スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年7月〜

2013年07月31日 23:59

7月31日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション情報公式発表。
 米ワーナー・ブラザーズ・ホーム・エンターテインメントは、『思いがけない冒険』のエクステンデッド・エディションの詳細についてプレスリリースを発行しました。
アメリカでの発売日は7月5日、ダウンロード販売は10月22日とのこと。拡張シーンは13分と短めですが、9時間に及ぶ映像特典が含まれています。
日本版の発売についても同日、ワーナー エンターテイメント ジャパンから発表がありました。2Dブルーレイ、DVDそれぞれ5枚組セットが7,980円、11月13日販売となります。 【HDRF】 【Blu-ray.com】


*Wetaスタチュー付き限定版については、公式発表は未だされておりませんが、米amazon等で取り扱い予定になっています。
7月30日(火)
*ビヨルンの画像がネット流出。
 スペインの玩具(映画のタイアップグッズ)メーカー、SD Toysが、『ホビット スマウグの荒らし場』2014年カレンダーの画像をfacebookにて紹介。その裏表紙の画像には、逞しい上半身を剥き出しにした、人の姿をとっているときのビヨルンが含まれており、これが最初のビヨルン(人型)写真の流出となりました。
他にも同カレンダーには、いずれも小さいながらも、ビルボやトーリンの初お目見え画像が複数含まれています。 【facebook(SD Toys)】
7月29日(月) *ニュージーランド政府、『ホビット』制作会社に6700万NZドルを払い戻し。
 『ホビット』の制作会社である3 Foot 7は、ニュージーランド政府より6700万NZドルの現金の払い戻しを受けました。これは、ニュージーランドの映画制作及び資金調達を行うニュージーランド映画振興委員会(New Zealand Film Commission:NZFC)が主体になって行う資金援助により、大型予算映画制作助成金(LBSP)が適用されたもので、映画制作のためにニュージーランド国内で支出した費用(Qualifying New Zealand Production Expenditure[QNZPE])が1500万NZドル以上であること等が条件になります。3 Foot 7は『ホビット』3部作のために現時点でおよそ4億4700万ドルを使用しており、その15%にあたる6700万NZドルが払い戻しとなりました。
なお、経済開発省の事務局は、『ホビット』3部作が1000万ドル近い補助金を申し込んだことを7月29日に確認しています。QNZPEが2億ドル以上の映画については、最高975万ドルの追加 補助金を得る資格があるとのことです。 【Radio NZ News】
7月26日(金) *『ホビット』追加撮影終了。
 ピーター・ジャクソン監督はfacebookにて、ベッドから起き上がった時から深夜の帰宅まで、撮影最終日の出来事をfacebookに投稿。ファンと最終日の感動を共有しました。
「…終わったよ!ぼくがこれを書いている間に、更にテイクを撮り進めて、終了だ!リチャードは素晴らしかった。サブユニットも殆ど同時に終わったよ。笑顔と喜びと…そして悲しみ。あぁくそっ!すごく悲しいじゃないか」 【facebook(Peter Jackson)】
7月25日(木) *追加撮影、「明日(26日)が最終日」と『ホビット』キャスト・クルーが報告。
 23日にドワーリン役のグレアム・マクタビッシュが「あと3日」とツイートしたのを裏付けるように、ボンブール役のスティーヴン・ハンターはTwiterにて「そろそろ中つ国にさよならを言う時間だ!」と報告しています。またオーリ役のアダム・ブラウンも「明日は、世界で最高の仕事における最終日!」とツイートしました。 昨日(24日)には、ノーリ役のジェド・ブロフィーがfacebookにて、「ゴールが見えてきた。そこには涙があるだろう。この経験がどんなだったかを説明するのは難しいね。だけど身体は覚えていて、ぼくはその歳月を感じている。無数のオークたちは激怒しただろう。中つ国での最後の日、ぼくはとても幸福だ」と報告しています。
そしてピーター・ジャクソン監督も、新しいREDカメラ(その名も“DRAGON”)を試用した件をfacebookで報告した際に、「あと2日となった『ホビット』の撮影には使用しないが…」と書いており、追加撮影の最終日が26日であることを明らかにしています。 【Twitter(Stephen Hunter)】 【Twitter(Adam Brown )】
7月23日(火) *グレアム・マクタビッシュ、追加撮影終了まであと3日とツイート。
 5月21日から(一部スタッフとキャストはそれ以前から)始まった『ホビット』の追加撮影も最終の第10週目を迎えました。
ドワーリン役のグレアム・マクタビッシュは、残りの撮影期間はあと3日で、既に撮影を終えたドワーフ役の俳優もいることをTwitterにて報告しました。
「ゴールが見えてきた。あと3日だ。ドワーフの兄弟たちの何人かに別れを告げた。彼らとこれを共有出来たことを誇りに思うよ」 【Twitter(Graham McTavish )】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年7月〜]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット スマウグの荒らし場』第1予告編公開!

2013年06月12日 08:00

6月11日0AM PDT(日本時間12日午前2時)、待望の『ホビット スマウグの荒らし場』の第1予告編(teaser trailer)が公開となりました。
取り急ぎ邦訳してみましたので、毎度雑な意訳ですが、宜しければご覧下さい。





スランドゥイル(VO)「そなたの旅はどこで終わるのだ…?王国を統べる権利を授けるものを探し…」


スランドゥイル「祖国を取り戻して、ドラゴンを倒すための探求の旅(クエスト)か」


“暗闇を越えて”


レゴラス「わたしが殺さないなどと思わないことだな、ドワーフよ!」


タウリエル「いつ、悪がわたしたちより強くなることを許したというの?」」


レゴラス「我々の戦いではないのだ」
タウリエル「これはわたしたちの戦いよ」
[『ホビット スマウグの荒らし場』第1予告編公開!]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年4月

2013年04月28日 18:18

4月25日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』劇場上映終了。総興行収入は10億1700万ドルに。
 2012年12月14日に世界同時公開された『ホビット』3部作の第1作目は、19週133日に及ぶ劇場上映期間を終了し、10億ドルヒットを記録した史上15番目の映画となるなど、シリーズの成功を占う上で幸先の良いスタートとなりました。
4月25日までのアメリカ国内の興収は$303,003,568、海外興収の総額は$714,000,000でした。 【BOX OFFICE MOJO】

4月23日(火) *英ビデオチャートで、『ホビット 思いがけない冒険』2週連続1位に。
 4月8日に『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVDが発売されたイギリスでは、2週間で116万セットを売り上げ、発売開始からの2週連続でビデオチャートのトップを記録しました。 【Official Charts.com】
4月22日(月) *ニュージーランドの外国人観光客13%増『ホビット』も貢献。
 ニュージーランド統計局は、2012年3月からの1年間の外国人観光客が前年より月13%増えたと発表。
これには、2月初旬から3月下旬まで行われたイングランド・クリケットツアーの英国からの観戦客に加えて、『ホビット』3部作の公開に合わせて梃入れしてきた観光キャンペーンが貢献したと、ニュージーランド政府観光局の最高責任者であるケヴィン・ボウラー氏は発言しました。 【BIG POND NEWS】
4月17日(水) *米ホームビデオチャートで『ホビット 思いがけない冒険』再び1位へ。
 3月19日にブルーレイ/DVDが発売されたアメリカでは、登場第1週目は売り上げトップを飾ったものの、2週目、3週目は『レ・ミゼラブル』、『ライフ・オブ・パイ』などの人気作品の登場に押されて3位の成績でした。4週目にして再びトップに返り咲き、息の長い人気ぶりを見せています。 【THR】

*『ホビット 思いがけない冒険』日本版ブルーレイ/DVD 発売。
 レンタルも同時開始。クラブワーナーでは、《ホビット3部作》横断キャンペーンを実施。ブルーレイ/DVDに封入されているキャラクターカードを全5枚集めると、中つ国カードボードがもらえるというもの。 【ワーナーホームビデオ】 【クラブワーナー】
4月16日(火) *シネマコン2013で、『ホビット スマウグの荒らし場』フッテージ映像上映。
 4月15日から18日までラスベガスにで開催されたシネマコン2013(CinemaCon 2013:全米劇場主に向けての、ハリウッド映画スタジオによる新作ラインアップ発表会)において、ワーナー・ブラザーズは16日、ザック・スナイダー監督の『マン・オブ・スティール』やギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』等の新作紹介を行いました。
『ホビット』3部作の2作目となる『ホビット スマウグの荒らし場』のプレゼンテーションでは、エヴァンジェリン・リリーとオーランド・ブルームが登場するいくつかの短いクリップ付きビデオが紹介され、ビデオの中でピーター・ジャクソン監督は、これが完全なフッテージでないことを詫びると共に、今後数週間のうちに予告編の準備が出来ているべきだと述べたとのことです。また、THRのレポートでは「ジャクソン監督の事務的なプレゼンテーションは昨年と対照的だった」とも伝えています。
エヴァンジェリン(タウリエル)とオーランド(レゴラス)が登場するビデオということは、先月の『スマウグの荒らし場』で紹介されたものと、それ程違わないフッテージだったのでしょうか?
昨年は新シリーズとHFR3Dを劇場オーナーに売り込む為に自らラスベガスまで出向いたPJでしたが、仕上げ途中だった48FPS映像を酷評される結果となったのは記憶に新しいところ。シネマコンには良い印象がないのか、第1部が10億ドルヒットとなった今、劇場主へのアピールはそこそこでも大丈夫と判断したのかもしれませんね^^; 【ComingSoon.net】 【THR】

*アンディ・サーキス、ジョルジュ賞2013で特別賞受賞。
 『ホビット 思いがけない冒険』でゴラムを演じたアンディ・サーキスは、そのモーション・キャプチャーの仕事を評価され、ジョルジュ賞2013(Жорж 2013:SFXの創始者とされるフランスの映画制作者ジョルジュ・メリエスに因んだ、ロシアの映画ファンによる賞)を受賞しました。ロンドンのサーキスは、ロシアのファンに向けてビデオで感謝のメッセージを伝えました。 【STARSLIFE】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年4月]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年3月

2013年03月31日 23:59

3月31日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』3月末の世界総興行収入は10億1千6百万ドルに。
 3月31日現在のアメリカ国内の興収は$302,849,493、海外興収の総額は$714,000,000。 【BOX OFFICE MOJO】
3月30日(土) *『ホビット スマウグの荒らし場』主題歌、エド・シーラン担当の噂。
 イギリスの若きシンガーソングライター エド・シーランは、ニュージーランドのパーク・ロード・ポスト・プロダクションを訪問&対談。ピーター・ジャクソン監督に作中で使用した剣をお土産に貰い、シーランはPJのお嬢さん(ケイティさん)にギターをあげたのだとか。彼はこの訪問をアメリカのTV番組にげすと出演した折、「自分のキャリアの中で最もクールな体験」と語っており、彼が第2部の主題歌を担当するのではと噂になっています。 【Express】
3月29日(金) *トールキン・エステート、LotRスロットマシーン訴訟において、WBの反訴を却下するよう裁判所に依頼。
 LotRスロットマシーンをめぐる訴訟(記事内の3月11日の項をご参照下さい)について、ソウル・ゼインツ・カンパニーとワーナー・ブラザーズ双方から反訴されたトールキン・エステートは、「拒否もしていないし、義務の不遂行を責めているのでもない、単に契約の範囲の問題だ」として、3月27日に判事に反訴の却下を求めました。 【THR】
3月24日(日) *『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー開催。
 ブルーレイ/DVD購入者・予約者のみに限定した(日本では抽選制となりました)ピーター・ジャクソン監督がホストを務めるライブイベントが、24日15:00 EST(日本時間 25日4:00)から、およそ1時間に渡って開催され、『スマウグの荒らし場』の舞台となる闇の森や湖の町でのメイキングシーンや、9つの指輪を所持していた人間たちの王の墓を確かめるガンダルフなどの映像が初公開されました。また、ジャクソン監督は、Twitterやビデオレターで寄せられたファンの質問にも答えました。
編集されたライブ配信番組は、3月27日より5月下旬まで、配布されたアクセスコードの所持者のみ見ることが出来ます。 【THE HOBBIT.com】
《追記》編集版は作業の遅れで、3月28日(日本時間29日)からの公開となりました。

*ジェイムソンEMPIREアワード2013で『ホビット 思いがけない冒険』2部門受賞。
 イギリスの代表的な映画雑誌EMPIREが主催するジェイムソンEMPIREアワード2013で、『ホビット 思いがけない冒険』は、SF/ファンタジー賞及び、主演男優賞(マーティン・フリーマン)を受賞しました。
授賞式では、マーティンの他にガンダルフ役のサー・イアン・マッケランも登場し、スタッフ・キャスト全員を代表して、SF/ファンタジー賞のトロフィーを受け取りました。3Dアート賞、監督賞、作品賞はノミネートに終わりました。 【EMPIRE】

3月19日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVD、北米で発売開始。 【facebook(The Hobbit)】
3月14日(木) *『ホビット』に助成金の価値あり?ニュージーランド国民の評価分かれる。
『ホビット』の撮影をニュージーランドで実現させるために、政府がワーナー・ブラザーズに対して2500万NZドル相当の免税を行い、雇用法の改正を行っただけの価値が国にとってあったかどうか、UMRリサーチが18歳以上のニュージーランド人1000人を対象にアンケート調査を実施しました。その結果、「価値があった」との回答が42%を締め、「価値がなかった」とする回答38%を僅差で上回りました。「価値あり」と答えたのは女性よりも男性に多く、高年齢層、高所得者ほど支持する傾向にあったとのこと。
また、『ホビット 思いがけない冒険』の10億ドルヒットを受けて、ワーナー・ブラザーズは助成金をNZ政府へ返済すべきだと考えている人は全体の70%にのぼり、「返済の必要なし」と考えている人の19%を大きく上回りました。 【tvnz】 【UMR RESEACH】



3月12日(火) *『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビューに際して、ファンからの質問を募集。
 3月24日 15:00 EST(日本時間 25日4:00) からの『スマウグの荒らし場』のライブイベントにおいて、ピーター・ジャクソン監督への質問ビデオを一般募集。投稿はこちらから→ 【facebook(The Hobbit)】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年3月]の続きを読む

『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その1)

2013年03月26日 21:04

3月24日15:00 EST(日本時間25日4:00)、ピーター・ジャクソン監督がホストを務める『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビューが、およそ55分間に渡ってライブ配信されました。
この企画は、3月19日に『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVDが発売された本国アメリカにおいては、購入者のみの特典イベントとして用意されたものでしたが、日本を始めとする4月以降にブルーレイが発売される国においては、予約者への通知や抽選といった形でアクセスに必要なコードが配布されました。

   

この宣伝戦略については個人的に思うところも多々ございますが、まずは幸運にも視聴出来た一人として、コードを入手出来なかったり、平日の早朝という悪条件でご覧になれなかった『ホビット』ファンの皆さまに、その内容をご報告したいと思います。
記事の作成には、視聴時に管理人がとったメモと合わせて、TORnが掲載したスニークピーク実況を参考にさせて頂きましたが、管理人の英語力は皆さまご承知の通りの残念さ(繰り返し聞くことが出来ない現段階では特に)ですので、聞き違いや勘違い、項目の抜け等々については何卒ご寛恕下さいませ。


ライブ配信は、ニュージーランド・ウエリントン(現地は朝7時頃ですね)のジャクソン監督のポスト・プロダクションから中継されました。ホストのPJに加えて、ノーリ役のジェド・ブロフィーがゲスト兼進行のアシスタントとして参加しました。

■モーション・キャプチャースタジオの訪問
スタジオに向かう廊下に『暁の出撃』のポスターが貼ってあります。PJが第一次世界大戦の戦闘機マニアで、現在この映画のリメイクを手掛けていることは周知の通りです。
スタジオでは、アゾグと他のオークによる戦闘シーン、弓を射るオークのモーション・キャプチャーが実演されました。

■プレビズ*部門へ/これはスマウグ…???
(*Previs:previsualization 実際に映画を制作する前に、予想される結果をCG等を使って視覚化する作業)
移動中の廊下の壁には007シリーズのヴィンテージポスターが所狭しと貼ってあります。PJが最初に観たのは『007/死ぬのは奴らだ』とのこと。ジェドは『007/ゴールドフィンガー』がお気に入り。

プレビズ部門ではドラゴンの画像がいくつかモニター上に見えますが、どれもコミカルなものばかり。どうやらPJのおふざけで、タイトルロールのスマウグではなさそうです。

ここで気になったのは、壁に貼られた裂け谷の図書館のコンセプト・アートでした。膨大な書物が納められた書架が何層にも続いています。撮影はされなかったそうですが、ビルボがどのくらいこの場所に心弾かれたかを想像するのは楽しいものでした。



■編集室にて/ボートの上のビルボとドワーフたち
一際目立つ『恐竜100万年』のポスター。PJは少年時代、この映画のポスターを寝室に飾っていたとか。スマウグにもこの映画へのオマージュが見られるかもしれませんね(…と書いていて、ピーター少年のお目当てはラクエル・ウェルチのほうか、と思ったことは内緒)

さて、編集室のモニターの映像は、湖の町の入り江と思われる場所でのボート上のビルボの演技です。13人のドワーフたちも水浸しで寒さに震え、どうやら樽から出てそれ程経っていないようです。キーリ(エイダン・ターナー)は傷を負っている様子。

「袋小路屋敷から離れるんじゃなかった!それがぼくの最初の失敗だ。ホビット庄じゃこう言うんだ “東へ旅すべからず(Never venture east)"って!」

ワイドショットやクローズアップ、様々なテイクが紹介されますが、それぞれ少しずつ演技を変えて何テイクもやってのけるビルボ役のマーティン・フリーマンが圧巻です。そして、



「じゃあ、何故あんたは東へやってきたのかね?」
そのボートに声をかけたのは……ルーク・エヴァンズ扮するバルドその人でした。


[『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その1)]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。