スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督インタビュー:銀行強盗は映画道に通ず???

2008年07月05日 23:28

こちらは、ロサンゼルス映画祭でのデル・トロ監督インタビューからです。
『ホビットの冒険』とは直接関係ない部分ですが、ギレルモさんの毒舌大炸裂の大変ユニークな内容でしたので、ちょっとご紹介です(^-^)(Source:Defamer.com

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

「僕は映画監督になっていなかったら、銀行強盗になりたかったんだ。
僕は慣習を憎む。
僕は銀行を憎む。
僕は彼らがくそいまいましい地面で燃えちまえばいいと思ってる。
僕は弁護士が嫌いだ。
僕は、自分たちは感謝されてしかるべきと思ってる奴らみんなが大嫌いだ。

僕は銀行強盗の計画をいつも考えていたんだ。
『男の争い』(*1955年公開の仏映画)や、他の銀行強盗映画に魅了されたよ。
銀行家をやっつけてやるために、『男の争い』のメンバーや、オーシャンズ11が欲しかったね。
でも、強盗をやるにはクリエイティブな努力が必要だって気付いたんだ。分かるかい?
綿密な計画を立てて、仲間を組織して、そして大金を儲ける。やってることは映画を撮ることと同じなんだよ。

僕は権威や規則への反社会的な衝動を映画に向けることにした。僕の映画が好きな人なら分かってくれる筈さ」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

まぁ、ビルボもBurglarなことですし(>違)
それにしてもギレルモ監督、最近いろんな記事を読んでいると、あちこちのインタビューでf*ck やsh*tを連発なのであります。
『ヘルボーイ2』のプレミアツアーなどで、「疲労による躁状態」(^.^; になっていらっしゃるのでしょうか?あるいは単に、普段から口癖だったりするのかも(笑)
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。