スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)

2013年09月13日 07:20

8月30日にThe One Ring.netに掲載されたDeciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題したCaptain Salt さんによる考察の後半です。
こちらも前編同様、あくまでも「予想」ではありますが、映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでおります。ネタばれに抵抗がある方はご注意下さい(*なお、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)

■Act 2

ある時点で、ドワーフたちはエルフの地下牢から脱出します(LEGOのプレイセットは、このシーケンスが原作にある程度忠実なのを伝えています)



タウリエルは閉じ込められていたドワーフたちが逃れたのを知って、「独房は空です!」とエルフ語で報告します(*19) 樽での脱出は、原作とは全く対照的に、ビルボとドワーフたちはとても人目を引きます。逃走の間中、トーリンと仲間たちは、レゴラスとタウリエル及び森のエルフたち、それにアゾグとオークの追っ手たちとの三つ巴の交戦を繰り広げます。これはかなり大きなアクションシーンとなります。

【注19】2011月10月2日、『リアル・スティール』のワールドプレミア会場で、エヴァンジェリンはインタビューに答えて、エルフ語で「Come Now!」と「The cells are empty!」を披露しました(動画参照)

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。