スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その1)

2013年03月26日 21:04

3月24日15:00 EST(日本時間25日4:00)、ピーター・ジャクソン監督がホストを務める『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビューが、およそ55分間に渡ってライブ配信されました。
この企画は、3月19日に『ホビット 思いがけない冒険』のブルーレイ/DVDが発売された本国アメリカにおいては、購入者のみの特典イベントとして用意されたものでしたが、日本を始めとする4月以降にブルーレイが発売される国においては、予約者への通知や抽選といった形でアクセスに必要なコードが配布されました。

   

この宣伝戦略については個人的に思うところも多々ございますが、まずは幸運にも視聴出来た一人として、コードを入手出来なかったり、平日の早朝という悪条件でご覧になれなかった『ホビット』ファンの皆さまに、その内容をご報告したいと思います。
記事の作成には、視聴時に管理人がとったメモと合わせて、TORnが掲載したスニークピーク実況を参考にさせて頂きましたが、管理人の英語力は皆さまご承知の通りの残念さ(繰り返し聞くことが出来ない現段階では特に)ですので、聞き違いや勘違い、項目の抜け等々については何卒ご寛恕下さいませ。


ライブ配信は、ニュージーランド・ウエリントン(現地は朝7時頃ですね)のジャクソン監督のポスト・プロダクションから中継されました。ホストのPJに加えて、ノーリ役のジェド・ブロフィーがゲスト兼進行のアシスタントとして参加しました。

■モーション・キャプチャースタジオの訪問
スタジオに向かう廊下に『暁の出撃』のポスターが貼ってあります。PJが第一次世界大戦の戦闘機マニアで、現在この映画のリメイクを手掛けていることは周知の通りです。
スタジオでは、アゾグと他のオークによる戦闘シーン、弓を射るオークのモーション・キャプチャーが実演されました。

■プレビズ*部門へ/これはスマウグ…???
(*Previs:previsualization 実際に映画を制作する前に、予想される結果をCG等を使って視覚化する作業)
移動中の廊下の壁には007シリーズのヴィンテージポスターが所狭しと貼ってあります。PJが最初に観たのは『007/死ぬのは奴らだ』とのこと。ジェドは『007/ゴールドフィンガー』がお気に入り。

プレビズ部門ではドラゴンの画像がいくつかモニター上に見えますが、どれもコミカルなものばかり。どうやらPJのおふざけで、タイトルロールのスマウグではなさそうです。

ここで気になったのは、壁に貼られた裂け谷の図書館のコンセプト・アートでした。膨大な書物が納められた書架が何層にも続いています。撮影はされなかったそうですが、ビルボがどのくらいこの場所に心弾かれたかを想像するのは楽しいものでした。



■編集室にて/ボートの上のビルボとドワーフたち
一際目立つ『恐竜100万年』のポスター。PJは少年時代、この映画のポスターを寝室に飾っていたとか。スマウグにもこの映画へのオマージュが見られるかもしれませんね(…と書いていて、ピーター少年のお目当てはラクエル・ウェルチのほうか、と思ったことは内緒)

さて、編集室のモニターの映像は、湖の町の入り江と思われる場所でのボート上のビルボの演技です。13人のドワーフたちも水浸しで寒さに震え、どうやら樽から出てそれ程経っていないようです。キーリ(エイダン・ターナー)は傷を負っている様子。

「袋小路屋敷から離れるんじゃなかった!それがぼくの最初の失敗だ。ホビット庄じゃこう言うんだ “東へ旅すべからず(Never venture east)"って!」

ワイドショットやクローズアップ、様々なテイクが紹介されますが、それぞれ少しずつ演技を変えて何テイクもやってのけるビルボ役のマーティン・フリーマンが圧巻です。そして、



「じゃあ、何故あんたは東へやってきたのかね?」
そのボートに声をかけたのは……ルーク・エヴァンズ扮するバルドその人でした。


[『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その1)]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』今月の動き〜 2012年4月 〜

2012年04月30日 23:59

4月26日(木) *オークのアゾグ役、コナン・スティーブンスからジョン・ロールズに変更。
 コナン・スティーブンスは、アゾグの息子のボルグ(五軍の合戦でオーク軍を率いた)役となった模様。 【KR-Actors】【IMDb】
4月24日(木) *がラスベガスで開催されたシネマコンにて、『ホビット 思いがけない冒険』の映像が10分間上映される。
 全米劇場主協会(National Association of Theatre Owners)主催の映画祭シネマコンにて、フッテージ映像を48/秒で上映。ストーリーテリングに関する部分は賞賛されるも、48/秒フォーマットの映像については賛否両論。 【MarketWatch】 【BADASS DIGEST】 【About.com】
4月23日(火) *『ホビット』の進行状況を訊かれたアンディ・サーキス、「窮地の真っ只中だが、7月の撮影終了に向けてトンネルの先に灯りが見えてきたところさ」
 NZ映画「Good For Nothing」のプレミア会場でのインタビューで。【The Dominion post】
4月18日(水) *ロンドンオリンピックまであと100日となったのを記念して、ウエリントンで最初のストリートパーティが開催される。サー・イアン・マッケランやグレアム・マクタビッシュ他『ホビット』出演の英国俳優陣も参加。 【British High Commission Wellington】
4月17日(火) *スティーヴン・フライ、撮影を終了して、本日帰国の途に。
 先週末の帰国予定が追加撮影のために遅れたとのこと。ちなみに、土曜日(14日)には盛大なお別れパーティを催してもらったそうです。【Twitter】
4月13日(金) *Three Foot Seven、エルフ役のエキストラを公式募集。条件は「17歳以上の男女で、スレンダーな体型で身長182cm以上」 【trade me】
4月11日(水) *エスガロスの町長役のスティーヴン・フライ、『ホビット』における彼の撮影シーンを終えて週末に帰宅予定とtwitterで発言。 【Twitter】
4月9日(月) *湖の町と思われるセット写真流出。
 ミラマーのストーン・ストリート・スタジオで火災警報装置の誤作動があり、消防隊が出動。入り口のゲートが開いている間にドミニオン・ポスト紙のカメラマンが撮影。ちなみに消防隊は昨年、ストーン・ストリート・スタジオ及びWETAワークショップと秘密保持契約を結んでいます。 【The Dominion Post】
4月3日(火)
大きな地図で見る

*『ホビット』ロケ隊、ネルソン地区タカカ・ヒルで2日間の追加撮影。
 昨年12月の広範囲に渡る河川の氾濫で撮影出来なかった分の追加(再ロケ)とのこと。 【Nelson Mail】
4月1日(日) *『ホビット』に関するエイプリル・フール情報のまとめ
●『ホビット 思いがけない冒険』にエルラダン&エルロヒア兄弟(*エルロンドの双子の息子でアルウェンの兄)が登場する(予告編に 映っている裂け谷の騎馬エルフ2人がそうである)。その配役に、映画『ハリー・ポッター』シリーズでフレッド&ジョージ・ウィーズリーを演じている双子の兄弟、ジェームズ・フェルプスとオリバー・フェルプスが起用された。 【TORn】

●『ホビット 思いがけない冒険』の主題歌を、ドイツのファンタジー・メタル・ロックバンドBlind Guardianが手がける。 【HDRF】

『ホビットの冒険』今週の動き 【2011年7月24日~30日】

2011年07月31日 23:25

7月30日(土) *スティーヴン・フライ、来週火曜日(8月2日)にウェリントン入り予定。
湖の町の統領役のフライ、自身のTwitterにて、「明日ケープタウンからヨハネスブルグを経て、シドニーからニュージーランドへと飛ぶよ。ウエリントンに到着するのは火曜日だね。『ホビット』がぼくを手招きしている!」とツイート 【Twitter】
7月28日(木) *ルーク・エヴァンズ インタビュー 「『ホビット』のオーディションは全てオンラインだったよ」
「1年程前にオーディションを受けたんだ。素晴らしかったね。ぼくはピーターとフィリッパ(・ボウエン)から映画のプロセスについて素敵なことを聞いているよ。それに、映画に出演する俳優たちの何人かは面識があるんだ。オーランド(・ブルーム)はいつもピーターがどんなに凄いか、そして『ロード・オブ・ザ・リング』での体験を話してくれた。本当に待ちきれないよ!」 【MTV】


7月26日(火) *パーク・ロード・ポスト・プロダクション、『ホビット』の3D仕上げ作業にSGO社(マドリッド)のMistika採用 【Below the Line.com】
7月25日(月) *シアーシャ・ローナン インタビュー 「『ホビット』に出られなくて本当に残念です。でも1年以上かかるプロジェクトがあったので、どうしても時間が割けなかったのです」 【Contact Music.com】
7月24日(日) *バルド役のルーク・エヴァンズ、来週ニュージーランド入りとコミコン会場でのインタビューにて。
Q:まだ『ホビット』に取りかかってはいないのですね?
「ああ、来週飛ぶんだ。1週間のうちに出発して、1年間向こうに滞在するよ」
Q:「ピーター・ジャクソンはまだ出演者を増やすようですか?」
「いや、ぼくとバリー・ハンフリーズ(*ゴブリンの王)、エヴァンジェリン・リリー(*タウリエル)、それにベネディクト・カンバーバッチ(*スマウグの声)が最後の4人だよ。
ぼくにとっては本当に大きな出来事だね。恐ろしいと感じる程圧倒的ではないにしろ、大事件であることは確かだ。好むと好まざるとにかかわらず、ぼくは映画史の一部になろうとしているんだからね。これは大規模な予算をかけた映画で、そして、おそらく昨今で最高の映画作家の一人である監督と一緒に働くんだよ。ピーターは世界で最も尊敬されている映画監督なんだ。
彼は2部作の映画を進行中で、この2本を続けて撮るんだ。映画を撮るまでに2年間かかっているんだよ。壮大な作品で、ぼくはその一部になる。本当に興奮しているよ、とても待ちきれないね。ぼくはこの仕事をやり遂げなくちゃいけないんだ。心を落ち着けて、心底集中してね」 【Collider.com】

*** 拍手&拍手コメント、有難うございます! ***

■6月28日にメッセージを下さったお客さま
お返事大変遅くなって申し訳ありません…!!m(_ _;)m エルロンド卿もガラドリエルも同じキャストで実現して本当に良かったですね!このところのニュースラッシュは、撮影までの難航した日々を思えば嬉しい悲鳴です。

■7月17日にメッセージを下さったPさま
ビデオブログのムービー、これだけで完成度高いですね!ワタクシもいっぱい楽しみました~♪ドワーフたちのキャラクター写真、13名一人ひとりをきちんと描いてみせるといった制作側の心意気が伝わってきますね。彼らがスクリーン狭しと動き回るのを見る日が本当に楽しみです。

『ホビット』キャスト、新たに3名が発表に!湖の町の統領にスティーヴン・フライ!

2011年05月19日 11:06

5月18日、ピーター・ジャクソン監督は自身のfacebook上で、映画『ホビットの冒険』に登場するキャラクターの配役を、新たに3人発表致しました…!その気になるキャラクターと意外な配役は次の通りです。

今日は『ホビット』の新たなキャストのニュースをお知らせするよ。

最初の撮影期間が終了間近となった今(ぼくたちは今回の撮影分の編集と視覚効果の作業が行われている間、3週間未満の休みをとって、次にやってくるとても大きな場面の撮影に備えることになる)、物語の少し後半で登場する重要な役割をもった登場人物を紹介しようと思う。

スティーヴン・フライ湖の町の統領を演じると発表出来ることに、ぼくたちは興奮している。スティーブンとはここ数年来の知り合いで、ぼくたちは一緒に『DAMBUSTERS』(*『暁の出撃(1954)』のリメイク)の映画の制作をしているんだ。作家としてのスキルに加えて、彼は偉大な俳優でもあるから、非常に忘れがたい統領を演じてくれる筈だ。

湖の町の統領の下で働く狡猾な役人のアルフリード(Alfrid)は、ライアン・ゲイジが演じることになった。ライアンは若くて素晴らしい才能を持った俳優だ。ぼくたちは最初、ライアンを小さな役(*ドロゴ・バギンズ役)につけたが、皆彼をとても好きになったので、より重要なアルフリード役に昇進させることにしたんだ。

最後に--だからといって、それが“小さな”役という訳じゃ勿論ない--紹介するのは、コナン・スティーヴンスだ。彼が演じるのは、アゾグと呼ばれるオークなんだ(オークは何か奇妙な理由から、決してロジャーとかデニスとかいう名前では呼ばれない)。彼のコナンという名前!実にクールだと思わないかい?コナンによって演じられるアゾグだよ!
ここに、コナンとぼくが一緒に写っている写真がある。ぼくはかなり背が高いほうで、少なくとも6フィート5インチか若しくは6インチ(≒198~201cm)はあると思う。コナンの身長がどの位か、これが若干のヒントになる筈だ!彼についての全ては、www.conanstevens.comで知ることが出来るよ。

…ちなみにワタクシの手持ちの資料では、ピーター・ジャクソン監督の身長は169cm(5'5"~5'6")となっておりますが、自己申告のほうを尊重したいと思いますv
長身の俳優コナン・スティーヴンス演じる「アゾグ」とは、モリアのオークの首領で、ナンドゥヒリオンの合戦の発端になる人物(?)ですね。こんなところにも、3部作に続く複線がしっかり張られているのを見るのは、原作ファンには嬉しい限りです。

スティーヴン・フライは、1年半位前にドワーフ役で出演の噂がありましたが、湖の町の統領役で決定致しました。彼がエスガロスの民に向かって弁舌をふるうシーンを想像しただけでニヤニヤしてしまいます。きっと一癖も二癖もある印象的な統領を演じてくれることでしょう。
そして、期待の新人ライアン・ゲイジですが、“昇進させた(promoted)”とありますが、先の発表のドロゴ・バギンズ役との一人二役になるのか、あるいはドロゴはまた別の俳優が演じることになるのか、今ひとつ今回の発表では分かりません。二役ならば、フロドの父親と狡猾な小役人とを、ライアンがどう演じ分けるのか興味津々ですね。
映画での楽しみが、更に何倍にも増えた発表でありました!

キャスティングに関する2~3のちょっとしたウワサ!

2009年12月05日 11:28

クランクインの遅れや、それに伴う公開の遅れの噂に揺れるトールキンファンサイトですが、そんなRing Geekの気持ちをなだめるように、
「中つ国ファンの皆さん、リラックスして下さい。パニックになる必要はないのですよ」
との書き出しで始まっております EW(Entertainment Weekly).comのブログ、Hollywood Insiderの記事をご紹介致します。それによりますと、

まだ公式なゴーサインが出ていないというジャクソンのコメントに対して、深刻になる必要はありません。
制作側とスタジオ(ニューライン・シネマ、MGMとワーナー・ブラザーズのいずれも)の間には、いかなる反目もありません。これは単に慣習的なものです。完結した「脚本と予算」、これらなしに映画制作者は「ゴーサインが出た」とは思わないものです。
それより、キャスティングのニュースが近いうちに聞けそうです。
ロンドンとロサンゼルスで『ホビットの冒険』のキャスティングディレクター(*監督やプロデューサーが求めている俳優を見つけ出し、その出演交渉をする専門職)が雇われたという知らせを聞いて、町中の俳優エージェントたちは騒然としています。

とのこと。キャスティングの公式発表に期待が高まります!
そして、出演候補者に新しい名前が浮上してきましたよ。
その名はトム・ウェイツ
シンガーソングライターとして有名な彼ですが、俳優としても、他の出演者を完全にくってしまう程圧倒的な存在感がありますよね。最近ではテリー・ギリアム監督の『Dr.パルナサスの鏡』で、タイトルロールの博士と契約を結んだ悪魔を演じております。
こちらのソースは、先月やはりドワーフ役の候補としてブライアン・コックスの名前をあげたAIN'T IT COOL NEWS
何でも、ブライアン・コックスの名をサイトにUPする以前に、彼の名も信頼出来る情報筋から聞いていたとのこと。プロダクション内部で話されている噂に過ぎないと判断したが、かなり真剣に取り沙汰されている名ではある、との但し書き付きではあります。

それから、イギリスの俳優で小説家のスティーヴン・フライもドワーフ役の噂になっておりますね。こちらは既に多くのファンサイトで名前を目にされた方も多いのではないでしょうか。
この噂は、フライ自身のツイッターの11月24日のツィートに端を発しておりまして、『ラブリーボーン』のロイヤルプレミア前のピーター・ジャクソンとフラン・ウォルシュの様子を、「元気そうで機嫌もいいけど、ちょっと時差ボケしている感じかな」と報告しているのです。
彼は『ラブリーボーン』のロイヤルプレミアでのチャリティーイベントを担当しており、何よりジャクソン監督好みの俳優である(by.TORn)こと、また、同監督がリメイクを予定している映画『暁の出撃』のシナリオを執筆する(Source:digital spy)ことなど、何かとPJに近い存在であることからその名が浮上した、といういきさつのようです。

---いつもこの手の噂はどこまでUPしたものかと悩むのですが、この先キャスティング情報をお伝えする上で話が繋がらないのも困りものですので取り上げておりますね。
個人的には、スティーヴン・フライ氏のように、100万超のフォロワーを持つ人物の「つぶやき」が一人歩きしたような噂は、本能的に“引いて”しまうんですよ。自分古い人間っすから(笑)
そんなワケで少しばかり遅れ気味の情報も入り混じっておりますこと、ご寛恕下さいませ~。

【12月6日追記】 ***訂正とお詫び***
5日の更新で、トム・ウェイツを「ドワーフ役候補」と紹介してしまいましたが、どの役になるのかには言及されていないようですね。 And here I was thinking Cox was the coolest guy they could hand an axe to. (ここにおいて私はコックスこそ斧を手渡すことが出来る最もクールな人だと考えていました)という締めの文章を読んで、ウェイツもドワーフ役候補と思い込んでしまいました。申し訳ありません。他国のファンサイトでは、スマウグの声とかスランドゥイル役では?とか様々な推理がなされておりました(^^;
こんなふうに、すっごく基礎的&抜本的な間違いが、今までも、そして今後もしばしばあることと思いますが、“指輪愛”以外のスキルを持ち合わせていない管理人故ご容赦下さいませ。そんな訳で、返す返す記事はソースをご参照下さいね~ m(_ _;)m))ゴメンナサイ~!


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。