スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョン・ノーブル、「『ホビット』には戻りません!」

2008年08月28日 23:40

こちらは、8月20日に満60歳の誕生日を迎えたばかりのジョン・ノーブル氏のコメントを、27日付のMTV Movies Blogが紹介したものです。

PJ及びデル・トロ監督は、以前からお伝えしている通り、LotR3部作の登場人物で、『ホビットの冒険』とその続編にも登場するキャラクターについては、出来る限り同じ俳優を使いたい意向ですが、デネソール役のジョン・ノーブルに『ホビット』への意欲を伺ってみると・・・・・・?

 「私は何も訊かれてないよ。イアン・マッケランが戻って、アンディ・サーキスもそうするらしい--彼らはとても親しいし、アンディは素晴らしいアーティストだからね--と知っているけど、イアン・ホルムは若くないからどうするのだろうね。でも、監督たちが今度の映画でデネソールを復帰させたがっているとは思えないな」

ボロミアとファラミアの父親にしてゴンドールの執政であるデネソールは、『ホビットの冒険』の原作には出番がありません。しかし、ご存知の通り、『ホビットの冒険』から『旅の仲間』に続く時代を描く第2の映画(続編)の計画があります。もし、その作品にヴィゴ・モーテンセン演じる若きアラゴルンが登場するならば、ゴンドールでの出来事が描かれる余地があることになります。
デネソールが執政としてゴンドールを統治する以前は、彼の父のエクセリオン2世(この役をノーブルが演じることも可能でしょう)が即位していました。王座の真の相続人であるにも関わらず、アラゴルンは身分を隠して彼に仕えていた頃がありました。エクセリオンの統治下でのアラゴルンの戦いの一つに、ウンバールの奇襲と海賊船の焼き打ち(『王の帰還』でも、死者の軍勢を率いたアラゴルンがウンバールの海賊船を奪うシーンがありましたね)があります。

 「もし、もう一度デネソールを演って欲しいと頼まれたとしても、私は『フリンジ』(『LOST』のJ.J.エイブラムズによる新しいTVシリーズ)に出演が決まっているから、断らざるを得ないだろうね。それに、年をとった今、若きデネソールやエクセリオンを演じることは、たとえメイクの力を借りても無理だと思うんだ。
しかしながら、私は彼らが頑張ってくれることを願ってるよ。少なからぬファンの関心が『ホビットの冒険』にはあるからね。でも、『ロード・オブ・ザ・リング』はとても“特別”なんだ。そんな仕事に携われたことがどんなに幸運なことか分かるだろうね。でも、人は時として、どういう訳かそんな特別な場所から離れたくもなることもあるんだよ」


  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

LotR映画ファンにはちょっぴり寂しいコメントですが、「ソロンギル」登場シーンがあるかもしれないと思うとワクワクしますね。ジョンはヴィゴと10歳しか歳が離れていないのですから(てゆーか、デネソール役には老けメイクが必要だった程若い!)、是非何らかの役で復帰して下さることを、一ファンとして願っております。


 *** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
ご心配かけて申し訳ありませんでした。医者も呆れた程虫歯の症状が進んだ親知らずを抜かれてから、夜眠れるようになりましたので、それだけでかなり元気になりましたです。
今回はジョン・ノーブルのインタビューを紹介させて頂きましたが、3部作に出演した俳優さんたち皆の、その後の仕事ぶりやプライベートまでもが、とっても気になっちゃいますよね。その位、どのキャラクターも生き生きして魅力的だったってことでしょうか。『ホビットの冒険』とその続編で、また彼らと再開出来ることを、ワタクシも楽しみにしておりま~す♪
スポンサーサイト


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。