スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トールキン・トラスト VS ニューライン・シネマの訴訟解決へ…!!

2009年09月09日 10:24

昨年2月に、トールキン教授の遺産を管理しているイギリスの慈善団体トールキン・トラストと著作権管理のトールキン・エステート、それに教授の著作の出版社であるハーパー・コリンズ社が、ニューライン・シネマに対して起こしたLotR三部作の収益分配を巡る訴訟が、このたび和解に至ったと、9月8日付のロイターが伝えております!(訴訟の内容については、拙Blogの2008年2月12日の記事をご参照下さい)

和解に際しての条件は明らかにされておりませんが、合意にあたり、クリストファ・トールキン氏は、次のようにコメントしております。

「法的措置が必要だったことを残念に思いますが、この論争がきちんとした形で、トールキン・トラストがその慈善の目的を追求するのに満足な条件でもって解決されたことを嬉しく思います。トラスト側は、ニューラインが現在制作を進めている『ホビットの冒険』の映画化に邁進するものと理解しています」

これに対して、ワーナー・ブラザーズの社長兼最高経営執行者であるアラン・ホーンは、

「映画の成功におけるトールキンの小説の貢献を深く評価すると共に、この訴訟が過去のものとなったことを嬉しく思います。わたしたちはみな、将来において互いに生産的で有益な関係を築けるものと楽しみにしております」

とコメント。解決にあたってどの位のビッグマネーが動いたのやら、下世話な興味も尽きぬところではありますが、まずは『ホビットの冒険』映画化の正式発表後、ファンの最大の懸念事項となっていた原作者側との確執解消のニュースを心から喜びたいと思います!

ちなみにこのニュース、先週のうちにTORnのメッセージボードに、両者が“仮和解”に達し、タームシート(契約条件を記した書類)の作成にあたっている旨の投稿があったのですが、裏付け出切る情報が他所で見出せなかったので経過を見ておりました。予想以上に早い展開に嬉しい驚きです。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
いつも忘れた頃に拍手コメントのお礼で、申し訳ありません。
リジィくん、一見“天然”ぽいですが(>すいません)、流石に子役からの叩き上げだけあって、しっかりした意見を述べますね(^^
ワタクシも、現実的にはリジィくんのビルボも、ダニエルくんのビルボもありそうにないとは思うのですが、二人のホビットに扮した姿は是非とも見てみたく思います~♪ 前にも書きましたが、ホビット村の住人として、こんな超贅沢なカメオ出演が実現したらサイコーなんですけどね。

いつもコメント、本当に有り難うございます。皆さまの拍手のひとつひとつに、沢山のエネルギーを頂いております。いつまでたっても語学力のほうは上達しておりませんが、作品とキャラクターへの愛でもってこれからも頑張ってまいりますので、応援の程宜しくお願い致します!
スポンサーサイト

LotR裁判続報、提出書類の最終期限は3月3日に

2009年02月10日 20:42

2月7日のアンケート結果紹介記事でも触れましたが、昨年2月11日にトールキン教授の遺産を管理しているイギリスの慈善団体トールキン・トラストと著作権管理のトールキン・エステート、それに教授の著作の出版社であるハーパー・コリンズ社が、ニューライン・シネマを相手取って起こした、LotR3部作の映画化の収益分配を巡る訴訟の続報です。 (Source:MSNBC)

ロサンゼルス上級裁判所判事のアン・I・ジョーンズは先週、双方の書類提出期限を2009年3月3日と申し渡しました。どうもこの期日はトールキン・トラスト側に有利なようですね。
ニューラインは、トラスト側が求める書類の60%を用意した時点で、既に数十万ドルの経費がかかったと発言しております。そして、残りの書類を指定された期日までに見つけるのが難しいとして、本来の最終期限2月28日の延期を求めていたようですが叶いませんでした。
提出された書面は、訴訟を解決するために、3月中旬または4月の出廷に備えて、双方によって審査されます。裁判の予定は10月19日です。

また、何か動きがありましたら報告いたしますね。

またまた『ロード・・・』訴訟で、どうなる『ホビット』!?

2008年02月12日 21:18

映画『ロード・オブ・ザ・リング』の収益を巡る訴訟で、ニューラインシネマとピーター・ジャクソン監督の間に和解が成立し、『ホビットの冒険』の映画化も本格始動!と喜んだのもつかの間、今度はトールキン教授の遺産を管理しているイギリスの慈善団体トールキン・トラストと著作権管理のトールキン・エステート、それに教授の著作の出版社であるお馴染みハーパー・コリンズ社が、ニューラインを相手取り、LotR三部作の収益分配を巡る訴訟を、2月11日、ロサンゼルス上級裁判所に起こしたとAP通信が伝えております(記事ソースはSFGate.comから)。

それによりますと、原告側は三部作の総収益金の7.5%を受け取る契約になっていたとのこと。その補償損害賠償額1億5千万ドル以上と不特定の懲罰的損害賠償、そして一番問題なのは、『ホビット』を含む教授の著作に対するニューラインとの契約無効の裁判所命令をも求めているってことです!ああ、やんぬるかな!!

原告側の弁護士、スティーブン・マイアーは、
「ニューラインは、映画の成功よって生じた何億もドルもの歳入(ざっと60億ドルと言われております)にもかかわらず、原作者の遺産管理者に契約した割当分を1ペニーさえ支払わなかった」とその声名において言っております。

裁判の展開によっては、ニューラインシネマによる『ホビットの冒険』の制作は中止になるかもしれません。同社の今後の対応が気になるところですが、ニューラインの広報担当者である、タイムワーナー社のRobert Pini氏は、今のところコメントを拒否している模様です。映画化の行方が心底心配でありますっ!


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。