スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MGMスタジオ、破産法適用を申請。アイカーン氏も再建案支持

2010年11月04日 18:08

MGMスタジオは11月3日、ニューヨーク南地区連邦破産裁判所において、連邦倒産法第11章に基づく再建型倒産処理手続きの申請を行いました。

先月29日に締め切られた破産法適用申請の賛否を問う投票で、同社の負債およそ40億ドルの2/3以上を所持する債権者に加え、個人の債券所持者の過半数から賛成票を獲得したMGMは、予定通りスパイグラス・エンターテインメントの共同創業者、ゲイリー・バーバーとロジャー・バーンバウム両氏への経営権移譲を行うこととなりました。

スパイグラスとの合併に強く反対し、賛成票獲得を阻もうとしていた主要債権者の一人、実業家のカール・アイカーン氏は、MGMが再建案を一部変更したことから、一転して同社の再編成計画を支持すると表明するに到りました。
この変更案には、MGMが破産状態から回復した後は同氏を重役に迎えることや、スパイグラスの過去の作品をMGMのライブラリーに統合しないことなどが含まれているとのことです。

破産裁判所への申請によると、MGMスタジオは9月30日現在、26億7000万ドルの資産と57億7000万ドルの債務を抱えていつとのこと。同社は次の15週で最高1億2500万ドルを使用する法廷承認を求めており、『ホビットの冒険』の制作費用がこれに含まれていると考えられています。

MGMは1ヶ月程度で破産裁判所から経営再建計画の承認を得られると予想しており、破産法申請から脱却する際には、およそ5億ドルの資金を調達し、新しい映画やテレビ番組の制作等に充てる計画をしています。
また、事業再生ビジネスの草分けであるゾルフォ・クーパーの創業者で、企業再建のスペシャリストであるスティーヴン・クーパー氏(現MGMの共同最高経営責任者)が、引き続き破産法申請下のMGMの再編にあたることになっています。 【Source:WSJ & Reuters
  
*   *   *   *   *   *   *   *   *   *

2007年12月に映画化の正式発表があってから早や3年になろうとしております。
発表早々、トールキン教授の著作権管理側からの訴訟、続いてニューライン・シネマ経営不振による姉妹会社ワーナー・ブラザーズへの吸収合併。莫大な負債を抱えたMGMの身売り問題が片付かないまま、いつまでたってもGOサインが出ない状況に痺れを切らしたギレルモ・デル・トロ監督が映画から降板。その後はオーストラリアの俳優組合が仕掛けた『ホビット』ボイコット騒動と、それに端を発したロケ地移転騒動は、遂にニュージーランド政府をして国の法律をも変える事態となりました。
そして、最後に残ったMGMスタジオ問題は、今週になって同社が無事に破産法適用申請まで漕ぎ付け、再建案も定まったことで、ここに漸く決着を見ることとなりました。

随分と山越え谷越えしてきたようで、その実漸くスタートラインに立ったばかりの『ホビットの冒険』2部作ですが、もうこれ以上、何も政治的な問題が発生せず、作り手皆が、『ホビット』の世界を表現する上での創造的な悩みだけに没頭出来るよう願ってやみません。
そして、どんな障害にも圧力にもめげず、映画化への意欲を決して失わないサー・ピーター・ジャクソンと(どれだけ強靭な精神力が要ることか…!)プロダクション関係者に、これからもエールを送り続けたいと思っています。
スポンサーサイト

『ホビットの冒険』今週の動き 【2010年10月24日~30日】

2010年10月31日 18:53

 
10月29日(金) *MGMの債権者に破産法申請適用の賛否を問う投票、圧倒的な賛成多数で締め切られる。
これによりMGMは、連邦倒産法第11章による事前調整型の法的整理を経て、予定通りスパイグラス主導の経営権移譲となる 【Reuters】 【Reuters (update)】

*実業家カール・アイカーン氏、MGM合併における画策について、ライオンズゲートから告訴される。
MGMとライオンズゲートを合併し自らが重職に就き利益を得る為に、虚偽の情報と脅迫的な声明でもって株式公開買付を己に有利なように操作し、ライオンズゲートに多大な損害を与えたとして 【Bloomberg】  【Reuters】

*ニュージーランド国会で、雇用関連法改正法案が賛成66対反対50で可決 【TVNZ】
10月28日(木) *カール・アイカーン氏、5億ドルのMGM社債購入予定の噂。
明日の破産法申請投票締切り直前まで、MGMとスパイグラスの取り引きを妨害の構え 【Reuters】

*ニュージーランド政府がワーナー・ブラザーズに対して『ホビット』ロケ地保持の為に示した雇用関連法改正法案の審議が国会にて始まる。
映画産業に携わる個々の契約者と従業員との区別と、その権利を明確化するのが目的。NZ野党の労働党と緑の党は、この法案は「必要のない政治ゲーム」であり、「ニュージーランド経済と議会主権を脅かす」と反発。審議は翌29日午前に再開 【TVNZ】
10月27日(水) *『ホビット』のロケ地はニュージーランドに決定!
ジョン・キー首相、27日夜に国会議事堂内のシアトレッテ(講演場)にて、『ホビットの冒険』2部作の撮影地をニュージーランドとすることで、ワーナー・ブラザーズとの合意に達したと記者会見にて発表。
「2本の『ホビット』の映画をこの地で制作出来ることは、何千ものニュージーランド国民の職業を保護するだけではなく、再び『ロード・オブ・ザ・リング』3部作の成功へ続くことになり、必ずやニュージーランドを世界の舞台に知らしめることとなるでしょう」
NZ政府は映画の成功を見込んで、ワーナーに対し映画1本につき750万ドルの追加払い戻しと、宣伝費用1000万ドルの補助を約束。また、新たな雇用法の導入を決定したと発言 【Bloomberg】 【stuff】 【sky NEWS】



*キー首相、『ホビット』ロケ保持の為に、雇用関連法改正を検討。
28日のベトナム訪問の前に再度ワーナー・ブラザーズ幹部と対談予定。今週末にはロケ地についての決定がなされるとの予想 【TVNZ】 【NZ Herald】
[『ホビットの冒険』今週の動き 【2010年10月24日~30日】]の続きを読む

『ホビットの冒険』今週の動き 【2010年10月3日~9日】

2010年10月10日 00:17

10月8日(金) *『ホビット』GOサイン間近の報道を受けて、サー・PJ自身がコメント。
「撮影開始の時期は未定。スタジオからの公式情報だけを信用して欲しい」 【Empire】
   *ニュージーランド労働組合評議会、『ホビット』制作側と俳優組合との論争における調停に失敗 【NZ Herald】
10月7日(木) *MGM、破産法申請に向けて最終準備。
社債権者に再編成案の賛否を問う投票用紙を送付中。社債権者の過半数から同意を得られ、破産法申請を無事完了すれば、スパイグラス・エンターテインメントのトップ2人への経営権移譲が実現 【AP】
10月6日(水) *カナダ俳優組合、「『ホビット』はカナダに来るべからず」声明。
「我々のメッセージは単純です。カナダへ逃げ込まず、NZの全ての俳優が組合契約を結べるようにして下さい」 【CBC】
10月5日(火) *フィリッパ・ボウエンが、前日ラジオNZにて「『ホビット』の撮影権利を巡って、オーストラリア、カナダ、スコットランド、アイルランド他の国々が既にスタジオから打診を受けている」と語ったことから、名指しされた国々による“獲らぬ狸の皮算用”的な記事多数 【Goldcoast.com(オーストラリア)】 【Montreal Gazette(カナダ)】 【Herald Scotland(スコットランド)】 【Irish Examiner(アイルランド)】
10月4日(月) *サー・ピーター・ジャクソン、『ホビット』の監督としての契約交渉を殆ど終了、監督としてのギャラ配分も決定との噂 【The Wrap.com】
   *『ホビット』ボイコット騒動にNZ政府介入
サー・ピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュ、首相官邸内での非公式会議で経済開発省大臣ゲイリー・ブラウンリーと対談。芸術文化省大臣のクリス・フィンレイソンも同席 【stuff.co.nz】
   *フィリッパ・ボウエン、ラジオ・ニュージーランドに出演。
『ホビット』ボイコット論争で、来年1月に決まっていたクランクインが遅れそうなこと、ワーナーがロケ地にNZ以外の国を検討していること等を挙げ、「NZの工業労働者の生計を危険に晒している」と組合側を非難 【Radio NZ】
   *『ホビット』撮影予定になっていたミニチュアスタジオ火災の現場検証結果発表される。
出火場所はワークショップエリアで、充電器やニッケルカドミウムバッテリーから出た火花が引火した可能性大。スタジオには熱探知器や煙探知器、それにスプリンクラーも設置されておらず、火災予防設備の不備が指摘されるものの、こういった装置は非現実的であるとウィングナット・フィルムのスポークスマンは反論。
「スタジオは常時高熱を発する照明と、撮影用のスモークも使用します。また高圧の電機や照明を使用しますから、スプリンクラーが発動すれば、スタッフを電気処刑にしかねません」 【3news】
10月3日(日) *俳優組合騒動は解決間近と報じたハリウッドの報道に対し、「まだ和解の糸口が掴めない」とニュージーランド労働組合評議会議長、ヘレン・ケリーの弁。
「俳優組合とSPADA(Screen Production and Development Association of NZ)、それにThree Foot Seven(『ホビット』の制作会社)との意味ある対談を望みます」 【NZPA】
   *サー・イアン・マッケラン、『ホビット』の出演契約書類待ち。
「MGMとワーナー・ブラザーズの調整次第だが、もうすぐだと聞いている」
ロンドンの『レ・ミゼラブル』25周年記念公演会場にて 【Showbiz411】
   *BBCのTVシリーズ「ジキル」等で知られるアイルランド人俳優ジェームズ・ネスビット、“『ホビット』の主要な役”を演じるために家族と共にニュージーランド移住予定の噂 【PEOPLE】

MGMの破産法申請準備、最終段階に

2010年10月09日 22:13

40億ドル近い負債を抱え、『ホビットの冒険』の制作に「待った」をかけている大きな原因の一つになっているMGMスタジオですが、現在破産法申請に向けた準備の最終段階に入ったとのことです。 【Source:The Associated Press

MGMは10月6日、債権者に対して事業再編成案を提示し、事前調整型(プレパッケージ型)破産法適用申請の賛否を問う投票用紙の送付中であることを認めました。
投票の締め切りは同月22日となっており、債権者の過半数の同意を得られた場合、裁判所への破産法申請を経て、およそ1ヵ月で再建計画の承認と認可が行われる予定です。これによって債務削減並びに、スパイグラス・エンターテインメントのトップ2人、ゲイリー・バーバーとロジャー・バーンバウムへの経営権移譲が行われることになります。

再建計画では、債権者はMGMの所有権の95.3%を得ることで、債務を帳消しにします。スパイグラスは4.69%の出資と引き換えに、二つの子会社をMGMと合併させ、これまで制作した作品の一部をMGMのライブラリーと統合するとのことです。

「破産」とは確かにぞっとしない響きではありますが、「チャプターイレブン」と呼ばれる連邦倒産法第11章による再建型倒産処理手続きにMGMが踏み切ったことは、『ホビットの冒険』や同社のドル箱だったジェームズ・ボンドシリーズの映画化にとっては朗報とするメディアが殆どです。
債権者が10月からの負債と利子支払いを放棄したことで、MGMはいくらかの現金を手元に保持することが出来ましたし、何より再編成案(というか理想的な身売り相手^^;)が定まらず利子ばかり注ぎ込んで来たリーダーシップから、映画制作に資金を投入するリーダーシップへ替わることを意味するのですから---。

サー・ピーター・ジャクソン、『ホビットの冒険』の監督を決意!?

2010年06月26日 19:44

ギレルモ・デル・トロの『ホビットの冒険』監督離脱発表からおよそ1ヵ月。
後任の監督として、『ハリポタ』シリーズのデヴィッド・イェーツや『D9』のニール・ブロムカンプ等、多くの演出家たちの名前が噂に上っておりましたが、この週末になって、LotR3部作の監督であり『ホビット』のエグゼクティブ・プロデューサーでもあるサー・ピーター・ジャクソン自身が、結局のところ同作品の監督を務めることになりそうだと、DEADLINE.comThe Hollywood Reporter、そしてEntertainment Weekly等複数の映画サイトが報じております。

DEADLINEが内部情報として報告したところによりますと、ワーナー・ブラザーズとMGM、そしてニューラインの3社とピーター・ジャクソン監督との交渉は現在まさに進行中で、PJはこの2部作を監督する決意を固めたとのこと。
ただしその為には、先月来PJ自身やマネージャーのケン・カミンズ氏が監督説を否定してきた理由であるところの、彼の契約済みプロジェクト(ドリームワークスによる『タンタンの冒険旅行』の第2話の監督等)から手を引かねばなりません。しかし内部関係者は、この協定を解くことは可能だろうと、慎重ながらも楽観的な見方をしているようです。
確かにジャクソン監督は、過去に3部作で30億近い興行収入を上げた実績と、トールキン世界に対する深い造詣があり、『ホビット』プロジェクトの全貌を把握していますから、デル・トロ監督が抜けた今となっては一番論理的な選択ではあります。

ニュースの真偽の程はともかく、映画『ホビットの冒険』は急速に動き出しそうな気配です。
ピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュ、そしてフィリッパ・ボウエンは、7月4日の週にはロンドンへ、その次の週にはロサンゼルスに飛び、キャスティング・ディレクターが厳選した役者たちに会う予定だとか。
気になるMGMの財政難問題も、(5回も延長した挙句の)7月14日の弁済期限を前に、何かと動きが活発になってきました。
The Wall Street Journal(6月22日付)はスパイグラス・エンターテインメントとの、Bloomberg Business Week(6月24日付)ではライオンズゲート・エンターテインメントとの合併交渉があったことを、それぞれ伝えております。

来月の半ばあたり、スタジオの状況と共に監督やキャストの決定と、大きく進展しそうな予感の『ホビットの冒険』映画化であります。


*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***
■Kさま
こちらこそご無沙汰しておりますが、お元気とのこと安心致しました^^
生きて生活していれば、家族のこと、仕事のこと、悩みは尽きることがありませんが、だからこそBlog一つにしても、書き続けていられる時間を自分が与えられていることを僥倖と思い、感謝する気持ちになります。勿論、Kさまを始め、ネットを介して知り合いになれた皆さまとの出会いは言うまでもありません。

デル・トロ監督の離脱、ビックリしましたでしょう?情報を追い続ける程にファンになっておりましたので、自分も大変ショックでした。でも、映画を無事鑑賞し終えた後に、そんな出来事の一つ一つの記録としてこの弱小なんちゃってBlogの記事が残ればいいなぁと思っております。
まだまだ色々大変な最中でしょうが、お身体にだけは気をつけてお過ごし下さいね。またどうぞ遊びに来てやって下さいませ。心よりお待ちしております~!


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。