スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本編sneak peek6本 &舞台裏映像 一挙公開!

2012年12月05日 23:57

『ホビット 思いがけない冒険』の世界同時公開日まで10日を切りましたが、プレミアや試写で本編を逸早くご覧になることが出来た運の良い少数の方々を除いて、ファンの皆さまは一日千秋の思いで14日の公開をお待ちのことと思います。

そんなファンへのサービス?か、ワーナー・ブラザーズは本編中の部分映像6本と、20分に渡る舞台裏映像(ナレーションもSEもBGMもない荒編集)を公開しました。
勿論いずれもネタばれ満載です!公開まで楽しみをとっておきたい方は、くれぐれもムービーを再生されませんようご注意下さい。

《本編部分映像6本》



《舞台裏映像》
スポンサーサイト

『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット 第9弾公開

2012年12月03日 23:59



12月3日、ワーナー・ブラザーズは『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット第9弾を公開しました。もっとも第8弾がネット公開された11月29日の夜にはアメリカの衛星チャンネルで放送されていた関係で、既にネット流出して4日目だったりするのですが…。

公開直前ということで、これでもかとばかりにネタばれ満載仕様となっております。スマウグも大鷲も飛んでおります、プロローグに使われたとおぼしき合戦シーンもあります。今更ですがネタばれ注意!です。それではどぞ!




ビルボ「わたしはよく袋小路屋敷のことを考えるんです。そこがわたしの居場所…つまり故郷だ」



ビルボ「あなたにはそれがない…奪われてしまったから。だから、もし出来ることなら…」



ビルボ「あなたが故郷を取り戻す手助けをしたいのです」



ナレーション「12月14日---冒険の旅のはじまりを目撃しよう」



ナレーション「『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…」







ナレーション「『ホビット 思いがけない冒険』」


第8弾が公開されたときには既に第9弾がネットを賑わしていたように、既に30秒TVスポット第10弾と第11弾、それに15秒もスポットも複数確認されております。こちらも公開にあわせて紹介していきたいと思います…が、それにしても日本のTVスポット、もちっと本気出せ^^;

『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット 第8弾公開

2012年12月02日 23:24



11月29日にワーナー・ブラザーズが公開した『ホビット 思いがけない冒険』30秒TVスポット第8弾です。
日本では、30秒TVスポットは今のところ3バージョンしか公開されていないようですが、もう少し増やしてくれても良さそうなものですね。
ちなみに、公式からはネット公開されておりませんが、アメリカの衛星チャンネルで放送されたネタばれ満載の第9弾の存在が既に確認されております。
いったい最終的に何本制作するつもりなのでしょう。この感じだと、世界同時公開日(12月14日)直前の駄目押し的に、もう1バージョンくらい登場するかもしれませんね。




老年のビルボ「親愛なるフロド…かつてお前はわたしの冒険について、知っていることはみんな聞かせてくれとせがんだね」



老年のビルボ「でも、何もかも話したという訳ではないかもしれないな…」



ガンダルフ「わしは冒険の仲間を捜しておる」
ビルボ「何ですって?ダメ、ダメですよ!」



“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…”



“目撃しよう。全てはいかにして始まったのかを"



トーリン・オーケンシールド「戦ったことがあるのかね?」
ビルボ「ハハハ…」



“『ホビット 思いがけない冒険』”


今回の見所は、誰がなんと言おうと冒頭の麗しいフロドさんです(異論は認めない…こともないw)

『ホビット 思いがけない冒険』ワールドプレミアゲスト発表

2012年11月24日 04:46

11月19日、ワーナー・ブラザーズは11月28日にウエリントンで開催される『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアの詳細を発表しました。ニュージーランドの報道機関に向けたプレスリリースからその内容を紹介致します。


11月28日開催『ホビット』ワールドプレミアについて

2012年11月19日 1:42pm
プレスリリース:ワーナー・ブラザーズ

即時発表

不朽の名作を映画化したピーター・ジャクソン監督による壮大な3部作の1作目『ホビット 思いがけない冒険』は、11月28日水曜日にニュージーランド ウエリントンにてワールドプレミアを開催します。

ライブ・エンターテインメント及びスターが歩く500メートルのレッドカーペットイベントを含みます。


2012年11月18日 カリフォルニア州バーバンク---2012年11月28日ニュージーランド ウエリントンにおいて、壮大な冒険物語『ホビット 思いがけない冒険』を世界に向けて発信する準備が進んでいます。ニューライン・シネマとメトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)の制作による『ホビット 思いがけない冒険』は、不朽の名作小説である『ホビットの冒険』を、オスカー受賞監督であるピーター・ジャクソンが映画化した最初の作品であり、ワーナー・ブラザーズの配給により12月12日からニュージーランドで一般公開されます。

スターが勢揃いするプレミアは、エンバシーシアターからリーディングシネマズに沿ったコートニープレイスに設置される500メートルのレッドカーペットイベントと共に、ニュージーランドの首都ウェリントンで、中つ国のパーティーとなるでしょう。そして両劇場は、招待客のために映画を上映します。

プレ・カーペット・エンターテインメントは午後3時に開始され、映画監督やスターたちは午後4時30分に到着し始めます。出席者は、映画制作者のピーター・ジャクソン監督、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエンに加えて、『ホビット』の主役ビルボ・バギンズを演じるマーティン・フリーマン、ドワーフの戦士を演じるリチャード・アーミテージ。それに、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作と再び同じ役を演じた、エルフの女王ガラドリエル役のケイト・ブランシェット、エルロンド卿を演じるヒューゴ・ウィーヴィング、ゴラム役のアンディ・サーキスとフロド・バギンズ役のイライジャ・ウッドも登場します。

魔法使いの灰色のガンダルフとして伝説的な役柄を再び演じているイアン・マッケランは出席することが出来ませんが、次のように語っています。
「ピーター(・ジャクソン)と、それにキャストやクルーの中からわたしの友人たちが、『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアのために再び集結することにわくわくしています。皆ファンから素晴らしい歓迎を受けることでしょう。本当に羨ましいです。これまで通り、わたしの心はウエリントンにあります。変わらない愛を送ります」

エンバシーシアターの正面に取り付けられた見事な灰色のガンダルフ像は、映画のプロダクション・デザイナーであるダン・ヘナーによって作られました。イアン・マッケランの最愛のキャラクターである灰色のガンダルフは、高い場所からプレミアのレッドカーペットイベントを最初からずっと見守ります。

他にプレミアに出席するのは、ジェド・ブロフィー(ノーリ役)、アダム・ブラウン(オーリ役)、ジョン・カレン(オイン役)、マーク・ハドロー(ドーリ役)、ピーター・ハンブルトン(グローイン役)、ウォリアム・キルシャー(ビフール役)、グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン役)、ジェームズ・ネスビット(ボフール役)、ディーン・オゴーマン(フィーリ役)、そしてエイダン・ターナー(キーリ役)を含むドワーフの仲間たちを演じたキャストと、ゴブリンの王を演じたバリー・ハンフリーズ、それに、新しく登場する魔法使いの茶のラダガストを演じたシルヴェスター・マッコイです。


 (…以下、映画の主要キャストとスタッフ、及びスタジオの紹介と、3部作の公開日が記されています)

サー・イアン・マッケランの欠席理由が明らかになっていないのは気になりますが、サーは12月6日開催のニューヨークプレミアと、12月12日にロンドンで開催されるロイヤル・フィルム・パフォーマンス(今年の招待作品に『ホビット 思いがけない冒険』が選出された)には出席の予定とのことです。【Source:Mckellen.com

11月28日のウエリントンでのワールド・プレミアのあと、『ホビット 思いがけない冒険』の“プレミア世界巡業”のスケジュールは下記の通りです。
  • 12月1日:東京(日本)
  • 12月6日:ニューヨーク(アメリカ)
  • 12月10日:パリ(フランス)
  • 12月12日:ロンドン(イギリス)
  • 12月13日:ベルリン(ドイツ)

尚、ウエリントンでのワールドプレミアの様子は、ライブストリーミング配信される予定です。
11月23日現在配信が決定しているサイトは、CinemaxX(11月28日4:30pm ドイツ時間)及び、NowLive(11月27日 10:30pm EST)です。いずれも日本時間の11月28日午後12時30分頃、ニュージーランドでは夕方4時半、ちょうどレッドカーペットにゲストが登場し始める頃ですね。
CinemaxXについては、12月12日のロンドンプレミアについても配信するとのことです(時間未定)。

また、12月1日(土)開催のジャパンプレミアについても、USTREAM生配信が決定しています。記者会見が11時30分から、六本木ヒルズアリーナで行われるプレミアイベントが夜6時からの2部構成とのことです。【Source:Yahoo! Japan

同じ場所で行われながら、11年前の『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』のワールドプレミアと違っているのは、ネット環境さえあればリアルタイムで感動を分かち合えることと、世界中の人々のこの映画に対する関心の高さでしょうか…?  

ジャパンプレミア来日予定メンバー&日本語吹替版キャスト公表に!

2012年11月17日 02:31

16日は珍しく海外ニュースに目星い話題がなく、少しゆっくり出来るかなーと思っておりましたら、国内の重大ニュースが2つも飛び込んでまいりましたよ…!

まずは、朝一番に『ホビット 思いがけない冒険』ジャパンプレミアの来日予定メンバーの発表がありました。
「ジャパン・ホビット・フェスティバル」と銘打って開催される、都内ホテルでの来日記者会見と六本木ヒルズでのジャパンプレミアに参加予定のメンバーは、

  • ピーター・ジャクソン監督
  • マーティン・フリーマン(ビルボ役)
  • リチャード・アーミテージ(トーリン・オーケンシールド役)
  • ヒューゴ・ウィーヴィング(エルロンド役)
  • イライジャ・ウッド(フロド役)
  • アンディ・サーキス(第2ユニット監督/ゴラム役)

--の総勢6名!11月28日に開催されるウエリントンでのワールドプレミア。その次の行程が日本となりますが、全世界で行われるキャンペーンの合間を縫っての来日のため、滞在日数1日というハードスケジュールです。
主役のビルボを演じるマーティン・フリーマンは、映画の宣伝で来日するのはこれが初めて。
なお、ジャパンプレミア当日は、ハリウッド風のレッドカーペットイベントと、出迎える中つ国のキャラクターの衣装をまとった(つまりはコスプレですが)熱狂的なファンの参加も予定されているとのことです。 【Source:映画.comシネマトゥデイ


そして16日午後には、日本語吹替版のスタッフ及びキャストの発表がありました。
「ふきカエルキャンペーン」(日本俳優連合、日本音声製作者連盟、日本芸能マネージメント事業者協会、日本声優事業社協議会の4団体合同協力による、外画吹替え版振興キャンペーン)の公式サイト「ふきカエル大作戦」によって明らかになったメンバーは下記の通りです。


《日本語吹替版スタッフ》
翻訳平田 勝茂
翻訳監修辺見 葉子、高橋 勇、伊藤 盡 
演出小山 悟
音楽演出亀川 浩未
日本語版制作 HALF H・P STUDIO


《日本語吹替版キャスト》
役名俳優声の出演
ビルボ・バギンズ(マーティン・フリーマン)森川 智之
ガンダルフ(イアン・マッケラン)羽佐間 道夫
トーリン・オーケンシールド (リチャード・アーミテージ)東地 宏樹
バーリン(ケン・ストット)稲垣 隆史
ドワーリン(グレアム・マクタビッシュ)玄田 哲章
ボフール(ジェイムズ・ネスビット)平田 広明
グローイン(ピーター・ハンブルトン)稲葉 実
オイン(ジョン・カレン)小島 敏彦
フィーリ(ディーン・オゴーマン)落合 弘治
キーリ(エイダン・ターナー)土田 大
ドーリ(マーク・ハドロー)茶風林
ノーリ(ジェド・ブロフィー)佐藤 せつじ
オーリ(アダム・ブラウン)宮田 幸季
ビフール(ウィリアム・キルシャー)---
ボンブール(スティーヴン・ハンター)斎藤 志郎
茶のラダガスト(シルヴェスター・マッコイ)野島 昭生
老いたビルボ(イアン・ホルム )山野 史人
フロド(イライジャ・ウッド)浪川 大輔
エルロンド(ヒューゴ・ウィーヴィング ) 菅生 隆之
サルマン(クリストファー・リー)家弓 家正
ガラドリエル(ケイト・ブランシェット )塩田 朋子
ゴラム(アンディ・サーキス )チョー
バート【トロル】(マーク・ハドロー)飯塚 昭三
ウィリアム【トロル】(ピーター・ハンブルトン)斎藤 志郎
トム【トロル】(ウィリアム・キルシャー)多田野 曜平
大ゴブリン(バリー・ハンフリーズ)土師 孝也
グリンナー【ゴブリン】(スティーヴン・ユア)船木 真人
リンディア(ブレット・マッケンジー)保村 真
ゴブリン1長島 真祐
ゴブリン2永田 昌康
ゴブリン3三宅 貴洋
ゴブリン4 長谷川 俊介
ゴブリン5小田柿 悠太
ゴブリン6土屋 大輔
ゴブリン7 一戸 康太朗


吹替版の翻訳には、大変評判の良かった『ロード・オブ・ザ・リング』吹替版の翻訳者 平田勝茂氏が、監修には『指輪物語 フロドの旅 ー「旅の仲間」のたどった道』の翻訳者で、『エルフ語を読む』の著者でもある伊藤盡氏の名前もみられます。
声の出演者は、LotR3部作で登場したキャラクターについては、昨年逝去されたガンダルフ役の有川 博氏を除く全員が再び同じ役を務めていますね。
主人公のビルボ役には、BBCの人気ドラマシリーズ『SHERLOCK/シャーロック』の日本語吹替版で、やはりマーティン・フリーマン演じるジョン・ヘイミッシュ・ワトソンの声をあてた森川智之氏を起用。
ドワーフのキャストには金城武やサム・ワーシントンの吹替えで知られる東地 宏樹氏がトーリン・オーケンシールドの声をあてるなど、ベテラン勢でしっかり固めてきています。
これは秀逸な吹替版になる予感…!(管理人含め)普段は断然字幕派という方も、一度は劇場で吹替版をご覧になってみては如何でしょうか?


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。