スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜

2013年09月30日 23:59

9月30日(月) *『ホビット 竜に奪われた王国』新予告編、10月1日デビューと公式発表。
 闇の森のビルボとドワーフたちのバナーポスターも公開!
予告編の公開は、日本時間では10月1日22時となります。 【Twitter(The Hobbit)】 【facebook(tThe Hobbit)】
9月28日(土) *『ホビット 竜に奪われた王国』2014カレンダーより、新しいスチル4枚流出。
 
 
  右上のスチルの真ん中に写っている人物には、「このドワーフ誰?」「ノーリじゃない?」「ダインかも!」とTwitter上で様々な意見が交わされましたが、ジェド・ブロフィー本人のツイートで、(おそらく樽での川下りのせいで)すっかり様相の変わったノーリと判明しました。こんな遣り取りをリアルタイムで目の当たりにしていると、すごい時代になったものだとしみじみ思います。 【RichardArmitageNet】 【The Hobbit: The Desolation of Smaug 2014 Calendar】
9月27日(金) *Alberta Film Ratings、『ホビット 竜に奪われた王国』第2予告編の情報掲載。
 Alberta Film Ratingsに『竜に奪われた王国』の第2予告編の詳細がUPされました。それによりますと、予告編の長さは2分23秒、レーティングは第1予告編同様、保護者による手引きを必要とする「PG」になります。
ちなみに、Alberta Film Ratingsとは、カナダのアルバータ州における映画のレーティング機構ですが、審査済みリストに登場した予告編の殆どは近日中に劇場公開となるので、新しい予告編の公開時期を占うにはもってこいなのです(勿論北米で公開予定の作品に限られますが)10月初旬に登場と噂の第2予告編ですが、週明け早々にも公開されるかもしれません。 【Alberta Film Ratings】

9月26日(木) *EMPIRE誌、ビルボの新しいスチルを掲載。
 ビルボが座っているのは木造家屋の中のように見えますが、毛布のようなものを被っているのは、湖の町に到着直後なのでしょうか。 【Empire】

9月25日(水) *『竜に奪われた王国』オリジナルサウンドトラック、12月10日発売の噂。
 『思いがけない冒険』と同じ Watertower から12月10日発売予定とのことです。
現時点では詳細は不明ですが、同レーベルから$13.98(≒ ¥1,374 ASIN: B00FFT182K)と$24.98(≒¥2,455 ASIN: B00FFT1BJ0)の2バージョンが確認されていますので、第1部同様、通常版と特別阪の発売が予定されているのかもしれません。 【ACESHOWBIZ】
9月23日(月) *『竜に奪われた王国』第2予告編、10月初旬公開の噂。
 ロシアのトールキンファンサイトHenneth Annunは、地元の配給会社からの情報として、『ホビット 竜に奪われた王国』の新予告編は既にロシア語字幕を入れたり色補正をする作業に入っており、10月初旬には公開されるだろうと伝えています。 【Henneth Annun】
9月22日(日)
*ジェームズ・ネスビット、娘たちがバルドの子供役で『ホビット』出演と語る。
 ボフール役を務めるジェームズ・ネスビットは9月22日、リリック劇場で開催された、メアリー・ピーターズ・トラスト(北アイルランドの若いアスリートを援助する慈善事業団体)を支援するためのセッションに、友人のジャーナリスト、マーク・カラザースと共に登場しました。舞台には俳優のコンリース・ヒルと、『ホビット』でバルドを演じるルーク・エヴァンズも加わり、ジェームズとルークは観客にデュエットも披露しました。
ジェームズはここで『ホビット』の話題に触れ、彼の2人の娘がバルドの子供たちを演じると話したとのこと。映画の設定では、バルドにはジョン・ベル演じる息子のバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。この2人をジェームズのお嬢さんたちが演じたようです。 【Candid Chaos】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年9月〜]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から

2013年09月01日 13:42

8月29日、『ホビット スマウグの荒らし場』の映画タイアップ本(子供向け)として、HarperCollinsより「The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014」が発売されました。
翌日には購入したファンがスキャン画像をネットにアップロードし、キャラクター画像や、何より映画のプロットが部分的に明らかになりました。【Source:The One Ring.net

今回の記事ではそれを紹介させて頂くわけですが、いつにも増して映画のストーリーに関する重要なネタばれを含んでおりますので、映画を前知識なしで楽しみたい方は、くれぐれもご注意下さい。

The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014  The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014 (2013/08/29)

商品詳細を見る

[『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から]の続きを読む

『ホビット スマウグの荒らし場』第1予告編公開!

2013年06月12日 08:00

6月11日0AM PDT(日本時間12日午前2時)、待望の『ホビット スマウグの荒らし場』の第1予告編(teaser trailer)が公開となりました。
取り急ぎ邦訳してみましたので、毎度雑な意訳ですが、宜しければご覧下さい。





スランドゥイル(VO)「そなたの旅はどこで終わるのだ…?王国を統べる権利を授けるものを探し…」


スランドゥイル「祖国を取り戻して、ドラゴンを倒すための探求の旅(クエスト)か」


“暗闇を越えて”


レゴラス「わたしが殺さないなどと思わないことだな、ドワーフよ!」


タウリエル「いつ、悪がわたしたちより強くなることを許したというの?」」


レゴラス「我々の戦いではないのだ」
タウリエル「これはわたしたちの戦いよ」
[『ホビット スマウグの荒らし場』第1予告編公開!]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年4月

2013年04月28日 18:18

4月25日(木) *『ホビット 思いがけない冒険』劇場上映終了。総興行収入は10億1700万ドルに。
 2012年12月14日に世界同時公開された『ホビット』3部作の第1作目は、19週133日に及ぶ劇場上映期間を終了し、10億ドルヒットを記録した史上15番目の映画となるなど、シリーズの成功を占う上で幸先の良いスタートとなりました。
4月25日までのアメリカ国内の興収は$303,003,568、海外興収の総額は$714,000,000でした。 【BOX OFFICE MOJO】

4月23日(火) *英ビデオチャートで、『ホビット 思いがけない冒険』2週連続1位に。
 4月8日に『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVDが発売されたイギリスでは、2週間で116万セットを売り上げ、発売開始からの2週連続でビデオチャートのトップを記録しました。 【Official Charts.com】
4月22日(月) *ニュージーランドの外国人観光客13%増『ホビット』も貢献。
 ニュージーランド統計局は、2012年3月からの1年間の外国人観光客が前年より月13%増えたと発表。
これには、2月初旬から3月下旬まで行われたイングランド・クリケットツアーの英国からの観戦客に加えて、『ホビット』3部作の公開に合わせて梃入れしてきた観光キャンペーンが貢献したと、ニュージーランド政府観光局の最高責任者であるケヴィン・ボウラー氏は発言しました。 【BIG POND NEWS】
4月17日(水) *米ホームビデオチャートで『ホビット 思いがけない冒険』再び1位へ。
 3月19日にブルーレイ/DVDが発売されたアメリカでは、登場第1週目は売り上げトップを飾ったものの、2週目、3週目は『レ・ミゼラブル』、『ライフ・オブ・パイ』などの人気作品の登場に押されて3位の成績でした。4週目にして再びトップに返り咲き、息の長い人気ぶりを見せています。 【THR】

*『ホビット 思いがけない冒険』日本版ブルーレイ/DVD 発売。
 レンタルも同時開始。クラブワーナーでは、《ホビット3部作》横断キャンペーンを実施。ブルーレイ/DVDに封入されているキャラクターカードを全5枚集めると、中つ国カードボードがもらえるというもの。 【ワーナーホームビデオ】 【クラブワーナー】
4月16日(火) *シネマコン2013で、『ホビット スマウグの荒らし場』フッテージ映像上映。
 4月15日から18日までラスベガスにで開催されたシネマコン2013(CinemaCon 2013:全米劇場主に向けての、ハリウッド映画スタジオによる新作ラインアップ発表会)において、ワーナー・ブラザーズは16日、ザック・スナイダー監督の『マン・オブ・スティール』やギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』等の新作紹介を行いました。
『ホビット』3部作の2作目となる『ホビット スマウグの荒らし場』のプレゼンテーションでは、エヴァンジェリン・リリーとオーランド・ブルームが登場するいくつかの短いクリップ付きビデオが紹介され、ビデオの中でピーター・ジャクソン監督は、これが完全なフッテージでないことを詫びると共に、今後数週間のうちに予告編の準備が出来ているべきだと述べたとのことです。また、THRのレポートでは「ジャクソン監督の事務的なプレゼンテーションは昨年と対照的だった」とも伝えています。
エヴァンジェリン(タウリエル)とオーランド(レゴラス)が登場するビデオということは、先月の『スマウグの荒らし場』で紹介されたものと、それ程違わないフッテージだったのでしょうか?
昨年は新シリーズとHFR3Dを劇場オーナーに売り込む為に自らラスベガスまで出向いたPJでしたが、仕上げ途中だった48FPS映像を酷評される結果となったのは記憶に新しいところ。シネマコンには良い印象がないのか、第1部が10億ドルヒットとなった今、劇場主へのアピールはそこそこでも大丈夫と判断したのかもしれませんね^^; 【ComingSoon.net】 【THR】

*アンディ・サーキス、ジョルジュ賞2013で特別賞受賞。
 『ホビット 思いがけない冒険』でゴラムを演じたアンディ・サーキスは、そのモーション・キャプチャーの仕事を評価され、ジョルジュ賞2013(Жорж 2013:SFXの創始者とされるフランスの映画制作者ジョルジュ・メリエスに因んだ、ロシアの映画ファンによる賞)を受賞しました。ロンドンのサーキスは、ロシアのファンに向けてビデオで感謝のメッセージを伝えました。 【STARSLIFE】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年4月]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年3月

2013年03月31日 23:59

3月31日(日) *『ホビット 思いがけない冒険』3月末の世界総興行収入は10億1千6百万ドルに。
 3月31日現在のアメリカ国内の興収は$302,849,493、海外興収の総額は$714,000,000。 【BOX OFFICE MOJO】
3月30日(土) *『ホビット スマウグの荒らし場』主題歌、エド・シーラン担当の噂。
 イギリスの若きシンガーソングライター エド・シーランは、ニュージーランドのパーク・ロード・ポスト・プロダクションを訪問&対談。ピーター・ジャクソン監督に作中で使用した剣をお土産に貰い、シーランはPJのお嬢さん(ケイティさん)にギターをあげたのだとか。彼はこの訪問をアメリカのTV番組にげすと出演した折、「自分のキャリアの中で最もクールな体験」と語っており、彼が第2部の主題歌を担当するのではと噂になっています。 【Express】
3月29日(金) *トールキン・エステート、LotRスロットマシーン訴訟において、WBの反訴を却下するよう裁判所に依頼。
 LotRスロットマシーンをめぐる訴訟(記事内の3月11日の項をご参照下さい)について、ソウル・ゼインツ・カンパニーとワーナー・ブラザーズ双方から反訴されたトールキン・エステートは、「拒否もしていないし、義務の不遂行を責めているのでもない、単に契約の範囲の問題だ」として、3月27日に判事に反訴の却下を求めました。 【THR】
3月24日(日) *『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー開催。
 ブルーレイ/DVD購入者・予約者のみに限定した(日本では抽選制となりました)ピーター・ジャクソン監督がホストを務めるライブイベントが、24日15:00 EST(日本時間 25日4:00)から、およそ1時間に渡って開催され、『スマウグの荒らし場』の舞台となる闇の森や湖の町でのメイキングシーンや、9つの指輪を所持していた人間たちの王の墓を確かめるガンダルフなどの映像が初公開されました。また、ジャクソン監督は、Twitterやビデオレターで寄せられたファンの質問にも答えました。
編集されたライブ配信番組は、3月27日より5月下旬まで、配布されたアクセスコードの所持者のみ見ることが出来ます。 【THE HOBBIT.com】
《追記》編集版は作業の遅れで、3月28日(日本時間29日)からの公開となりました。

*ジェイムソンEMPIREアワード2013で『ホビット 思いがけない冒険』2部門受賞。
 イギリスの代表的な映画雑誌EMPIREが主催するジェイムソンEMPIREアワード2013で、『ホビット 思いがけない冒険』は、SF/ファンタジー賞及び、主演男優賞(マーティン・フリーマン)を受賞しました。
授賞式では、マーティンの他にガンダルフ役のサー・イアン・マッケランも登場し、スタッフ・キャスト全員を代表して、SF/ファンタジー賞のトロフィーを受け取りました。3Dアート賞、監督賞、作品賞はノミネートに終わりました。 【EMPIRE】

3月19日(火) *『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVD、北米で発売開始。 【facebook(The Hobbit)】
3月14日(木) *『ホビット』に助成金の価値あり?ニュージーランド国民の評価分かれる。
『ホビット』の撮影をニュージーランドで実現させるために、政府がワーナー・ブラザーズに対して2500万NZドル相当の免税を行い、雇用法の改正を行っただけの価値が国にとってあったかどうか、UMRリサーチが18歳以上のニュージーランド人1000人を対象にアンケート調査を実施しました。その結果、「価値があった」との回答が42%を締め、「価値がなかった」とする回答38%を僅差で上回りました。「価値あり」と答えたのは女性よりも男性に多く、高年齢層、高所得者ほど支持する傾向にあったとのこと。
また、『ホビット 思いがけない冒険』の10億ドルヒットを受けて、ワーナー・ブラザーズは助成金をNZ政府へ返済すべきだと考えている人は全体の70%にのぼり、「返済の必要なし」と考えている人の19%を大きく上回りました。 【tvnz】 【UMR RESEACH】



3月12日(火) *『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビューに際して、ファンからの質問を募集。
 3月24日 15:00 EST(日本時間 25日4:00) からの『スマウグの荒らし場』のライブイベントにおいて、ピーター・ジャクソン監督への質問ビデオを一般募集。投稿はこちらから→ 【facebook(The Hobbit)】
[『ホビット』今月の動き〜 2013年3月]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。