スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)

2013年10月16日 02:38

10月15日(月) *ニュージーランド航空、機内ビデオで『ホビット 思いがけない冒険』エクステンデッド・エディション上映。
本編の拡張シーンのレポートがネット上で話題に。特に裂け谷でのドワーフたちのユーモラスなエピソードが圧巻です。 【tumblr(forty-six hours in a day)】

*TORn、『竜に奪われた王国』のワールド・プレミアは12月2日ロサンゼルスと報告。
 TORnは既に今年8月の時点で、信頼出来る筋からの情報として、『ホビット』第2部のワールドプレミアの開催地をロサンゼルスと伝えていましたが、今回はそれが12月2日であると伝えています。
12月1日にはTORn主催のワールドプレミアパーティーをロスにて開催予定とのことで、公式からの発表はまだですが、どこか確かな筋からのソースによるものと思われます。 【TORn】

10月12日(土)
*『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、バルドの娘たちのスチル流出。
 映画では原作と違って、弓の名手バルドにはバインの他に、シグリッドとティルダという名の娘たちがいることになっています。ボフール役のジェームズ・ネスビットがリリック劇場のセッションで語ったところによれば、彼のお嬢さんたち(Peggyさん15歳とMaryさん11歳) がこの2人を演じたとのこと。
写真を見た感じでは、バインにはしっかり者のお姉さんと、愛らしい妹がいるようですね。 【fasebook(TORn)】 【El Anillo Único】
 
10月10日(木)
*『竜に奪われた王国』TVスポット第3弾(30秒)公開。
  第1弾、第2弾同様、劇場用予告編2本で使用した映像を再編集したものですが、スランドゥイルやガンダルフ、そしてビルボの新しい台詞を聞くことが出来ます。
なお、スポットの終わりには「11月21日前売り券発売」の字幕も入り、アメリカでのチケット発売が来月21日から始まることも明らかになりました。 【facebook(The Hobbit)】
 *『ホビット 竜に奪われた王国』2014公式カレンダーより、スランドゥイル他未公開画像流出。 【tumblr(The Heirs of Durin)】

 
10月8日(火) *NZポスト、『ホビット 竜に奪われた王国』の記念切手及びコインを、10月中旬より予約開始と発表。 【facebook(New Zealand Stamps and Coins)】

[『ホビット』今月の動き〜 2013年10月(前半)]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』に関する最近の小ネタ色々/その3:ビヨルンの姿を推理する

2013年09月21日 14:45

■その3:撮影現場目撃談から、ビヨルンの姿(人間時)を推理する

7月末にスペインの玩具メーカー SD Toysが、自社製品の『ホビット スマウグの荒らし場』2014年カレンダーの画像をfacebookにUPしました。その裏表紙には人の姿をとっているビヨルンが含まれており、小さな画像ではありましたが、これが最初のビヨルン写真の流出となりました(同社は現在、商品画像の掲載を差し控えています)

さて、最近になってThe One Ring.netが、2011年後半にクイーンズタウンのグレノーキーに建設されたビヨルンの館のオープンセットにおいて、偶然撮影を見ることが出来た関係者による“ビヨルン目撃談”を紹介しました。その“人相書き”によりますと…。

ミカエル・パーシュブラントの6フィート以上ある体格は、灰色がかった茶色の「たてがみ」のせいでさらに恐ろしく見えました。
彼は俳優のためのドレッシングガウンを着て、クルーがそこら中を駆け回って家畜の世話をし、場面のセッティングをしている間、サー・ピーターの傍で辛抱強く立っています。
同様にパーシュブラントの両の頬から顎へと伸びる剛毛の顎鬚も人目を引きます。それはマトンチョップ(*もみあげとつながり、上端が細く下端は広がった頬髭)をはるかに越えていますが、完全なフレンチフォーク(*口髭と、頬髭に続く2つに割れた顎鬚を特徴とするひげのスタイル)ではありません。実際のところ、この顎鬚は猪の牙に似ていて、好戦的に見物人のほうへ突出しています。
荒々しいぼさぼさの眉毛は、ビヨルンの顔を作り上げ、彼の目に深くくぼんだ、鋭い表情を与えています。小さなビルボには、さぞかし恐ろしいことでしょう。

TORnの記者はこの報告による描写が、今年のトールキンカレンダーに載っていたジョン・ハウとアラン・リー両画伯の共作によるイラストレーションに描かれた人物と似ており、これはビヨルンのコンセプト画ではないかと推理しています。下の画像の、中央右側の筋骨逞しい髭面の人物です。


*このイラストについてジョン・ハウは自身のサイトにて、「トールキン・カレンダー2013のためのアラン・リーとのコラボレーションの成果。もし、誰がどれを描いたか当てられるなら無料でどうぞ。いやいや、勿論冗談です(でも、推測してみる分には何の差し支えもないですよ)」と説明しています。チャレンジしてみては如何でしょう。



また、撮影時の現場のスナップから、小さく写っているミカエル・パーシュブラントを拡大した写真も、TORnのコメント欄にUPされました。上の画像の右側2枚がそうです。
いずれも不鮮明ではありますが、最初に流出した写真(上画像左端)とこれら全てを統合してみると、映画版ビヨルンの姿をかなり具体的に思い描くことが出来そうです。

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)

2013年09月08日 22:21

8月30日、お馴染みThe One Ring.netに、Deciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題した、3ページに及ぶ考察記事が掲載されました。
これは、『ホビット』の予告編や各種フッテージ映像、また雑誌の記事やキャストのインタビューなどで明らかになった情報の断片を繋ぎ合わせ、それに投稿者であるCaptain Saltさんの推理を合わせて、『ホビット 竜に奪われた王国』のオープニングからエンディングまでを構築してみたものです。

生憎その翌日には、映画のタイアップ本『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』のネタばれ満載の中身(2013年9月1日の記事をご参照下さい)がネットに浮上し、話題をもっていかれた感がありましたが、こちらの考察は、言わば今までに登場したネタばれの集大成として、ファンには興味深い読み物になっています。

記事の作者は、情報ひとつひとつのソースに殆ど言及しておりませんので、お節介ながら分かる範囲で、その出所と補足を挟みつつ邦訳してみました(原作のエピソードや、公式予告編に使用されているカットに由来する予測については、特に言及していません)
勿論、実際にこの通りに描かれるかどうかは、映画が公開されてみないことには分かりませんが、高い確立で映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでいると思われます。ネタばれに抵抗がある方は読み進めないで下さいね。(*以下、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)


■プロローグ

わたしたちは、ピーター・ジャクソン監督が、「映画は“よく知られている、しかし予期せぬ”どこかから始まる」と言った(*1)ことを知っています。そして、先日終了した夏の追加撮影の間に、どうやら踊る小馬亭でのシーンが撮影された(*2)ことも分かっています(おそらく、エレボールへの探求の旅を計画しているガンダルフとトーリンのフラッシュバックになるのでしょう)そして、更に多くの材料が、トーリンの父スラインについて存在することが分かっています。
スラインはサー・アントニー・シャーによって演じられ(*3) 、拡大した役割の為にモリアでの戦いを再体験することになっています。両方ともプロローグか、または映画中の他の場面にインサートされることでしょう。

【注1】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。
【注2】スペインのトールキンファンサイト El Anillo Único の記事(2013.5.11)による。
【注3】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。第1部ではスラインをマイク・ミズラーイが演じていましたが、マイクのスケジュールの都合か、あるいは(マイクには失礼ながら)もっと存在感のある俳優を必要とする重要なシーンを追撮したのでしょうか。シェイクスピア俳優として有名な名優アントニー・シャーを改めて起用したようです。

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)]の続きを読む

『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から

2013年09月01日 13:42

8月29日、『ホビット スマウグの荒らし場』の映画タイアップ本(子供向け)として、HarperCollinsより「The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014」が発売されました。
翌日には購入したファンがスキャン画像をネットにアップロードし、キャラクター画像や、何より映画のプロットが部分的に明らかになりました。【Source:The One Ring.net

今回の記事ではそれを紹介させて頂くわけですが、いつにも増して映画のストーリーに関する重要なネタばれを含んでおりますので、映画を前知識なしで楽しみたい方は、くれぐれもご注意下さい。

The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014  The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014 (2013/08/29)

商品詳細を見る

[『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2012年9月 〜

2012年09月30日 23:59

9月30日(日) *ベネディクト・カンバーバッチ、インタビューでモーション・キャプチャーについて語る。
 「とても解放された気分だった。一度スーツを着てセンサーを付けると、何物にも妨げられない自由な感覚になるんだ。ちょっとありふれた官庁のビルに似た建物の絨毯の上で、無一文になった気分になる。4台の固定カメラと全てのセンサーで、ありのままのぼくになるんだ。それからWETAのスタッフが魔法をかけるんだよ」 【TotalFilm】
9月28日(金)
© MGM, New Line Cinema, WingNut
 Films & Warner Bros.
*『ホビット 思いがけない冒険』の劇場用ポスター新バージョン公開。
 今回のバージョンは「ドワーフ」。個性的な13人のドワーフたちが勢揃い! 【facebook(Peter Jackson)】

*ワーナー・ブラザーズ、Wallpaper Generator の新バージョン、キャラクター編を公開。
 袋小路屋敷に集合したガンダルフとドワーフたち。パソコン用、モバイル用壁紙の他に、facebookやTwitter用のアイコン、各種スキンも作成出来ます。 【WarnerBros.com】

*The Bridge Direct、10月発売の『ホビット』アクションフィギュアについて最終プレスリリース発表。
 回収の噂もあったレゴラスとタウリエルのフィギュアも含め、予定通り10月1日から販売。 【TORn】
9月26日(水) *ワーナー・ブラザーズ、10月以降販売予定で製作したフィギュア等の一部をメーカーに回収依頼との噂。
 『ホビット』が2部作から3部作になったため、『ホビット 思いがけない冒険』のアクションフィギュアなどのタイアップ製作の中から、第2部以降に登場するキャラクターを含む製品の回収を急いでいるとHDRF。
回収対象となっているのは、1.ビヨルンとビヨルンの家 2.闇の森とクモたち 3.スランドゥイルの要塞 4.スランドゥイル 5.レゴラス 6.タウリエル 7.闇の森の衛兵たち 8.逃げ出す樽の群れ〜川辺(バルド含む)とのこと。
このことは、第1部のエンディングに関する先日来の噂(9月10日参照)を裏付けるものとされていますが、真偽の程は不明です。尚、amazon等ではアクションフィギュアの予約はそのまま続行しているようです。 【HDRF】

《追記》上記ソースから記事が削除された為、別サイトの同様の内容の記事を紹介しておきます。(9月27日)【TORn】
9月25日(火) *『ホビット』アクション・フィギュアから、エルフの女戦士タウリエルの姿が明らかに。 【ComicBookMovie】
9月24日(月) *英国王室主催のチャリティーイベント「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス」2012年度招待作品に『ホビット 思いがけない冒険』が選出される。
 英皇室を招待して開催される「ロイヤル・フィルム・パフォーマンス」とは、CTBF(Cinema and Television Benevolent Fund:映画やテレビ業界で働く人々とその家族の事故や病気、また失業や死亡した場合などのケアと財政援助をする慈善基金)のためのチャリティーイベントで、今年で65回目になります。
「『ホビット 思いがけない冒険』が英国における映画とテレビの共同体で最も困窮している人々を支援するCTBFの仕事に協力出来ることのは、まったく理に適ったことです。この映画にはかなりの数の英国のキャストとクルーが参加していますから」と英ワーナー・ブラザーズのチーフ、ジョシュ・ベルガー。開催は12月12日ロンドンにて。 【DEADLINE】
9月23日(日)
© MGM, New Line Cinema, WingNut
 Films & Warner Bros.
*『ホビット 思いがけない冒険』の劇場用ポスター新バージョン公開。
 マーティン・フリーマン演じるビルボの凛々しい姿が話題に。 【facebook(Peter Jackson)】
9月22日(土) *HAPPY HOBBIT DAY!!

*『ホビット』アクション・フィギュアから、オークのボルグ、ゴブリンの王他の姿が明らかに。 【ComicBookMovie】

9月21日(金) *『ホビット 思いがけない冒険』の上映時間は123分と、パリの映画館 le Grand RexのWebサイトが掲載。 【le Grand Rex】
9月19日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』の第2予告編公開!
 エンディングの異なる別バージョン4本も、『ホビット』公式サイトに登場。 【Apple.com】 【The Hobbit.com】
9月18日(火) *新予告編からのスチール10枚が公開に。 【COLLIDER.com】

*サンディエゴ・コミコン用に作成されたものと思われる『ホビット』プロモーションビデオがネット流出。
 ビデオには、エスガロスやスマウグの広間等のメイキングシーンが含まれており、ルーク・エヴァンズ扮するバルドや、スティーヴン・フライ演じる「湖の町の町長」の姿もありました(*これらの場面をカットし、コミコン会場の様子を足して再編集されたものが、プロダクションビデオ#8としてネット公開されたものです)フランスの映画サイトからヨーロッパのトールキンファンサイトを経由して広まったそれは、ワーナー・ブラザーズの知るところとなり、すぐに削除要請が出されました。【TolkienDrim.com】
9月17日(月) *ウエリントン市議会、『ホビット』ワールドプレミアのため、前日の11月27日からコートニー・プレイス周辺の道路を封鎖することを検討。
 11月27日21時から翌5時30分までの交通封鎖を議論。道路封鎖についての苦情を書面にて9月28日17時まで受付中とMSNニュース。また、News talk ZB(9月18日付)では、会場周辺の道路のいくつかを、最大36時間通行止めの計画と報じています。 【MSN】 【News talk ZB】

*ワーナー・ブラザーズ、ニューライン・シネマ及びMGM、トールキン週間の映画タイアップイベントを共同発表。
 「ホビットの日(HOBBIT DAY)」に先駆け、9月19日に新予告編を衛星放送、オンライン、及び劇場で公開。他のイベントについてもプレスリリースで報告。 【Yahoo.com】

*USA TODAY(オンライン)が、『ホビット 思いがけない冒険』の未公開6枚を含むスチルを公開。 【USA TODAY】

*ピーター・ジャクソン監督、ファンに向けたメッセージビデオで、『ホビット 思いがけない冒険』の新予告編公開を9月19日と報告。
 HOBBIT DAY(トールキンファンの祭日で、ビルボとフロドの誕生日である9月22日。1978年にアメリカのトールキン協会が宣言した)のお祝いとして公開とジャクソン監督のフェイスブックにて。また、トールキン週間となる今週中にファンに向け、特別なコンテンツを共有するとも言っています。 【facebook (Peater Jackson)】
9月16日(日) *アクションフィギュアのパッケージから、エルフのタウリエル、オークのフィンブルなどの画像が流出。 【TolkienDrim.com】

《追記》最初に取り上げたサイト(上記ソース)から記事が削除された為、別サイトを紹介しておきます。(9月19日)【elanillounico.com】
[『ホビット』今月の動き〜 2012年9月 〜 ]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。