スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)

2013年09月13日 07:20

8月30日にThe One Ring.netに掲載されたDeciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題したCaptain Salt さんによる考察の後半です。
こちらも前編同様、あくまでも「予想」ではありますが、映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでおります。ネタばれに抵抗がある方はご注意下さい(*なお、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)

■Act 2

ある時点で、ドワーフたちはエルフの地下牢から脱出します(LEGOのプレイセットは、このシーケンスが原作にある程度忠実なのを伝えています)



タウリエルは閉じ込められていたドワーフたちが逃れたのを知って、「独房は空です!」とエルフ語で報告します(*19) 樽での脱出は、原作とは全く対照的に、ビルボとドワーフたちはとても人目を引きます。逃走の間中、トーリンと仲間たちは、レゴラスとタウリエル及び森のエルフたち、それにアゾグとオークの追っ手たちとの三つ巴の交戦を繰り広げます。これはかなり大きなアクションシーンとなります。

【注19】2011月10月2日、『リアル・スティール』のワールドプレミア会場で、エヴァンジェリンはインタビューに答えて、エルフ語で「Come Now!」と「The cells are empty!」を披露しました(動画参照)

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)

2013年09月08日 22:21

8月30日、お馴染みThe One Ring.netに、Deciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題した、3ページに及ぶ考察記事が掲載されました。
これは、『ホビット』の予告編や各種フッテージ映像、また雑誌の記事やキャストのインタビューなどで明らかになった情報の断片を繋ぎ合わせ、それに投稿者であるCaptain Saltさんの推理を合わせて、『ホビット 竜に奪われた王国』のオープニングからエンディングまでを構築してみたものです。

生憎その翌日には、映画のタイアップ本『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』のネタばれ満載の中身(2013年9月1日の記事をご参照下さい)がネットに浮上し、話題をもっていかれた感がありましたが、こちらの考察は、言わば今までに登場したネタばれの集大成として、ファンには興味深い読み物になっています。

記事の作者は、情報ひとつひとつのソースに殆ど言及しておりませんので、お節介ながら分かる範囲で、その出所と補足を挟みつつ邦訳してみました(原作のエピソードや、公式予告編に使用されているカットに由来する予測については、特に言及していません)
勿論、実際にこの通りに描かれるかどうかは、映画が公開されてみないことには分かりませんが、高い確立で映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでいると思われます。ネタばれに抵抗がある方は読み進めないで下さいね。(*以下、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)


■プロローグ

わたしたちは、ピーター・ジャクソン監督が、「映画は“よく知られている、しかし予期せぬ”どこかから始まる」と言った(*1)ことを知っています。そして、先日終了した夏の追加撮影の間に、どうやら踊る小馬亭でのシーンが撮影された(*2)ことも分かっています(おそらく、エレボールへの探求の旅を計画しているガンダルフとトーリンのフラッシュバックになるのでしょう)そして、更に多くの材料が、トーリンの父スラインについて存在することが分かっています。
スラインはサー・アントニー・シャーによって演じられ(*3) 、拡大した役割の為にモリアでの戦いを再体験することになっています。両方ともプロローグか、または映画中の他の場面にインサートされることでしょう。

【注1】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。
【注2】スペインのトールキンファンサイト El Anillo Único の記事(2013.5.11)による。
【注3】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。第1部ではスラインをマイク・ミズラーイが演じていましたが、マイクのスケジュールの都合か、あるいは(マイクには失礼ながら)もっと存在感のある俳優を必要とする重要なシーンを追撮したのでしょうか。シェイクスピア俳優として有名な名優アントニー・シャーを改めて起用したようです。

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。