スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LotR裁判続報、提出書類の最終期限は3月3日に

2009年02月10日 20:42

2月7日のアンケート結果紹介記事でも触れましたが、昨年2月11日にトールキン教授の遺産を管理しているイギリスの慈善団体トールキン・トラストと著作権管理のトールキン・エステート、それに教授の著作の出版社であるハーパー・コリンズ社が、ニューライン・シネマを相手取って起こした、LotR3部作の映画化の収益分配を巡る訴訟の続報です。 (Source:MSNBC)

ロサンゼルス上級裁判所判事のアン・I・ジョーンズは先週、双方の書類提出期限を2009年3月3日と申し渡しました。どうもこの期日はトールキン・トラスト側に有利なようですね。
ニューラインは、トラスト側が求める書類の60%を用意した時点で、既に数十万ドルの経費がかかったと発言しております。そして、残りの書類を指定された期日までに見つけるのが難しいとして、本来の最終期限2月28日の延期を求めていたようですが叶いませんでした。
提出された書面は、訴訟を解決するために、3月中旬または4月の出廷に備えて、双方によって審査されます。裁判の予定は10月19日です。

また、何か動きがありましたら報告いたしますね。
スポンサーサイト

デル・トロ監督、吸血鬼小説の3部作を執筆契約!

2008年09月26日 20:27

『ホビットの冒険』2部作の映画化とは直接関係ありませんが、映画の進行状況を語る上で、ギレルモ監督のスケジュールが必ず取り沙汰されますので、こちらの記事もご紹介です。(Source:BBC & Variety Japan

現在ハリウッドで最も多才かつ多忙な監督の一人でありますGDTことデル・トロ監督。
先日、彼のスケジュールは2017年までびっしり!との情報をお伝えしました(過去記事はコチラ )が、ギレルモ監督は更に作家としての才能も発揮すべく、小説家のチャック・ホーガンとの共同執筆による吸血鬼小説の3部作を出版すると発表致しました!
「この3部作は、予想外の方法で売り出されるよ!」とは彼の弁ですが、いくつもの監督&プロデュース作品を抱え、まだ余力があるとはっ★ アナタの生命力ミミック並!?

物語は、吸血鬼ウィルスに汚染されたニューヨークを舞台に展開し、吸血鬼一族の生理学や伝説について、その起源を旧約聖書にまで遡りながら、驚くべき意外な事実が明らかになる・・・!とのことで、個人的にすっごくそそられる内容になっております。ワクワク♪

第一部となる『The Strain』の発刊は2009年の夏を予定しており、出版社はトールキンファンにはお馴染みのハーパーコリンズ社傘下のウィリアム・モロー社。イギリスではハーパー・コリンズ社の出版となり、同時に特別版がスペイン系子会社のRayo社から発行される予定とのことです。
ちなみに作家のチャック・ホーガンは、『Blood Artists」や『Killing Moon』などで知られるスリラー作家で、最近では『Prince of Thieves(強盗こそ、われらが宿命)』の映画化権をワーナー・ブラザーズが獲得し、ベン・アフレックが主演と監督を務めることになっているそうでございます。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。