイク)の映画の制作をしているんだ。作家としてのスキルに加えて、彼は偉大な俳優でもあるから、非常に忘れがたい統領を演じてくれる筈だ。

湖の町の統領の下で働く狡猾な役人のアルフリード(Alfrid)は、ライアン・ゲイジが演じることになった。ライアンは若くて素晴らしい才能を持った俳優だ。ぼくたちは最初、ライアンを小さな役(*ドロゴ・バギンズ役)につけたが、皆彼をとても好きになったので、より重要なアルフリード役に昇進させることにしたんだ。

最後に--だからといって、それが“小さな”役という訳じゃ勿論ない--紹介するのは、コナン・スティーヴンスだ。彼が演じるのは、アゾグと呼ばれるオークなんだ(オークは何か奇妙な理由から、決してロジャーとかデニスとかいう名前では呼ばれない)。彼のコナンという名前!実にクールだと思わないかい?コナンによって演じられるアゾグだよ!
ここに、コナンとぼくが一緒に写っている写真がある。ぼくはかなり背が高いほうで、少なくとも6フィート5インチか若しくは6インチ(≒198~201cm)はあると思う。コナンの身長がどの位か、これが若干のヒントになる筈だ!彼についての全ては、www.conanstevens.comで知ることが出来るよ。

…ちなみにワタクシの手持ちの資料では、ピーター・ジャクソン監督の身長は169cm(5'5"~5'6")となっておりますが、自己申告のほうを尊重したいと思いますv
長身の俳優コナン・スティーヴンス演じる「アゾグ」とは、モリアのオークの首領で、ナンドゥヒリオンの合戦の発端になる人物(?)ですね。こんなところにも、3部作に続く複線がしっかり張られているのを見るのは、原作ファンには嬉しい限りです。

スティーヴン・フライは、1年半位前にドワーフ役で出演の噂がありましたが、湖の町の統領役で決定致しました。彼がエスガロスの民に向かって弁舌をふるうシーンを想像しただけでニヤニヤしてしまいます。きっと一癖も二癖もある印象的な統領を演じてくれることでしょう。
そして、期待の新人ライアン・ゲイジですが、“昇進させた(promoted)”とありますが、先の発表のドロゴ・バギンズ役との一人二役になるのか、あるいはドロゴはまた別の俳優が演じることになるのか、今ひとつ今回の発表では分かりません。二役ならば、フロドの父親と狡猾な小役人とを、ライアンがどう演じ分けるのか興味津々ですね。
映画での楽しみが、更に何倍にも増えた発表でありました!



■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。