スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュアリリースから『ホビット』3部作を推理する(その2)

2012年09月07日 01:22

先月、ゲームズ・ワークショップのリリースプランとされるリストが、テキスト共有サイトPASTEBINにUPされ、拙ブログでも紹介させて頂きましたが(*8月12日の記事をご参照下さい)、9月1日になってかのTORnが、ゲームズ・ワークショップのスタッフから、「このリストは非常に巧妙でよく研究されたものではありますが、“いたずら”です」との報告を受けたとの記事をUPしていました。Hrum、Hoom。

僭越ではございますが、LotR3部作のクランクイン前から映画化情報収集のためにネットの海を徘徊していたワタクシめの感触と致しましては、「本物じゃないけれど、あながち偽物でもない」だったんですよね。つまり、映画制作のかなり早い段階で大ざっぱな材料を提供された中で作成された最終案ではないリストか、あるいは本物のリストの中に(だから部分的には本当の箇所もある)フェイクを混ぜたか、どちらかじゃないかと。
例えば、全品目に素材(PLはプラスチック、REはレジンですね)や形状を示す記号がきちんと入っていたり、バイン少年に特別に見せ場を用意しているシナリオが垣間見えたり、ロアークと対をなす大ガラスにスウォープ(Swoop:鳥などが空から舞い降りて獲物に飛びかかる様子を表す自動詞)なんて名前が付いていたりと、偽物と片付けてしまうには手が込み過ぎ&センスあり過ぎなんですよね(だからこそ「この上なく巧妙ないたずら」ってことなのかもしれませんが)

2010年1月という早い段階でSpoilerTVがリークした、主要登場人物のキャスティングのプロット詳細も、当時TORnは関係者情報として「根拠なし」と報じましたが、蓋を開けてみたらイタリルやアルフリードといった映画のオリジナルキャラを含む9割方が本当だった…なんてこともありますから、ただちに「ゴミ箱行き」とせず、記憶の「一時保存」ファイルにそっとストックを決めた管理人です。


以上、長過ぎる前置きでありました。
さて、件のリストから遡ること1ヶ月前、ドイツのWebサイトSF-Fanが、別のアクションフィギュアのリストを掲載しました。ドイツのトールキンファンサイトHDRFはこのリストについて、「ワーナーの公式テキストと確認した」と言っておりますが、如何せんドイツ語テキストなので指をくわえて見ておりましたら、TORnのフォーラムに英訳をUPしてくれたファンがおりました。どんなときでも頼りになるのはファンの情熱。有り難や有り難や…。

という訳で、こちらも紹介してみたいと思います。ただし「公式」と言うだけあって、登場人物のリストに目新しい名前はありません。
それでも、それぞれのキャラクターに添えられた説明文が映画における人物設定になっており、映画化する上で差別化を図る為に付加された性格やオリジナルの設定などは、ストーリー展開を予想する上で大きなヒントとなるような気がします。
そんな興味で訳してみました。ドイツ語→英語→日本語と翻訳を繰り返した、宛ら「伝言ゲーム状態」で、いつにも増して精度の保証はありませんが、宜しければご覧下さい。

【注意】以下、『ホビット 思いがけない冒険』の登場人物やストーリーに関するネタばれがあります。映画をなるべく白紙状態で楽しみたい方は、読むのをお控え下さい。

*   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *

1.ビルボ・バギンズ
多くのホビットたちと同様、ビルボ・バギンズは彼の快適な人生を享受しており、完璧な食料庫と良い書物とに囲まれて完全に満足しています。魔法使いのガンダルフが13人のドワーフたちと共にいきなり現れて危険な旅への同行を頼んだ時から、彼の人生は根本から変わることになりました。
ビルボは最初こそ懐疑的でしたが冒険好きでもあったので、トーリン・オーケンシールドのグループに加わって、恐ろしい竜の裏をかいてドワーフの奪われた財宝を取り戻す為に、ドワーフたちが必要とした「泥棒の達人」になります。驚いたことに(それは彼自身も含めて)ビルボは見かけよりもずっと頭が良くて勇敢であることが次第に分かってくるのです。

2.灰色のガンダルフ
ガンダルフは中つ国で最も強力な魔法使いの一人です。彼は炎を吐く恐ろしい竜のスマウグによって石造りの広間で守られている莫大な財宝を取り戻し、エレボールのドワーフの王国を解放する任務に参加します。
旅の途中でガンダルフは、世界が古(いにしえ)の悪に取り憑かれようとしている兆候に気付きます。ことの真相を見極める為に、ドワーフたちの旅は彼らの裁量に任せ、ガンダルフは仲間のもとから去らなくてはなりませんでした。
彼自身が歩む道は、中つ国の最も暗い場所へと彼を導き、ガンダルフはそこで、最悪の懸念が現実になったのをその目で確かめることになります。

3.トーリン・オーケンシールド
トーリンがエレボールのドワーフの王国の若き王子であったとき、炎を吐く竜が王国を蹂躙する恐ろしい光景を目撃しました。生き残ったドワーフたちに手を差し伸べる者とてなく、かつて栄華を極めた高貴な一族は亡命を強いられることになりました。
苦難の歳月の間に、トーリンは強く勇敢な戦士として、また尊敬される指導者へと成長しました。祖国を取り戻し、竜を滅ぼしたいという熱望は彼の心の中で大きく膨れ上がり、そのことは同時に、彼に従うドワーフたちの窮境の原因ともなっています。

4.バーリン
バーリンは高貴な血筋のドワーフであり、仲間の中で最年長のメンバーの一人です。生まれつき分別があり穏やかな性格で、しばしば生きるか死ぬかの瀬戸際にあって軍隊的生活にも慣れなくてはなりませんでした。
トーリン・オーケンシールドの近縁の従兄弟たちの中で、彼は最も親しく最も信頼された相談役の一人です。しかし、賢く誠実な彼の心の奥底では、はなれ山を取り戻すことが果たして賢明なことかどうかをいつも自問しています。

5.ドワーリン
古強者として名の知れたドワーリンは、自分の意見を自分の胸だけにおさめてはおけない性格です。誰でも彼におせっかいを焼こうとする者は注意しなくてはなりません。
強力で荒々しい戦士であり、大声で喚き散らし、ドワーフ以外の種族、特にエルフたちを疑う傾向があります。ドワーリンは誇り高く勇敢で、最も大柄なドワーフの一人です。彼が従うのは、尊敬出来る人物だけです。トーリンのリーダーシップに対する彼の信頼は揺るぎないものがあります。
[ミニチュアリリースから『ホビット』3部作を推理する(その2)]の続きを読む
スポンサーサイト

ビルボ役にマーティン・フリーマン決定!!PJ 『ホビット』キャストを一部発表!

2010年10月24日 19:57

さて、既に皆さま国内外の映画ニュース等でご存知のこととは思いますが、主役のビルボ・バギンズ役を始めとする『ホビットの冒険』の一部主要キャストが遂に発表されました…!!

10月21日(現地時間)、ニューライン・シネマの社長兼最高執行責任者トビー・エメリッヒ、ワーナー・ブラザーズの社長兼最高執行責任者アラン・ホーン、それにMGMの共同最高経営責任者スティーヴン・クーパーと我らがサー・ピーター・ジャクソンの4人の連名で、キャストの公式発表がありました。今回明らかになった配役と、出演者の略歴は次の通りです。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

■ビルボ・バギンズ
マーティン・フリーマン(Martin John C. Freeman)
1971年9月8日生(39歳) イングランド・ハンプシャー出身
〔出演作〕『ラブ・アクチュアリー』(2003)、『 銀河ヒッチハイク・ガイド』(2005) 、『レンブラントの夜警 』(2007)、『恋愛上手になるために』(2007)他


*最近ではBBCのミニTVシリーズ『シャーロック』(2010年7月~)で、21世紀のロンドンに舞台を置き換えた“名探偵ホームズ”の相棒ワトソン博士を好演。来年撮影となる第2シーズンへの出演契約を既に終えていたため『ホビット』への出演を危ぶまれていましたが、ジャクソン監督は映画化決定前から「彼こそビルボだ!」と心に決めていた本命中の本命の獲得に成功した模様です。等身大の人物像の中に、おかしさがにじみ出る役に定評がある(Wikipediaより)彼ですが、BBCの歴史ドラマ『Charles II:The Power & the Passion』(2003)におけるシャフツベリー卿など、シリアスな演技も難なくこなす個性派俳優です。

■トーリン・オーケンシールド
リチャード・アーミテージ(Richard Crispin Armitage)
1971年8月22日生(39歳) イングランド・レスター出身
〔出演作〕『North & South(TV)』(2004)、『 ロビンフッド(TV)』(2006-2009) 他


*BBCの歴史ドラマ『North & South』でロマンチックな主人公ジョン・ソーントンを演じ、イギリス中の女性を虜にしたアーミテージ。同じくBBCのTVシリーズ『ロビンフッド』では悪名高きギズボーンのガイを演じたものの、主人公の人気をすっかりくってしまったという黒髪で青い瞳、身長188cmのハンサムな人気俳優です。LotRファンによるキャスティング予想では、常にバルドやスランドゥイル役に挙がっていた“エルフ顔”(>主観)の彼を、誇り高く辛辣で、百戦錬磨のドワーフ戦士に選んだPJのセンスに期待大です。

■キーリ
エイダン・ターナー(Aidan Turner)
1983年6月19日生(27歳)アイルランド出身
〔出演作〕『Desperate Romantics (TV)』(2009)、『 Being Human(TV)』(2009~) 他


*吸血鬼と狼男、それにゴーストの3人がハウスシェアして、人間社会に解け込もうと奮闘するホラーコメディ『Being Human』で、吸血鬼のJohn Mitchellを演じて人気急上昇中のターナー、短編を含め3本の映画への出演経験もある若手俳優です。

■フィーリ
ロバート(ロブ)・カジンスキー(Robert Kazinsky)
1983年11月18日生(26歳) イングランド・サセックス州カックフィールド出身
〔出演作〕『Dream Team(TV)』(2005-2006) 、『EastEnders(TV)』(2006-2009)他


*地元学校在学中に演劇に目覚め、18歳でギルフォード演劇学校で奨学金を獲得し本格的に演技の勉強をした後、数々の舞台で活躍。BBCのTVシリーズ『Dream Team』のキャスパー・ローズ役、『EastEnders』のショーン・スレーター役を演じたことで、イギリス中にその名を知られるようになりました。その演技力には定評があり、現在イギリスで最も活躍が期待されている若手実力派俳優の一人です。

■ドワーリン
グレアム・マクタビッシュ(Graham McTavish)
1961年生(49歳) スコットランド・グラスゴー出身
〔出演作〕『宇宙船レッド・ドワーフ号(TV)』(1999) 、『プリズン・ブレイク(TV)』(2005-2009)、『ジキル(TV)』(2007)、『ランボー最後の戦場』(2008)、『24』(2010)他


*イギリスのTVシリーズを中心に活躍するベテラン名脇役です。『宇宙船レッド・ドワーフ号』のWarden Ackerman役を始め、『プリズン・ブレイク』、『ジキル』、『LOST』、『24』等、日本でもお馴染みの英米のTVドラマに数多く出演しています。また、『ランボー最後の戦場』ではSAS出身の非情な戦士ルイスを好演し、観客に強烈な印象を残しました。
[ビルボ役にマーティン・フリーマン決定!!PJ 『ホビット』キャストを一部発表!]の続きを読む

フロドの両親も登場!?出演者“公式”?募集の中身

2010年01月08日 23:35

先月から本格的に始まったとされる主要登場人物のキャスティングですが、いったいどういう経路で入手したものやら、「公式出演者募集、そのプロット詳細」とされるリストが、1月4日付の Spoiler TV に掲載されました!
これが本物なら、サイト名に恥じないとてつもないSpoiler(ネタばれ)なワケですが…・・・。 まずはその中身をそっくりご紹介致します。判断はご自分の目で。

ビルボ
裕福で育ちの良いホビット。彼自身は気付いていないが、大変勇気があり、実際的で立ち直りも早い。ユーモアのセンスに富み、冗談も分かる。非常に飲み込みが早くて、彼の母によって読書家に育てられたせいで博識である。
ビルボについて最も際立った特徴は、彼の人間性にある。度胸があり寛容な精神の持ち主で、人を思い遣ることが出来る。
【年齢】25~35歳
【アクセント】標準R.P.
(*Received Pronunciation:英国における容認〔標準〕発音。パブリックスクールのアクセントや、BBC英語等を指し、これを話す人は一般に教養ある人と認められているそうです)

トーリン・オーケンシールド
ドワーフの王国エレボールの後継者。亡命先の青の山脈から遠く離れた彼らの祖国へ一族を率いてきた。
頑強な体格の伝説的な戦士。彼の顔には、苦難と危険を通り抜けてきた彼の人生が刻まれている。
眼光鋭く辛辣な口調。誇り高く見知らぬ者にはなかなか信用を置かない。しかしトーリンは、熱烈な忠誠と大きな勇気、また思いがけない優しさとユーモアを示すことも出来る。
*かつらと付髭、若干の特殊メイク(鼻や額など)が必要。
【年齢】40代前半~50代半ば
【アクセント】標準R.P.、あるいは僅かに地方訛りのある英語

フィーリとキーリ
2人のドワーフの兄弟。エレボール王国の後継者であるトーリン・オーケンシールドの甥であるが、彼らの打解けた態度は、必ずしもその高貴な血統を感じさせない。
フィーリは2人のうち年長(おそらく金髪だが、そのことは特に重要ではない)で、両者とも見目良く、幼いうちから武器の扱いを習得してきた強力で熟練した戦士である。
*かつらと付髭、若干の特殊メイク(鼻や額など)が必要。
【年齢】20代前半~半ば
【アクセント】標準R.P.、あるいは僅かに地方訛りのある英語

バルド
湖の町の弓の達人。谷間の国の領主の直系の子孫。
力強く、風雨に晒され日に焼けた顔で、頑強な体格をしている。結婚していて幼い息子がいる。物静かで孤高を持し、血統や弓の使い手としての腕前を自慢することはない。
【年齢】35~48歳
【アクセント】標準R.P.、あるいはアイルランド、ウェールズ、スコットランド訛りの英語(あまり強い訛りでないこと)

グローイン
ドゥリン一族のドワーフ。遠縁の従兄にあたるトーリン・オーケンシールドより高貴な血族の出身である。
はなれ山の探索に参加したドワーフの仲間のうち、グローインは最も率直で、頑固で、権威に疑問を呈することを恐れない。その気難しさにも拘らず、力強く勇敢で忠実であり、つまるところ魅力的で愛すべきキャラクターである。ギムリの父親としてファンには有名。
*かつらと付髭、若干の特殊メイク(鼻や額など)が必要。
【年齢】40~50歳
【アクセント】スコットランド訛り必須

茶のラダガスト
イスタリのうちの一人。他の5人の魔法使い同様老人の姿をとっている。
幾分みすぼらしい身なりで、荒野をさ迷う傾向がある。しかしながら彼は灰色のガンダルフの親友であり、ガンダルフは大いなる親愛の情をもって彼を抱きしめ、その寛大な精神を賞賛している。
陽気な性格で輝く瞳をしたラダガストは、風変わりで忘れっぽくて、容易に取り乱すこともある。
*かつらと付髭、若干の特殊メイクが必要。
【年齢】50~70歳
【アクセント】標準R.P、あるいは僅かに地方訛りのある英語
[フロドの両親も登場!?出演者“公式”?募集の中身]の続きを読む

ジョンとエドワード・グライムズ、ドワーフ役のオーディションに!?(^∇^;

2009年12月11日 13:47



最初に。このブログを2年間やっていて、一番笑った(苦笑した)ネタです(^^;

海外オーディション番組の“本家”「The X Factor」(英ITV)の第6シーズンを大いに騒がせたジョン&エドワード・グライムズの2人が、『ホビットの冒険』に登場するドワーフの、フィーリキーリ(13人のドワーフたちの指導者トーリン・オーケンシールドの甥っ子たちで、仲間内で最も若い)役でオーディションを受けることになった、というものです。

何でも、ピーター・ジャクソン監督の身内が、彼らのマネージャーであるルイス・ウォルシュに打診してきたとのことで、上手く話が運べば、2人はPJとデル・トロ監督に会うためにロサンゼルスへ飛ぶことになるだろう、というのです。
「ピーターはジョンとエドワードに演技の才能があるかどうかを見たがっています。2人は映画に最適なルックスをしていますからね。彼らが演じるのは最も若いドワーフたちで、一行の偵察役として派遣されるんです。大きな問題は、彼らは興奮しがちで落ち着きがないので、こんな大作の撮影現場で落ち着いていられるかってことですね」とは、映画の消息通の弁であります(なんだそれ~!?)

ジョンとエドワード・グライムズは、イギリスのタレント発掘番組「The X Factor」のパフォーマンスで一躍人気者になった18歳の双子の兄弟です。
ディズニー映画『クリスマス・キャロル』のロンドンプレミアでも、主役のジム・キャリーやコリン・ファースらを完全に脇に追いやってしまう程の人気だったそうで、「Jedward」などという愛称も生まれ、彼らの人気はもはや社会現象とか。
今回の記事は、そんな中でイギリスのタブロイド紙 The Sun によって報じられたものですから、その信憑性は大いにギモンですが、それだけ映画『ホビットの冒険』に寄せる海外メディアの注目度は高いということで、週末の友人たちとの話のタネにひとつ(笑)


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。