スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴィゴは『ホビット』出演を「断った」のか?〜アラゴルン出演の可能性を考える

2013年06月02日 04:31

5月29日(日本時間30日)、国内外の複数の映画情報サイトが、「ヴィゴ・モーテンセンが、『ホビット』への出演を断った」と報じました。

その内容は、ムービースター誌がツイートした通り、“撮影に入る前に、プロデューサーから興味があるかどうかを訊かれたものの、ヴィゴは「アラゴルンは『ホビットの冒険』には登場しない。『指輪物語』との間には60年の開きがあるんだ」と答え、『ホビット』への出演を断った”というもの。
Twitterを通じてあっという間に日本のファンの間にも伝わり、落胆の呟きをあちこちで目にすることとなりました。

がしかし、ヴィゴは本当に『ホビット』への出演依頼を、けんもほろろに「断った」のでしょうか。
これらの記事の大元となった、The Guardianの5月28日付のインタビュー記事を見直してみました。拙い訳ですがご覧下さい。

ピーター・ジャクソンの映画『ホビット』では、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズに出演した何人かは、彼らの役を再演しました。彼は出演を依頼されたのでしょうか?

ヴィゴ「いいや。撮影に入る前の2008年に、プロデューサーの1人がぼくに(出演に対しての)興味があるかどうかを尋ねたんだ。ぼくはこう言ったよ。“知ってるよね。アラゴルンは『ホビットの冒険』には登場しないんだ。原作との間には60年のギャップがあるんだよ”」

では、彼はもう新しい映画を観たのでしょうか?いいえ(まだのようです)。

ヴィゴ「ぼくは再びあの世界を見ること、そしてピーター・ジャクソンが成したこと---特殊効果の進歩や、前回とは異なる撮影方法をどのように生かしたか---を見ることに興味をもっているんだ。それは映像面の技能を高めただろうからね。音響だってそうだ。それに、分量としては比較的薄い『ホビットの冒険』の原作から、どのように3本の映画を制作したのかを見るのが楽しみなんだ。ジャクソンは才気ある男だからね、本当に面白いものを作ったと確信しているよ。
1999年から2003年までのニュージーランドでの仕事は、プロフェッショナルな面でも、また個人的にも、今も大切な経験なんだ。ぼくは時々、動物と人間両方の友人を訪ねるためにニュージーランドへ戻っているんだ。素晴らしい国だよ」

これを読んで分かる通り、ヴィゴの口からは決して「断った」とは言っていません。そして、殆どの派生記事では、赤フォントの部分がオミットされています。
つまり、このインタビューが行われた時点では、断るも何も、彼は正式な出演依頼を受けていなかったものと思われます。第一、ヴィゴが観るのを楽しみにしているPJの「新しい映画」とは、どの作品のことを指すのでしょうか?
第2部『スマウグの荒らし場』や第3部『ゆきて帰りし物語』のことならば、PJ本人だって「まだ観ていない」と言うでしょう。第1部『思いがけない冒険』については、ヴィゴは世界同時公開日の12月14日に(アルゼンチンの劇場で、ご贔屓サッカーチームのユニホームを着て!)鑑賞したことが報告されています(Source)。
恐らく、この記事の『ホビット』に関する部分のインタビューは、第1部公開の少し前、『偽りの人生』が出品された昨年10月末のロンドン映画祭の頃に行われたものと思われます。

そもそも、2007年末に『ホビット』映画化決定の発表があってからというもの、ヴィゴのみならずLotR3部作の主だった出演者たちは、折りに触れ『ホビット』への帰還をマスコミに訊かれ続けてきました。
ヴィゴは『ホビット』への出演をどう考えているのでしょう。本当に出演を望んでいないのでしょうか。
最近の記事から遡って、もう一度検証してみることにしました。

こちらは、今年4月末に発売されたTotal Film6月号に掲載されたインタビューの一部です。

「もう一度アラゴルンを演じるかって?勿論、そうすることが道理にかなったことだと思えばね。
アラゴルンは『ホビットの冒険』の原作には登場しないんだ。だけど、追補篇等も使って仕事をしているのなら、彼ら(PJや脚本チーム)は『ホビット』と『ロード・オブ・ザ・リング』の60年の間隙を埋めるつもりでいるかもしれないね。でも、仕事を引き受けるならば、今頃は(依頼の話を)聞いている筈だと思うんだ。
だけど、PJは再撮影をすることで有名だから、どう転ぶかは分からないよ!」

[ヴィゴは『ホビット』出演を「断った」のか?〜アラゴルン出演の可能性を考える]の続きを読む
スポンサーサイト

ピーター・ジャクソン インタビュー~AICN編~

2009年08月03日 19:40

ここ3~4日、モデム故障でネット落ちしておりました管理人です。
その間、『ホビットの冒険』映画化についての特に大きなニュースはなかったようですが、コミコン・インターナショナルにおけるピーター・ジャクソン監督のインタビューが、各サイトで出揃った感がありますね。
尤もPJによって語られた内容は異口同音、いずこも殆ど変わりがありませんので(あったら困るけど)、7月26日の記事にSourceを足しておきました。ご用とお急ぎでない方はそちらもご覧下さいませ(^-^)

さて、その中からひとつ、AIN'T IT COOL NEWSに掲載されたインタビューをご紹介致しますね。
『ホビットの冒険』で2本の映画を作ることにした理由、アラゴルンなどLotR3部作に登場したキャラクターの出演の可能性についてPJが答えております。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

AICN 「『ホビットの冒険』について、少なくともこれだけは伺いたいと思っていたのですが---皆がこうなるだろうと予測していたのは、最初の映画が原作に基づく『ホビットの冒険』、2番目の映画はLotR3部作への“橋渡し映画”でした。ですが、昨夜あなたが話したことによれば、そうはならないということですね?」

PJ 「かつてはそうするつもりだったよ。最初にこのプロジェクトについて話した時はその前提だったんだ。でも、作業を進める中で、僕たちの手の内にある材料全てを実際に考察してみた時、『ホビットの冒険』だけにすることに決めたんだ。
トールキンは最初に『ホビットの冒険』を明らかに児童書として書いた。そして、その後『指輪物語』が出版されるまで20年に渡って(中つ国の物語を)書き続けたんだよ。3部作全てが発刊される頃には、彼は大幅に中つ国のヴィジョンを拡大したのさ。『指輪物語』には『ホビットの冒険』の時代に関する多くの遡及的な情報が含まれているんだよ。
ガンダルフが『ホビットの冒険』の物語の中で姿を消している間のことは原作では大部分が謎だけど、僕たちは後に死人占い師---つまりサウロンがドル・グルドゥアと闇の森に帰還したことを知ることが出来るんだ。死人占い師のこと、それに山のトロルやゴブリンと関係のある色々なヒントや追捕的な情報などの政治的なバックストーリー、『ホビットの冒険』の小説では決して語り尽くせなかったものを、トールキンは投入したんだね。

そのことが分かってきた時、映画制作者としてどれだけ興奮を覚えたことか。僕たちはその後のことをもっと詳しく展開して、『ホビットの冒険』の映画の中で見せることが出来るんだからね。
トールキンが最終的に、この時代にどんなことが起こったと考えていたのかを提示することが出来るんだ。『ホビットの冒険』の単純な形のままでも、僕たちが創作したものを付け加えるでもなくね。
彼が残した素材を融合させて、その世界観を余すなく表現しようとすれば、それは当然『ホビットの冒険』の原作自体より大きな物語になるだろう。そういう訳で僕たちは(『ホビットの冒険』だけで)2本の映画にすることにしたんだよ」


AICN 「私が昨年10月にヴィゴ・モーテンセンにインタビューした時(*12月5日の記事をご参照下さい)、彼は以前あなたが撮ったという、彼とリヴ・タイラー(アラゴルンとアルウェン)の若い時代の回想について触れました。二人が婚約前のことで、エルフの衣装を着ていたと。
このシーンを始め、LotR3部作で撮影されながら使用されなかったシーンが、今度の『ホビットの冒険』で使われる可能性はありますか?明らかに彼はその時点であなたからの、そして他の誰からも連絡を受けていないようでしたが…」

PJ 「そして彼はいまだに連絡をもらってないよ(笑)
分かりきったことだけど、どの俳優を使ってどの俳優を使わないかについては、まだ話すことが出来ないんだ。僕たちはイアン(マッケラン)を除いては、まだ誰とも話をしていないし、どの役についてもオファーしていないのだからね。
ギレルモ(デル・トロ)はイアン・マッケランと昼食を共にしたし、『タンタンの冒険旅行』に出演したアンディ・サーキスとは沢山話す機会があったから、(『ホビット』への出演については)気楽な雑談程度はしたね。
確か君とヴィゴの対談を読んだ中で覚えていることは、彼がアラゴルン役を他のどの俳優にも演じて欲しくないと言ったことだ。そして、僕たちはヴィゴに対して、決してそんなことはしないよ。
僕たちが今度の映画にアラゴルンを登場させたいと思うならば、それを演じるのはヴィゴであるべきだ。あるいは、その役を脚本から削って他の人物を演じてもらうこともあるかもしれない。いずれにしろ、3部作に出演した俳優たちの誰であっても、変更する理由はないからね。
だけどさっき説明したように、僕たちが本当に目指している2本目の映画というのは、(『ホビットの冒険』の)世界を少し拡張するという観点に基づいたものなんだ。
『ホビットの冒険』の中にLotRに登場したキャラクターを取り入れることは確かに有り得るけれど、それがどのキャラクターになるのか、まだ誰ともどんな議論もしたことがないんだよ」

Jameson Empire Awardsに、ヴィゴとショーン・B登場♪

2009年03月30日 21:41



イギリスの代表的な映画雑誌『エンパイア(Empire)』、その読者投票によって決定する映画賞「Jameson Empire Awards 2009」が、3月29日にロンドンのグロヴナー・ハウスにて開催されました。
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアラゴルンを演じたヴィゴ・モーテンセンが「Empire Icon賞」を受賞し、プレゼンターで、同シリーズでボロミアを演じたショーン・ビーンと熱い抱擁を交わしました(>…て、なんか表現変かな?(^^; )
ヴィゴは受賞スピーチの中で、彼とショーンの『ホビットの冒険』への出演の可能性について触れ、次のように話しました。

「現在僕が知る限りでは、『ホビット』に僕とショーン・ビーンは登場しない。でも、監督たちは面白がってその方法を見つけ出してくるかもしれないね。そのアイデアに必ずしも反対というわけじゃないんだ。
でも、僕はトールキンの原作の世界を知っているからね。『旅の仲間』に繋がる前の時代を描く作品になるとすれば、アラゴルンは(ヌーメノーリアンの血筋のせいで)とても長く生きているから、多分ボロミアのおしめを換えてなくちゃならないだろうな」


ボロミアのおしめを換えるソロンギル……ホントにそんなシーンがあるのなら、是非見たいです♪
『ホビットの冒険』の情報というより、二人の親密ぶりを楽しんで笑って頂きたくUP致しました。ぜひこちらのページのムービーもご覧下さいませ!(冒頭と、4分09秒以降を特に注目!)
尚、「最優秀SF/スーパーヒーロー賞」には、ティムール・ベクマンベトフ監督の『ウォンテッド』が選ばれ、主演のジェームズ・マカヴォイさんの姿も壇上にありました(^-^)

【追記】後日YouTubeに受賞スピーチのムービーがUPされましたので、自分が楽しむために貼りました(笑)

ヴィゴ・モーテンセン、「『ホビット』はトールキンの精神に忠実に」

2009年02月05日 23:36

LotR3部作でアラゴルン役を務めたヴィゴ・モーテンセンの興味深いインタビューが、 Total Film.com にUPされておりました。
いつものように、『ホビットの冒険』(とその続編)への出演意欲について訊ねられたヴィゴ、PJ版LotRへの個人的な見解と共に、次のように語っております。


「他の俳優にそれをさせるよりは、むしろ自分の手で終えたいとは思うね。私は原則的にその仕事に興味をもっているよ。だけど何より、健全なトールキンの精神で 『ホビットの冒険』 が作られるのを見たいんだ。
第一部:『旅の仲間』 は、トールキンの精神に非常に忠実だったと思う。どんな演技をするか、ストーリーをどう語るかについても、原作に沿うように細部まで緻密に作られたからね。
だけど、第二部: 『二つの塔』 からは、より特殊効果に力を入れた超大作となっていった。
その種の映画が良くないと言っている訳じゃないんだ。映画の成功に異議を唱えることは誰も出来ないだろう。だが私としては、キャラクター描写により焦点を合わせたかったね。
ヒーローに拘りすぎず、サブキャラクターにもっと多くを語らせるんだ。中つ国のそれぞれの種族がバランスよく登場し、折り合っていた一番最初の映画が、僕の個人的な好みとするところだね」


第3部公開から6年目。そろそろ本音を語っても大丈夫と判断されましたのでしょうか?マイキン(^^; 尚、彼はデル・トロ監督について、
「決断力があり、知的で、そして多分(PJ同様)頑固だろうね」
と、同インタビューの中で評価しておりましたが、新しい監督のもと、彼の理想とする『ホビットの冒険』は実現致しますでしょうか???


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
EMPIRE誌、正直中身についてはそんなに期待していないのですが(笑)、記念として買っちゃおうかな、なんて誘惑にかられています(そうやって買ったLotR表紙の洋雑誌が、読めもせず何冊も…☆)
ファンの錯覚ではなく、本当に海外での注目度は高いですね。クランクインもしていない『ホビットの冒険』を、2009年の映画界における最も大きなニュースのベスト10に選出していた映画サイトもあったんですよ。
そして、独断と偏見で書きなぐりましたアンケート評を、楽しみと言って下さって本当に恐縮です。近々続きもUPし致しますので、またどうぞ覗いてやって下さいませm(_ _)m

ヴィゴ、『ホビット』のヒントを語る?

2008年12月05日 21:11

Alatriste [Import]Alatriste [Import]

Viggo Mortensen/Elena Anaya

商品詳細を見る

日本でも『アラトリステ』のロードショーを13日に控えた(尤も、映画は2006年のですけど(^^;)、ヴィゴ・モーテンセンですが、本国アメリカではこの10月に『Appaloosa(アパルーサの決闘)』が公開され、そして『Good』も年末公開を待つばかりと出演作が目白押しで、今や押しも押されぬ売れっ子&実力派俳優となった感がありますね。

今回は、Aint it Cool Newsが10月に行ったという新作に関するインタビューの中から、エンタテイメント欄担当の記者ならば訊かずには終われない(^o^ 『ホビットの冒険』に関する質問の部分を、抜粋してお届けです!

  *   *   *   *   *   *   *   *  

インタビュアー「さて、私はこれについて訊かない訳にはいきません。でないと職を失うので…」
ヴィゴ「『ホビットの冒険』かい?(笑)」
インタビュアー「そうです。ピーター・ジャクソンは、あなたに未だ連絡していないものと推測しますが、それでも『ホビット』に出演の意志がおありですよね?」
ヴィゴ「そうだね…原作通りなら、最初の映画には僕の出番はないよね」
インタビュアー「ええ、そうですね」
ヴィゴ「2番目の映画なら、物語を面白くする上でも、興行収入上の理由でも、監督たちは僕の出番を考えているだろうね。
彼らは合法的に使用権がある『指輪物語』の追補篇を使用すると思うよ。例えば『シルマリルの物語』から望むもの全てを使用する権利があるとは思えないからね。
例えば、僕たちは(LotRで)こんなシーケンスを撮ったんだ。
リヴ・タイラーと僕はロリアンを漫ろ歩いている。僕は黙りこくっていて、レゴラスが着ていたようなエルフの服を着ている。鬚はなくてね。髪は長くて部分的に三つ編みで、エルフの若い殿様のように見えるんだ。そして、僕は確か裸足で、彼女と花の中を歩いている。
二人は婚約前で、古めかしい衣装のせいで似通って見えるんだ。そして僕は普段より若く見える。鬚がないことや、他の全てのことでね。
そう、それは追憶の中のことで、彼女を回想する時の一つの瞬間として使用される筈だったんだ。でも、それは使われなかったんだよ。だから彼らはそれを使用することも、その手法で他のことを撮ることだって出来たんだ。それがどんなものになったかは分からないが、彼らがトールキンの精神に基づいたものを作ろうとしていたことを確信して疑わないよ。
人々は皆多くのことを僕に訊きたがる。そして僕は言うんだ、はっきりと。『誰も僕のところには来てないよ』ってね。でも、僕は監督たちのすることを、僕の目から見て正しいと思えば、少しも驚かないだろうね。
勿論、オリジナルの映画でアラゴルン役を演じた俳優として、この仕事を--良いシナリオも、ろくでもないことも含む全ての仕事を、やり遂げたいと思っているよ。他の役者がそれをするのを見るよりはね」
インタビュアー「ええ、勿論。誰もあなた以外を望まないでしょう」
ヴィゴ「つまり、僕は原則的には、君の読者の何人かがそう思うのと同じくらい、この計画には興味があるってことだよ(笑)」

  *   *   *   *   *   *   *   *  

2012年公開予定の二番目の映画では、“エルフの若殿”ルックの麗しいアラゴルンが、今度こそ見られるのでしょうか?楽しみに待ちたいと思いま~す(*^^*)


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。