スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2012年10月前半〜

2012年10月16日 22:57

10月15日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』の上映時間は2時間44分と公式確認とロシアのファンサイトの報告。
 ロシアでワーナー・ブラザーズ映画の配給をしているKaro Premierによる情報とのこと。 【Henneth Annûn】
10月14日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』公開日まで、あと2ヶ月となりました。

*ヒューゴ・ウィーヴィング(エルロンド役)、「五軍の合戦の撮影はまだ」とインタビューにて。
 今年7月のクランクアップまでに、最後の合戦(五軍の合戦)は撮影されていなかったとCOLLIDERのインタビューに答えて。
このことから、ジャクソン監督はかなり早い時点で3部作への変更を検討していたと思われます。また、合戦シーンは、PJがスタジオに申請していた2013年の夏に撮影が行われるのではないかと推測されています。【COLLIDER.com】

*オークのボルグ、Yaznegの画像が流出。
 ボルグはDanilo社の『ホビット』カレンダー2013から、YaznegはThe Bridge Directのアクションフィギュアのパッケージから。 【TolkienDrim(10/13)】 【TolkienDrim(10/14)】
10月13日(土) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』の国際60秒TVスポットをリリース。
 日本では、フジテレビ系列で3:45から放送されたサッカー男子「日本代表VSフランス代表戦」の間に登場。なお10月16日(火)20:54から放送予定の「日本代表VSブラジル戦」でもオンエアされます。 【Twitter(ワーナー エンターテイメント ジャパン)】
10月12日(金) *スランドゥイルのフルショット画像他が流出。
 「地球上で最大のブックフェア」と銘打ってドイツのフランクフルトで開催された『ホビット』ブックフェアから、会場内のロールスクリーンバナーと思われるキャラクター画像がドイツのファンサイトにUPされました。 【HDRF.de】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
10月10日(水) *マーク・ハドロー(ドーリ役)、ABCで『ホビット』を語る。
 オーストラリアのビクトリア訪問中にABC(Australian Broadcasting Corporation:オーストラリア放送協会)ラジオのインタビューに応えて。
「サー・イアン・マッケラン、マーティン・フリーマン、それヒューゴー・ウィーヴィングやケイト・ブランシェットといった才能のある俳優たちと仕事をすることは、信じられないほどセンセーショナルで、ぼくの役者としてのキャリアで最も驚異的な経験だったよ」
「いつしかドワーフたち全員がビルボを守るようになるんだ。ビルボの存在がどのくらい重要になるか気付いてくるんだね。これは映画の中で本当に素晴らしいところの一つだと思うよ」
「ドワーフたちは皆、ハンマーや剣、そして槍とスリングショットのスペシャリストさ。ニュージーランドの南島の中央を走るシーンがあったんだが、衣装と甲冑、それに背負い袋で40kg相当を身に付けて走ったんだ。みんなへとへとだったけど、素敵な体験だったよ」 【ABC(10/9)】 【ABC(10/10)】
10月8日(月) *『ホビット 思いがけない冒険』の主題歌を、「クラウデッド・ハウス」のニール·フィンが担当の噂。【TORn】

*ウエリントン、『ホビット 思いがけない冒険』ワールドプレミアの詳細を公式発表。
 イベントとして、エンバシー・シアター前面でのカウントダウン時計の読み上げ、ウエリントン国際空港や都市の全域での様々なアートワークの公開、ワイタンギ公園での『ホビット』3部作に関わった職人たちによる作品の展示会、それにLotR3部作の屋外での無料上映等を予定しているとのこと。
ウェリントン市議会は、ワールドプレミアに110万ドルを寄付すると発表。当日は会場のエンバシーシアターまで500メートル以上に渡ってレッドカーペットが敷かれるとか。なお、レッドカーペットに登場するメンバーについては、まだ明らかにされていません。 【Wellington.govt.nz】 【Dominion Post】 【TVNZ】
*『ホビット 思いがけない冒険』の「完成はまだ」とWingnut films。
 ウエリントンで開催されるワールドプレミアまであと50日余りとなりましたが、映画はまだ仕上げ作業の真最中。「自分たちの手を離れる最後の最後まで、より良い作品になるよう努めます」と『ホビット』制作会社であるWingnut filmsのスポークスマンMatt Dravitzki氏。 【Newstalk ZB】

*トーマス・ロビンス、『ホビット』に脇役で出演の噂。
 ドイツのボンで開催中のRing*Con 2012のカンファレンスで、『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』でデアゴル役を務めたトーマス・ロビンスが、『ホビット』でも小さな役で登場すると語ったそうですが、どの役かは教えてくれなかったとのこと。 【Henneth Annûn】
[『ホビット』今月の動き〜 2012年10月前半〜 ]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビットの冒険』今週の動き 【2011年6月12日~6月18日】

2011年06月19日 23:56

6月18日(土) *NZ北島ファンガヌイのワイマリノ地区で『ホビット』ロケの噂。
『ホビット』クルーが宿泊施設を探していたとの噂。2~3ヶ月前に馬の調達にスカウトが訪れた際、ドワーフ役を頼まれたという中学生も 【Wanganui Chronicle】


大きな地図で見る
6月16日(木) *バルド役にルーク・エヴァンズベネディクト・カンバーバッチはスマウグと死人占い師の声とDeadlineが報じる。
【Deadline.com(6:21pm)(7:58pm)】

*ストーン・ストリート・スタジオの土中より有毒汚泥。スタジオ作業員が消防署に通報。
スタジオ敷地内を掘削中、刺激臭に気づいた作業員が消防署に通報。『ホビット』の撮影は休暇中で行われていなかった。ガス事業を含む重工業がスタジオ建設以前のミラマーで行われていた為か?先日(5/24)の爆発事故も含めて消防署で調査中 【The Dominion Post】
6月15日(水) *オーストラリア出身のコメディアン バリー・ハンフリーズ、大ゴブリンを演じる?
メルボルンの地方紙「The Age」のインタビュー記事にて。“彼の次の出演作はニュージーランドで撮影されるピーター・ジャクソン監督の『ホビットの冒険』です。「わたしはノーム…いえ、巨大なゴブリンを演じます」” 【theage.com.au】
6月14日(日) *ライセンシング・インターナショナル・エキスポ2011に出品された、『ホビットの冒険』(ワーナー・ブラザーズ ブース)のアートワーク 【comingsoon.net】

ルーク・エヴァンズ、バルド役を射止める!?カンバーバッチはスマウグの声?

2011年06月18日 01:55

スランドゥイル(リー・ペイス)や湖の町の統領(スティーヴン・フライ)等、先月までに『ホビットの冒険』の主要キャストの殆どが発表となりましたが、残された大役の一つバルドを、ウェールズ出身の俳優ルーク・エヴァンズが演じることになったと、Deadline.comのお馴染みマイク・フレミング氏が伝えております。件の記事によりますと…、

ニュージーランドで進行中の映画『ホビットの冒険』で、監督のピーター・ジャクソンがまだ発表していなかった最後の大役、バルド役をルーク・エヴァンズが手に入れました。
バルドは厳格な性格の弓の達人で、谷間の国のギリオン王の後継者です。王はもの言うドラゴン「スマウグ」に殺されたのです。この登場人物は映画の第2部で、とても重要な役割を演じます。幾分ヴィゴ・モーテンセンが演じたアラゴルンを思わせるアクションヒーローとも言えましょう。
ウェールズ出身のこの俳優が、大勢の若い役者たちとの競争に勝ち抜いてこの役を得たことは明白に思われます。エヴァンズはトニー・ギルロイ監督の『ボーン・レガシー』でジェレミー・レナーと主役を争い、バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』ではトム・ブキャナン役で最終候補に残りました(この役はジョエル・エドガートンに決定しました)。
『タイタンの戦い」、『ロビン・フッド』、『インモータルズ-神々の戦い-』の脇役のあと、彼はポール・W・S・アンダーソン監督の最新作『三銃士:王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』でアラミスを演じます。

ところで、まだ配役が明らかにされていない『ホビットの冒険』の主要登場人物に、スマウグの声があります。わたしはビル・ナイが演じると早くから聞いていましたが、それ以来何も聞いていません。

--とのことでしたが、同氏はこの特ダネの発表から2時間足らずで、スマウグの声を演じるのはベネディクト・カンバーバッチであるとする記事を新たにUPしました。

今日、ピーター・ジャクソンが監督する『ホビットの冒険』で、ルーク・エヴァンズがバルドを演じるとお知らせした後、それなら悪竜スマウグの声を演じるのは誰になるのかと不思議に思っていましたが、Deadlineは今こそ、それがベネディクト・カンバーバッチであると報告することが出来ます。
カンバーバッチはモーション・キャプチャーを通して、スマウグを演じます。 彼はすでに映画に参加しており、死人占い師の声も務めます。

--カンバーバッチの『ホビット』出演が、ビルボ役のマーティン・フリーマンや、ガンダルフ役のサー・イアン・マッケランから確認されている以上、バルドでなければ残る大役はスマウグの声と結論付けることは容易いですが、死人占い師の声も務めるとの情報も掴んでいるところをみると、先の記事から僅かな間に、内部関係者から裏を取ったのでしょうか?流石はDeadlineといったところですが、いずれもまだ正式発表ではありませんので、PJやスタジオからの公式声明を待ちたいと思います。
ルーク・エヴァンズは『三銃士~』に続いてオーランド・ブルームと共演ということになりますね。ハンサムで精悍な面持ちの彼は、バルド役で更に人気が高まりそうです。そしてカンバーバッチの死人占い師……て台詞あるんだ、ネクロマンサー(ツッコミそこ!?)


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。