スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーランドの復帰は?リー様は??最新(?)キャスティングに関する噂あれこれ

2011年01月23日 20:35

今月10日の公式発表で、フロド役のイライジャ・ウッドとゴラム役のアンディ・サーキスの『ホビット』出演が明らかになってから、スタジオからの発表こそないものの、出演者に関する噂は日々映画サイトやトールキンファンサイトを賑わしております。
そんなわけで今回は、10日以降ネットに浮上したキャスティングに関する噂を、順を追って紹介してまいりますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

1月10日、スタジオからの公式声明に先行して、アンディ・サーキスが『ホビットの冒険』への出演契約を正式に取り交わしたと、かのDeadline New Yorkのマイク・フレミング氏が報じておりましたが、同記事の中で、サー・クリストファー・リーはLotR3部作と同じ白のサルマン役で、またサー・イアン・ホルムは老齢のビルボ・バギンズ役として、それぞれ出演交渉中と伝えています。
また、フレミング氏は12月8日の記事の中で、「次に中つ国帰還の発表があるオリジナルメンバーは、レゴラス役のオーランド・ブルームになるだろう」と予告しておりましたが、「現時点では復帰については不確かである」としています。
そして、第1回目のキャスト公式発表を報じた10月21日の記事の中で、スマウグ(の声)役の候補と伝えたビル・ナイについては、「その後何も聞いていない」とも書いております。過去の記事を放ったままにせず、きちんとフォローするのは流石Deadlineと言うべきでしょうか。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

Deadlineがオーランド・ブルームの出演を“unclear”と伝えた翌11日、イギリスのタブロイド紙The Sun(オンライン版)が、オーランド、『ホビットの冒険』に2分のカメオ出演でギャラ100万ドル以上と報じました。
この金額は、『ホビット』出演が決定している同じイギリス出身の若手俳優、ロブ・カジンスキー(フィーリ役)とエイダン・ターナー(キーリ役)2人分のギャラを足したよりも多いとのことで、「これを聞いたら二人は出演を思いとどまるかもしれない」とか、「オーランドはランチ休憩の間に撮影を済ませることができる」なんて書き方をしております。
しかも、「彼はこの出演契約にサインして、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで共演したイライジャ・ウッドとドミニク・モナハンに連なる」としておりますが、ちょっと待って。ドムも出るという話はどこから???
とまぁ、ツッコミどころ満載の記事ですが、タブロイド紙たるものこうでなくちゃw ということで、こちらは話半分に聞いておいて下さいネ^^

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

同じく11日、クリストファー・リーの公式サイトにて、「サー・クリストファー、『ホビットの冒険』に復帰」の見出しで記事がUPされ、ワタクシ朝から大興奮致しましたが、残念ながら記事を最後まで読むと、まだ公式決定ではない様子。曰く、
「サー・クリストファー・リーが魔法使いのサルマン役を再び演じる交渉はずっと続けられていました。そして現在のところ、彼が(このまま)健康ならば、映画への出演は確実のようです」とのこと。
一日も早く公式発表が行われることを待ち望んでおりますぞ~!リー様っっ!!

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

さて、同11日から12日にかけて、映画情報サイトを中心に複数のサイトでディヴィッド・テナントが闇の森のエルフ王、スランドゥイルを演じるのではないか?という記事が相次いでUPされました。
ソースの記載がある記事を順に遡っていくと、10日付のExaminer.com(*examinerと呼ばれる寄稿者が、自分のコミュニティーで起こっていることを報告してくる市民ジャーナリズムの実験的サイト)に辿り着きました。“Doctor Who Examiner”であるJohn Wood氏は、やはりIMDbの『ホビットの冒険:Part1』のキャスト欄をご覧になって投稿された様子。
「やはり」というのは、ちょうどその前日に管理人もIMDbのキャスト欄がすっかり更新されているのに気付いて、その内容にいささか驚いたものですから。
噂(rumored)と注記はあるものの、『ホビット』出演の噂が囁かれながら役柄までは分からなかった俳優たちのうち、ディヴィッド・テナントはスランドゥイル、シアーシャ・ローナンエルフの女戦士イタリル(*映画のオリジナルキャラクター)、そしてかのレナード・ニモイ氏はスマウグの声と明記されていたのです。

テナントについてはご存知の通り、最初は主役のビルボ・バギンズ役候補としてその名がネットに浮上しましたが、第1回目のキャスト公式発表でビルボを演じるのはマーティン・フリーマンと明らかになってからも、他の主要キャラクターの候補として引き続き交渉中であるとDeadlineが報じていました。
IMDbスタッフがどのようにしてあの配役を導き出したのか今もって不明ですが、Twitterを通してテナントファンのフォロアー様から、Deadlineの報道後、ファンの間で予想された噂が昨年末に雑誌にも載ったようだとの情報も頂きました。本当に有難うございました!!
テナントファンのみならず、彼のキャリアや人気、また容貌などを考え合わせますと、配役未発表の主要キャラクターで当て嵌まるのは、スランドゥイルかバルドだろうとワタクシも思います。
オーランド・ブルームのレゴラス役続投が決定したら、華やかでかつ凛々しいエルフ親子のツーショットが見られるかもしれませんね^^


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
■Mさま
管理人として何より嬉しいコメントを頂戴して、大変嬉しゅうございました!
最近多忙につき、情報を掴んでいてもなかなか早急に記事が更新出来ないことを気に病んでおりましたが、一個人が運営する弱小ブログの利点は、読者獲得の為にソース不明のニュースを転用したり、読んでみれば中身のない記事を確信犯的にセンセーショナルに書き立てなくて済むことですね^^;
語学力皆無でしかも遅筆な管理人が、「トールキン作品が好き」だけを原動力に、たった一作品(2部作ですが)の映画のみを追いかけるという甚だお恥ずかしいブログではありますが、同じファンの皆さまとこうして交流出来ることを何よりの楽しみに、気が付けば3年余続いております。
まだしばらくはこんな更新間隔が続くと思われますが、お気が向きましたら時々覗いて下さると嬉しいです!これからも何卒宜しくお願い申し上げます。
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。