スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)

2013年09月13日 07:20

8月30日にThe One Ring.netに掲載されたDeciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題したCaptain Salt さんによる考察の後半です。
こちらも前編同様、あくまでも「予想」ではありますが、映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでおります。ネタばれに抵抗がある方はご注意下さい(*なお、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)

■Act 2

ある時点で、ドワーフたちはエルフの地下牢から脱出します(LEGOのプレイセットは、このシーケンスが原作にある程度忠実なのを伝えています)



タウリエルは閉じ込められていたドワーフたちが逃れたのを知って、「独房は空です!」とエルフ語で報告します(*19) 樽での脱出は、原作とは全く対照的に、ビルボとドワーフたちはとても人目を引きます。逃走の間中、トーリンと仲間たちは、レゴラスとタウリエル及び森のエルフたち、それにアゾグとオークの追っ手たちとの三つ巴の交戦を繰り広げます。これはかなり大きなアクションシーンとなります。

【注19】2011月10月2日、『リアル・スティール』のワールドプレミア会場で、エヴァンジェリンはインタビューに答えて、エルフ語で「Come Now!」と「The cells are empty!」を披露しました(動画参照)

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から

2013年09月01日 13:42

8月29日、『ホビット スマウグの荒らし場』の映画タイアップ本(子供向け)として、HarperCollinsより「The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014」が発売されました。
翌日には購入したファンがスキャン画像をネットにアップロードし、キャラクター画像や、何より映画のプロットが部分的に明らかになりました。【Source:The One Ring.net

今回の記事ではそれを紹介させて頂くわけですが、いつにも増して映画のストーリーに関する重要なネタばれを含んでおりますので、映画を前知識なしで楽しみたい方は、くれぐれもご注意下さい。

The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014  The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014 (2013/08/29)

商品詳細を見る

[『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から]の続きを読む

『ホビットの冒険』今週の動き 【2011年7月24日~30日】

2011年07月31日 23:25

7月30日(土) *スティーヴン・フライ、来週火曜日(8月2日)にウェリントン入り予定。
湖の町の統領役のフライ、自身のTwitterにて、「明日ケープタウンからヨハネスブルグを経て、シドニーからニュージーランドへと飛ぶよ。ウエリントンに到着するのは火曜日だね。『ホビット』がぼくを手招きしている!」とツイート 【Twitter】
7月28日(木) *ルーク・エヴァンズ インタビュー 「『ホビット』のオーディションは全てオンラインだったよ」
「1年程前にオーディションを受けたんだ。素晴らしかったね。ぼくはピーターとフィリッパ(・ボウエン)から映画のプロセスについて素敵なことを聞いているよ。それに、映画に出演する俳優たちの何人かは面識があるんだ。オーランド(・ブルーム)はいつもピーターがどんなに凄いか、そして『ロード・オブ・ザ・リング』での体験を話してくれた。本当に待ちきれないよ!」 【MTV】


7月26日(火) *パーク・ロード・ポスト・プロダクション、『ホビット』の3D仕上げ作業にSGO社(マドリッド)のMistika採用 【Below the Line.com】
7月25日(月) *シアーシャ・ローナン インタビュー 「『ホビット』に出られなくて本当に残念です。でも1年以上かかるプロジェクトがあったので、どうしても時間が割けなかったのです」 【Contact Music.com】
7月24日(日) *バルド役のルーク・エヴァンズ、来週ニュージーランド入りとコミコン会場でのインタビューにて。
Q:まだ『ホビット』に取りかかってはいないのですね?
「ああ、来週飛ぶんだ。1週間のうちに出発して、1年間向こうに滞在するよ」
Q:「ピーター・ジャクソンはまだ出演者を増やすようですか?」
「いや、ぼくとバリー・ハンフリーズ(*ゴブリンの王)、エヴァンジェリン・リリー(*タウリエル)、それにベネディクト・カンバーバッチ(*スマウグの声)が最後の4人だよ。
ぼくにとっては本当に大きな出来事だね。恐ろしいと感じる程圧倒的ではないにしろ、大事件であることは確かだ。好むと好まざるとにかかわらず、ぼくは映画史の一部になろうとしているんだからね。これは大規模な予算をかけた映画で、そして、おそらく昨今で最高の映画作家の一人である監督と一緒に働くんだよ。ピーターは世界で最も尊敬されている映画監督なんだ。
彼は2部作の映画を進行中で、この2本を続けて撮るんだ。映画を撮るまでに2年間かかっているんだよ。壮大な作品で、ぼくはその一部になる。本当に興奮しているよ、とても待ちきれないね。ぼくはこの仕事をやり遂げなくちゃいけないんだ。心を落ち着けて、心底集中してね」 【Collider.com】

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■6月28日にメッセージを下さったお客さま
お返事大変遅くなって申し訳ありません…!!m(_ _;)m エルロンド卿もガラドリエルも同じキャストで実現して本当に良かったですね!このところのニュースラッシュは、撮影までの難航した日々を思えば嬉しい悲鳴です。

■7月17日にメッセージを下さったPさま
ビデオブログのムービー、これだけで完成度高いですね!ワタクシもいっぱい楽しみました~♪ドワーフたちのキャラクター写真、13名一人ひとりをきちんと描いてみせるといった制作側の心意気が伝わってきますね。彼らがスクリーン狭しと動き回るのを見る日が本当に楽しみです。

PJ、カンバーバッチとエヴァンズの出演を認める。E・リリーはエルフのタウリエルに…!

2011年06月25日 22:47

Deadlineがルーク・エヴァンズとベネディクト・カンバーバッチの『ホビット』出演に関する特ダネを報じてから3日後、ピーター・ジャクソン監督が自身のfacebookで2人の新たな出演者を発表した上、エヴァンズとカンバーバッチについても出演を認める記事を投稿致しました。記事の内容はざっと次の通りです。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

Ultimate Lost and Philosophy: Think Together, Die Alone (The Blackwell Philosophy and Pop Culture Series)
ふう、久しぶりに投稿出来るよ!
ぼくたちは撮影の最初のブロックを終えて、そのままロケハンに出かけたんだ。これについては近々話すけれど、今日は撮影の第2ブロックで加わる2人の新しいキャストを発表出来ることにぞくぞくしているんだ。

エヴァンジェリン・リリーは映画での新しいキャラクター、森のエルフのタウリエル(Tauriel)を演じることになった。彼女の名前は「闇の森の娘」を意味するんだよ。
タウリエルについて、それ以上のことは皆の推測に任せるよ!(いやいや、レゴラスとはロマンチックな関係にならないよ)
秘密でもなんでもないことは、エヴァンジェリンが女優としてとても優秀で、非常に魅力的だということだ。ぼくたちはとても興奮している。彼女はぼくたちが息を吹き込む最初の、真のシルヴァン・エルフとなるのだからね。

また、アンディ・サーキスがゴラムを作り出したのとほぼ同じ方法で、バリー・ハンフリーズがゴブリンの王(大ゴブリン)を演じることにも、すごく興奮しているんだ。

バリーは恐らく、デイム・エドナ・エバレッジの長年に渡るマネージャーとしてのビジネスとコネクションで、人々に最も知られていることと思う。彼はまた、誤解され易く不当に中傷されているオーストラリアの政治家、サー・レス・パターソンの熱烈な支持者でもある。一方において、それ以外の空き時間では、バリーは立派な俳優でもある。
(*管理人注:これはPJのジョークで、デイム・エドナ・エバレッジもサー・レス・パターソンも、バリー・ハンフリーズ本人が演じている有名なコメディ・キャラクターです) そして、優雅で繊細で、深く感情移入できるゴブリンの王を演じてくれることを、ぼくたちは楽しみにしているんだ。

エヴァンジェリンやバリーの他に、バルド役にはウェールズの俳優ルーク・エヴァンズが、スマウグ(の声)役にはベネディクト・カンバーバッチが決定して、これで殆どの主要な登場人物が出揃うこととなった。彼らが登場する新しいシーンに突入するのが待ち切れないよ!

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

エヴァンジェリン・リリーは人気TVシリーズ『ロスト』でブレイクしたカナダのフォート・サスカチュワン出身の美人女優さんv アクションの切れの良さは『ロスト』で証明済みですから、エルフの戦士としてレゴラスも目を瞠るほどの活躍を見せてくれるかもしれません。
シルヴァン・エルフの女戦士といえば、イタリル(Itaril)という名前の映画のオリジナルキャラクターを『ラブリーボーン』のシアーシャ・ローナンが演じると長らく噂されておりましたが、あくまでも推測ではありますが、シアーシャは『ザ・ホスト』に主演が決まったことでこの役を断り、エヴァンジェリン=タウリエルの誕生とあいなったのではないでしょうか。

そして、大ゴブリン役のバリー・ハンフリーズは、オーストラリアはメルボルン出身のベテランコメディアンです。
半世紀以上に渡ってテレビや舞台等幅広い分野で活躍し、前述のデイム・エドナ・エバレッジを始め、沢山の人気キャラクターを生み出した名優であり脚本家でもあります。

PJが言ったように、エヴァンズとカンバーバッチを含む4人の発表をもって、『ホビットの冒険』の主要キャラクターの配役は、その殆どが公表されたことになりますが、気が付いてみれば今をときめく人気俳優から各国の名だたる名優まで、何とまぁ、信じられないほど豪勢な顔ぶれとなりましたね…!
そんな俳優たちの火花散らす共演(&競演)シーンでは、いったい画面のどっちを見れば良いのやら…と、今から贅沢な悩みに眩暈を覚えつつ、新たなキャストの発表と、撮影の進行状況報告を待つこの頃です。

『ホビットの冒険』今週の動き 【2011年6月12日~6月18日】

2011年06月19日 23:56

6月18日(土) *NZ北島ファンガヌイのワイマリノ地区で『ホビット』ロケの噂。
『ホビット』クルーが宿泊施設を探していたとの噂。2~3ヶ月前に馬の調達にスカウトが訪れた際、ドワーフ役を頼まれたという中学生も 【Wanganui Chronicle】


大きな地図で見る
6月16日(木) *バルド役にルーク・エヴァンズベネディクト・カンバーバッチはスマウグと死人占い師の声とDeadlineが報じる。
【Deadline.com(6:21pm)(7:58pm)】

*ストーン・ストリート・スタジオの土中より有毒汚泥。スタジオ作業員が消防署に通報。
スタジオ敷地内を掘削中、刺激臭に気づいた作業員が消防署に通報。『ホビット』の撮影は休暇中で行われていなかった。ガス事業を含む重工業がスタジオ建設以前のミラマーで行われていた為か?先日(5/24)の爆発事故も含めて消防署で調査中 【The Dominion Post】
6月15日(水) *オーストラリア出身のコメディアン バリー・ハンフリーズ、大ゴブリンを演じる?
メルボルンの地方紙「The Age」のインタビュー記事にて。“彼の次の出演作はニュージーランドで撮影されるピーター・ジャクソン監督の『ホビットの冒険』です。「わたしはノーム…いえ、巨大なゴブリンを演じます」” 【theage.com.au】
6月14日(日) *ライセンシング・インターナショナル・エキスポ2011に出品された、『ホビットの冒険』(ワーナー・ブラザーズ ブース)のアートワーク 【comingsoon.net】


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。