スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その2)

2013年03月27日 23:57

■ファンによるPJへの質問ムービー(その3)
Q 「『ホビット スマウグの荒らし場』に登場する新キャラクターを教えて下さい」
A 「 オーケー!(説明にメイキング映像被って)『ホビット 思いがけない冒険』のプロローグにも登場したスランドゥイル、それにルーク・エヴァンズ扮する弓の達人バルド。ロビン・フッドのような彼は、いいヤツなのか悪者なのか、すぐには分からないミステリアスな存在なんだ。
そして、トールキンの原作には登場しないキャラクターで、女性のエルフをぼくたちは創ったんだ。エヴァンジェリン・リリー扮するタウリエルは王のボディガードで、高貴な出自ではないが、森の国の護衛兵(Woodland Guard)の一人だよ」





ここで紹介されたメイキングで、バルドはエスガロスの兵たちの追跡を、軽やかな身のこなしで躱しています。映画ではアウトロー的な性格が付加されたのか、あるいは谷間の国の領主ギリオンの子孫というバルドの血筋が、保身的な湖の町の統領に邪魔になっての仕打ちなのかもしれません。

タウリエル役のエヴァンジェリン・リリーは、スタントなしで歯切れの良いアクションを披露しています。
捕えたオークを前に、「そんなに死が好きならば、わたしからくれてやろう!」と短剣で詰め寄ったところをスランドゥイルに制止されるシーンが紹介されました。情熱的で己の信じる正義にはちょっぴり盲目的な性格が見て取れますね。

■ファンによるPJへの質問ムービー(その4)
Q 「『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』シリーズで監督の好きな武器はどれですか?ぼくたちが好きなのは、ギムリとグローインの斧です」
A 「セオデンの剣だね(実物を見せて)ローハンの馬がモチーフだけど、デザインはバイキング、またはアングロサクソンのデザインが基になっているんだよ。本当の鋼の剣はきみたちが想像するよりずっと重いんだ」

■Twitterからの質問(その1)
Q 「映画を予定通りに進行させることは、どのくらい大変なのでしょうか?」
A 「まず、予算内に収めることが難しいね。あと天候が最大の難問だ。ネルソンの川でビルボとドワーフたちが闇の森から樽で逃げ出すシーンを撮ったんだけど、途中で洪水に遭ってね。警察はくるし、嵐で避難しなくちゃいけないしで、2日間ロスしたよ」

■スティーヴン・コルベアからPJへの質問
Q 「スランドゥイルとレゴラスはシンダールだが、 闇の森に住まうアヴァリまたはノルドールのエルフたちの違い、そして彼ら父子との差異を、映画ではちゃんと表現しているのかい?」



額入りの大きな中つ国地図を手に、捲し立てるように質問する男性の登場に、「ガチな束(トールキン)ヲタ来た!」「ものすごいマニアなおじさん登場!」とツイッターのタイムラインも騒然となりましたが、この紳士こそ誰あろう、皮肉たっぷりのスタイルで知られるアメリカの人気コメディアンであり、また作家でもあるスティーヴン・コルベア氏です。

氏は熱烈なトールキンファンとしても有名で、『ホビット』の撮影現場も訪問しており、映画にカメオ出演しているのではないかとの噂が流れたこともありました(Source:PLAYBOY *リンク先のサイト内にアダルトコンテツがあります。未成年者は閲覧注意!)
彼のマニア度は、ジャクソン監督がこれまでに出会った人々の中で一番だったそうで、PJファミリーのトールキン専門家である脚本家のフィリッパ・ボウエン氏とトールキンクイズ・バトルをして勝ったとか(Source:EW

そんな彼の濃ゆ〜い質問にPJは「イエス!」とたった一言答え、「実は、ぼくのほうからもきみに質問があるんだ」と切り返して、カメラの前に編集者と自分が使っている2つのマグカップをもってきます。
「こっちが『コルベア・レポー』*に出演したときの記念品として貰ったカップで、この大きいほうが実際に番組内で出されたカップなんだが、食洗機で1〜2回洗ったら番組ロゴがすっかり消えてしまったんだ。これを洗ってみた他のゲストはいないのかい?」と、全く関係のない話をして煙に巻いたのでありました。
(*The Colbert Report:米コメディセントラルのニュースパロディ番組。昨年12月の第1部公開前には、ピーター・ジャクソン監督を始め、主演のマーティン・フリーマン等4人がゲストとして登場した)

■Twitterからの質問(その2)
Q 「いつも裸足で編集作業をしているのですか?」
A 「そうだよ。でもセット内では安全規則で必ず靴を履かなくてはいけないのが残念だね」

■リー・ペイスからファンへのメッセージ
第2部では、彼の王国で捕われたドワーフたちに会うのが楽しみだそうです。

■Twitterからの質問(その3)
Q 「(ジェド・ブロフィーへの質問)俳優たちに課せられた拷問をピーター・ジャクソン監督にお返しするとしたら、どれにしますか? 回転肉焼き器? 樽(の川流し)?」
A 「回転肉焼き器だね。あのシーンでは、特にマーク・ハドロー(ドーリ役)が酷い有様だったんだ。メイクの上からでも顔色が悪いのが分かったくらいさ」

加えてPJは、「編集室でフィルムを見ていたら、彼が小声で『止めてくれないか、病気になりそうだ…』と呟いているのに気付いたんだ」とマークの声音を真似て言うと、後ろに座っているエディター氏が、「ピーターはそれに気付かなかったんだろうね。『オーケー!もう一回まわしてみようか!』って」と苦笑しておりました。そんなに辛かったのですね、あれ…。
[『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その2)]の続きを読む
スポンサーサイト

オーランドの復帰は?リー様は??最新(?)キャスティングに関する噂あれこれ

2011年01月23日 20:35

今月10日の公式発表で、フロド役のイライジャ・ウッドとゴラム役のアンディ・サーキスの『ホビット』出演が明らかになってから、スタジオからの発表こそないものの、出演者に関する噂は日々映画サイトやトールキンファンサイトを賑わしております。
そんなわけで今回は、10日以降ネットに浮上したキャスティングに関する噂を、順を追って紹介してまいりますね。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

1月10日、スタジオからの公式声明に先行して、アンディ・サーキスが『ホビットの冒険』への出演契約を正式に取り交わしたと、かのDeadline New Yorkのマイク・フレミング氏が報じておりましたが、同記事の中で、サー・クリストファー・リーはLotR3部作と同じ白のサルマン役で、またサー・イアン・ホルムは老齢のビルボ・バギンズ役として、それぞれ出演交渉中と伝えています。
また、フレミング氏は12月8日の記事の中で、「次に中つ国帰還の発表があるオリジナルメンバーは、レゴラス役のオーランド・ブルームになるだろう」と予告しておりましたが、「現時点では復帰については不確かである」としています。
そして、第1回目のキャスト公式発表を報じた10月21日の記事の中で、スマウグ(の声)役の候補と伝えたビル・ナイについては、「その後何も聞いていない」とも書いております。過去の記事を放ったままにせず、きちんとフォローするのは流石Deadlineと言うべきでしょうか。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

Deadlineがオーランド・ブルームの出演を“unclear”と伝えた翌11日、イギリスのタブロイド紙The Sun(オンライン版)が、オーランド、『ホビットの冒険』に2分のカメオ出演でギャラ100万ドル以上と報じました。
この金額は、『ホビット』出演が決定している同じイギリス出身の若手俳優、ロブ・カジンスキー(フィーリ役)とエイダン・ターナー(キーリ役)2人分のギャラを足したよりも多いとのことで、「これを聞いたら二人は出演を思いとどまるかもしれない」とか、「オーランドはランチ休憩の間に撮影を済ませることができる」なんて書き方をしております。
しかも、「彼はこの出演契約にサインして、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで共演したイライジャ・ウッドとドミニク・モナハンに連なる」としておりますが、ちょっと待って。ドムも出るという話はどこから???
とまぁ、ツッコミどころ満載の記事ですが、タブロイド紙たるものこうでなくちゃw ということで、こちらは話半分に聞いておいて下さいネ^^

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

同じく11日、クリストファー・リーの公式サイトにて、「サー・クリストファー、『ホビットの冒険』に復帰」の見出しで記事がUPされ、ワタクシ朝から大興奮致しましたが、残念ながら記事を最後まで読むと、まだ公式決定ではない様子。曰く、
「サー・クリストファー・リーが魔法使いのサルマン役を再び演じる交渉はずっと続けられていました。そして現在のところ、彼が(このまま)健康ならば、映画への出演は確実のようです」とのこと。
一日も早く公式発表が行われることを待ち望んでおりますぞ~!リー様っっ!!

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

さて、同11日から12日にかけて、映画情報サイトを中心に複数のサイトでディヴィッド・テナントが闇の森のエルフ王、スランドゥイルを演じるのではないか?という記事が相次いでUPされました。
ソースの記載がある記事を順に遡っていくと、10日付のExaminer.com(*examinerと呼ばれる寄稿者が、自分のコミュニティーで起こっていることを報告してくる市民ジャーナリズムの実験的サイト)に辿り着きました。“Doctor Who Examiner”であるJohn Wood氏は、やはりIMDbの『ホビットの冒険:Part1』のキャスト欄をご覧になって投稿された様子。
「やはり」というのは、ちょうどその前日に管理人もIMDbのキャスト欄がすっかり更新されているのに気付いて、その内容にいささか驚いたものですから。
噂(rumored)と注記はあるものの、『ホビット』出演の噂が囁かれながら役柄までは分からなかった俳優たちのうち、ディヴィッド・テナントはスランドゥイル、シアーシャ・ローナンエルフの女戦士イタリル(*映画のオリジナルキャラクター)、そしてかのレナード・ニモイ氏はスマウグの声と明記されていたのです。

テナントについてはご存知の通り、最初は主役のビルボ・バギンズ役候補としてその名がネットに浮上しましたが、第1回目のキャスト公式発表でビルボを演じるのはマーティン・フリーマンと明らかになってからも、他の主要キャラクターの候補として引き続き交渉中であるとDeadlineが報じていました。
IMDbスタッフがどのようにしてあの配役を導き出したのか今もって不明ですが、Twitterを通してテナントファンのフォロアー様から、Deadlineの報道後、ファンの間で予想された噂が昨年末に雑誌にも載ったようだとの情報も頂きました。本当に有難うございました!!
テナントファンのみならず、彼のキャリアや人気、また容貌などを考え合わせますと、配役未発表の主要キャラクターで当て嵌まるのは、スランドゥイルかバルドだろうとワタクシも思います。
オーランド・ブルームのレゴラス役続投が決定したら、華やかでかつ凛々しいエルフ親子のツーショットが見られるかもしれませんね^^


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
■Mさま
管理人として何より嬉しいコメントを頂戴して、大変嬉しゅうございました!
最近多忙につき、情報を掴んでいてもなかなか早急に記事が更新出来ないことを気に病んでおりましたが、一個人が運営する弱小ブログの利点は、読者獲得の為にソース不明のニュースを転用したり、読んでみれば中身のない記事を確信犯的にセンセーショナルに書き立てなくて済むことですね^^;
語学力皆無でしかも遅筆な管理人が、「トールキン作品が好き」だけを原動力に、たった一作品(2部作ですが)の映画のみを追いかけるという甚だお恥ずかしいブログではありますが、同じファンの皆さまとこうして交流出来ることを何よりの楽しみに、気が付けば3年余続いております。
まだしばらくはこんな更新間隔が続くと思われますが、お気が向きましたら時々覗いて下さると嬉しいです!これからも何卒宜しくお願い申し上げます。

ドミニク・モナハン 「PJ以外の『ホビット』なんて考えられないよ」

2010年08月28日 09:41

ギレルモ・デル・トロが『ホビットの冒険』の監督業から離脱したとき、多くのファンは「サー・ピーター・ジャクソンこそが、彼の然るべき中つ国の監督の王座に帰還すべきだ」と思ったことでしょう。
現在、新任監督については勿論、主要スタッフやキャストに関する情報に何も進展はありませんが、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのスターの1人、ドミニク・モナハンの熱烈なPJへのラブコールがMTV Movies BlogにUPされております。


「ぼくにはピート以外の誰かが『ホビットの冒険』を監督するなんて、とても想像も出来ないね。分かって欲しいのは、中つ国という世界は既にピーター・ジャクソンと彼の特殊効果会社(WETA)によって、フィジカルとデジタル双方において構築が済んでいるってことなんだ。
別の監督が入って、彼独自のものを持ち込むことは殆ど不可能だよ。どうやって中つ国に色付けするんだい?前のコードなくして、どうやってゴラムを作れるっていうんだろう?それは、絵を描いてくれと誰かに頼みながら、絵具を与えないのと同じだよ。ピートだけが中つ国を描くのに必要な絵具の全てをもっているんだ。彼はゴラムをコンピューターから命を吹き込んで人物とするコード全てを持っていて、それで洞窟トロルを作り、特殊効果の全てを成すんだよ。
彼がプロデューサーでも監督でもなくて、映画がLotR3部作と相互に関連し合ってなかったら、大多数の『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのファンは、『ホビットの冒険』をボイコットすると思うな。ピートがこのヒットシリーズに成した功績は計り知れないからね」

またモナハンは、自身が『ホビットの冒険』に登場する可能性については、次のように語っています。

「ぼくは『ホビットの冒険』の説得力を落とすようなことはしたくないんだ。あれは実際、ビルボとガンダルフ、それに他の様々なキャラクターたちの物語だからね。
『ロード・オブ・ザ・リング』の映画シリーズで人々に愛された、どちらかというと型にはまった登場人物たちは、本当にこの原作が大好きだった観客には信じられないほどフェアじゃなかったかもしれない。でも、ぼくは残りの人生の間ずっとピートと関わっていたいし、彼が“ホビット足を掛ける”(引退する)まで、何回か一緒に仕事をしたいと望んでいるんだ」
 〔*hangs up his Hobbit feet→hang up his boots(「引退する、店仕舞いする」の意)に引っ掛けたジョークかと〕

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

3部作に出演した俳優たちとPJとの強い絆を感じさせるインタビューでありました…が、“中つ国の世界は既にPJが構築済み”---だからこそ、彼に負けない強い個性と才能、そして情熱を兼ね備えた映画作家としてギレルモ・デル・トロは最適だと思って期待していたのですが…ああ、撤退宣言から3ヶ月経っても諦めきれない管理人を笑って下さい。
確かに現時点では、一番混乱なく『ホビット』の監督が出来るのはサー・ピーター・ジャクソンその人なのですが、「同じカラーの中つ国はもういいよ」という観客は管理人以外にも少なからずいると思っております。そして他ならぬPJ自身が同じプレッシャーに悩むことになるでしょうね。

最近多忙につき、Blog更新滞っていて申し訳ありません。
まずは最新ニュースをUP致しましたが、この後恥ずかしいのでこそ~~りと/^^;、過去の記事を“穴埋め”しておこうと思います。既に国内外の映画サイト等でご存知の情報ばかりとは思いますが、宜しければまた後程覗いてやって下さいませ~。

ショーン・アスティン、『ホビット』への出演には懐疑的?

2009年03月11日 18:08

LotR3部作で、主人公フロドの忠実な従者、サムワイズ・ギャムジーを熱演したショーン・アスティン。
IONテレビジョン制作のミニシリーズ、『The Color of Magic』のプロモーションに参加したショーンは、Sci Fi Wireによるインタビューの中で、『ホビットの冒険』への出演の可能性について、次のように語りました。

「映画への復帰があるとは個人的には思っていません。もし登場予定があるのなら、それに参加出来るようにピーター(ジャクソン)から時間や場所についての話があった筈です。でも、私はそれを知らされていませんし、周囲でどんな騒ぎが起こっているのかも知りません。(中略)
勿論、『ホビットの冒険』は素晴らしい映画となるでしょうし、ピーターはそれを成し遂げるでしょうね。そのプロジェクトにはとても興奮を覚えます。でも、私に出演依頼があるとは思えません」

3部作でメリーを演じたドミニク・モナハンは、彼を含む4人の“ホビット仲間”が、(たとえ原作に登場しなくても)『ホビットの冒険』かその続編に登場すると信じているとMTVのインタビューで話しておりましたが、ショーンの考えは彼とは異なるようです。
某ファンサイトでは、「共演者ドミニク・モナハンと違って、アスティンはちゃんと『ホビットの冒険』を読んでいたようだ」なんて書かれておりましたが(>可哀相なドム(^^; )、真面目で実際的なショーンらしい回答ですね。彼の姿を『ホビット』でも観たいファンは、ちょっと寂しい思いをしたかもしれませんが…。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
アカデミー歴代作品賞のアンケート結果、楽しんで頂けて何よりです。有難うございます~v
ファンというのも難儀なもので、あれがなってない、これが描かれてないと散々文句も言いますが、やっぱり他の映画の方が評価されたりするとムッとしたりして(笑)
デル・トロ監督からの「お知らせ」、気になりますね。
内容は勿論、ホントに発表あるんだろうな!?Blogに書いちゃったんだから、お願いしますよ~☆と、毎日ヤキモキしながら過ごしている管理人であります(^^;

サンダンス映画祭2009にて:ドミニク・モナハン編

2009年01月20日 22:58


さて、今年のサンダンス映画祭の会場で確認された(1月20日現在)LotR卒業生には、主人公フロドを演じたイライジャ・ウッド(写真はコチラ)と、そのホビット仲間のメリーを演じたドミニク・モナハンがいます。
モナハンは、映画祭初日に上演された『I Sell The Dead』(監督:Glenn McQuaid)で、主人公の墓荒しを演じており、そのプロモーションのために会場入りしておりました(ちなみに、デル・トロ監督お気に入りのロン・パールマンが武骨な神父役で共演とか)

お馴染みTORnのインタビューに応じたモナハン、「2010年にニュージーランドをぶらつきたいですか?」という質問に対して、
「それは、ピーター・ジャクソンに訊くべき質問だね。でも、そうしたいね。依頼があれば応じるさ!ピーターとギレルモの為なら何でもするよ。勿論、シナリオの問題があるけどね」とのこと。

彼は『ホビットの冒険』が『旅の仲間』以前の出来事であることに言及しましたが、それでも2本の映画のどこかに、LotR3部作出演者の登場シーンが、ほんの短いカットであっても存在するのではないかと考えているようです。

翌日のMTVのインタビューには更に積極的に答えて、
「LotRファンは本当に4人(のホビット)が中つ国に戻ってくるのを待ち望んでいるんだ。そして、僕たちはその可能性が大いにあると思っているよ。勿論、『ホビットの冒険』の原作に4人のホビットたちは登場しない。それでもボスたち(PJ&GDT他製作陣)は、LotR3部作でのファンの支持を心底感謝しているんだ。だから、ファンによく知られ愛されているキャラクターは、出来る限り(『ホビットの冒険』又はその続編に)登場させたいと考えている筈なんだ。(中略)
僕はメリーであることを引退するつもりはないよ。僕に当時と同じメリーが演じられるかどうか心配しているね?でも、一旦ホビットの足とホビットの衣装をつけたなら、役に戻ることはとても簡単だと思うんだ。
LotR3部作の時は、メリーを11歳の男の子のつもりで演じたんだ。この役のために再び童心を呼び覚ますことは、そんなに大変なことじゃないさ」

と出演への熱意を明らかにしました。
「僕はピート(PJ)とフラン(ウォルシュ)、それにフィリッパ(ボウエン)と、僕たちが復帰する件について話したんだ。最初の『ロード・オブ・ザ・リング』3作のファンも、きっとこの世界に戻ることに魅せられる筈さ!」

  *   *   *   *   *   *   *   *  

う~ん・・・・・・、ドムや他の3人のホビット役がどうのと言うより、ギレルモ監督には、前作のキャラクターや役者たちには拘らず、骨太な脚本でもって、己の世界観にとことん拘った映画を作ってくれることの方が、本当の意味でLotR3部作を支持してきた我々ファンの思いに応えることになると思いますし、そうしてくれるものと信じております。


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。