スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その2)

2013年03月27日 23:57

■ファンによるPJへの質問ムービー(その3)
Q 「『ホビット スマウグの荒らし場』に登場する新キャラクターを教えて下さい」
A 「 オーケー!(説明にメイキング映像被って)『ホビット 思いがけない冒険』のプロローグにも登場したスランドゥイル、それにルーク・エヴァンズ扮する弓の達人バルド。ロビン・フッドのような彼は、いいヤツなのか悪者なのか、すぐには分からないミステリアスな存在なんだ。
そして、トールキンの原作には登場しないキャラクターで、女性のエルフをぼくたちは創ったんだ。エヴァンジェリン・リリー扮するタウリエルは王のボディガードで、高貴な出自ではないが、森の国の護衛兵(Woodland Guard)の一人だよ」





ここで紹介されたメイキングで、バルドはエスガロスの兵たちの追跡を、軽やかな身のこなしで躱しています。映画ではアウトロー的な性格が付加されたのか、あるいは谷間の国の領主ギリオンの子孫というバルドの血筋が、保身的な湖の町の統領に邪魔になっての仕打ちなのかもしれません。

タウリエル役のエヴァンジェリン・リリーは、スタントなしで歯切れの良いアクションを披露しています。
捕えたオークを前に、「そんなに死が好きならば、わたしからくれてやろう!」と短剣で詰め寄ったところをスランドゥイルに制止されるシーンが紹介されました。情熱的で己の信じる正義にはちょっぴり盲目的な性格が見て取れますね。

■ファンによるPJへの質問ムービー(その4)
Q 「『ロード・オブ・ザ・リング』や『ホビット』シリーズで監督の好きな武器はどれですか?ぼくたちが好きなのは、ギムリとグローインの斧です」
A 「セオデンの剣だね(実物を見せて)ローハンの馬がモチーフだけど、デザインはバイキング、またはアングロサクソンのデザインが基になっているんだよ。本当の鋼の剣はきみたちが想像するよりずっと重いんだ」

■Twitterからの質問(その1)
Q 「映画を予定通りに進行させることは、どのくらい大変なのでしょうか?」
A 「まず、予算内に収めることが難しいね。あと天候が最大の難問だ。ネルソンの川でビルボとドワーフたちが闇の森から樽で逃げ出すシーンを撮ったんだけど、途中で洪水に遭ってね。警察はくるし、嵐で避難しなくちゃいけないしで、2日間ロスしたよ」

■スティーヴン・コルベアからPJへの質問
Q 「スランドゥイルとレゴラスはシンダールだが、 闇の森に住まうアヴァリまたはノルドールのエルフたちの違い、そして彼ら父子との差異を、映画ではちゃんと表現しているのかい?」



額入りの大きな中つ国地図を手に、捲し立てるように質問する男性の登場に、「ガチな束(トールキン)ヲタ来た!」「ものすごいマニアなおじさん登場!」とツイッターのタイムラインも騒然となりましたが、この紳士こそ誰あろう、皮肉たっぷりのスタイルで知られるアメリカの人気コメディアンであり、また作家でもあるスティーヴン・コルベア氏です。

氏は熱烈なトールキンファンとしても有名で、『ホビット』の撮影現場も訪問しており、映画にカメオ出演しているのではないかとの噂が流れたこともありました(Source:PLAYBOY *リンク先のサイト内にアダルトコンテツがあります。未成年者は閲覧注意!)
彼のマニア度は、ジャクソン監督がこれまでに出会った人々の中で一番だったそうで、PJファミリーのトールキン専門家である脚本家のフィリッパ・ボウエン氏とトールキンクイズ・バトルをして勝ったとか(Source:EW

そんな彼の濃ゆ〜い質問にPJは「イエス!」とたった一言答え、「実は、ぼくのほうからもきみに質問があるんだ」と切り返して、カメラの前に編集者と自分が使っている2つのマグカップをもってきます。
「こっちが『コルベア・レポー』*に出演したときの記念品として貰ったカップで、この大きいほうが実際に番組内で出されたカップなんだが、食洗機で1〜2回洗ったら番組ロゴがすっかり消えてしまったんだ。これを洗ってみた他のゲストはいないのかい?」と、全く関係のない話をして煙に巻いたのでありました。
(*The Colbert Report:米コメディセントラルのニュースパロディ番組。昨年12月の第1部公開前には、ピーター・ジャクソン監督を始め、主演のマーティン・フリーマン等4人がゲストとして登場した)

■Twitterからの質問(その2)
Q 「いつも裸足で編集作業をしているのですか?」
A 「そうだよ。でもセット内では安全規則で必ず靴を履かなくてはいけないのが残念だね」

■リー・ペイスからファンへのメッセージ
第2部では、彼の王国で捕われたドワーフたちに会うのが楽しみだそうです。

■Twitterからの質問(その3)
Q 「(ジェド・ブロフィーへの質問)俳優たちに課せられた拷問をピーター・ジャクソン監督にお返しするとしたら、どれにしますか? 回転肉焼き器? 樽(の川流し)?」
A 「回転肉焼き器だね。あのシーンでは、特にマーク・ハドロー(ドーリ役)が酷い有様だったんだ。メイクの上からでも顔色が悪いのが分かったくらいさ」

加えてPJは、「編集室でフィルムを見ていたら、彼が小声で『止めてくれないか、病気になりそうだ…』と呟いているのに気付いたんだ」とマークの声音を真似て言うと、後ろに座っているエディター氏が、「ピーターはそれに気付かなかったんだろうね。『オーケー!もう一回まわしてみようか!』って」と苦笑しておりました。そんなに辛かったのですね、あれ…。
[『ホビット スマウグの荒らし場』スニークプレビュー紹介(その2)]の続きを読む
スポンサーサイト

『ホビット』今月の動き〜 2012年10月後半〜

2012年10月31日 12:59

10月31日(水) *ニュージーランド航空の『ホビット』タイアップ版安全ビデオ公開。
 制作にはWETAワークショップも協力。ピーター・ジャクソン監督もチラリと出演。 【AIR NEW ZEALAND】
エキストラにはこんな顔ぶれが…。

○ロイド・トールキンとマイク・トールキン(画面中央の座席の右端と真中)
名前から察せられるように、トールキン教授の曾孫さん(ロイド)とお孫さん(マイク)です。ロイドは『ロード・オブ・ザ・リング 王の帰還』にも、ゴンドール兵士役(オスギリアスの場面)でエキストラ出演しています。
○フィーリ役のディーン・オゴーマン。
○そして、ピーター・ジャクソン監督。
*ニュージーランドにおける『ホビット 思いがけない冒険』の劇場公開日が12月12日に変更される。
 12月13日だった一般公開日を、地元のこの映画に対する関心の高さから12月12日12:01AM公開に早まったとTVニュージーランド。 【TVNZ】
10月29日(月) *ニュージーランド・ポストに、ビルボと13人のドワーフ登場。
 ウエリントン港に面したニュージーランド・ポストのビル(12階建て)の5階上部の台座に、WETAワークショップの設計による高さ6メートルに及ぶドワーフ13人とビルボの姿を切り抜いた合板が設置されました。夜になると巨大な照明装置からの光で、一行のシルエットが浮かび上がる印象的なインスタレーションになっています。
強風で知られるウエリントンのこと、この装置は140km/hの風に耐えられるように作られたとのことですが、それでも安全上6メートル以上の高さには出来ないことから、ガンダルフは断念されたのだそうです。
「莫大な好影響をもたらすであろうニュージーランドの首都で制作されたこの重大な映画を、公的な方法で祝いたかったのです」とニュージーランド・ポストのスポークスマン、サイモンアリソン氏。
ニュージーランド・ポストがデザインした『ホビット 思いがけない冒険』の記念切手や法貨記念コイン各種は11月1日から発売になります。 【WETA】 【facebook(Weta Workshop)】

10月27日(土) *オフィシャルムービーガイドから、ガラドリエル、ラダガスト他の未公開スチルが流出。
  11月6日発売予定の『The HobbitL: An Unexpected Journey: Official Movie Guide』から、エルロンド、ガラドリエル、それにラダガストのフルショットを始め、メイキング場面など複数の未公開スチルが、ヨーロッパ圏のファンサイトを中心に掲載されました。
同書からは画像の他に、アラン・リーとジョン・ハウのインタビューも転載されており、ドル・グルドゥアが三角形の幾何学形状をベースにデザインされていること、ゴブリンの街が空中に板を組んで構築されていることなどが紹介されています。 【HOBBIT FILM.it】


© MGM, New Line Cinema, WingNut Films & Warner Bros.
10月26日(金) *ワーナー・ブラザーズ、『ホビット 思いがけない冒険』の30秒TVスポット第2弾公開。 【YouTube(Warner Bros.)】

*ピーター・ジャクソン監督、スティーヴン・コルベア カメオ出演の噂について語る。
 プレイボーイ誌で『ホビット』ロケ現場訪問を語ってから、カメオ出演が噂される米俳優スティーヴン・コルベアについて、ENTERTAINMENT WEEKLYの記者がジャクソン監督に直接インタビューを試みています。それによりますと、PJはコルベア氏のカメオ出演については肯定も否定もしなかったとのことですが、
「ぼくの人生において、今までにあんなにすごいトールキンおたく(Tolkien fanatic)に会ったことがないよ。ぼくらの仲間ではフィリッパ・ボウエンがトールキンの専門家だけど、スティーヴンがセットを訪ねてくれたとき、トールキンクイズで1対1の対決をしてフィリッパに勝ったんだ」とか。 【EW.com】

*エンバシー・シアター、ドルビーアトモス システム導入へ。
 『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアが開催されるウエリントンのエンバシー・シアターでは、10月23日に48fpsフォーマットでの上映が明らかにされたばかりですが、音響についても最新技術のドルビーアトモスを導入するとThe Dominion Postが伝えています。このシステムのために従来のスピーカーとは別に天井に20個の専用スピーカーを設置するとのことで、この工事のために11月5日から9日まで休館を予定しています。 【The Dominion Post】

*東急レクリエーション、『ホビット 思いがけない冒険』のIMAX3D版公開決定を公式発表。
 株式会社東急レクリエーションが運営する109シネマズのIMAXデジタルシアターは、『ホビット 思いがけない冒険』のIMAX3D版の公開を決定したと、同社のプレスリリースにて。12月14日より全国7箇所のIMAXデジタルシアターにて公開となります。 【PR TIMES】

*ウエリントン国際空港に巨大ゴラム出現。
 11月28日に開催される『ホビット 思いがけない冒険』のワールドプレミアに合わせて、ウエリントン国際空港の内部に、巨大なゴラムの彫刻がセットされました。WETAワークショップのリチャード・テイラーとロブ・ギリースによって設計されたポリスチレン製のゴラムはおよそ13メートル、流れの中に泳ぐ4メートルの魚に手を伸ばしています。
「この彫刻は、ワークショップがもつ芸術的、工芸的手腕の全てを投じた、私たちが作り得る最高の種類のものです」とサー・リチャード・テイラー。「この地域に訪れた人々の最初と最後の印象に深く残る素晴らしい彫刻とWETAの仕事を、空港は誇りに思います」とウエリントン空港最高責任者のスティーヴ・サンダーソン氏。 【WETA】 【NZ Herald】
10月25日(木) *「スマウグは第1部にも登場」ジャクソン監督、EMPIRE誌に語る。
 24日発売のEMPIRE12月号に掲載された、ピーター・ジャクソン監督へのインタビュー記事から。
それによりますと、スマウグは第1部のプロローグに登場し、闇の森のクモたちとビルボのシチュエーションは第2部になるとのこと。そして、ドル·グルドゥアの牙城に死人占い師の姿を見ることが出来るのも第2部になるとのことです。 【COMIKBOOK MOVIE】

*『ホビット 思いがけない冒険』劇場用スタンディーの画像をTORnが公開。
 映画館のロビー等に置かれるスタンディー(standee:宣伝用の段ボールの等身大切抜き)の画像を、トールキンファンサイトのThe One Ring.netが公開。劇場に設置される日にち等詳しいことは分かりませんが、公式スタンディーとのことですので、日本でも近々見ることが出来ると思われます。 【TORn】
[『ホビット』今月の動き〜 2012年10月後半〜 ]の続きを読む


■Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。