スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督、『ホビットの冒険』と『フランケンシュタイン』について語る

2008年10月07日 19:59

「僕は、素晴らしい(Motherf***ing)『ホビット』を作ってるよ!」
我らがデル・トロ監督、今回は、ニューヨーカー・フェスティバルのトークショーで、マンハッタンにある全米監督協会にその姿を現しました!
『ホビットの冒険』を始め、メアリー・シェリー原作の『フランケンシュタイン』のニューバージョンを含む彼の将来のプロジェクトについての、大変興味深い講演がなされたようです。Comingsoon.netの記事から、その概要をお伝えいたしますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

『ホビットの冒険』のプロジェクトが本格始動したばかりですが、デル・トロ監督は、アイデアを寄せ集め、彼独自のユニークな中つ国のビジョンを概念化する為に、彼の脳に“給電する”方法について、こんな話をしました。

「朝にはそれを書き上げるために、自制しなくちゃならないと分かっていても、午後には関連がありそうなものを見て、脇道に逸れてしまうって事があるよね。
例えば、僕は『ホビットの冒険』について熟考しようと思う時、不思議なことに、第一次世界大戦のドキュメンタリーを読んだり見たりするんだ。何故なら、『ホビットの冒険』は、第一次世界大戦に接して、戦場で全ての価値基準の崩壊を目の当たりにするという失望を経験した、トールキンの世代の体験から生まれた本だと信じているからなんだ。
ピータージャクソンは、そうした歴史的瞬間のファンで、第一次世界大戦を記憶する品々の偏執的なコレクターなんだよ。彼は戦闘機や戦車、大砲、そして戦艦の、実際に使用可能な実物大のレプリカを持っているんだ!それから、その時代の軍の、およそ120の兵士の制服の凝ったレプリカも持っているんだよ。
僕は彼に、どの本がお薦めか訊いたんだ。だって僕は、『銀河伝説クルール』も『ダーククリスタル』も観ていないから、物語についての自分独自のアプローチの方法を見つけなくちゃならないからね。皆が考えつかないものを見ること、それが『パンズ・ラビリンス』や『デビルズ・バックボーン』の時と同じ、僕のやり方なんだ」

「生涯ずっと、僕はドラゴンに魅了され続けてきたんだ。僕は中国の竜(ドラゴン)の印の下に生まれてきたのさ(*1964年生まれのデル・トロ監督は、干支が“辰”であるということを言っているらしいです)。今までもずっと、ドラゴンをコレクションしてきたんだよ。
それは強力なシンボルなんだ。『ホビットの冒険』の背景で、全ての物語を通してその影は投げかけられている。基本的にスマウグは、実に多くのことを象徴しているんだ。貪欲や傲慢・・・結局彼は“偉大なる”存在なのさ。
スマウグが投げかける影が表現されなかったり、一つの場面に限ってのことじゃダメなんだ。彼はそれら全てのことの具象化でなくちゃならないんだ。スマウグは台詞のある非常に重要なシーンを持っているドラゴンの数少ない一匹だからね。すごく美しい対話シーンがあるんだ!
デザインについては、僕たちが最終的に承認するスマウグのデザインは、最初に試みたそれになると、かなり確信しているよ。スマウグがどんなふうに見えるかは、結論を出す前に隅々まで検討されなくてはならない問題であることは明らかだ。何故なら、彼の外見は、彼がどのような存在であるかを雄弁に語るからね」

彼が2012年に2本の『ホビットの冒険』の映画を完了した後、桁外れに楽観的な(>原文のまま(^^;)デル・トロ監督には、2017年まで専念しなくてはならない、『ジキル博士とハイド氏』の新しいバージョンを含む多くの仕事が待っています。
そして、長期間に渡って延期されたラヴクラフトの『狂気山脈』の映画化や、ちょうど最近発表されたばかりの吸血鬼小説の3部作(*9月26日の記事をご参照下さい)、それから、ギレルモ版フランケンシュタインのプロジェクトもあります。
[デル・トロ監督、『ホビットの冒険』と『フランケンシュタイン』について語る]の続きを読む
スポンサーサイト

An Unexpected Party で語られたあんなことこんなこと!~Part3~

2008年06月01日 22:01

「思いがけないパーティ」が、「忘れられたパーティ」になりそうな第3回目です(^o^;
ひえ~、笑い事ぢゃない~★ それでは今回もちゃちゃっと(=判んないとこ誤魔化しながら)参りましょうか。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

質問9「ピーター、エグゼクティブ・プロデューサーとは、実際のところ何をするのですか?ギレルモの役割とはどう違うのでしょう?それから、フランやフィリッパと一緒に、再びシナリオを書きますか?」
PJ「真実の“エグゼクティブ・プロデューサー”は、映画におけるあらゆる実際的なことは何もしないんだよ!僕の関心は、ギレルモが作り得る最高の映画を彼が作れるよう、手助けをすることなんだ。
フラン、フィリッパ、それに僕と一緒に、ギレルモはシナリオを書くことになる。僕はシナリオを書くのが大好きで、それを楽しみにしているよ。でも、僕は脚本家としての手腕は持っていないし、ギレルモにもそれを期待してはいないんだ。
だけど、監督がシナリオに携わっていれば、物語についての議論が起こった時、物事が何故こうなって、そしてどうなるべきかを知っていることになるだろう?全ての理由はシナリオの中にあり、書くことによってのみ、あらゆる意図が分るようになるんだ。僕がライター陣の一員であることの役割は、映画の青写真を作ることであり、ギレルモが映画を構成する手伝いをすることでもあるんだよ。
『ホビットの冒険』2部作を、ギレルモの映画として欲しい。そうすることで、5部作の最高の映画シリーズとして完結すると確信しているんだ」

Q「喋るワーグについてのアイデアを聞かせて下さい。『ホビットの冒険』のワーグは、LotRの“ハイエナ”とは随分違いますよね?」
GDT「その通り!3部作のハイエナ風のワーグとは違った、原作に準じたデザインに再設計するつもりだよ」

Q「私は『キング・コング』のビデオ日記が大好きでした。『ホビットの冒険』でも、これに似た企画を考えていますか?」 (*同映画の公式ファンサイトで公開されていたムービーによる制作日記。メイキングやキャストのインタビューより、どんどんスマートになっていくPJに目が釘付け(笑))
PJ「インターネットの「プロダクション・ダイアリー」について沢山の質問を受けるけど、本当のところ、この件については、まだギレルモと話をしたこともないんだ。
誤魔化そうとしている訳じゃなくて、僕たちはまだ、シナリオについて考え始めたばかりだということを分かって欲しいな。2009年にはDVDやインターネットに対するプランもはっきりしていると思うよ」

質問8「LotRのゴラムは、芸術的にも素晴らしい仕事でしたね。『ホビットの冒険』でこれに匹敵する挑戦になるのは、スマウグの造形だと思います。
今までいろんな映画にドラゴンは登場しましたが、スマウグについてのデザインやスタイルについては、どんなイメージをお持ちですか?」

GDT「僕は新しい、そして草分け的なものとなるプランを考えているんだ。スマウグは、『ホビットの冒険』という映画の中の、多くの動物キャラの一つというだけじゃなくて、過去から現在に至る全ての映画に登場した、正に「ドラゴン」たるべき存在でなければならないと思っているからね。
彼が投げかける影・・・全てを己のものにしたいという“貪欲”の具象化がテーマなんだ。それこそがスマウグをデザインする上で重要な点だね。
小説の中に顕れるスマウグの壮大な傲慢さ、知性と洗練、宝物への執着は、トーリンの貪欲さに対するビルボの「手放すこと」による気高い変容というテーマの延長なんだよ。ドワーフが過ちに気付いた時に概念上対応するもの(つまり、ビルボが苦難の末に獲得した静かなヒロイズムや道徳観といったもの)であって、その主題はトーリンの臨終場面でのビルボとの対話でクライマックスを迎えるんだ」
[An Unexpected Party で語られたあんなことこんなこと!~Part3~]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。