スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット』今月の動き〜 2013年8月〜

2013年08月31日 23:37

8月31日(土) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット スマウグの荒らし場』世界公開日一覧を更新。日本は2014年2月28日に。
 ワーナー・ブラザーズは、The Hobbit公式ホームページにおいて、世界公開日一覧のページを更新し、日本における『スマウグの荒らし場』の公開日を、3月7日(金)から2月28日(金)に変更しました。
これで一般公開日が1週間早くなった訳ですが、リストに掲載されている日本以外の全ての国々が2013年中に公開なのを見るにつけ、寂しい気持ちになるのに変わりはありません。 【The Hobbit.com】
8月28日(水) *グレアム・マクタビッシュ、『ホビット スマウグの荒らし場』のアフレコ参加を報告。
 グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン役)はTwitterにて、「リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド役)とADRでの楽しい一日。『スマウグの荒らし場』はかなりすごい感じだ…」とツイート、 『ホビット スマウグの荒らし場』のADR(Additional Dialogue Recording:日本でいうアフレコのこと)を行ったことを報告しました。
作業日程や、他にどのキャストが参加しているか等詳しいことは分かりませんが、ファンの質問に答えたツイートによれば、録音はロンドンにて行われているとのこと。12月の公開に向けて、ポスト・プロダクション作業が急ピッチで進んでいることを伺わせます。 【Twitter (Graham McTavish)】
8月26日(月) *Wetaデジタルとパーク・ロード・ポスト、『ホビット』等の技術で第5回3D技術賞受賞。
 国際3D協会(The International 3D Society:I3DS)とAdvanced Imaging Societyは、優れた3Dの技術革新と国際的な業績に対して贈られる第5回3D技術賞(3D Technology Award 2013)の受賞者を発表しました。
受賞が決定した10団体の中には、ピーター・ジャクソン監督が設立したWetaデジタル(3D視覚効果におけるパイプライン)とパーク・ロード・ポスト(3DHFRにおけるパイプライン)が含まれています。授賞式は9月18日に、ロサンゼルスのパラマウントスタジオにて開催されます。 【Business Wire】 【THR】
8月21日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』、第4回スクリーンUKマーケティング&ディストリビューション賞(スクリーン賞)に2部門ノミネート。
 マーケティング、流通、エキシビションにおける、イギリスの代表的な作品を認識するために設けられたスクリーンUKマーケティング&ディストリビューション賞(Screen UK Marketing & Distribution Awards 2013)において、『ホビット 思いがけない冒険』は、3D映画キャンペーン賞(3D Film Campaign of the Year)とオンラインキャンペーン賞(Online Campaign of the Year)にノミネートされました。
授賞式は10月30日に、ロンドンのPark Plaza Riverbankで開催予定です。 【Screen Awards】
8月17日(土) *『ホビット スマウグの荒らし場』映画タイアップ書籍カバー画像、各種公開。 【El Anillo Unico.com】
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug Official Movie Guide

The Hobbit: the Desolation of Smaug Visual Companion
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug The Movie Storybook

The Hobbit: The Desolation of Smaug Activity Book
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug Sticker Book

The Hobbit: the Desolation of Smaug Ultimate Sticker Book
[『ホビット』今月の動き〜 2013年8月〜]の続きを読む
スポンサーサイト

PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(前編)

2013年07月28日 10:49

7月26日、5月下旬から始まった『ホビット』の10週間に及んだ追加撮影は無事終了の運びとなりました。
この慌ただしい最終日を、ピーター・ジャクソン監督は、早朝目覚めてまだ床にあるうちから、スタジオでの打ち上げを終えて深夜に帰宅するまで、facebookを通じてリアルタイムでレポートしてくれました。

残された時間で、映画に必要な全てを撮り終えることが出来るかどうか、プレッシャーで眠れなかった夜の話から、最終ショットを終えた感動の叫びまで、まるでその場にいるように、監督やクルー、そしてキャストたちの思いを共有出来る時代がくるとは、LotR3部作の頃には思いもしませんでしたね。

若干長いですが、この日ジャクソン監督が発信したレポートを順番にまとめてみました。リアルタイムで読むことが適わなかった皆さまも、最終日の様子を追体験して頂けたら幸いです(意訳・誤訳はご寛恕の程)。


■7月26日 6:30am -------------------------------------------

撮影の最終日。

ブログを始めて以来、一日を通して紹介するような試みを何かやってみたいと思っていたんだ(勿論、残り19の質問に答える義務があるのは忘れていないよ!(*1))ぼくたちが通常どんなふうに行動しているかを全て感じてもらうための、撮影日をリアルタイムで紹介するブログだ。

撮影の最終日であることを想定すれば、今日は必ずしも“通常の”日ではないのだけれど、今日やらなければ、もう決してやる機会はないだろうからね!

それじゃあ、始めようか。日中は出来るだけ沢山更新するつもりだよ。少なくとも写真は即行でね。文章はどのくらい忙しくなるかによるけれど。

現在、ここウエリントンは朝の6時30分。ぼくはベッドにいて、起きようとしているところだ!どうしたら必要な全てのショットを撮り終えられるだろうかと、撮影についてすごくストレスを感じていたので、あまり眠れなかったんだ。心の中でリハーサルし続けていたんだよ。

今日は第3部の場面を撮影する。君たちが2014年12月に目にする筈のものだが、正直に見せようと思っているよ。だけど、ネタばれはなしだ。

ぼくは撮影テントの暗闇の中に横たわって、何度も何度も戦いのリハーサルを見た。
スタンド・コーディネーターのグレン ・ボスウェルは、この週末に俳優たちと働いたんだ。そして、エキサイティングでショッキングな瞬間のアクションをいくつかデザインしたんだよ。彼がそのとき撮影したのを、iPadの“ウィングナットTV”と呼んでいるアプリケーションの中に入れてもっているんだ。
それは膨大な素材を使用したカタログをインターネットで使用し、毎日の更新を可能にするプログラムだ。そこには編集前の下見用フィルム、編集されたフィルム、プレビズ(*実際に映画を制作する前に、予想される結果をCG等を使って視覚化された映像)、音楽の全てと、更にもっと沢山のものが含まれている。ぼくは戦いの映像を見て、今日撮影するアングルを考えるんだ。やらなくてはならないことが山のようにある。

撮影は午前8時30分に始まって、午後7時30分に終了する予定だけれど、きっと遅くまでかかると思うね。長い一日を働くときはいつも、クルーの気持ちを和らげようと、「ジム(ジェームズ)・キャメロンが『アバター2』と『アバター3』を撮るときのために」って冗談を言うんだが…う〜ん、それは本当にジョークにならないね。

とにかく今日は、ちょくちょく更新していこうと思う。

【注1】PJは『ホビット』に関する20の質問に答えるとして、2011年5月3にfacebookを通してファンの質問を公募しましたが、最初の第1問を同年5月30日に回答したきり更新を中断しています。ご多忙だったのでしょう…。

■7月26日 7:00am -------------------------------------------

  ウエリントンの夜明け---寝室からの眺め。ちょうど午前7時をまわったところ。
着ているものを放り投げて、仕事に行くことを考える。
ぼくには、撮影するときには毎日殆ど同じような服を着るという奇妙な迷信めいた習慣がある。
去年コミコンに行った際に2着のシャツを買った。白いのを1着と、青いのを1着。

今日は白の日の気分。

■7月26日 8:20am -------------------------------------------

午前8時20分。家を出る。
ミスター・スマッジは、ぼくに行ってらっしゃいを言うために階段で待っている。彼は毎日そうする。
そして夜はぼくを出迎えようと、いつもドアの側で待っている。
 

■7月26日 8:20am
(*2) -------------------------------------------

スタジオに到着。

午前8時20分。一日の中で、この時間は好きじゃない。車でスタジオまでいくとき、いつもは緊張しているんだが、今日はまるで威圧されるような感じがするね。
100人の人間が、最初のショットは何か、ぼくがどんなレンズを使いたがっているか、それから、このシーンが終わるまでにどれだけカメラ位置の変更(set-ups)が必要になるかを知ろうと、ぼくを見ようとするんだ。
計画がある時もあれば、時には即興でやることもある。それは俳優とのリハーサルを助けて、アイデアが(うまくいけば良いものが)動き始める。

場が和やかになって撮影が始まれば、それはいつでも、より良いものとなるんだ。

良い知らせがあるとしたら、スタジオが家から5分で、信号もラッシュアワーもないってことだね。


【注2】家を出る前も午前8時20分となっていますが、PJが投稿した記事のままにしています。

[PJの長い一日〜『ホビット』撮影最終日のレポートから(前編)]の続きを読む

『ホビット 思いがけない冒険』サウンドトラック詳細

2012年11月06日 19:31

11月1日、WaterTower Musicは、『ホビット 思いがけない冒険』のサウンドトラックのリリースとその詳細を発表しました。
それによりますと、『ホビット 思いがけない冒険』のサントラ盤は、通常版(Standard Edition)の他に、全曲中の7曲が延長バージョンとなるのに加えて、6曲のボーナストラックを収録した特別版(Special Edition)の2種類が、それぞれCD2枚組で12月11日に発売になります。
収録曲のリストは以下の通りです(特別版にだけ含まれる曲は緑色のフォントで記載。邦題は管理人が仮訳したものであり、日本版のCDの曲名とは異なります)

Hobbit: An Unexpected Journey
Hobbit: An Unexpected Journey
- Standard Edition

(2012/12/11)
Soundtrack CD2枚組
Hobbit: An Unexpected Journey
Hobbit: An Unexpected Journey
- Special Edition

(2012/12/11)
Soundtrack CD2枚組

《DISC 1》
1.My Dear Frodo親愛なるフロド
2.Old Friends (Extended Version)古い友人たち(延長バージョン)
3.An Unexpected Party(Extended Version)思いがけないお客たち(延長バージョン)
4.Blunt the Knives performed by The Dwarf Castドワーフキャストによる「ナイフを鈍らせろ」
5. Axe or Sword?斧か剣か?
6.Misty Mountains performed by Richard Armitage and The Dwarf Castリチャード・アーミテージとドワーフキャストによる「霧ふり山脈」
7.The Adventure Begins冒険は始まった
8.The World is Ahead世界は前に
9.An Ancient Enemy古来の敵
10.Radagast the Brown (Extended Version)茶のラダガスト(延長バージョン)
11.The Trollshawsトロルの森
12.Roast Mutton(Extended Version)ヒツジのあぶり肉(延長バージョン)
13.A Troll-hoardトロルの貯え物
14.The Hill of Sorcery妖術の丘
15.Warg - scoutsワーグの斥候たち
《DISC 2》
1.The Hidden Valley秘密の谷
2.Moon Runes(Extended Version)月光ルーン文字(延長バージョン)
3. The Defiler冒涜者
4.The White Council(Extended Version)白の会議(延長バージョン)
5.Over Hill山の上
6.A Thunder Battle雷合戦
7.Under Hill山の底
8.Riddles in the Darkくらやみでなぞなぞ問答
9.Brass Buttons真鍮のボタン
10.Out of the Frying-Pan一難去って
11.A Good Omen良い兆し
12.Song of the Lonely Mountain (Extended Version) performed by Neil Finnニール・フィンによる「はなれ山の歌」(延長バージョン)
13.Dreaming of Bag End袋小路屋敷を夢見て
14.A Very Respectable Hobbit大変まっとうなホビット
15.Ereborエレボール
16.The Dwarf Lordsドワーフの王たち
17.The Edge of the Wild荒野の果て


作曲と指揮は『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズに引き続き、アカデミー作曲賞を受賞した御馴染みハワード・ショア。演奏はロンドン交響楽団で、有名なアビーロード・スタジオで録音されています。
主題歌の『Song of the Lonely Mountain(はなれ山の歌) 』は10月初頭に噂になった通り、「クラウデッド・ハウス」のニール·フィンが担当しています。
また、アルバムの内容から見る限り、こちらも以前からの噂通り、第1部は「Out of the frying pan(into the fire)」=第6章『一難去ってまた一難』まで、つまり鷲たちによるワーグの攻撃からの救出で終わるとみて間違いなさそうですね。

現在このアルバムの中から、「Radagast the Brown(茶のラダガスト)」「Old Friends(古い友人たち)」 及び「The Adventure Begins(冒険は始まった)」を聴くことが出来ます。
ショアの素晴らしい仕事を聴きながら、サウンドトラックの発売と、映画の公開を楽しみに待ちたいと思います。

【11/8追記】記事をUPした当初、DISC1のボーナストラック2曲分の記載が抜けてしまっておりました。申し訳ございません。修正致しましたので宜しくご確認下さいませ。

ハワード・ショア インタビュー:「中つ国のシンフォニーはまだ終わりません」

2010年11月18日 21:38

『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでアカデミー作曲賞と歌曲賞を受賞し、『ホビットの冒険』でも引き続き劇中音楽を担当する予定の作曲家・ハワード・ショア。 ご存知のように彼はここ数年、映画音楽の作曲活動と並行して、コンサートイベント「ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー」のために世界中を旅しています。
来週末(11月27~28日)故国カナダで行われるコンサートを前に、カナダのタブロイド紙「The Provice」が、ニューヨークのショアに電話インタビューを行っておりますのでご紹介致しますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

「この作品はわたしにとって、非常に親密なものなのです。わたしはこれらの作曲に4年近くを費やしました」

ショアの最新のステージは、来週予定されているバンクーバー交響楽団による公演です。マーカス・ヒューバー指揮、ソプラノにKaitlyn Luskを迎え、バンクーバー・バッハ合唱団とバンクーバー・バッハ児童合唱団がこれに加わります。
ホールにはトールキン・アーティストたちによるイメージ映像が映し出され、2時間10分に渡る演奏が行われますが、ショアはこのJ・R・R・トールキンの原作に基づく3部作のために、合計でおよそ11時間分もの作曲をしました。

「作曲すること、オーケストラ用に編曲すること、そして指揮すること---この作品には本当に音楽について新たに学んだことの全てがありました。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズを作曲しレコーディングする前に、わたしはおよそ70本の映画に携わりましたが、これまでに創作されたうちで最も壮大で複雑なファンタジー世界であるこの原作は、作曲するのにとても素晴らしいものでした」

2003年に行われた最初のコンサートから、「ロード・オブ・ザ・リング シンフォニー」は世界中でおよそ160回に渡って演奏されてきました。

「“リング・コンサート”は常に地元の交響楽団とアーティストたちによって演奏されます。そのことが本当に、このコンサートにおける楽しみなのです。皆原作を熱心に読んで言語を学びます。特にトールキンが創作した5つの言語を学ばなくてはなりません。合唱団は正しい音声学を学ぶことになります。それぞれが独自の響きをもっているのですから」

そして現在、待望久しい『ホビットの冒険』2部作のために、LotR3部作の監督であったピーター・ジャクソンと共に、彼は再び中つ国へ戻っていくことになりそうです。

「わたしたちは映画の制作について、少なくとも2002年には話を始めていました。そして最終的に、今やっと動き出したのです。わたしは今後3年に渡って、『ホビットの冒険』に取り組むことになります---今こそこのプロジェクトに、多くの時間と労力とを注ぎ込むことになるでしょう」

H・ショア、『ホビット』を語る~「それは本当に私が愛する世界への帰還です」

2009年10月06日 00:55


ニューヨークのラジオシティ・ミュージックホールにて、来る10月9日及び10日に開催予定の『「ロード・オブ・ザ・リング~旅の仲間」コンサート』(公式サイトはこちら)。
これは、作曲者であるハワード・ショアの指揮のもと、21世紀交響楽団(The 21st Century Symphony Orchestra)によって演奏されるコンサートなのですが、巨大スクリーンにFotR劇場版の本編(178分)を映し出し、映画とシンクロして生演奏を行うとのこと!こ、これは聴きたい観に行きたい…!!

その公演を1週間前に控えた1日の夜、ハワード・ショアと、それにLotR3部作でピピンを演じ、自身もミュージシャンであるビリー・ボイド等を交えてのパネル・ディスカッションが、The Paley Center for Mediaにて開催されました。
そのイベントにおいてショア氏は、LotRに引き続き、デル・トロ監督の『ホビットの冒険』でも作曲を担当し、既に作業は進行中であることを明らかにし、次のように語りました。

「私は空想し、小説を読みます。読んで、そしてまた空想します。それが作曲の方法なのです。作曲とは直感的な行為なのですから。それに相応しい精神の状態でなくてはなりません。一定の方法で中つ国へ入り込んで創造を始めるのです。

さて、私たちが3部作を作った時、作品のクオリティや質感が同一であるようにという考えから、3本の映画は同時に撮影されました。『ホビットの冒険』も、2作同時に撮影される予定です。
『ホビットの冒険』と『ロード・オブ・ザ・リング』は継ぎ目のない世界です。『ホビット』がより過去の時代、より古い物語へ誘ってくれるよう感じさせたいのです。
実際これが参照すべき確実なことであって、より単純な方法、難解にならない手段なのです。そうすれば『ホビットの冒険』は、より大きな物語の一部分であると感じられることでしょう」

MTV Movies Blogのムービーでご覧下さいませ~(^^


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。