スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローレンス・マコーレ、デル・トロ監督に会う?

2009年06月23日 22:58

今か今かとビルボ役の発表が待たれるこの頃ですが、まだどの俳優の名も漏れ聞こえてきませんので、その間にキャストに関するこぼれ話二つをお届けです。

一つはお馴染みThe One Ring.netへ、ファンから寄せられた情報から。
『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズで、ウルク=ハイのラーツやナズグールの首領、そしてオークのゴスモグなどを演じたニュージーランド出身の俳優ローレンス・マコーレが、『ホビットの冒険』の件でギレルモ・デル・トロ監督に呼び出しを受けたとのことですよ。
マコーレ氏は、身長1.93メートルの恵まれた体格をもち、スタントマンとしても活躍する有能な俳優さんですが、TORnのライターさんは、ゴブリンの王(大ゴブリン?)の役なんか良いんじゃないかなぁ♪と推測しているようです(^^

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

もう一つは、デル・トロ監督作品の常連、ダグ・ジョーンズについて。
以前から、『ホビットの冒険』にも何かしら必ず彼の出演シーンは用意されているだろうと予測されておりましたが、監督は先週Sci Fi Wireのスタッフに対して、ジョーンズがこの作品に参加する見込みであることを語ったのだそうです。
Sci Fi Wire.comによる独占インタビュー(て書いてあるもんですから(^^; )で、当のジョーンズ氏は『ホビット』への出演について、こう語っております。

 「僕たちの間じゃ、『ホビットの冒険』について彼(デル・トロ監督)がどうしたいのか、何の話もしていないんだよ。だけど、何回か暗黙の了解というかほのめかしがあってね、“そうそう、『ホビット』ね、ああ、今に分かるさ”って感じでね。
僕には、自分が何をするのか、またどれだけのキャラクターを演じることになるのかも分からないんだ。
(*特殊メイクでの出演が殆どの彼は、一つの映画の中で複数のキャラクターを演じることが多いのです)彼はいつもその時の状況次第で、僕をいろんなことに使う傾向があるからね。
ああ、勿論『ホビットの冒険』はもう読んだよ。彼がいつ僕が演りたくない役を演じるように言い出してもいいようにね。さぁ、それって誰だろうねぇ(笑)」


だそうで、ジョーンズさんについての出演情報そのものは数ヶ月前から何の進展もありませんが、この感じでは他のデル・トロ監督作品同様、『ホビットの冒険』の様々なクリーチャーを演じてくれそうですね。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
そうなんです、ウィーヴィングさんとの契約は未だだったようなんですよ~。
でも、ファンサイトの書き込みにまでちゃんと目を通して(必要とあらば)返事もしているデル・トロ監督のことですから、各メディアの報道を読んで、「あ、いけね」と菓子折持っていく?か、ランチに誘うくらいは(NZ⇔OZ間で?)しているんじゃないかと思います(笑)
いつも拍手コメント有難うございます!急に暑くなってきましたが、お身体にはくれぐれも気をつけてお過ごし下さいね!
スポンサーサイト

MTVインタビュー~スタッフ、そしてキャスティングのこと。etc...~

2008年10月16日 20:37

昨日UPしたMTVインタビューの続きです。こちらは、MTVの本家サイト(MTV.com)の映画ニュースコーナーに掲載された中から、『ホビットの冒険』に関する部分をピックアップしてお届けします。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

MTV「あなたは今まさに、『ホビットの冒険』を食べて、飲んで、呼吸しているところですか?」
GDT「ああ、まさしくそうだね。現在僕は大量の読書をこなして、更に大量の山積みの未読本に囲まれているところなんだ。でも、そのうちのいくつかは本当に興味深かったよ」
MTV「何が興味深かったのですか?--本のことに留まらず--それについて話してくれませんか?」
GDT「そうだね、例えば脚本を書き始めるに及んで『ホビットの冒険』を再読した時、僕はそれが第一次世界大戦を経験したトールキン世代の体験が反映された本だという暗示を受けたんだ。ピーター・ジャクソンは第一次世界大戦について書かれた本の相当な愛好家でね、僕は今、第一次世界大戦と当時のイギリス、そして他国の状況などについて読んでいるんだ。それは関係があるべきものじゃないのかもしれないけど、事実そうなんだ。そこには原作本と、したがって映画に関係する道徳的な論争点を見ることが出来るんだ」

MTV「ご自分が創りたいと思うスマウグのデザイン案を、もうお持ちですか?」
GDT「僕は既に、ジョン・ハウとアラン・リー(*いずれもトールキン作品の挿絵やイラストで有名な画家。LotR3部作の美術コンセプトを担当)の二人と、スマウグの容貌についての詳細を議論したよ。そして、ロンドンでの会議でジョンが描いた、スマウグについてのおおよそのイラストをいくつか持っているんだ。あまり多くは語れないけど、スマウグの姿は日増しに明確になってきているよ」
MTV「スマウグを生み出す手段としては、CGIを使いますか?それともクリーチャー・エフェクト(*相応しい日本語の用語が見つからないのですが、モデリングや特殊メイクを含めたフィジカルなキャラクター造形というところでしょうか)?」
GDT「うーん、多分CGになるね。はなれ山でのスマウグとの遣取りなど、若干他のフィジカルな技術を必要とされる部分があるかもしれないが、大部分はデジタルだね」

MTV「ハワード・ショアが作曲を担当するそうですね。確か前に話があったと思うのですが、ギレルモ・ナヴァロ(*『クロノス』時代からのデル・トロ作品常連の撮影監督。『パンズ・ラビリンス』では、アカデミー撮影賞を受賞)も『ホビットの冒険』で働くことになりますか?」
GDT「そうなったらとても嬉しいね。彼との共同作業は、僕にとってはすごくスムーズで心地いいことだからね。僕はそのことについてピーターと話し合ったんだ。ナヴァロが参加してくれることになれば、彼にとっても幸せなことだと思うよ」

MTV「公式に出演が決定している俳優はいますか?イアン(*マッケラン)とアンディ(*サーキス)は、絶対に出演すると言ってしまっていいですか?」
GDT「それそれ!つまりはこういうことだ、公式には誰も決まってないよ!」
MTV「だけど、もしかするとダグ・ジョーンズがエルフ王(*闇の森の王・スランドゥイル)をやることになるのではと、話題になっていましたよね?」
GDT「ダグに役を見つけてやりたいと思ってるよ。だけど、それは必ずしもエルフ王という訳じゃないんだ。彼に相応しい役がある筈だ。でも、それはエルフの王じゃないね」
MTV「私はちょうどヴィゴ(モーテンセン)とも話をしたんですよ。彼はまだあなたから話がないと言っていましたが・・・」
GDT「この件には関わりなく、彼とお喋りをしてコーヒーを飲みたいものだね。
もし特定の俳優に、いかにも出演してもらいたがっていると感じさせてしまうような状況を作ってしまって、彼に相応しい役を見つけることが出来なかったとしたら、彼は自分が軽んじられたように思えるんじゃないだろうか?それじゃ、互いの関係にも、プロジェクトそのものにも害となるだけだ。
僕たちは、軽々しく名前を出さないよう、本当に慎重を心がけているんだ。脚本が僕たちにどうするべきかを示してくれるだろう。だから、それまでは何も決定出来ないよ」
MTV「とは言っても、『ホビットの冒険』に明らかに登場するキャラクター、エルロンド役のヒューゴ・ウィーヴィングはどうですか?」
GDT「ああ、勿論。彼とは交渉しなくちゃいけないね。ヒューゴ・ウィーヴィング、アンディ・サーキス、イアン・マッケラン・・・彼ら全員に、映画に出てくれるよう持ち掛けなくちゃね」

D・ジョーンズ インタビュー、配役とデル・トロ監督のこと

2008年10月08日 23:35

ダグ・ジョーンズ氏は、ミッド・オハイオコン(米中西部のコミック本のコンベンション)会場にて、Fear.netの独占インタビューに答えました。
同サイトの記事から、『ホビットの冒険』について語られた部分をご紹介致します。

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

ダグ・ジョーンズ(以下ダグ)「(中略)あなたは恐らく、ギレルモ・デル・トロが『ホビットの冒険』を監督することを、聞き及んでいるんでしょうね?」
インタビュアー「あなたがその映画で、何か興味深い役を与えられないとは、考えられませんからね」
ダグ「僕は、彼がその心の中で、僕にどんな役を与えようと思っているのか全く知らないんだ。彼がもう、全てのことを決めてしまっているのかどうかも分からないしね」
インタビュアー「でも、彼は何かそのことについて、触れませんでしたか?」
ダグ「そうだね・・・彼は記者たちにこう言ったんだ。サターン賞のレッドカーペットで、僕はもう報道陣による撮影を終えていたんだけど、そこへギレルモがやってきて、インタビューに加わった。
『ああ、ギレルモ。あなたは「ホビットの冒険」で、ダグに何をやらせるんですか?』
ジャーナリストの一人が、彼の顔にマイクを近づけてこう訊いてきた。でも、僕たちはそのことについて、今まで話をしたことがなかったんだ。僕は言ったよ。『これは面白くなりそうだね』って。
そしたら、彼がこう言ったんだ。
『さぁ。ダグに何らかの痛みと拷問を与えることになるとは確信してるけどね』
僕らは皆、くすくす笑った。それからギレルモは、
『聞いてくれないか!公式に報告出来ることは何もないが、これだけは言っておこう。もし僕が痔のコマーシャルを演出することになったら、ダグ・ジョーンズはその中にいるってことだ』
それが僕たちの答えだと、そう思っているんだよ。
勿論、もっと何か聞けたらと思うよ。でも、僕は知らないんだ。いつ、何を、どんなふうに、それに、どんな役をどれだけやるのかも。と言うのは、『パンズ・ラビリンス』では2役だったし、『ヘルボーイ2』では3役をこなしたからね。だから、僕には何か壮大な映画が--壮大な二つの映画かな--が始まっているということが、想像出来るだけなんだ」
インタビュアー「あなたはトールキン作品のファンですか? 演じてみたい特定のキャラクターがありますか?」
ダグ「筋書きはよく知っているよ。でも、再読する必要があるね。すごく長い話だし。
ああ、やりたい役はあるよ。でも、それがどのキャラクターかは言わないよ。
こういうことなんだ。ファンは、僕がどんな役に相応しいかを話しあって、僕が愛している2人の名を挙げたんだ。ギレルモは彼のファンの話を聞いて、自分も沢山の意見を返す。彼自身がネット中毒だからね。だから僕は、彼の僕に対する見方とファンのそれとの間で、ギレルモが最良の答えを導き出すと思っているんだ」
インタビュアー「デル・トロ監督は、『ホビットの冒険』の続編も撮りますよね。ですから私は、そこにあなたが演じることが出来る無数のキャラクターがあると確信しているんです」

  *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   

要するにダグ・ジョーンズさんは、『ホビットの冒険』にまず確実に出演するであろうけど配役は未定ってことで情報的には何ら進展はないワケなんですが、インタビューから伺えるデル・トロ監督とジョーンズさんの深い信頼関係がいいカンジだったのと、毎度絶好調のギレルモ節が可笑しくてUPさせて致きました。
現在、彼の役としてネット上の噂で目にした限りでは、闇の森の王・スランドゥイルが挙がっていましたが、“顔出し”も特殊メイクも含めて変幻自在な彼のことですから、ひょっとしたら続編も合わせて何役も演じることになるのかもしれませんね。

ダグ・ジョーンズ、スランドゥイル役を狙う???

2008年07月01日 21:00

MTV Movies Blogより、こ~んなウワサ!
ロン・パールマン同様、デル・トロ監督のお気に入り役者で、『パンズ・ラビリンス』ではタイトルロールの牧神と怪人ペイルマン(掌に目のついているアレです!)を、『ヘルボーイ』では水棲人のエイブ・サピエンを演じておりましたダグ・ジョーンズ
身長192センチ、痩身にひょろ長~い手足といったプロポーションから、特殊メイクを施されての役柄が多いのですが(『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』のシルバー・サーファーもこの人!)、その彼が闇の森の妖精王・スランドゥイルを演じるのではないかというのですが・・・。
勿論、デル・トロ監督が、パールマンを始めとするお気に入り俳優たちの起用をほのめかしていることからの推測、噂に過ぎませんが、MTVのインタビューに答えて本人曰く、

「いろんな憶測が流れているからね、僕は何も台なしにしたくないんだよ。ギレルモは僕を念頭においてキャラクター作りをするけど、僕が出来ること、考え得ることよりも優れたイメージを引き出すんだ。だけど、レゴラスの父親であるエルフの王さまは、僕が好きなキャラクターになるかもしれないね」
とまんざらでもなさそうです。

ヒューゴ・ウィーヴィングとのエルフ王対決では、迫力負けしなさそうですが(>何対決ですか、それ)、ダグ・ジョーンズのスランドゥイル、皆さまのイメージに適いますでしょうか???


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。