スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホビット 思いがけない変更〜アゾグで読み解く3部作化の苦心〜(後編)

2013年02月17日 21:39

■アゾグの再設計

話は元に戻って2012年7月、『ホビット』を3部作で制作することを決断したピーター・ジャクソン監督とライター陣は、もう一度アゾグの扱いを検討し直します。アゾグを第1部を通しての最大の敵とし、予定されていたボルグの本格的な登場(…というのは、アザヌルビザールの合戦にチラリと映っているからです)を第2部以降に変更したのです。

PJはこの時点で、アゾグを抜本的に作り替えたのだと思われます。
まず、最初はボルグと同じようにフィジカルな特殊メイクで表現するつもりだったキャラクターを、モーションキャプチャーを使ったフルCGに変更、残忍で凶暴でありながらどこかミステリアスな風貌の巨大オークを作成しました。そして、メインキャラクターとして演技力も存在感もあるマヌー・ベネットを呼び寄せ、配役を変更した上、8月に追加撮影を行ったのです【Source:Twitter

このときジョン・ロールズは、アゾグからヤズネグという名の映画オリジナルキャラクターへと配役を変更されたのですが、ヤズネグとはどんなオークかといいますと、この方(左画像)です。アゾグに命じられて、トーリンとドワーフたちを追跡するワーグライダーのリーダーです。

そして次の画像は、先月Weta Digitalが公開したアゾグのメイキングムービーから構成したものです。
トーリンが後に「トーリン・オーケンシールド」と呼ばれることになった件の戦いの相手を、そっくりフルCGのアゾグに差し替えたことが説明されています。
差し替えられたオークは一見すると先に紹介したヤズネグのようですが、このシーンの重要性からすれば、ジョン・ロールズ扮する旧デザインのアゾグだったのではないでしょうか。任務に失敗して簡単にワーグのご飯にされてしまうオークとの戦いによって“樫の盾”の呼び名がついたなんて、ちょっとしまりませんから。
つまり、ヤズネグというキャラクターは、アゾグの再設計が決定して初めて生まれたキャラクターであり、そのデザインは没になった旧バージョンアゾグのデザインを、殆どそのまま引き継いでいると考えられるのです。


新しいアゾグに差し替えられた、アザヌルビザールでのトーリンの死闘。

■アゾグとヤズネグの関係

旧アゾグ=ヤズネグと考えるもう一つの理由は、タイアップ商品における主要オークキャラクターの扱いです。
タイアップ商品は公開とタイミングを合わせて販売するために、先行して製作が進められていることは先にお話ししましたね。下の表をご覧ください。主なタイアップ商品に登場したオークを発売日順にまとめてあります。

制作スケジュール 主なタイアップ商品に登場するオーク
2012年7月 6日:クランクアップ
30日:3部作化発表
 
2012年8月   30日:Danilo Promotions Ltd.『ホビット』カレンダー(ボルグ)
     
2012年10月   1日:Bridge Direct アクションフィギュア(ボルグ、フィンブル)
2012年11月 28日:ワールドプレミア 6日:公式ガイドブック(ボルグ)
6日:ビジュアル・コンパニオン(ボルグ)
2012年12月 14日:世界同時公開 1日:LEGO 『ホビット』シリーズ(ヤズネグ)

映画では第2部以降の登場となったボルグを始め、レゴラスやタウリエルまでが発売になりながら、実際に第1部に登場したアゾグはどこにも登場していないのです。このことを不思議に思われていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2012年10月1日、玩具メーカーのBridge Directから、『ホビット』シリーズ第一弾が発売されます。時を同じくして、このラインナップに含まれていないものの、何故か既に完成していたヤズネグの画像がネットに流出します。【Source:Tolkien Drim
左がその画像ですが、こちらもアゾグ同様第1部に登場しながら、しかも、製品が出来上がっていながらラインナップから外されたということはどういうことでしょうか?
それは、こう考えれば辻褄が合います。

最初はアゾグとして作られた。
→3部作化決定により、アゾグのデザイン変更の知らせがスタジオから入る。
→この時点でラインナップ発表の締め切り。アゾグの発売中止。
→後日、アゾグの最終デザイン入手。同時に、既に製作されていた旧バージョンは、ヤズネグとして売り出せることが分かる。
→第2弾でアゾグ、ヤズネグ販売決定
(*実際に、2月11日にニューヨークで開催されたTOYフェア2013のBridge Directのブースに登場となりました)

更に、左のヤズネグのフィギュアをクリックして拡大画像で見てみて下さい。実際に映画に登場したヤズネグ(前述の画像参照)より顔つきも上品で精悍な上、ずっと手の込んだ禍々しいキャラクターデザインであることが分かります。
上着と“前掛け”に、いくつも人の顔が浮かんでいるのがはっきり見えますね。忌まわしい想像ですが、これ彼の犠牲となった人間やドワーフたちから剥ぎ取った顔の皮をあしらっているのではないでしょうか。もしそうだとすると、アゾグというキャラクターにぴったりのデザインだと思うのです。

映画でも、とにかくトーリンの「首」に拘るアゾグ。他の部分は要らないとゴブリンの王に言わせていましたね。トーリンの祖父スロールも首を刎ねられていました。
映画の字幕では“穢れの王アゾグ”となっていましたが、原文は“Azog the Defiler”、 Defilerは「冒涜する者」の意味です。原作でもアゾグは、斬り落としたスロールの首(の額)に自分の名を焼き付けたとあります。
犠牲者の首から剥いだ皮を身に纏うオーク、死者に対する冒涜この上ないオークがアゾグでなくてどうしましょう。


The Bridge Direct:THE HOBBIT series.
ちなみに、10月1日にボルグと同時に発売されたフィンブルという名のオーク(左画像)は、これも映画のオリジナルキャラクターなのですが、SF fan.deが7月時点ですっぱ抜いたアクション・フィギュアのパッケージ添付用のテキストによれば、フィンブルは「ワーグライダーの群れを指揮する」とあります(映画でも、ヤズネグとともにワーグに乗っています)
つまり、ヤズネグと全く同じ役割なのです。そして、このリストにはアゾグの名があってヤズネグの名はない。
このことからもヤズネグは、アゾグを最終的にメインの悪役として再設計し、それに相応しい力量の俳優を据え直したとき、先に決定していた俳優と先行してグッズを作ってしまったメーカーへの配慮で、言わば“仕方なく”生まれたキャラクターのような気がしてならないのです。
[ホビット 思いがけない変更〜アゾグで読み解く3部作化の苦心〜(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト

ホビット 思いがけない変更〜アゾグで読み解く3部作化の苦心〜(前編)

2013年02月16日 19:22

この記事を書こうと思ったきっかけは、先日来ツイッターやファンサイトのフォーラム、また個人ブログ等で、「映画のクライマックスであるアゾグ VS トーリンのシーンで、ナズグルのテーマが使われているのは何故か」という疑問に対して、トールキンクラスタによる様々な意見が交換されているのを目にしたことです。
曰く「行方不明のトーリンの父スライン2世が所持していた“7つの指輪”はトーリンの手に渡り、この時既に彼が指輪の影響下にあることを暗示している」、曰く「トーリンの手によって一度は死んだ筈の悪(アゾグ)が蘇った、この状態が生と死の狭間を彷徨うナズグルと似ているからである」等々…。

真剣な意見の遣り取りを尻目に、極めて俗物なワタクシめは、

「えっ?そこにあてる曲を作ってなかったからじゃないの?」

と即座に思ってしまった訳ですが(ホントすみません)、日々制作に関するニュースを追いかける中で気付いたあれやこれやを考え合わせますと、あながち間違ってもいないのではないかという結論に至り、情報を整理するにつけ見えてきた3部作への移行に伴うスタッフの苦心について、僭越ながら大真面目に語ってみることに致しました(今回も当然ながらネタばれあります


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.

■2部作から3部作へ

まず、2007年12月に『ホビット』の映画化発表が行われてから、ずっと2部作で制作される予定だったこのシリーズが3部作となった経緯について振り返ってみますね。

2012年7月6日、『ホビット』の主要部分に対する266日に及んだ撮影は終了しました。
この後12日からサンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナルの直前になって、「『ホビット』3部作に変更か?」の噂が流れ始めます。15日に行われる『ホビット』のプレゼンテーションにおいて、ピーター・ジャクソン監督が3部作になったことを電撃発表するのではないか?とも言われていました。
しかし、この噂をワーナー・ブラザーズの公報担当者は全面否定。3部作が計画されたこともなければ、コミコンでのサプライズ発表もないと発言したのです【Source:Variety
しかし、ジャクソン監督はコミコン会場でのインタビューの中で、「確かに(2本の)映画に収まらない素材についてスタジオと話しをしている。それが拡張版(EE)になるかどんな形になるかは分からないが、議論は進行中だ」と語ったのです【Source:HitFix

この結末は皆さまご承知の通りです。
7月30日、PJは彼のfacebookにて3部作決定を報告。それから4ヶ月に満たない11月28日には、『ホビット』3部作の1作目である『ホビット 思いがけない冒険』はウエリントンでワールドプレミアの運びとなったのです。

何故最初に長々と3部作化発表当時の話をしたかというと、この決定がどのくらい急に行われて、それに伴う作業がどのくらい短時間で行われたかをイメージしてもらうためです。
PJは7月30日の記事でこう書いています。

撮影したフィルムを腰を据えて見る機会を最終的に得るのは、撮影終了後しかない。
最近、ぼくとフラン(・ウォルシュ)、そしてフィル(フィリッパ・ボウエン)は、初めて最初の映画と2本目の映画の大半を見る機会に恵まれた。物語の統一性、特に登場人物たちの説得力と、その登場人物たちに命を吹き込んだキャストには本当に満足したが、その全ては、とても単純な疑問を生じさせることになった。「ぼくたちには、もっと多くの物語を伝える機会があるのではなかろうか?」

勿論、撮影中から「これはとても2本では語り切れないな」と感じていたことと思いますが、3部作化を現実的に考え始めたのは、彼の言葉を信じるならばクランクアップ後ということになります。
すぐにスタジオと交渉するも、7月中旬に行われたコミコンの最中はまだ議論半ば。これはワーナーの広報担当の発言からも、またコミコン用に準備されたビデオには、2部作を前提にエスガロスの舞台裏まで組み込まれていたことからも分かります(このビデオは9月にネット流出して話題になりました)

■2部作としての『ホビット 思いがけない冒険』

3部作化決定で、『ホビット 思いがけない冒険』が2012年7月以前の構成からどう変化したかを考える前に、そもそも2部作であったらどんな話になっていたかを推理してみたいと思います。

これについてはヒントは沢山あります。何故なら先に述べた経緯により、3部作化への決断が非常に早急かつ公開まで間がない時期に行われたために、映画公開に合わせて販売すべく先行して作成されていたタイアップ書籍やグッズに、当初は第1部に登場する予定だった場面やキャラクターが多数使用されているからです。
勿論、スタジオやピーター・ジャクソン監督だってそのつもりだったのですから、7月以前に発表されたプロダクション・ビデオや公開されたスチルにも、沢山カーロック(ラストに一行が鷲に運ばれて着いた“見張り岩”)以降のシーンを見ることが出来ます。

その中で最も分かり易い例として、下の2つのバナーをご覧ください。上がコミコン開催に合わせて7月9日にワーナー・ブラザーズが公開したバナーポスター、下がそのほぼ2ヵ月後の9月7日に改めて公開されたバナーポスターです。
画像の右側が大きく変更されていることが分かりますね。下の新しいバナーでは、最終的に公開された映画のクライマックスの舞台が右端にきています。
そう、7月時点では、“熊の人”ビヨルンと出会い、闇の森のクモたちと戦い、少なくともビルボとドワーフの仲間たちがエルフ王の地下牢から脱出するまでの物語は第1部で語られる予定になっていたのです。恐らく、クライマックスを“樽の川下り”とし(児童小説の語り口ではコミカルにも聞こえますが、実際あれやったら命がけですものね)、たての湖のほとりから、エスガロスとその背後に聳えるはなれ山を臨むエンディングだったのではないでしょうか。


↑2012年7月9日に公開されたバナー


↑2012年9月7日に公開されたバナー

[ホビット 思いがけない変更〜アゾグで読み解く3部作化の苦心〜(前編)]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。