スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット 決戦のゆくえ』劇場版予告編公開

2014年11月08日 12:46

公開まであと1ヶ月余りとなった11月6日 10:00AM PT/ 1PM ET(日本時間7日午前3時)、待望の『ホビット 決戦のゆくえ』の劇場版予告編にして最終予告編が公開になりました。
ティーザー予告編や、シリーズ過去2作のどの予告編よりも壮大で重厚、そしてシリアスなトーンで描かれ、この作品がLotR3部作を含めた“中つ国伝説”の要であることを強調しています。




00:04 はなれ山のホールに座るビルボ
ビルボ「トーリン、あなたは皆に約束した」

00:12 燃え上がる湖の町〜バルドのUP
バルド「貴様がもたらしたのは、破滅と死だけだ」

00:20 崩れ落ちるドワーフの巨像
ビルボ(V.O)「はなれ山を手に入れたんだ、それで十分じゃないか」

00:29 エレボールを取り囲む軍勢を見るトーリン
トーリン「今や、それを守らなくてはならんのだ」

00:36 鎧姿のスランドゥイル
スランドゥイル「我が物を取り戻しにまいった」

00:39 (テロップ)“この12月…”

00:42 崖の上から、大軍の行進を見下ろすアゾグ
アゾグ(V.O)「これは首領が長い時間をかけた計画の、その最後の展開なのだ」

00:53 群れ飛ぶコウモリ〜レゴラスのUP
レゴラス「このコウモリたちは、ただ一つの目的のために殖やされた……戦のために」

01:03 白の会議の面々
サルマン「サウロンのことは、わたしに任せてもらおう」

01:07 (テロップ)“『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の監督が贈る…”

01:09 はなれ山の砦を出ていくビルボ〜ドワーリンのUP
ドワーリン「ビルボは正しい。あなたは自分がどうなってしまったのか、分かっていないのだ。」

01:16 トーリンのMS〜キーリと額を合わせる
トーリン「わたしが為したことの全ては、彼らのためなのだ」

01:21 エレボールの城門を囲むエルフ軍〜ガンダルフとスランドゥイル
スランドゥイル「そなたがこれを始めたのだ。もしわたしがこれを終わらせることができたなら、そなたもわたしを許すだろう」

01:28 谷間の国の廃墟を見るドワーフたち〜ビルボのUP
ビルボ「死を目の前にして、いったい何ができる?」

01:38 湖の町の避難民〜トーリンに激しく訴えるキーリ
キーリ「隠れたりするものか、皆が俺たちのために、俺たちの戦を戦っているんだ!」

01:47 (テロップ)“中つ国伝説の 決定的な瞬間に 備えよ"

02:04 湖の町の屋根を這い上るバルド〜ガンダルフのBS
ガンダルフ「答えてはくれまいか。この日がどのように終わるのかを…!」

02:16 (テロップ)“『ホビット 決戦のゆくえ』"


……誤訳・珍訳はウチのブログの仕様ですので、ご容赦の程m(_ _;)m))
ところで、前回の更新(ティーザー予告編の紹介でしたね;)から3ヶ月以上音沙汰なしで本当に申し訳ありません。
映画化決定から7年間も『ホビット』シリーズの“映画化のゆくえ”を追いかけながら、最終章公開目前にして睡眠時間も十分にとれないほど忙しくなるとは…一事が万事人生におけるこのタイミングの悪さは、普段の心掛けの悪さか持ち前の悪運故か。
いずれにしてもこうなったら、いつか落ち着いた頃(いつだろう…老後かな?)に下書きのままで埋もれているニュースをまとめて、一ファンによる『ホビット』を「待ちて観たりし物語」として完成させたいと思っております。
スポンサーサイト

『ホビット』今月の動き〜 2014年7月(更新中)

2014年07月20日 13:27

7月17日(木) *Entertainment Weekly誌、『ホビット 決戦のゆくえ』新スチルを掲載。
イタリアの『ホビット』ファンサイト HOBBIT FILMは、Entertainment Weekly誌の最新号から『ホビット 決戦のゆくえ』の未公開スチルを紹介しました。コミコン・インターナショナル2014のイベント紹介記事に使用されていたと思われる写真には、戦いに疲弊したように見える甲冑の兵士たちを背景に、心配そうに何かを見つめる剣を持ったガンダルフと、バルドの姿があります。 【HobbitFilm.it】

7月16日(水) *英アマゾン、『ホビット 竜に奪われた王国』エクステンデッド・エディションの発売日を11月3日と掲載。
Amazo.co.ukに『ホビット 竜に奪われた王国』のエクステンデッド・エディションの商品情報が掲載されました。
商品ページの情報によれば、発売日は2014年11月3日、『ゆきて帰りし物語』同様ブルーレイ版とDVD版が発売されるようですが、スペックなど詳細はまだ分かっていません。 【Amazon.co.uk】
7月12日(土) *サンディエゴ・コミコン、イベントスケジュールの詳細発表。
コミコン・インターナショナルが発表したイベントカレンダーによれば、『ホビット 決戦のゆくえ』を含むワーナー・ブラザーズのプレゼンテーションの時間は、同社による発表通り、7月26日(土)午前10時から正午(現地時間)まで、会場最大のシート数を誇るホールHでの開催となります。
舞台に登場するのは、12日現在ではピーター・ジャクソン監督だけが公式発表となっていますが、『The Penguins of Madagascar』のプレゼンでサンディエゴ入りを報じられているベネディクト・カンバーバッチ、それにTwitterでコミコン参加をツイートしているバルド役のルーク・エヴァンズの舞台への登場が期待されています。 【Comic-con.org】
7月11日(金) *BBFC、『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編のレーティングを発表。
BBFC(全英映像等級審査機構)が『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編のレーティングを発表しました。
評価は第1部、第2部同様「12A(12歳以上推奨、視聴の際は保護者の適切な指導が求められる)」、長さは1分48秒となっています。
BBFCの審査も済んだことから、コミコン・インターナショナル前の7月第3週中にも公開があるのではないかと予測されています。 【bbfc】
7月10日(金) *ベネディクト・カンバーバッチ、サンディエゴ・コミコンに初登場が決定。
『ホビット』シリーズでスマウグとネクロマンサー役を務めるベネディクト・カンバーバッチですが、ドリームワークスのアニメーション『The Penguins of Madagascar』のプレゼンテーションで、SDCCへの初登場が明らかになりました。
ドリームワークスは7月24日(木)の午前11:30(現地時間)からホールHで90分間のプレゼンテーションを行う予定です。7月26日に予定されているワーナー・ブラザーズの『ホビット 決戦のゆくえ』に彼が登場するかどうかについては未だ何も伝えられていませんが、期待は持てそうですね。 【Variety】
7月9日(木) *映画.com 『ホビット 竜に奪われた王国』のメイキング特別映像を公開。
映画.comは『ホビット 竜に奪われた王国』のブルーレイ/DVD発売記念として、第2部のメイキング映像4本(うち2本は7月11日公開)を特別配信しました。
これらの未公開映像、特に本編に含まれなかったビヨルンの映像は、海外のトールキンファンサイトでも話題になりました。 【映画.com】



*『ホビット 竜に奪われた王国』日本版ブルーレイ/DVD発売。 【ワーナーエンターテイメント ジャパン】
7月8日(水) *ワーナー・ブラザーズ、サンディエゴ・コミコンにピーター・ジャクソン監督出演を発表。
ワーナー・ブラザーズは、7月24日からサンディエゴで開催されるコミコン・インターナショナルにおいて、『ホビット 決戦のゆくえ』をはじめ、『マッドマックス』シリーズの第4弾となる『マッドマックス/フューリーロード』、それにウォシャウスキー姉弟の『ジュピター』のプレゼンテーションを行うことを発表しました。
ホールHで7月26日(土)午前10時(現地時間)から予定されているプレゼンの舞台には、ピーター・ジャクソン監督も登場するとのことです。
昨年のSDCC(サンディエゴ・コミコン)では『ホビット』関連の出展は、追加撮影とポスト・プロダクション作業で時間がとれないとの理由で見送られましたが、最終章に向けての関係者の熱の入れようが伝わってきます。 ゲストの発表も待ち遠しいですね。 【THR】
7月4日(金) *ピーター・ジャクソン監督、『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編完成を報告。
7月4日午前、ピーター・ジャクソン監督はfacebookにて、ファン待望の『ホビット 決戦のゆくえ』のティーザー予告編が昨日(7月3日)完成し、たった今ワーナー・ブラザーズへ届けられたと報告しました。
また、本予告編については、戦闘シーンの複雑なVFXが満足のいく出来映えとなるまでリリース出来ないとして、第1部や第2部のときと同様10月頃になるだろうと書いております。
気になるティーザー予告編の公開日ですが、これまでコミコン・インターナショナル(毎年米サンディエゴで開催される、コミックや映画に関する北米最大のカルチャーイベント。今年は7月24日から開始)直前の7月20日前後とする見方が多かったのですが、今回のPJの報告からすると、もう少し早い時期に見られるかもしれません。 【facebook(Peter Jackson)】

シネマコン2014『ホビット ゆきて帰りし物語』情報のまとめ

2014年03月29日 23:56

3月24日から27日まで、ラスベガスのシーザーズ・パレスにおいて、恒例のシネマ・コン(全米劇場主協会主催の、ハリウッドスタジオによる劇場関係者に向けての映画新作ライン発表会)が開催されました。

最終日にプレゼンテーションを行ったワーナー・ブラザーズは、そのフィナーレとして、現在ウエリントンでポスト・プロダクション作業中のピーター・ジャクソン監督のビデオメッセージを上映しました。

それには、シネマコンの観衆への感謝と共に、『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の舞台裏映像を織り交ぜながら、ジャクソン監督の16年に及ぶ“中つ国”での長い旅を振り返る構成となっており(同時に『ホビット』シリーズをLotR3部作と合わせて、全6部作の一大叙事詩として印象付ける狙いだったのでしょうね)、残念ながら『ホビット ゆきて帰りし物語』のフッテージ映像はほんの僅かだったようです。

しかし、その“ほんの僅か”でも知りたいのが、『ホビット』ファンの業というもの。
映画サイトのニュースや、参加者のツイート等から漏れ聞こえてきた最終章の情報をまとめてみました。



(以下若干ではありますがネタばれがございます。ご注意ください)

[シネマコン2014『ホビット ゆきて帰りし物語』情報のまとめ]の続きを読む

『ホビット 竜に奪われた王国』ワールドワイド・ファンイベント開催発表

2013年10月26日 12:38


10月26日(土)早朝、ピーター・ジャクソン監督はfacebookにおいて、『ホビット 竜に奪われた王国』の世界的なファンイベントを開催することを発表しました。投稿されたPJのコメントはざっと以下の通りです。


やぁ、皆さん!『ホビット 竜に奪われた王国』公開まであと2ヶ月足らず。ぼくたちは今、猛烈なポスト・プロダクション作業の真っ只中だ。

だけど、とてもクールなファン・イベントを11月4日の月曜日に計画したよ。ぼくと多くのキャストたちが参加するスペシャル・ライブ・プレゼンテーションに、皆を招待したいんだ。
ぼくたちはロンドン、ニューヨーク、ロサンゼルスを含む世界中の都市でのライブで、観客の前に登場する。そして勿論、ここウエリントンでも---ニュージーランドのファンには11月5日の火曜日だね。

イベントはこんなふうだ。4つのホスト映画館では、『竜に奪われた王国』のキャストのメンバーが舞台に登場する。そして、誰もが同時Q&Aに参加出来るように衛星でリンクするんだ。勿論スペシャル・サプライズもある。それに、ファンが集まってライブイベントの展開を見ることが出来るように、追加の会場(映画館)が世界中に用意される予定だ。

もし、これらの会場のイベントに参加出来ないならば、インターネットでライブストリーミング配信があるよ。

映画館で見ようとしてくれることがなかったら……その特別の労力に対して、ただ「ありがとう」と特別にぼくから言わせて欲しい。

場所や時間、そしてイベントに参加する方法の手続きについての詳細は、公式facebookやTwitterで必ずチェックしてくれ。

ぼくたちは現在、昼夜ぶっ続けで働いているので、今からその時までに沢山睡眠をとろうとは思わないけれど、このイベントを楽しみにしているんだ。そこでお会いしよう!


続いて、ワーナー・ブラザーズからは、イベントの開始時間と会場、そしてそれぞれの会場に参加するキャストについての発表がありました。
[『ホビット 竜に奪われた王国』ワールドワイド・ファンイベント開催発表]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜

2013年09月30日 23:59

9月30日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』新予告編、10月1日デビューと公式発表。
 闇の森のビルボとドワーフたちのバナーポスターも公開!
予告編の公開は、日本時間では10月1日22時となります。 【Twitter(The Hobbit)】 【facebook(tThe Hobbit)】
9月28日(土) *『ホビット 竜に奪われた王国』2014カレンダーより、新しいスチル4枚流出。
 
 
  右上のスチルの真ん中に写っている人物には、「このドワーフ誰?」「ノーリじゃない?」「ダインかも!」とTwitter上で様々な意見が交わされましたが、ジェド・ブロフィー本人のツイートで、(おそらく樽での川下りのせいで)すっかり様相の変わったノーリと判明しました。こんな遣り取りをリアルタイムで目の当たりにしていると、すごい時代になったものだとしみじみ思います。 【RichardArmitageNet】 【The Hobbit: The Desolation of Smaug 2014 Calendar】
9月27日(金) *Alberta Film Ratings、『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編の情報掲載。
 Alberta Film Ratingsに『竜に奪われた王国』の第2予告編の詳細がUPされました。それによりますと、予告編の長さは2分23秒、レーティングは第1予告編同様、保護者による手引きを必要とする「PG」になります。
ちなみに、Alberta Film Ratingsとは、カナダのアルバータ州における映画のレーティング機構ですが、審査済みリストに登場した予告編の殆どは近日中に劇場公開となるので、新しい予告編の公開時期を占うにはもってこいなのです(勿論北米で公開予定の作品に限られますが)10月初旬に登場と噂の第2予告編ですが、週明け早々にも公開されるかもしれません。 【Alberta Film Ratings】

9月26日(木) *EMPIRE誌、ビルボの新しいスチルを掲載。
 ビルボが座っているのは木造家屋の中のように見えますが、毛布のようなものを被っているのは、湖の町に到着直後なのでしょうか。 【Empire】

9月25日(水) *『竜に奪われた王国』オリジナルサウンドトラック、12月10日発売の噂。
 『思いがけない冒険』と同じ Watertower から12月10日発売予定とのことです。
現時点では詳細は不明ですが、同レーベルから$13.98(≒ ¥1,374 ASIN: B00FFT182K)と$24.98(≒¥2,455 ASIN: B00FFT1BJ0)の2バージョンが確認されていますので、第1部同様、通常版と特別阪の発売が予定されているのかもしれません。 【ACESHOWBIZ】
9月23日(月) *『竜に奪われた王国』第2予告編、10月初旬公開の噂。
 ロシアのトールキンファンサイトHenneth Annunは、地元の配給会社からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の新予告編は既にロシア語字幕を入れたり色補正をする作業に入っており、10月初旬には公開されるだろうと伝えています。 【Henneth Annun】
9月22日(日)
*ジェームズ・ネスビット、娘たちがバルドの子供役で『ホビット』出演と語る。
 ボフール役を務めるジェームズ・ネスビットは9月22日、リリック劇場で開催された、メアリー・ピーターズ・トラスト(北アイルランドの若いアスリートを援助する慈善事業団体)を支援するためのセッションに、友人のジャーナリスト、マーク・カラザースと共に登場しました。舞台には俳優のコンリース・ヒルと、『ホビット』でバルドを演じるルーク・エヴァンズも加わり、ジェームズとルークは観客にデュエットも披露しました。
ジェームズはここで『ホビット』の話題に触れ、彼の2人の娘がバルドの子供たちを演じると話したとのこと。映画の設定では、バルドにはジョン・ベル演じる息子のバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。この2人をジェームズのお嬢さんたちが演じたようです。 【Candid Chaos】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。