スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デル・トロ監督 ロングインタビュー~Total Film編~ (前編)

2009年11月06日 19:46

ソースの日付前後しますが、ウェリントンに長期滞在中のギレルモ・デル・トロ監督に、 Total Film.com が独占ロングインタビューを敢行しております。テーマは勿論、制作進行中の 『ホビットの冒険』 について!
少々長い記事なので、今回はまず、その前半部分をお届け致します!ドゾ~♪

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

18ヶ月前、ギレルモ・デル・トロには10年間に及ぶプランがありました。
彼の人生は入念に計画済みで、それはJ.R.R トールキンが愛情こめて描写した中つ国の地図作りとは無関係なものでした。
「 『ホビットの冒険』 が出現した時、僕は人生のうちの今後10年間を静かに葬ったのさ」 と彼は笑って言いました。「僕は全てを準備していたのに、『ホビット』 は突然やってきて、僕の人生を買収したんだ」

誤解なさいませんように。 『ホビットの冒険』 は彼にとっての “いとしいしと”なのです。
デル・トロは、この2部作が彼のキャリアを決定付けるものであることを誰よりも承知しています。そしてこの映画監督は、トールキンの原作とピーター・ジャクソンの 『ロード・オブ・ザ・リング』 3部作に敬意を払うだけでなく、自信に満ちて誇らしげに彼独自の世界を建設することに励んでいます。

我々は、ウェリントンの制作拠点にいるデル・トロ監督に、この10年間で最も大きなプロジェクトになるであろうこの映画について話を訊きました。

Total Film(以後TF) 「 『ホビットの冒険』 のデザインは、あなたの他の映画と比べて、随分長くかかったようですね」

ギレルモ・デル・トロ(以後GDT) 「ほぼ1年かかったね。 『ヘルボーイ』 など、僕の通常の映画のデザインに費やす時間はこの1/3だよ。実際、参加したアーティストの人数を考えたら、いつもの3~4倍なんだけどね(笑)
僕たちは何百も…文字通り数百枚ものデザイン画を描いたよ。幾つもの模型、幾つもの素材試験。それは大がかりなものさ。それなのに、まだまだデザインは製作途中なんだからね」


TF 「どんなふうに脚本を執筆されたのでしょう? ピーター・ジャクソンやフラン・ウォルシュ、それにフィリッパ・ボウエンと同じように、多くの部分を関わられたと思うのですが」

GDT 「何ヶ月も、何ヶ月も前になるけど、僕たちは3×5インチのカードを前に構成について議論し、映画のレイアウトを考えたんだ。
毎日基本的に9時に顔を合わせて、午後になるまで何時間もそれに取り組んだ。それから、昼過ぎには僕はデザインをチェックしに行くんだ。
ある時点で、僕たちは二つのチームに分かれたんだ。こちらがある段階をやって、他のチームがまた別の段階をする。僕が慣れている共同執筆のやり方だよ。
だけど何が凄かったかって、一日で出される素晴らしいアイデアの量といったら!そりゃ、たまげたよ。僕たちは 『ホビットの冒険』 を3つ、あるいは4つのヴァージョンで書くことが出来たんだからね(笑)」


TF 「映画の構成の話が出ましたが、1本目は原作に基づき、2作目は追補篇とあなたの想像力を合わせて作られるのでしょうか?それとも、小説の(後半の)部分が2本目のためにとっておかれるのでしょうか?」

GDT 「僕たちはトールキン教授が設定した構成を尊重しているよ。 『ホビットの冒険』 の冒険の順序は、あらゆる世代が子供時代に馴染んだものだからね。それを動かされるのは、君だって好まないだろう?
だけど、ガンダルフはしばしば原作の中で姿を消すから、彼の(知られざる)行動を完全なものにしようと考えたんだ。だから原作とは対照的に、僕たちは彼が何処に行って、彼の身に何が起こったかを見ることが出来るんだよ」


TF 「あなたとピーター(ジャクソン)は、どちらも明確なビジョンを持った映像に拘るタイプの映画作家です。二人の意見が衝突したら、その時はどうするのでしょうか?」

GDT 「これまでは、そのような岐路に立たされることはなかったね。僕たちは口論することで、また次の段階へと進んで来られたんだ。尤も、僕はこれまで、ピーターは完璧なプロデューサーを務めてきたと思っているよ。
僕の人生のうちで、二人の映画作家が僕の(映画の)プロデューサーになったんだ。両方ともピーターという名前で、一人はペドロ・アルモドバル、そしてもう一人がピーター・ジャクソンだよ。

 (*スペイン系の名前であるPedroは、英語のPeterに同じ。アルモドバルは、デル・トロ監督の 『デビルズ・バックボーン』 の制作を手懸けている)
どちらの場合も、完璧なプロデューサーだったね。というのは、二人ともプロデューサーというのは“制作者兼映画監督”ではないということをちゃんと理解していたからなんだ。
プロデューサーはあくまでプロデューサー(制作者)なんだよ。もし非常事態が起こったり、全てがうまくいかなくなったら、プロデューサーは断固たる意見を述べることが出来るし、そうするべきだ。だけど全てが順調で、スケジュール通りに運んでいて、予算もあって、創造的なことに関して一致団結している場合、その必要はないからね」
[デル・トロ監督 ロングインタビュー~Total Film編~ (前編)]の続きを読む
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。