スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャスティングに関する2~3のちょっとしたウワサ!

2009年12月05日 11:28

クランクインの遅れや、それに伴う公開の遅れの噂に揺れるトールキンファンサイトですが、そんなRing Geekの気持ちをなだめるように、
「中つ国ファンの皆さん、リラックスして下さい。パニックになる必要はないのですよ」
との書き出しで始まっております EW(Entertainment Weekly).comのブログ、Hollywood Insiderの記事をご紹介致します。それによりますと、

まだ公式なゴーサインが出ていないというジャクソンのコメントに対して、深刻になる必要はありません。
制作側とスタジオ(ニューライン・シネマ、MGMとワーナー・ブラザーズのいずれも)の間には、いかなる反目もありません。これは単に慣習的なものです。完結した「脚本と予算」、これらなしに映画制作者は「ゴーサインが出た」とは思わないものです。
それより、キャスティングのニュースが近いうちに聞けそうです。
ロンドンとロサンゼルスで『ホビットの冒険』のキャスティングディレクター(*監督やプロデューサーが求めている俳優を見つけ出し、その出演交渉をする専門職)が雇われたという知らせを聞いて、町中の俳優エージェントたちは騒然としています。

とのこと。キャスティングの公式発表に期待が高まります!
そして、出演候補者に新しい名前が浮上してきましたよ。
その名はトム・ウェイツ
シンガーソングライターとして有名な彼ですが、俳優としても、他の出演者を完全にくってしまう程圧倒的な存在感がありますよね。最近ではテリー・ギリアム監督の『Dr.パルナサスの鏡』で、タイトルロールの博士と契約を結んだ悪魔を演じております。
こちらのソースは、先月やはりドワーフ役の候補としてブライアン・コックスの名前をあげたAIN'T IT COOL NEWS
何でも、ブライアン・コックスの名をサイトにUPする以前に、彼の名も信頼出来る情報筋から聞いていたとのこと。プロダクション内部で話されている噂に過ぎないと判断したが、かなり真剣に取り沙汰されている名ではある、との但し書き付きではあります。

それから、イギリスの俳優で小説家のスティーヴン・フライもドワーフ役の噂になっておりますね。こちらは既に多くのファンサイトで名前を目にされた方も多いのではないでしょうか。
この噂は、フライ自身のツイッターの11月24日のツィートに端を発しておりまして、『ラブリーボーン』のロイヤルプレミア前のピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュの様子を、「元気そうで機嫌もいいけど、ちょっと時差ボケしている感じかな」と報告しているのです。
彼は『ラブリーボーン』のロイヤルプレミアでのチャリティーイベントを担当しており、何よりジャクソン監督好みの俳優である(by.TORn)こと、また、同監督がリメイクを予定している映画『暁の出撃』のシナリオを執筆する(Source:digital spy)ことなど、何かとPJに近い存在であることからその名が浮上した、といういきさつのようです。

---いつもこの手の噂はどこまでUPしたものかと悩むのですが、この先キャスティング情報をお伝えする上で話が繋がらないのも困りものですので取り上げておりますね。
個人的には、スティーヴン・フライ氏のように、100万超のフォロワーを持つ人物の「つぶやき」が一人歩きしたような噂は、本能的に“引いて”しまうんですよ。自分古い人間っすから(笑)
そんなワケで少しばかり遅れ気味の情報も入り混じっておりますこと、ご寛恕下さいませ~。

【12月6日追記】 ***訂正とお詫び***
5日の更新で、トム・ウェイツを「ドワーフ役候補」と紹介してしまいましたが、どの役になるのかには言及されていないようですね。 And here I was thinking Cox was the coolest guy they could hand an axe to. (ここにおいて私はコックスこそ斧を手渡すことが出来る最もクールな人だと考えていました)という締めの文章を読んで、ウェイツもドワーフ役候補と思い込んでしまいました。申し訳ありません。他国のファンサイトでは、スマウグの声とかスランドゥイル役では?とか様々な推理がなされておりました(^^;
こんなふうに、すっごく基礎的&抜本的な間違いが、今までも、そして今後もしばしばあることと思いますが、“指輪愛”以外のスキルを持ち合わせていない管理人故ご容赦下さいませ。そんな訳で、返す返す記事はソースをご参照下さいね~ m(_ _;)m))ゴメンナサイ~!
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。