スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)

2013年09月13日 07:20

8月30日にThe One Ring.netに掲載されたDeciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題したCaptain Salt さんによる考察の後半です。
こちらも前編同様、あくまでも「予想」ではありますが、映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでおります。ネタばれに抵抗がある方はご注意下さい(*なお、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)

■Act 2

ある時点で、ドワーフたちはエルフの地下牢から脱出します(LEGOのプレイセットは、このシーケンスが原作にある程度忠実なのを伝えています)



タウリエルは閉じ込められていたドワーフたちが逃れたのを知って、「独房は空です!」とエルフ語で報告します(*19) 樽での脱出は、原作とは全く対照的に、ビルボとドワーフたちはとても人目を引きます。逃走の間中、トーリンと仲間たちは、レゴラスとタウリエル及び森のエルフたち、それにアゾグとオークの追っ手たちとの三つ巴の交戦を繰り広げます。これはかなり大きなアクションシーンとなります。

【注19】2011月10月2日、『リアル・スティール』のワールドプレミア会場で、エヴァンジェリンはインタビューに答えて、エルフ語で「Come Now!」と「The cells are empty!」を披露しました(動画参照)

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(後編)]の続きを読む
スポンサーサイト

TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)

2013年09月08日 22:21

8月30日、お馴染みThe One Ring.netに、Deciphering the plot of The Desolation of Smaug(『竜に奪われた王国』におけるプロットの解説)と題した、3ページに及ぶ考察記事が掲載されました。
これは、『ホビット』の予告編や各種フッテージ映像、また雑誌の記事やキャストのインタビューなどで明らかになった情報の断片を繋ぎ合わせ、それに投稿者であるCaptain Saltさんの推理を合わせて、『ホビット 竜に奪われた王国』のオープニングからエンディングまでを構築してみたものです。

生憎その翌日には、映画のタイアップ本『The Hobbit:The Desolation of Smaug-Annual 2014』のネタばれ満載の中身(2013年9月1日の記事をご参照下さい)がネットに浮上し、話題をもっていかれた感がありましたが、こちらの考察は、言わば今までに登場したネタばれの集大成として、ファンには興味深い読み物になっています。

記事の作者は、情報ひとつひとつのソースに殆ど言及しておりませんので、お節介ながら分かる範囲で、その出所と補足を挟みつつ邦訳してみました(原作のエピソードや、公式予告編に使用されているカットに由来する予測については、特に言及していません)
勿論、実際にこの通りに描かれるかどうかは、映画が公開されてみないことには分かりませんが、高い確立で映画のストーリーに関する重度のネタばれを含んでいると思われます。ネタばれに抵抗がある方は読み進めないで下さいね。(*以下、記事中の灰色の小フォントは、管理人による注釈です)


■プロローグ

わたしたちは、ピーター・ジャクソン監督が、「映画は“よく知られている、しかし予期せぬ”どこかから始まる」と言った(*1)ことを知っています。そして、先日終了した夏の追加撮影の間に、どうやら踊る小馬亭でのシーンが撮影された(*2)ことも分かっています(おそらく、エレボールへの探求の旅を計画しているガンダルフとトーリンのフラッシュバックになるのでしょう)そして、更に多くの材料が、トーリンの父スラインについて存在することが分かっています。
スラインはサー・アントニー・シャーによって演じられ(*3) 、拡大した役割の為にモリアでの戦いを再体験することになっています。両方ともプロローグか、または映画中の他の場面にインサートされることでしょう。

【注1】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。
【注2】スペインのトールキンファンサイト El Anillo Único の記事(2013.5.11)による。
【注3】「EMPIRE」2013年8月号の記事による。第1部ではスラインをマイク・ミズラーイが演じていましたが、マイクのスケジュールの都合か、あるいは(マイクには失礼ながら)もっと存在感のある俳優を必要とする重要なシーンを追撮したのでしょうか。シェイクスピア俳優として有名な名優アントニー・シャーを改めて起用したようです。

[TORn発『竜に奪われた王国』プロット予想と解説(前編)]の続きを読む

『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から

2013年09月01日 13:42

8月29日、『ホビット スマウグの荒らし場』の映画タイアップ本(子供向け)として、HarperCollinsより「The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014」が発売されました。
翌日には購入したファンがスキャン画像をネットにアップロードし、キャラクター画像や、何より映画のプロットが部分的に明らかになりました。【Source:The One Ring.net

今回の記事ではそれを紹介させて頂くわけですが、いつにも増して映画のストーリーに関する重要なネタばれを含んでおりますので、映画を前知識なしで楽しみたい方は、くれぐれもご注意下さい。

The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014  The Hobbit: The Desolation of Smaug - Annual 2014 (2013/08/29)

商品詳細を見る

[『ホビット』第2部プロット紹介:The Desolation of Smaug - Annual 2014から]の続きを読む

『ホビット』今月の動き〜 2013年8月〜

2013年08月31日 23:37

8月31日(土) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット スマウグの荒らし場』世界公開日一覧を更新。日本は2014年2月28日に。
 ワーナー・ブラザーズは、The Hobbit公式ホームページにおいて、世界公開日一覧のページを更新し、日本における『スマウグの荒らし場』の公開日を、3月7日(金)から2月28日(金)に変更しました。
これで一般公開日が1週間早くなった訳ですが、リストに掲載されている日本以外の全ての国々が2013年中に公開なのを見るにつけ、寂しい気持ちになるのに変わりはありません。 【The Hobbit.com】
8月28日(水) *グレアム・マクタビッシュ、『ホビット スマウグの荒らし場』のアフレコ参加を報告。
 グレアム・マクタビッシュ(ドワーリン役)はTwitterにて、「リチャード・アーミティッジ(トーリン・オーケンシールド役)とADRでの楽しい一日。『スマウグの荒らし場』はかなりすごい感じだ…」とツイート、 『ホビット スマウグの荒らし場』のADR(Additional Dialogue Recording:日本でいうアフレコのこと)を行ったことを報告しました。
作業日程や、他にどのキャストが参加しているか等詳しいことは分かりませんが、ファンの質問に答えたツイートによれば、録音はロンドンにて行われているとのこと。12月の公開に向けて、ポスト・プロダクション作業が急ピッチで進んでいることを伺わせます。 【Twitter (Graham McTavish)】
8月26日(月) *Wetaデジタルとパーク・ロード・ポスト、『ホビット』等の技術で第5回3D技術賞受賞。
 国際3D協会(The International 3D Society:I3DS)とAdvanced Imaging Societyは、優れた3Dの技術革新と国際的な業績に対して贈られる第5回3D技術賞(3D Technology Award 2013)の受賞者を発表しました。
受賞が決定した10団体の中には、ピーター・ジャクソン監督が設立したWetaデジタル(3D視覚効果におけるパイプライン)とパーク・ロード・ポスト(3DHFRにおけるパイプライン)が含まれています。授賞式は9月18日に、ロサンゼルスのパラマウントスタジオにて開催されます。 【Business Wire】 【THR】
8月21日(水) *『ホビット 思いがけない冒険』、第4回スクリーンUKマーケティング&ディストリビューション賞(スクリーン賞)に2部門ノミネート。
 マーケティング、流通、エキシビションにおける、イギリスの代表的な作品を認識するために設けられたスクリーンUKマーケティング&ディストリビューション賞(Screen UK Marketing & Distribution Awards 2013)において、『ホビット 思いがけない冒険』は、3D映画キャンペーン賞(3D Film Campaign of the Year)とオンラインキャンペーン賞(Online Campaign of the Year)にノミネートされました。
授賞式は10月30日に、ロンドンのPark Plaza Riverbankで開催予定です。 【Screen Awards】
8月17日(土) *『ホビット スマウグの荒らし場』映画タイアップ書籍カバー画像、各種公開。 【El Anillo Unico.com】
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug Official Movie Guide

The Hobbit: the Desolation of Smaug Visual Companion
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug The Movie Storybook

The Hobbit: The Desolation of Smaug Activity Book
 
The Hobbit: The Desolation of Smaug Sticker Book

The Hobbit: the Desolation of Smaug Ultimate Sticker Book
[『ホビット』今月の動き〜 2013年8月〜]の続きを読む

エヴァンジェリン・リリー:「タウリエル・トリビア」で語ったこと

2013年08月23日 07:28

8月12日(日本時間13日)、闇の森のエルフ・タウリエルを演じるエヴァンジェリン・リリーは、「EL(エヴァンジェリン・リリー)ディスカッション、タウリエル・トリビア」と題して、『ホビット』撮影時の舞台裏や演じる役柄の解釈などをTwitterを通して語りました。
第2部で初登場する映画のオリジナルキャラクターであるエルフの女戦士を、エヴァンジェリンはどうとらえているのでしょうか。およそ1時間に渡って展開した彼女自身の言葉をまとめてみました(*タイムライン上の時間は日本時間です)

05:01 ELディスカッション、タウリエル・トリビアへようこそ!これから公開される『ホビット』の映画で私が演じるキャラクターについて、いくつかの楽しい“さわり”を共有出来ることを楽しみにしているわ!
05:04 沢山の人々がレゴラスとタウリエルのロマンスについて訊きたがるけど、それについては認めることも否定することも出来ないの。
05:11 それを残念に思う皆さんのために、私の主なネタの中から、全てのタウリエル・トリビアの質問について答えるつもりよ。
05:11 タウリエルは少しばかり仕事中毒ね。でも、その自由時間に彼女がなにをするかは、『ホビット スマウグの荒らし場』で明らかになるわ。
05:13 『ホビット スマウグの荒らし場』で私が演じる新しいキャラクターは、今年の12月に映画館に登場するわ!
05:14 ええ、タウリエルは五軍の合戦まで旅の一員よ!
05:17 タウリエルは若いエルフで、まだ300才くらいよ。もし(過去のニュース記事などが)そうなっていなければ、間違って引用していると思うわ。(*過去のエヴァンジェリンのインタビュー記事には、タウリエルの年齢を600才としているものもあります)
05:18 タウリエルの最高の資質は、正義に対する無私の欲求ね。このことは彼女を本物のヒーローにするわ。
05:20 タウリエルを演じる上で最高の部分:エルフ語が話せて、オークたちを殺せることね。もっとも後者については、最初の頃は赤ちゃんがいたから大変だったのよ。(*『ホビット』のクランクインは2011年3月。エヴァンジェリンは同年5月に男の子を出産しています)
05:22 トールキン世界であることについて最高の部分:ふぅ…そうね、ピーター(・ジャクソン)と彼のチームの世界創造!セットや衣装、それに小道具や諸々ね…。
05:24 (タウリエルが初めてのエルフの女戦士ではなく、PJがアルウェンをヘルム峡谷の戦いに参戦させようとしていたことを知っているか?という質問に対し)その通り。タウリエルはエルフの女戦士におけるピーターの最初の試みじゃないわ。
05:25 髪とメイクには2時間から2時間半かかったわ。でもオークたちの5時間と比べたら悪くないわね。タウリエルの髪とメイク、それにプロステティックス(*樹脂等を用いた補綴充填による特殊メイク)ヒル・コックによるものよ。
05:26 タウリエルが(原作ファンの)論争の的であることは承知していたわ。でも、私はピーターを完全に信頼していたの。俳優としても(トールキン)ファンとしても、彼は決して私を失望させることはなかったわ。(*エヴァンジェリン自身がLotR3部作映画化以前から熱心なトールキンファンであったことは、複数の記事で紹介されています)
05:28 もし中つ国のどこかで暮らせるとしたら(難しい選択ね)、ロスローリエンね。
05:29 タウリエルが魅力的なトーリン・オーケンシールドに会うかどうかは、言うことは出来ないわ。
05:30 エルフ語を喋ることは、とても官能的な感じね。上品で洗練されていて、そして力強いの。
[エヴァンジェリン・リリー:「タウリエル・トリビア」で語ったこと]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。