スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EMPIRE発『ホビット スマウグの荒らし場』で起こること

2013年07月07日 06:44

6月27日に発売されたイギリスの映画雑誌EMPIRE 8月号が、輸入雑誌を扱う日本の書店にも並ぶようになりました。
そこで今回は、『ホビット スマウグの荒らし場』の特集記事で分かった、『ホビット』第2部で起こるあんなことやこんなこと…を纏めてみました。
そんな内容ですから、遠慮なくネタばれを展開しております。映画本編のストーリーを知りたくない方は、くれぐれもご注意下さいませ。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

  1. 第1部と比べ、ストーリーラインは複雑に絡み合い、悪役はますます力を増し、シリアスな展開となる。

    「物語の構造は多層になるわ。進行中のビルボとドワーフの労苦と、追補篇からの出典によるガンダルフのドル・グルドゥア探索の間でインターカッティング(*シーンの切り返し)されることになるの。2つの要素は映画の終わりまで絡み合って、派生したレゴラスや湖の町の統領、それにバルドなどの登場人物たちとバックストーリーを練り上げるの。続編(である第2部)では、子供染みたものは放棄されるわ」〈by.フィリッパ・ボウエン〉

  2. 闇の森のキノコの胞子には、トリップさせる作用がある。

    既に公開されている闇の森のスチルには、ボンブールが急拵えの担架のようなものに乗せられている場面がありました。原作のように「魔の川」へ落ちたせいではなく(ボンブールの飽くなき食への探究心の結果)、胞子を吸い込み過ぎたのかもしれません。あるいはこのキノコの作用が、ドワーフ一行がクモに捉われる原因となるのかもしれませんね。


    ↑ ボンブールを担いで闇の森を彷徨うドワーフたちとビルボ

  3. アゾグはドワーフへの復讐を諦めず、彼同様荒々しい息子ボルグもその追跡に加わる。


    ↑ アゾグの息子ボルグ(コナン・スティーヴンス)

  4. エルフ王の岩屋を樽で脱出したビルボとドワーフたちは、執拗に彼らを追うオークたちの追跡をうける。そして、オークたちを追う闇の森のエルフたちも絡んで、三者が「湖の町」へと乱入することになる。

  5. エスガロス(湖の町)は、原作と違って暗く猥雑で、不吉な迷路のような町となっている。

    トールキンの有名な脚柱の上に乗った町のイラストに反して、窮屈な通りは喫水線と水平で、乱雑なディケンズ風ベニスの様相を呈しています。見かけ倒しの歩道、橋々、そして重い屋根の下で傾いだ建物からなる迷宮です。それは霧深く、良からぬものが影に紛れてこそこそと動く場所です。わたしたちは未だかつて、中つ国でこのような場所を目にしたことがありません。


    ↑ J.R.R トールキンのイラストによる湖の町(彩色:H.E.Riddett)


    ↑ 映画『ホビット スマウグの荒らし場』の湖の町

  6. レゴラスは、LotRでムマキルをしとめたような、アクロバティックなアクションを再び披露する。

    彼(レゴラス役のスタントマン)は揺れ動く小舟に到着するために、180°回転して、手摺を飛び越えます。そして、小舟を占領しているオークは直ちに殺されます。1枚の氷を踏み石にして運河の向こう側へ跳び、裏通りを駆けて、別のオークの上を宙返りします。(中略)「エルフはいつもショーを独り占めさ」彼(オーランド・ブルーム)は気取って笑います。「最高のやり方でね」
[EMPIRE発『ホビット スマウグの荒らし場』で起こること]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット 思いがけない冒険』ニューヨークプレミア開催

2012年12月09日 23:47

12月6日午後7時(日本時間7日)、ニューヨークのジークフェルド劇場にて、AFI(アメリカ映画協会)主催の『ホビット 思いがけない冒険』ニューヨークプレミアが行われました。

プレミアにはピーター・ジャクソン監督やビルボ役のマーティン・フリーマンを始め、ドワーフ役の俳優たちの殆どが出席し、ワールドプレミアには参加出来なかったサー・イアン・マッケランも登壇となりました。
会場にはスランドゥイル役のリー・ペイスや、LotR3部作でアルウェン役を務めたリヴ・タイラー、それに映画『X-メン』シリーズのプロフェッサーX役で人気の、サー・パトリック・スチュワートの姿もあって、華やかな一夜となったようです。【Source:AFI /「The Hobbit」official facebook


photo:AFI

《NYプレミア出演者》
  • ピーター・ジャクソン(監督・脚本・制作)
  • フラン・ウォルシュ(脚本・制作)
  • フィリッパ・ボウエン(脚本・制作)
  • ケン・カミンズ(制作総指揮)
  • アラン・ホーン(制作総指揮)
  • ジョー・レッテリ(SFX監督)
  • アンディ・サーキス(ゴラム役・第2ユニット監督)
  • マーティン・フリーマン(ビルボ・バギンズ役)
  • イアン・マッケラン(灰色のガンダルフ役)
  • リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド役)
  • イライジャ・ウッド(フロド役)
  • ジェド・ブロフィー(ノーリ役)
  • ピーター・ハンブルトン(グローイン役)
  • ウィリアム・キルシャー(ビフール役)
  • スティーヴン・ハンター(ボンブール役)
  • マーク・ハドロー(ドーリ役)
  • ジョン・カレン(オイン役)
  • グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン役)
  • エイダン・ターナー(キーリ役)
  • アダム・ブラウン(オーリ役)
  • ディーン・オゴーマン(フィーリ役)
  • ジェームズ・ネスビット(ボフール役)



『ホビットの冒険』今週の動き 【2010年10月10日~16日】

2010年10月16日 11:48

10月15日(金) *公式GOサインニュースの直後から、キャスティングに関する噂ネットを賑わす。
ビルボ役にマーティン・フリーマン決定間近の噂。また“主要な役柄”として、ジェームズ・ネスビットに続いて、「イングロリアス・バスターズ」「300」で知られるマイケル・ファスベンダー、それにディヴィッド・テナントの名前も再浮上 【Deadline】
ニューライン・シネマ、ワーナー・ブラザーズ、MGM3社による共同声明出ました!
『ホビットの冒険』2011年2月制作開始です。映画は2部作で3D、監督はサー・ピーター・ジャクソンに決定です! 
【TORn】
  『ホビットの冒険』2011年2月制作開始のGOサイン出る!監督はサー・ピーター・ジャクソンに決定とスタジオ関係者 【The Wrap】
  *MGMのメアリー・ペアレント最高経営責任者が退任表明  【LATimes】
  ワーナー・ブラザーズとMGM、『ホビット』2011年2月制作開始で合意と情報筋
俳優組合論争が解決次第正式発表の見込み。スタジオはニュージーランドでの撮影を希望しているとも  【LATimes】
10月14日(木) *MGMの社債権者、破産法申請の投票延期をスタジオに申し入れ。MGMとの合併を狙うライオンズゲートの筆頭株主カール・アイカーン氏の影響によるものと思われる  【LATimes】
*SPADA、俳優組合、NZ労働組合評議会の三者が協議に至るも、組合側『ホビット』ボイコット勧告解除については触れず 【AFP】
  *SPADA、俳優組合& NZ労働組合評議会の会議を受けて、サー・ピーター・ジャクソンのスポークスマンのコメント。
「事態は何も変わっていません。ワーナー・ブラザーズはまだ海外で撮影した場合の金融モデルを検討しています。決定にはあと1~2週間かかりそうです」 【NZHerald】
  *NZ経済開発省大臣ゲイリー・ブラウンリー氏の仲介のもと、SPADAと俳優組合、それにニュージーランド労働組合評議会の代表者との間で会議が行われ、NZ俳優の労働条件改善に向けて共に働くことで合意。『ホビット』ボイコット騒動解決に向けて一歩前進か 【TVNZ】
10月12日(火) *SPADA(Screen Production and Development Association of NZ )、俳優組合との協議を申し込む。早ければ14~15日に話し合いが行われる予定 【TVNZ】
   * 「企業乗っ取り屋」の異名を取る投資家カール・アイカーン氏、ライオンズゲートによるMGMの合併案を支持。「スパイグラスとの合併よりMGM所有者にとって遥かに有利」と発言。氏はライオンズゲートの筆頭株主であると同時に、最近MGM社債のおよそ10%を買い取っており、他の債権者に対する影響力大。スパイグラス・エンターテインメント主導の経営権移譲を発表したMGMを再び揺さぶりそうな予感 【LATimes】
   *ウィングナット・フィルム、『ホビット』ボイコット騒動についてメディア・リリース発表。
「俳優組合が彼ら自身の言う“ほんの小さな要求”の為に、何故常に公正に俳優を扱ってきた映画制作者を選び、国内の何千もの映画産業を危険に晒し、NZの国際的な評判を落とす危険を冒したいのか理解出来ません」P・ボウエン 【TORn】
  *ウェリントンの90名に及ぶ俳優たち、『ホビットの冒険』ボイコット反対声明文を俳優組合へ提出。NZの映画産業関係者を対象にしたオンライン署名も3000人に達する 【The Dominion post】
10月11日(月) *俳優組合論争に対するNZの俳優たちの、賛成・反対それぞれの声 【THR】
  *ライオンズゲート、MGMに再度合併提案 【LA Times】
  *マーティン・フリーマン、ビルボ・バギンズ役の出演依頼を受けて、これを断ったとの先月の噂を認める 【Empire】
   *NZ首相ジョン・キー「『ホビット』組合論争の今週中の結着を望む」
先週末のニュージーランド労働組合評議会による調停失敗を受けてTV番組で 【AFP】
10月10日(日) *映画史上最も高価な映画となるか? 『ホビットの冒険』制作費、『パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』の2億2500万ドルを遥かに越える5億ドルになる見込み 【Telegraph】

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

すっかり日も短くなり、朝夕冷え込む日も出てまいりましたが、皆さまお元気でお過ごしでしょうか?
さて、今まで当ブログの方針と致しましては、映画『ホビットの冒険』情報を、なるべく「解説付き記事」の体裁でお送りしたいと考えて参りましたが、現在はご存知の通り、国際俳優連合〔FIA〕による俳優たちへの『ホビット』ボイコット勧告騒動と合せて、配給会社の一つであるMGMが破産法申請による事業再編成真っ只中とあって、クランクイン前にも拘らず毎日多数の情報が発信される、言わば“異状事態”になっております。
このニュースの数は、仮に管理人が24時間全てをブログ更新に費やすことが出来る状況にあり、かつ語学堪能だとしても(正反対でごめんなさい m(_ _)m)、単独では“いっぱいいっぱい”な情報量であって、現実的には仕事等で忙殺されている間は、記事に目を通して流れを見失わないようにするのが精一杯な状況です。

今後も映画に関する主要な動きについては、なるべく従来の形で発信していくつもりでおりますが、現在の事態が収拾するまで取り急ぎ動きを見失わないよう、『ホビットの冒険』今週の動き』と題して、一週間単位でニュースのポイントを纏めてお伝えするコーナーを設けることに致しました。
詳細や解説は遅れてお伝えする場合も多いかと思いますが、宜しくご了承下さい。尚、最新情報及び記事に取り上げるほどでもないこぼれ話等は、確認次第Twitter上で発信しておりますので、宜しければ右上のコーナーから覗いてやって下さいませ(関係ない馬鹿話も多くて大変恐縮ですが)

それでは、今後も当ブログを宜しくお願い申し上げます。誤訳珍訳、誤字乱文にも拘らず、寛容にもコメントや拍手を下さいます皆さま、いつも記事に目を通して下さいます皆さまに、心より--本当に心よりお礼申し上げます!

『ホビットの冒険』今週の動き 【2010年10月3日~9日】

2010年10月10日 00:17

10月8日(金) *『ホビット』GOサイン間近の報道を受けて、サー・PJ自身がコメント。
「撮影開始の時期は未定。スタジオからの公式情報だけを信用して欲しい」 【Empire】
   *ニュージーランド労働組合評議会、『ホビット』制作側と俳優組合との論争における調停に失敗 【NZ Herald】
10月7日(木) *MGM、破産法申請に向けて最終準備。
社債権者に再編成案の賛否を問う投票用紙を送付中。社債権者の過半数から同意を得られ、破産法申請を無事完了すれば、スパイグラス・エンターテインメントのトップ2人への経営権移譲が実現 【AP】
10月6日(水) *カナダ俳優組合、「『ホビット』はカナダに来るべからず」声明。
「我々のメッセージは単純です。カナダへ逃げ込まず、NZの全ての俳優が組合契約を結べるようにして下さい」 【CBC】
10月5日(火) *フィリッパ・ボウエンが、前日ラジオNZにて「『ホビット』の撮影権利を巡って、オーストラリア、カナダ、スコットランド、アイルランド他の国々が既にスタジオから打診を受けている」と語ったことから、名指しされた国々による“獲らぬ狸の皮算用”的な記事多数 【Goldcoast.com(オーストラリア)】 【Montreal Gazette(カナダ)】 【Herald Scotland(スコットランド)】 【Irish Examiner(アイルランド)】
10月4日(月) *サー・ピーター・ジャクソン、『ホビット』の監督としての契約交渉を殆ど終了、監督としてのギャラ配分も決定との噂 【The Wrap.com】
   *『ホビット』ボイコット騒動にNZ政府介入
サー・ピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュ、首相官邸内での非公式会議で経済開発省大臣ゲイリー・ブラウンリーと対談。芸術文化省大臣のクリス・フィンレイソンも同席 【stuff.co.nz】
   *フィリッパ・ボウエン、ラジオ・ニュージーランドに出演。
『ホビット』ボイコット論争で、来年1月に決まっていたクランクインが遅れそうなこと、ワーナーがロケ地にNZ以外の国を検討していること等を挙げ、「NZの工業労働者の生計を危険に晒している」と組合側を非難 【Radio NZ】
   *『ホビット』撮影予定になっていたミニチュアスタジオ火災の現場検証結果発表される。
出火場所はワークショップエリアで、充電器やニッケルカドミウムバッテリーから出た火花が引火した可能性大。スタジオには熱探知器や煙探知器、それにスプリンクラーも設置されておらず、火災予防設備の不備が指摘されるものの、こういった装置は非現実的であるとウィングナット・フィルムのスポークスマンは反論。
「スタジオは常時高熱を発する照明と、撮影用のスモークも使用します。また高圧の電機や照明を使用しますから、スプリンクラーが発動すれば、スタッフを電気処刑にしかねません」 【3news】
10月3日(日) *俳優組合騒動は解決間近と報じたハリウッドの報道に対し、「まだ和解の糸口が掴めない」とニュージーランド労働組合評議会議長、ヘレン・ケリーの弁。
「俳優組合とSPADA(Screen Production and Development Association of NZ)、それにThree Foot Seven(『ホビット』の制作会社)との意味ある対談を望みます」 【NZPA】
   *サー・イアン・マッケラン、『ホビット』の出演契約書類待ち。
「MGMとワーナー・ブラザーズの調整次第だが、もうすぐだと聞いている」
ロンドンの『レ・ミゼラブル』25周年記念公演会場にて 【Showbiz411】
   *BBCのTVシリーズ「ジキル」等で知られるアイルランド人俳優ジェームズ・ネスビット、“『ホビット』の主要な役”を演じるために家族と共にニュージーランド移住予定の噂 【PEOPLE】

デル・トロ監督インタビュー~TORn編~(Part1)

2008年10月27日 23:27

今回ご紹介するのは、10月初旬に開催された「ニューヨーカー・フェスティバル」に出席するためニューヨークに滞在中だったギレルモ・デル・トロ監督を、Indalo Productionsのプロデューサー、アンソニー・ムーディ氏が、TORnのためにインタビューしたものです。
大変長いインタビューなのと、自らも映画プロデューサーであるアンソニー氏との腹の探り合い的な(>超私感(^^; )遣取りが若干冗長なので、私的判断で一部割愛等しておりますこと、予めご了承下さい。それと毎度のことではありますが、“なんちゃって意訳”でゴメンナサイです★
インタビューの全トランスクリプトは、TORnの10月17日(Part1)10月21日(Part2)、それに10月22日(Part3)の記事で、それぞれご確認下さいませ。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

Part1「僕は『ホビット』にとっても貪欲さ!」

アンソニー「私たちが最後に聞いているのは、公式に脚本執筆が始まったということでしたが・・・」
GDT「はい!」
アンソニー「あなたの言葉を借りるなら、“人生の中で最も素晴らしい執筆体験を、ものすごく楽しんでいる”その通りですか?」
GDT「はい!」
アンソニー「では、最新のニュースは?」
GDT「そのことは、全部本当だっていうことさ!」
アンソニー「(笑)それはいい!」

GDT「僕は来週には、ニュージーランドへ向けて旅立つんだ。僕たちはカードをフルセットで配置して・・・3×5のヤツだよ(*多分、5×3と呼ばれている規格のことだと思います。図書カード等に使われているごく一般的なサイズです)、そして二つの映画の筋書きの、より良い構成を考えるんだ。
実はね、(笑いながら)そうやって僕が作ったヤツがどっさりあるんだけど、周りに話すわけにはいかないんだよ」
アンソニー「そうでしょうとも(笑)」
GDT「このことを隠し立てしなきゃならないことを謝罪するよ。通常僕は映画の進行状況については完全にオープンなんだが、『ホビットの冒険』に関しては慎重にならないとね。だけど計画については打ち明けることが出来ると思うよ。
僕たちはそれぞれの仕事に取り組んでいるんだ。僕も脚本の分担箇所と取り組んでいていて、今度皆と会った時には、お互いが現在持っているものよりずっと大きな文書になるだろうね。僕たちの望みは、次の6~7ヶ月で脚本を更に練り上げて、予算を割り出すのに充分な草稿が出来上がっていることなんだ」
アンソニー「6~7ヶ月で、映画2本分の脚本を?」
GDT「ああ、いや。どのみち連続して撮られることになるんだし、もし可能ならば、そのアイデアは基本的に一つのプロジェクトのように扱われるべきだし・・・」
アンソニー「分かりました。そのことについてあまり喋れないのことは理解しています。それでも質問しますけどね。現在のところ、最初の映画の終わりと2番目の映画が始まる(*中つ国の年表上の)時点については、基本的に明確なイメージをお持ちなんですね?」
GDT「答えは“イエス”・・・というか、まぁ、そんなところだね(笑)」
アンソニー「(笑)結構」
GDT「現段階で断言出来ることがあるとしても、もしそれが今後変わってしまったら、今色々喋っていることは悲劇的でしかないよね。他のインタビューでも言ってきたことだけど、それは常に変わっていくんだ」
アンソニー「ええ」
GDT「暴露すればする程、より変ったことになってしまうんだからね。だけど、僕にとって一番すごいことはね、このプロジェクトを開始した時は、この1本の映画--あるいは2本の映画にしろ、僕は完全にオープンな立場にいたんだ。全然独断的じゃなかったね。現在、たった今僕にとって、2本の映画であることは全く正当だと感じているんだ。これらを統合するやり方は完全に正しいってね。もしそうじゃなかったら、過去のインタビューで言ってきたように、僕はそう言ったろうね。そしてたった今、これが重大なすっぱ抜きになりそうなのを感じているよ。素晴らしい方法で、本当に・・・う~む、すごい方法で3部作に発展するかもしれないな」
[デル・トロ監督インタビュー~TORn編~(Part1)]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。