スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』ププロダクションダイアリー 第10弾公開!

2012年12月25日 23:09

『ホビット 思いがけない冒険』公開も2週目になりましたが、皆さまはもう映画をご覧になりましたか?既に4回5回と繰り返し楽しんでいらっしゃる方も少なくないようですね。

さて、『ホビット 思いがけない冒険』世界同時公開日に合わせて、ピーター・ジャクソン監督はfacebookにて、プロダクションダイアリー第10弾を公開しました。
今回は、11月28日に行われたウエリントンでのワールドプレミアの直前から、当日のレッドカーペットイベントが終わるまでが紹介されています。




00'07" 【11月25日(日)ワールドプレミアまであと3日】

ピーター・ジャクソン(以下PJ)「新しいビデオブログへようこそ。最後の数日間はものすごく忙しかったよ」

00'12" 【エリック・セイドン(視覚効果監修)】

エリック「日曜日に、ぼくたちはピーターに最終カットを見せました。最後に届けたカット、そして映画の最後のカットです」

00'21" 【11:30 am】〜 【2:30 pm】

PJ「とりあえず、日曜日に映画を終わらせて…」

ミキサー「これで終了だ」

PJ「その数時間後には、それを観るために集まったジャーナリストで部屋はいっぱいだった」

00'29" 【ジョン・レビンソン(ポスト・プロダクション監修)】

ジョン「映画用語で言うならば、それは“びしょ濡れ(dripping wet)”状態、ただしデジタル的なびしょ濡れだったね」

00'33" 【マスコミ試写会】/【ダビング・スタジオ】

ジョン「その日、報道陣たちが、ぼくたちがまだ映画に取り組んでいるのを知ってうろつきながらも、映画を見始めたのはおかしな光景だったよ」

PJ「ぼくらは昼食をとらなくちゃ。その間にプリントできるよ」
エンジニアたち「おめでとう、いい仕事だった!」
エンジニアたち「ええ、ありがとう」

00'44" 【エンバシー・シアター プレミア32時間前】

PJ「あと少しドルビーアトモスのミックスの仕事が残っていたけど、それも昨日の朝には殆ど終わったよ」

00'54" 【スチュワート・ボーリング(ドルビー・テクニカル・マーケティング・マネージャー)】

スチュワート「ここはエンバシーシアターです。わたしたちはドルビー・アトモスのために、この由緒ある劇場に完全な改修を施しました。ここには合計36個のサラウンド・スピーカーを設置しました。観客席の周囲に28個、頭上に8個です。私たちは今や、観客席のまわりでも頭上でも独自の順番で音を聞くことが出来ますが、同時に本当に滑らかな360度の音の動きを再生することも出来るのです」

PJ「いいね、これで解決したんじゃないかな」
他のスタッフ「はるかに良くなったよ」

01'20" 【ジェイミー・ウイルソン(プレミア・イベント・プロデューサー)】

ジェイミー「ここウエリントンで『ホビット』のワールドプレミアの役員のために設置された仮事務所へようこそ。およそ1500人のメンバーがいると思います。ここでは、その特別な日のために、すべての議会と美術部門が死に物狂いで準備を進めています」

01'33" 【リチャード・テイラー(Wetaワークショップ・クリエイティブ・ディレクター)】

リチャード「“中つ国”での仕事には沢山の楽しいことがありますが、その中で最もクールなものの一つは、実にプレミアの数週間前から始まっています。こういったものを作れますからね。映画とは別にゴラムを作っているんです。これは地元の空港のためのもので、天井から吊るされます。そしてウエリントンへやってくるお客たち全員を歓迎します」

01'54" 【ロブ・ギリーズ(Wetaワークショップ・スーパーバイザー)】

ロブ「そりゃ必死の夜だったよ。だけどよくやったもんじゃないか!」

ジェイミー「慣例において、プレミアではエンバシー・シアターの最上部に何かが飾られます」

0205" 【ダン・ヘナー(プロダクション・デザイナー)】

ダン「わたしたちのアイデアは最初から、まさに旅のはじまりとなったっ袋小路屋敷の緑のドアに彼の印をつけているガンダルフの、巨大なスケールのバージョンを作ることでした。この作品の本領は舞台の背景として、当日カメラレンズを通して見たときに、ガンダルフがわたしの背丈と同じに見えるように強制遠近法を用いて設置したことです」

ファンの女性たち「すごく興奮してるわ!」
ファンの男性1「この町は間違いなくホビット・フィーバーに浮かされているね。それが本当にプレミア全体の雰囲気に加わって、待ち切れない思いだね」
ファンの男性2「どこへ行ってもホビット一色だよ。巨大なバナー、全ての通りには旗、素敵な場所だ。ホビットマーケットにも行くことにしたよ。素晴らしいよ!」

ダン「ここで何を行なっているかというと、ワイタンギ公園にマーケットを開設したのです。ここでは『ホビット』のスタッフで、全ての小道具や布地などの製作者が出店しています。皆夜業して飾り付けを行いました。私たちはプレミアの直前にいます。誰にとっても本当に、とても刺激的な時間です」

02'59" 【キャスト到着】

マーク・ハドロー(ドーリ役)「ここの連中に追いつくのはすごいことさ。でも一緒にいると子供に返っちまうのが玉に瑕だね。悪たれの、いたずらな、全寮制学校の仲間みたいにね」

ウィリアム・キルシャー(ビフール役)「固い尻だな!」
スティーヴン・ハンター(ボンブール役)「この町に戻ってくるのは素晴らしいね。ウエリントンが懐かしいよ」
アダム・ブラウン(オーリ役)「エネルギーに満ちていて、騒々しくて、いつも何かが起こってる」

03’27" 【The One Ring.net プレミア・パーティ】

ピーター・ハンブルトン(グローイン役)「昨夜は素晴らしい晩だった。唯一の問題は司会者がちょっとね…クズだったな」
ウイリアム・キルシャー「誰だ?司会者は」
ジェド・ブロフィー(ノーリ役)「(声を出さずに)ぼくだよ」
ピーター「ああ、知らないなぁ。“テッド・ブロディー”って呼ばれてたヤツだ」

ジェド「(司会を務めて)ここで今晩の特別ゲストをご紹介しましょう。ピーター・ジャクソンとイライジャ・ウッドです!」
PJ「こんにちは!皆さんの支援をありがとう。正直、非常に大きな支えになっているよ」
パーティに集まったファンたち「ありがとう!」

ジェド「それは本当にファンによるファンの為の会だった。そしてみんな申し分なく着飾っていたね」

04’04" ■車内〜空港が近づいて…

ピーター・ハンブルトン「ぼくたちはちょうど今、空港まできたところなんだ。飛行機の側で自分自身を見ることを楽しみにしているんだ。毎日あることじゃないからね」
ジェームズ・ネスビット(ボフール役)「明らかにぼくらにはそれぞれ一画ずつの場所があるようだね」
スティーヴン「ぼくの扱いは大きかったぞ」
ジェームズ「いや、リチャードとマーティンは全身描かれているんだからな」

04’16" ■ウエリントン空港

ジェームズ「ぼくたち全員、やってきた残りのドワーフたちに会えることで興奮しているんだ。彼らは飛行機から降りてきた。長いこと会っていなかったんだ。ディーン・オゴーマン(*フィーリ役)、グレアム・マクタビッシュ(*ドワーリン役)、それにエイダン・ターナー(*キーリ役)と会ったよ、すごく刺激的だった」

ジェイミー「今朝、ニュージーランド航空の巨大な飛行機はウエリントンに降り立って、殆どのスターたちが戻ってきました。彼らは帰ってきたことに大変興奮していました。空港で一つのグループとして皆と会うことは、今朝の非常に大きな楽しみでした。そう、これは家族の親睦会みたいなものなんです。彼らが戻ってきて、そしてわたしたちはちょうどプレス・ジャンケットと呼ばれるインタビューをしていました。それはタレントとの一対一のインタビューですが、別のネットワークや違う局のインタビューのあとのインタビューに次ぐインタビューです。彼らにとっては長い1日でした」

04’54" ■インタビュールームのPJとフィリッパ・ボウエン

PJこんにちは、スペインの友人たち!

04’56" ■インタビュールームのアンディ、マーティン&リチャード

アンディ・サーキス「(スペイン語他で色々)」
マーティン・フリーマン「やぁ!……わぉ…」
アンディ「こんにちは、すべての“いとしいしと”…!(一同爆笑)」
マーティン「オフィスじゃありふれた一日さ」
アンディ「オーケー」
[『ホビット』ププロダクションダイアリー 第10弾公開!]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』プロダクションダイアリー 第8弾公開!

2012年07月29日 09:31

サンディエゴで開催されたコミコン・インターナショナル2012の興奮も醒め遣らない7月23日(日本時間24日)、ピーター・ジャクソン監督は、前回のブログ上での「クランクアップ後すぐ」の約束通り、自身のfacebookにて、『ホビット』プロダクションダイアリー第8弾を公開しました。
266日という長きに渡って行われた撮影の終了間際のスタジオの様子を中心に、初公開の『ホビット』本編の壮大なセットの数々に加えて、コミコンのプレゼンテーション当日の映像まで入った豪華バージョンになっております。

例によって、無謀にも翻訳なぞしてみましたので、トンデモ意訳&誤訳を許せる寛容な皆さまはどうぞご覧下さいませ。
また、今回のビデオは、キャラクターデザインや美術セット等において、いつもに増してネタばれ満載です。映画を出来るだけ白紙状態で楽しみたい方(…はそもそもウチに足を踏み入れたりなさらないとは思いますが)はご注意下さい。



00'02" ■サンディエゴ・コンベンションセンター

ピーター・ジャクソン(以下PJ)「ぼくたちの最新のブログへようこそ。コミコン会場へ車で向かっているところだよ。緊張してきたね。初めてフッテージを見てもらうときは、いつだって少し怖いものだよ。加えて、ぼくは一日インタビューに答えなくちゃならないんだ。でもあと10時間もすれば、すべてが過去のことになっているさ」

00'30" (インタビュールームに入るPJ)

PJ「うまくいけば、この中のどこかでイアン(・マッケラン)とリチャード(・アーミテージ)を見つけられるんだが…」

PJ「(インタビューのカットが次々切り替わって)まず一つインタビューが終わったよ」

00'44" (エレベーターに乗るPJとキャスト)

PJ「ぼくが舞台の上から皆を呼ぶから…」
イアン・マッケラン「ぼくらは一人ずつ登場すればいいんだね?」
PJ「そうだ」

00'48" (ホールに入場する人々の列)

PJ「今朝 TheOneRing(.netのコミコン実況中継)で、ホールHに入場するために水曜日から泊まり込んでいる人たちを見たよ。ぼくがつきあいたいと思うのはそういう人たちさ」

00'58" (ホールH)

PJ「すぐにも始めるよ。ぼくはブログ用の映像をiPhoneで撮るよう徴用されたんだ。このカメラ(自分を撮っているカメラに向かって)を舞台上でまわすことは許可されていないからね。だけど、ぼくがぼくのiPhoneで撮るのを誰も止めさせることは出来ないだろ」

01’25" (ホールH舞台)

司会「ご列席の皆様!ピーター・ジャクソンの登場です!」

PJ「友人たちを紹介しよう。フィリッパ・ボウエン、アンディ・サーキス、リチャード·アーミテージ、マーティン·フリーマン、サー·イアン·マッケラン。そしてサプライズゲストにも登場してもらおう、イライジャ·ウッド!」

01’53" (ホールH客席)

会場のファン「皆さんが大好きです!皆さんに会うためにだけ、ブラジルからはるばるやってきました」
PJ「ありがとう」
会場のファン「この旅行のために、お金を全部使い果たしました。でもその価値はありました」

PJ(VO)「こういった人々のためにぼくたちは映画を作っているんだ。こんなに素晴らしい形で受け取ってもらえたことを、本当に嬉しく思うよ」

PJ「ここに来られなかった全ての人たちのために何かしたいんだ。声を合わせて“コミコンからこんにちは!”と言ってくれないか、1…2…3!」
観客「コミコンからこんにちは!」
PJ「素晴らしい!テイク2は必要ないね。すごくいいよ!」

PJ「それじゃあ、ホールHで観客に見てもらった中から、ほんの1部をお見せしよう」

02’28" (ストーン・ストリート・スタジオ撮影風景。クルーのパーカーの背に書かれた文字が「あと10日」「あと9日」…「あと6日」となって)

PJ「素晴らしい、カット!…いいね」

PJ「撮影最後の5日間へようこそ。ほろ苦い瞬間だね」

PJ「(スタジオのアンディ・サーキスに)まだ山の麓にいるようだよ」

PJ「最後の撮影の一場面をみてもらうのは、ちょっとばかり難しい。何故なら、最近は主に第2部の撮影を行っていたからなんだ。当然それはまだ秘密だからね。だけど少しだけ皆に見てもらうよ。ほんの断片だ。他の沢山の部分は将来のブログのために貯金しておくよ」

03'07" ■マーク・ハドロー(ドーリ役)

マーク「やあ、コミコンファンのみんな、元気かい?ドーリだよ。『ホビット』のセットからライブをお届けするよ!いい子にしてろよ、サンディエゴ!」

03'15" ■ジョン・カレン(オイン役)

ジョン「やあ、コミコンの皆さん、ジョン・カレンです。『ホビット』でオインを演じています」

女性クルー1「(コミコンの兄弟姉妹のみなさん、ようこそ)」

03'23" ■グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン役)

グレアム「ドワーリンから、コミコンに参加の全ての皆さんにこんにちはを言わせて下さい。中つ国から心を込めて送ります。わたしにとって本当に素晴らしかった瞬間は、初めて袋小路屋敷に足を踏み入れたときでしょうね。その場所は既に皆さんが見たことのある場所ですから、心に深く刻まれていることでしょう。私たちは皆用意ができていて、そして初めてイアンがやって来た…あなただって彼を見たらこう言うでしょう “なんてこった…ガンダルフだよ”」

03'45" ■ジェド・ブロフィー(ノーリ役)

ジェド「優しい気持ちで思い出すね。袋小路屋敷でぼくたちはお互いのことを知るようになったんだ。本当にドワーフの仲間としてね」

03'52" ■アダム・ブラウン(オーリ役)

アダム「コミコンのみなさん、こんにちは。『ホビット』のセットから、オーリことアダム・ブラウンです。ぼくにとってもっとも刺激的だったことのひとつは、歴史の一部分のようなセットで働くことが出来たことです。信じられない程素晴らしい俳優たちとともに働くぼくが、裂け谷にいたんです」

04'13" ■ジョン・ハウ(美術監督:コンセプト)

ジョン・ハウ「ケイト・ブランシェットが演じるのを見るのは、非常に感動的でした。背筋がぞくぞくする程でした。本当に驚くべきものでしたよ」

ケイト・ブランシェット(ガラドリエル役)「中つ国に戻れるなんて、名誉なことね」

04'22" ■リー・ペイス(スランドゥイル役)

リー・ペイス「コミコンの皆さん、こんにちは。素敵な時間を過ごしていますか?わたしの名前はリー・ペイス、エルフの王スランドゥイルを演じます。わたしがとても楽しんだのは、種族によって異なる動きを設計したテリー・ノータリーとの仕事でした。エルフの動き方は明らかにドワーフのそれとは全く違っていますからね。登場人物になりきって人間でない動きをすることは、本当に楽しいことでした」

04'46" ■ヘイデン・ウィール(ビルボ代役)

ヘイデン「ラダガストを演じているシルヴェスター・マッコイだが…彼は本当に愉快で魅力的な男なんだ」

シルヴェスター・マッコイ「(スプーンで演奏しながら)ぼくには皆が必要さ」

PJ「シルヴェスターはこの映画の中の、お楽しみのひとつになりそうだと思っているんだ」

04'57" ■シルヴェスター・マッコイ(ラダガスト役)

シルヴェスター「本物のマッコイだよ」

ジョン・ハウ「ぼくはトーントン(*イギリスのTaunton?)へ出かけて、数百メートルに及ぶ森林を彷徨い歩いたことがあるんだが、その聳える様がラダガストの家があるロスゴベルに見えたんだ」

05'07" ■ジュヌビエーブ・クーパー(スタンドバイ・ペインター)

ジュヌビエーブ「ラダガストというキャラクターは、愉快で活発な魔法使いなの。彼の家は実際、その陽気な性格を反映しているわ」

05'18" ■アンディ・サーキス(第2ユニット監督)/■Belindalee Hope(第2ユニット制作主任)

アンディ「“谷間の国”は本当に美しかった。まるでどこか別の国のようだったね」
Belindalee「そうね、まるでモロッコやトルコ…イタリアのようでもあったわ」

05'19" ■アラン・リー(美術監督:コンセプト)

アラン「谷間の国は非常に大きなセットのひとつです」

PJ「ぼくたちがこれまでに建造した最大のセット…昔造ったミナス・ティリスやヘルム峡谷に匹敵する大きさだと思うね」

ジョン・ハウ「谷間の国の都市は本当に巨大なセットだよ。まるでいつも訪れたてみたかった見捨てられた町のように、ただ彷徨い歩くことも出来るんだ」

05'45" ■ネイサン・マイスター(パフォーマンス・コーチ)

ネイサン「最も楽しかったのは、恐らくゴブリンのセットでしょう。ゴブリンの町のセットは本当に鋭くて、尖っていて、沢山の炎と沢山の骨もありました」

05'57" ■ビクトリア・サリヴァン(スクリプター)

ビクトリア「わたしたちは大ゴブリンに紹介されたわ」

PJ「バリー・ハンフリーズは世界のこの地域(*オーストラリアやニュージーランド)のちょっとした伝説の有名人なんだよ。彼のデイム・エドナのショーを2〜3回観て、バリーはゴブリンの王だって自然と思えたんだ」

バリー・ハンフリーズ「腸の山を見たかい?」
アンディ「いいや、でもチェックしておこう」

ジョン・ハウ「誰かこの家にいるのか知らないが、すぐに分かるだろう」

06'23" ■リチャード・アーミテージ(トーリン・オーケンシールド役)

リチャード「ビヨルンの家にすっかり魅了されているのに気がついたよ。それは原作の中でも大好きな部分のひとつなんだ。それにこの造形ときたら…美しい納屋に施された彫刻、その他いろんなものが特大サイズなんだ」

マーティン・フリーマン「ぼくは主題歌を書きたいな、そして歌うんだ…」

PJ「ドワーフの尺度で建造したから、こんなに巨大になったんだ。このセットはどんなものでも小さく感じさせるよ。ぼくはこのセットの上に立ってカメラを設置しているクルーを見たもんだが、本当に小さな人間みたいだった。ちょっと信じられない光景だったよ」
[『ホビット』プロダクションダイアリー 第8弾公開!]の続きを読む

PJ、カンバーバッチとエヴァンズの出演を認める。E・リリーはエルフのタウリエルに…!

2011年06月25日 22:47

Deadlineがルーク・エヴァンズとベネディクト・カンバーバッチの『ホビット』出演に関する特ダネを報じてから3日後、ピーター・ジャクソン監督が自身のfacebookで2人の新たな出演者を発表した上、エヴァンズとカンバーバッチについても出演を認める記事を投稿致しました。記事の内容はざっと次の通りです。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

Ultimate Lost and Philosophy: Think Together, Die Alone (The Blackwell Philosophy and Pop Culture Series)
ふう、久しぶりに投稿出来るよ!
ぼくたちは撮影の最初のブロックを終えて、そのままロケハンに出かけたんだ。これについては近々話すけれど、今日は撮影の第2ブロックで加わる2人の新しいキャストを発表出来ることにぞくぞくしているんだ。

エヴァンジェリン・リリーは映画での新しいキャラクター、森のエルフのタウリエル(Tauriel)を演じることになった。彼女の名前は「闇の森の娘」を意味するんだよ。
タウリエルについて、それ以上のことは皆の推測に任せるよ!(いやいや、レゴラスとはロマンチックな関係にならないよ)
秘密でもなんでもないことは、エヴァンジェリンが女優としてとても優秀で、非常に魅力的だということだ。ぼくたちはとても興奮している。彼女はぼくたちが息を吹き込む最初の、真のシルヴァン・エルフとなるのだからね。

また、アンディ・サーキスがゴラムを作り出したのとほぼ同じ方法で、バリー・ハンフリーズがゴブリンの王(大ゴブリン)を演じることにも、すごく興奮しているんだ。

バリーは恐らく、デイム・エドナ・エバレッジの長年に渡るマネージャーとしてのビジネスとコネクションで、人々に最も知られていることと思う。彼はまた、誤解され易く不当に中傷されているオーストラリアの政治家、サー・レス・パターソンの熱烈な支持者でもある。一方において、それ以外の空き時間では、バリーは立派な俳優でもある。
(*管理人注:これはPJのジョークで、デイム・エドナ・エバレッジもサー・レス・パターソンも、バリー・ハンフリーズ本人が演じている有名なコメディ・キャラクターです) そして、優雅で繊細で、深く感情移入できるゴブリンの王を演じてくれることを、ぼくたちは楽しみにしているんだ。

エヴァンジェリンやバリーの他に、バルド役にはウェールズの俳優ルーク・エヴァンズが、スマウグ(の声)役にはベネディクト・カンバーバッチが決定して、これで殆どの主要な登場人物が出揃うこととなった。彼らが登場する新しいシーンに突入するのが待ち切れないよ!

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

エヴァンジェリン・リリーは人気TVシリーズ『ロスト』でブレイクしたカナダのフォート・サスカチュワン出身の美人女優さんv アクションの切れの良さは『ロスト』で証明済みですから、エルフの戦士としてレゴラスも目を瞠るほどの活躍を見せてくれるかもしれません。
シルヴァン・エルフの女戦士といえば、イタリル(Itaril)という名前の映画のオリジナルキャラクターを『ラブリーボーン』のシアーシャ・ローナンが演じると長らく噂されておりましたが、あくまでも推測ではありますが、シアーシャは『ザ・ホスト』に主演が決まったことでこの役を断り、エヴァンジェリン=タウリエルの誕生とあいなったのではないでしょうか。

そして、大ゴブリン役のバリー・ハンフリーズは、オーストラリアはメルボルン出身のベテランコメディアンです。
半世紀以上に渡ってテレビや舞台等幅広い分野で活躍し、前述のデイム・エドナ・エバレッジを始め、沢山の人気キャラクターを生み出した名優であり脚本家でもあります。

PJが言ったように、エヴァンズとカンバーバッチを含む4人の発表をもって、『ホビットの冒険』の主要キャラクターの配役は、その殆どが公表されたことになりますが、気が付いてみれば今をときめく人気俳優から各国の名だたる名優まで、何とまぁ、信じられないほど豪勢な顔ぶれとなりましたね…!
そんな俳優たちの火花散らす共演(&競演)シーンでは、いったい画面のどっちを見れば良いのやら…と、今から贅沢な悩みに眩暈を覚えつつ、新たなキャストの発表と、撮影の進行状況報告を待つこの頃です。

『ホビットの冒険』今週の動き 【2011年6月12日~6月18日】

2011年06月19日 23:56

6月18日(土) *NZ北島ファンガヌイのワイマリノ地区で『ホビット』ロケの噂。
『ホビット』クルーが宿泊施設を探していたとの噂。2~3ヶ月前に馬の調達にスカウトが訪れた際、ドワーフ役を頼まれたという中学生も 【Wanganui Chronicle】


大きな地図で見る
6月16日(木) *バルド役にルーク・エヴァンズベネディクト・カンバーバッチはスマウグと死人占い師の声とDeadlineが報じる。
【Deadline.com(6:21pm)(7:58pm)】

*ストーン・ストリート・スタジオの土中より有毒汚泥。スタジオ作業員が消防署に通報。
スタジオ敷地内を掘削中、刺激臭に気づいた作業員が消防署に通報。『ホビット』の撮影は休暇中で行われていなかった。ガス事業を含む重工業がスタジオ建設以前のミラマーで行われていた為か?先日(5/24)の爆発事故も含めて消防署で調査中 【The Dominion Post】
6月15日(水) *オーストラリア出身のコメディアン バリー・ハンフリーズ、大ゴブリンを演じる?
メルボルンの地方紙「The Age」のインタビュー記事にて。“彼の次の出演作はニュージーランドで撮影されるピーター・ジャクソン監督の『ホビットの冒険』です。「わたしはノーム…いえ、巨大なゴブリンを演じます」” 【theage.com.au】
6月14日(日) *ライセンシング・インターナショナル・エキスポ2011に出品された、『ホビットの冒険』(ワーナー・ブラザーズ ブース)のアートワーク 【comingsoon.net】


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。